FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

さやか

マミ「ちょっぴり過保護になってるだけ」さやか「マミさんLOVE」



1
3bOfTDjlYY[saga]:2013/01/06(日) 00:32:55.78 ID:L48QzXPJ0
さやか「とと…えいや!!」

さやかはマミから距離をとりつつも剣を投げつける、だがマミがそれを気にする様子もなく踊るようにそれを回避する。

マミ「ティロマグナム!!」ドヒューン!!

さやか「うわあああ!!?」

そのままリボンを張った網を囮にさやかに新技を威嚇で打ち込み終了の合図とした。

マミ「この試作型ティロマグナムはティロフィナーレ4発分の威力はあるわよ?」

さやか「模擬戦でそんなの使わないでくださいよ!」

マミ「…善処するわ」

さやか「うーん…よし!!お疲れ様でした!!」

マミ「ええ、お疲れ」

さやか「あ、そうだ!この後銭湯行きましょうよ!!」

マミ「…分かったわ、それじゃあ行きましょう」

さやか「おー!!」



SSWiki :
ttp://ss.vip2ch.com/jmp/1357399975
スポンサーサイト



さやか「いけぇカイリュー!ずしーん!」 マミ「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:24:58.71 ID:kZmt7BHY0
さやか「カイリューのじしん!」

まどか「あぁ! わたしのピカチュウが!」

さやか「カイリューの巨大な体を活かした地震が決まったぁ!」


マミ「……」

さやか「マミさんカッケー!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:44:19.49 ID:EREa/xZnO

マミ「ティロ・フィナーレ!」

さやか「出たー!ティロ・フィナーレ出たー!」

マミ「ふう…今回もなんとか勝てたわね」

さやか「お疲れ様です!マミさんとってもかっこよかったですよ!!」

マミ「ありがと…」


まどか「過去、未来、全ての魔女を私の手で消し去りたい!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 23:11:05.83 ID:OVDKQv3JO

さやか「え……?過去……?」

まどか「ん?」


さやか「あたしのミュウツー最強だしwww」ほむら「へぇ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:43:15.91 ID:xZSQnGmE0

ほむら「じゃあ対戦しましょう」

さやか「転校生が? いいよ、かかってきなさい!」

ほむら「折角だからタイマンにしないかしら? お互い一匹だけ出すの」

さやか「タイマン? 上等だよ、あたしの力見せてあげる!!」

ほむら「ふふっ、私はコラッタを使うわ」

さやか「こ、こらった!? あたしを馬鹿にしてんの!?」

ほむら「いいえ、そんなことはないわ」ファサッ


まどか「さやかちゃんの為ならいいよ、私…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 22:31:52.58 ID:9jJhsW8u0

まどか「魔法少女になる!」

QB「それが君の願いかい?」

まどか「うん、さやかちゃんの体を元に戻して…」

QB「君の願いはエントロピーを凌駕した」パァァァ

まどか「くっ…うぅ……」

QB「さあ、受けるといい、それが君の…」

QB「魂だ」


まどか「ぷん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 03:12:05.82 ID:uinosTSpO

さやか「まどかー…機嫌なおしてよ~」

まどか「ぷん」プイ

さやか「ねぇねぇまどか~」

まどか「ぷん」プイ


まどか「ほむらちゃんが死んじゃうなんて・・・」

1: 先に言っておくとコメディです 2012/12/09(日) 20:18:21.73 ID:p6GOjE3s0

それはなんてことのない、いつものやり取りでした


----夜 まどホーム・まどかの部屋のベランダ----

ほむら「今日はお義父様もお義母様も義弟も出かけている。つまり、まどかは家に一人きり」

ほむら「この絶好のチャンス、逃す手は無いわ!」

シュバッ

ほむら「まどか、今日こそパンツを頂きに来たわ!」

まどか「ほむらちゃん!?毎日毎日、もうやめてよ!」

ほむら「諦めない!何日繰り返そうとも、私は諦めないわ!」

ほむら「まどか、必ずあなたのパンツを奪ってみせる」

まどか「ワルプルギスを倒すのに使ってた情熱をそんなところに向けないで!」

ほむら「さぁ、パンツを頂戴!」

まどか「話を聞いて!」


杏子「やっぱ覚醒アスランが最強だな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/07(火) 00:04:55.20 ID:2EN498kq0

マミホーム

杏子「マミ~パソコン借りるぞ~」

マミ「いいわよ~」

さやか「何見てるんだろ…?」


まどか「ん…ん…っ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 23:51:58.37 ID:0HcMc3Mx0

まどか「ふぁ……っ…さやかちゃんっ!!」

まどか「また…しちゃった……こんなの、おかしいのに」

みたいな


まどか「さて、問題はこのさやかちゃんのチンポをどうするかだけど」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 19:17:44.55 ID:cB1IPzAK0

まどか「まったく、ほむらちゃんは…

    事情をさっさと話してくれれば魔女とかなんだとか

    すぐに私の願いで解決できたのに」

ほむら「ごめんなさい。この時間軸のあなたが

    まさか『全時間軸でソウルジェムが濁らないようにして

    あと魔女とか無かったことにして』なんてとんでもない願いを

    叶えられるほど因果が溜まってるとは思わなかったの

    あと、そんな願いを思いつくほど頭がいいとは思わなかったの」

まどか「うわー遠まわしにバカって言ったよこの子

    しかも涼しい顔で」

ほむら「別に遠まわしには言ってないわ」

まどか「いい度胸だね」


まどか「ごめん、ね……ほむらちゃん……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 11:40:16.13 ID:RWNaQDuf0

まどか「わ、たし……もう、ダメ、かも……」

ほむら「まどか……!しっかりして、まどかぁ!!」

さやか「あれ、まどかにほむら?何やってんの?」

ほむら「大変なの!まどかが、まどかが……!紙で指を……!」

さやか「ッ……!?う、うそでしょ!?」


さやか「どっちにしろ私この先輩とチーム組むの反対だわ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:27:10.62 ID:3uKsjy+b0

さやか「いきなり後ろから『ティロ☆フィナーレ』とか叫ぶのちょっと勘弁して欲しいんだよね・・・」

みたいな感じでお願いします


さやか「恭介はどんな女の子が好み?」恭介「ぽっちゃり系」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 21:05:52.96 ID:l9aTFIxT0

さやか「ぽっちゃり系?」

恭介「うん」

さやか「つまりデブ専ってこと?」

恭介「デブじゃなくてぽっちゃり。ちょっとふくよかなくらいが好きだな」

さやか「ふ……ふぅん」

恭介「ウチのクラスにはそういう子っていなかったよね。さやかの知り合いにいない?」

さやか「いっ、いないって! そんなぽっちゃり系美人なんていないよ!?」

恭介「そうか……」ガッカリ



さやか「抱き締めてなんて言えない!キスしてなんて言えないよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:56:25.94 ID:l6+XkZP50

その頃

恭介「ああ、恋人(手)がいるっていいなぁ」シコシコ

QB(美樹さやかが命をかけて取り戻した手の使い道があれか。チクったら絶望するかな)

恭介「ふぅ。しかし、たまには浮気もしたいものだ」

QB(美樹さやか、君の右手が求められているよ)