FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ちなつ

京子「とうとうあかりと二人っきりになったな」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 18:57:32.08 ID:7mXutTvk0

京子「あかり寒くないか?」

あかり「ちょっと寒いかな」

京子「これで寒くないだろ」ギュッ

あかり「京子ちゃんあったかーい」

あかり「えへへ」

京子「えへへ」

京子「……もう私たち二人だけなんだな……」

あかり「……うん」


スポンサーサイト



跡部景吾「ごらく部……?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 18:42:11.30 ID:S46UzUQ/0

ガラッ

跡部「入部希望だ!」

跡部「テニス部と兼部だが、問題無いよな?」

跡部「まぁ俺様が入ってやるって言ってんだから、拒否するわけねぇよな?」


シーーーーン


跡部「なるほどSundayじゃねぇの」


跡部「よし、また明日来よう」


あかり「あかり、花山薫さんって人とお友達になったんだよ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日: ID:ybgIhEAo0 [1/21回(PC)] 京子「ふーん。どういう知り合いなの?」



あかり「えっとね。この間、私が痴漢に襲われそうになったところを助けてもらったんだぁ」



結衣「へぇ~。なんか漫画みたいな出会い方だね」



ちなつ「ロマンがあっていいですよね!」



あかり「それで実は……今日みんなに紹介しようと思って、もう呼んであるの!」



京子「おぉ~! もしや新しい部員の予感!?」



結衣「花山薫さんかぁ。名前からするとおおらかなイメージだね」



ちなつ「向日葵ちゃんみたいな感じかなぁ」

あかね「こんなはずじゃなかったのに」あかり「!?」

1: ◆1BrjSSUSHI 2012/02/11(土) 09:58:49.67 ID:W/IemtfA0

~ホームルーム前 1年教室 ~

櫻子「あかりちゃんってさぁ、お団子ない方が良くない?」

あかり「な、なに急に!?」

ちなつ「でも、お団子なくなると唯一の特徴なくなっちゃうよ?」

向日葵「イジメですの?」

櫻子「人聞きの悪いことゆーな!」がるる


向日葵「安価で話題BOXで遊んでみたい、ですわ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:31:55.84 ID:ljIjry1K0

【ちなつの部屋】
ちなつ「さて、ごはんも食べて、お風呂も入ったし、何しよっか」

あかり「せっかくのお泊り会だもんねぇ」

櫻子「向日葵ー、なんか盛り上がるパーティーグッズ持って来るって約束だったよなー?」

向日葵「持って来ましたわ。……あの時ジャンケンで負けなければ」

櫻子「おー、やるじゃん。どんなもん用意したの?」

向日葵「これですわ」スッ

櫻子「ん? 何この箱」

ちなあか「なんか見覚えが……」

向日葵「盛り上がるものと言われても私そういうの苦手ですので、歳納先輩に相談したんですわ」

向日葵「そうしたらこの話題BOXを貸してくださって」

ちなあか「やっぱりー」

櫻子「ほうほう。で、その箱でどんなことやんの?」

ちなつ「単純だよ。箱の中のクジを引いて、書いてあるお題を実行するの」

櫻子「それはわかりやすくていいね! 歳納先輩のオススメだし、楽しくなりそう」

ちなつ「どうかなぁ……。京子先輩だからなぁ」




櫻子「最近、向日葵が遊んでくれない」向日葵「・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:09:30.17 ID:4r+wPlK/0

櫻子「今日は私の誕生日!」

撫子「櫻子おめでとう」

花子「櫻子おめでとうだし」

櫻子「祝え祝え♪櫻子様を敬え♪」

花子「」イラッ

撫子「まぁ、誕生日だけは好きに言わせてあげるよ」

櫻子「ねーねー♪誕生日プレゼントはー?」

撫子「ケーキね、私と花子で作ったんだ」

花子「ふふーん、傑作だし!」




ちなつ「向日葵ちゃんも落ち着いてて素敵よね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 09:36:13.56 ID:zR82c4GT0

