ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

まゆ

モバP「ヤンデレなんかすぐ心変わりしますよ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 18:42:30 ID:Moz7f8UOO
ちひろ「まゆちゃんのことですか?まゆちゃんはプロデューサーさん一途だと思いますが……」

モバP「いいえ、違いますねアイツは今だけ俺に好意を寄せていますが」

モバP「なにか他の男と運命的なことがあったら、絶対に俺からソイツにくら替えしますね」

ちひろ「えぇぇ……根拠はあるんですか?」

モバP「もちろんありますよ!」

スポンサーサイト

モバP「おれの好みのヤンデレじゃないんですよね」

モバP「テレビでも見るかぁ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:yM7GUU6C0 [1/34回(PC)] 最悪だ――


思わず口の中でそう呟いた。
薄暗い物置の中、俺はドアノブを握り締めて立ち尽くしている。

智絵里「ぷ、プロデューサーさん……」

そんな俺を後ろから智絵里が抱きしめてくれている。
守らなければ。
俺が、智絵里を。

まゆ「うふふ」

薄いドア越しに熱い吐息の混ざった笑いが聞こえる。
汗でノブが滑る。
ぎぎぎぎぎぎと回転しようとするドアノブを俺は握り直した。


まゆ「ねぇ。貴方はまゆのモノなんですよ。……ぜぇんぶ、ね?」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。