ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

エヴァンゲリオンSSまとめ

アスカ「…そうだ!バカシンジに本気でイタズラしてやるわ!」

スポンサーサイト

アスカ「バカシンジの元気がない…」ミサト「いつもの事じゃない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:17:26 ID:XxQ2cyyJ0

アスカ「今回ばかりはいつもと違うわ!」

ミサト「そーおぉ?ただ隅っこで体育座りしてるだけじゃない」

アスカ「それがおかしいっての!」

ミサト「シンジくーん?そんな隅っこでウジウジしてないで、こっち来なさい?」

シンジ「…」

アスカ「ほら!返事すらしないじゃない!!」

シンジ「」ビクっ

アスカ「あん?」

ミサト「ほらぁ…アスカが脅すから…」

アスカ「ケッ…別に脅してなんかないわよ…気分悪い!部屋に戻る!!」

バタン

ミサト「はぁ…アスカもまだまだお子ちゃまね」

シンジ「…」

ミサト「シンジくぅーん?お酌してくれない?」

シンジ「はい」


渚カヲル「シンジ君の傍には僕だけがいればいいんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14 14:41:21 ID:P6gb6IKi0

カヲル「他の存在は、シンジ君が幸せになるための邪魔にしかならない……」

レイ「あ、ぁぁっ! ひっ、ああ、ぃはぁん! あっあーーーー!!」ビクビク

どさっ

カヲル「だから君も、もうシンジ君に必要以上に関わってはダメだよ?レイ」

レイ「……ハァ、ハァ……」

カヲル「レイ」

レイ「ぁ…カ、カヲルの、カヲルの言うとおり、するわ…………だから、もっと……」

カヲル「そう。僕に従うならもっと快楽を与えてあげる。他に、シンジ君に近づこうとするリリンはいるかい?」

レイ「……葛城三佐。学校の女子生徒、それから、弐号機パイロット―――」

カヲル「それらを皆、排除しなくてはね。シンジ君の幸せのために」


マヤ「ええ!!いきなり出てけなんて、そんなのヒド過ぎます!!」


シンジ「あれ?なんで猫が居るんだろ?」


シンジ「遭難した…」


レイ「心が…キュンキュンする…」


シンジ「だらけ過ぎだよ、アスカ」


ミサト「シンジ君がムラムラしてるとシンクロ率が高くなる???」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21 03:00:46 ID:h8f9VQ4b0

リツコ「現時点では推測。だけどその可能性が高いということよ」

ミサト「推測にしたって……マジ?」

リツコ「ええ。バカバカしく聞こえるでしょうけど、試してみる価値はあるわ」


カヲル「僕が…レイくんと暮らす…」


シンジ「うあああっ!中に出すよ!綾波!!」冬月「えっ!?」


シンジ「フゥー、キュウッ!」ドンッ


シンジ「●を買った」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/eva0081.jpg
1: さしゅう ◆Y888EksROA 2013/05/04 19:59:11 ID:oM3O2s+g0
数日前

シンジ「・・・今日こそは・・・」カチッ


書き込めませんでした

アクセス規制中です!!


シンジ「・・・またか」

シンジ「まったく、いつになったら解除されるんだよ」

シンジ「ラジオ?」レイ「……パーソナリティ」

    http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/b0051210_5117e40e5eb55.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 12:58:03 ID:qBmLA77+0

シンジ「えっと僕と綾波でラジオをやるの?」

レイ「そう。私と碇君でお手紙やらメール(という名のレス)を読んで答えていく」

シンジ「へ、へえ、よろしくね綾波」

レイ「ええ」

シンジ「でも僕に出来るかな」

レイ「時々ゲストも来るそうだから、大丈夫」

シンジ「そ、そっか。まずは何をすればいいの」

レイ「はじまりの挨拶」

シンジ「えっと、ラジオ始めます……?」

レイ「そう」

シンジ「い、いいのかなこんなので」

レイ「……」

シンジ「つ、次はどうするのかな」

レイ「おたよりが来るまで待機」

シンジ「そ、そっか……」


トウジ「委員長から晩飯に誘われたわ」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/29982ef3.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。