ちなつ「今度から向日葵ちゃんに練習相手お願いしようかな」



ちなつ「え?向日葵ちゃん修学旅行いかないの…?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:02:58.55 ID:2/J7CQK8P

向日葵「はい…」

あかり「えぇー!どうして!?」

向日葵「いやちょっと…」

櫻子「おっぱいが重いから?」

向日葵「そんなわけないでしょ!」

ちなつ「でもなんで…?せっかくの
旅行なのに…」

向日葵「そうなんですけど…」

向日葵「なんというか….都合が悪いんですわ!」

あかり「都合って?」

向日葵「都合は…都合ですわ…」

櫻子「やっぱりおっぱいか?」

向日葵「違うっていってるでしょ!」

ちなつ「…」

向日葵「櫻子に手を出した吉川さんを私は許しませんわ」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 22:42:56.48 ID:H7g+og7h0

ちなつ「・・・ん」パチ

ちなつ「あれ、ここ、どこ・・・なんで私寝て・・・」ムク

ガシャ

ちなつ「・・・え」

ちなつ「なにこれ、鎖・・・?」ガチャガチャ



ガララッ


向日葵「起きましたわね、吉川さん」

ちなつ「向日葵、ちゃん・・・?」

千歳「今日は特別な夜やから」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/12(月) 00:30:08.69 ID:HwaUcu1pO







※こちらは『京子「笑って、サヨナラ」』の続編となっております……たぶん※




ちなつ「お願い!あかりちゃんの足舐めさせて!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:14:36.02 ID:RMYiAzv70

-ごらく部部室-

ちなつ「はぁ…」

ちなつ「結衣先輩の足舐めたいな…」

あかり「ちなつちゃん?」

ちなつ「ハッ!?な、何かなあかりちゃん?」アセアセ

あかり「ううん、何でもないよぉ」

あかり(今ちなつちゃんが危ないこと口走ってたように聞こえたのはあかりの気のせいだよね…)

ちなつ(私とした事が妄想を口に出してしまうなんて…嗚呼、それにしても…)

ちなつ「結衣セン"パ~イ!!私を残して京子先輩と旅立ってしまうなんてあ"んまりですぅ~」

あかり「まぁまぁ…2人とも社会見学で今日1日いないだけだから…」


千歳「嘘はあかんよー」あかり「ひぃぃ!?」

1: ◆1BrjSSUSHI 2012/02/25(土) 10:20:16.38 ID:vmvn2uq60

~深夜 娯楽部部室~

あかり「ん、んん」

あかり「あれぇ、ここどこだっけ」

あかり「そか、合宿で泊まったんだったよぉ」

ぶるるっ

あかり「あうっ、お手洗いいきたくなっちゃった」


あかり「ほんとの好き、見つけたよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 22:44:05.54 ID:70II73RG0

「あかりちゃんは恋したことある?」

そう訊ねられたのはいつだっただろう。
確か、夏休みに入るその直前。好きな人はいっぱいいる。でも、その気持ちが
恋愛感情なのかどうかと聞かれれば、途端にわからなくなった。

みんなのことが大好き。
でもその好きはきっと、恋愛感情としての好きじゃない。
好きっていうのは、どういうことなんだろう。


結衣「あれ?みんな、聞こえてるよね?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/10(土) 20:15:27.42 ID:Vhyb0cUE0

結衣「3人とも、今日はせっかく午前中で終わったしうちに遊びに来ない?」

京子「ちなつちゃーん!お茶おいしいよぉ…もっと」ベタベタ

ちなつ「やめてください京子先輩…お茶ならいくらでも淹れますから」

あかり「あっ、今日おまんじゅう持ってきたよ。食べる?」

京子「いる!」

ちなつ「まったく…この時間に食べるとお昼が食べられなくなりますよ」

京子「お昼は別腹だから大丈夫だよ!」

あかり「あはは…ところで今日は何するのー?」

結衣「あれ…?」