FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

オススメ

佐々木「キョン、何をそんなに驚くことがあるんだい?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:19:27.98 ID:b4n1xhZd0

佐々木「さっきから口を開けたり閉めたり……新手の物まねかい?」

キョン「いや、その……佐々木よ」

佐々木「ふむ、なんだい?」

キョン「なんで……お前が俺の部屋にいるんだ? 正確には俺と国木田の二人部屋だが」

佐々木「国木田はいないようだけれどね」

キョン「そりゃそうだろ……。今男子は修学旅行の楽しみベスト5に入る露天風呂を満喫してんだからな」

佐々木「キョンは早風呂なんだね。なるほど」


スポンサーサイト



P「忘れた書類を取りに、アイドルを俺の部屋に向かわせる!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:16:38.30 ID:EVf7M3p6O

P「全国の765プロファンのみなさん、こんにちは。実況のプロデューサーです」

小鳥「こんにちは。解説の音無小鳥です」

P「いやぁ、音無さん。ついにこの日がやってきましたねぇ」

小鳥「満を持して、という感じですねぇ」

P「そうですねぇ。それではここで、今回のルール説明です」

1.『忘れた書類を取りにいかせる』という名目で、アイドルを1人ずつ、Pの部屋に向かわせる

2.履き物を脱いで部屋に上がったところでタイム計測開始

3.テーブルの上の書類を持った時点で計測ストップ。最も早かったアイドルが優勝!

4.制限時間は計測開始から20分


デッドプール「第四次聖杯戦争?……あぁ、虚淵か」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 20:44:04.92 ID:HG4oVqkyO

雁夜「…告げる。汝の身は我が下に、我が運命は汝の剣に。聖杯の寄る辺に従い」

臓硯「クックックック…!!」

雁夜(桜ちゃん…俺が、俺が全部終わらせるから…!)

雁夜「この意、この理に従うならば応えよ!」

雁夜「抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ!!」

   パァァアアア…

???「…あれ?タスキー?つか、ここ何処ですんのん?」

???「自動車は!?ダテンシティは!?金は!?え!?ちょ…」


羽入「僕はいらないのです」その2


前作:羽入「僕はいらないのです」






1: ◆ADZP4KwVH2 2008/08/21(木) 23:39:59.79 ID:hoisXfbl0

どうか嘆かないで。

世界があなたを許さなくても、私達はあなたを許します。



どうか嘆かないで。

あなたが世界を許さなくても、私達はあなたを許します。



だから許しに行こうと思います。

あなたとまた笑いあう為に。



昭和59年6月

平和な村は鬼を屠ったとされる巫女を祭り、平和を満喫していた

毎日が楽しく、何一つ不安の無い明日

だけどそこに居ない人が居る

泣きながら笑う神様

贖罪を繰り返すことしか出来なかった悲しい神様



ニャル子「真尋さんを見つめ続けたらどうなるのか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 19:31:05.21 ID:w1mvJkyL0

ニャル子「……」ジー

真尋「ん?どうした?」

ニャル子「……」ジー

真尋「なんだよ僕の顔に何か付いてるのか?」

ニャル子「……」ジー

真尋「ふんっ」プイッ

ニャル子「……えへっ」ニコッ

真尋「なっ……なんだよ……///」

ニャル子(可愛い……///)


佐天「バイツァダストで爆弾にされる能力かぁ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 17:58:19.60 ID:5sFu3okd0

仗助「スイッチを押させるなァァァ――――――!!!」

吉良「いいや、限界だ! 押すねッ!! 今だッ!!」

   カチッ

        ドゴォォォォオオオオオオン

―――

吉良「……ふふ」

吉良「はははははは!! やったッ! 発動したぞ!!」

吉良「これで私は、もう奴らと『出会う』事すらなくなった……フフフ、私の完全勝利だ」

吉良「……しかし、ここは何処だ? 一時間前なら私は通勤途中の筈だが……こんな道、杜王町にあったか?」

吉良「……『違う』……ここは、杜王町じゃあないッ!?
   なんだ、何が起こったんだ……私は勝ったんじゃあないのか?」

吉良「クソッ……なんだって言うんだ一体……」

吉良「……ともかく、ここが何処だろうと私が奴らに追われることはあり得ない。
   ひとまず表に出て地図の見られる店でも探すか」

―――

吉良「……見渡す限り、ビル、ビル、ビル、か。杜王町じゃあない事は確かみたいだな。
   じゃあここは何処だ? S市……いや、もっと首都圏に近い場所か」


銀時「トンネルの向こうは、不思議の町でした(笑)」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 19:15:08.27 ID:LHdS/aGLO

銀時「分かってんだよ一時間も歩いた時から薄々勘付いてんだよ道を間違えてるなんて事は」

新八「いや、ならさっさと引き返せばよかったじゃないですか」


羽入「僕はいらないのです」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/16(土) 21:41:26.29 ID:0kcvIw8c0

全ては解決し
全ては収束し
全ては過去の事

でも何も終っていない事に私達は気付いていなかった
笑顔で泣いている神様以外は


昭和59年6月
去年の100年続いた6月も終わり、私達は暖かい時の流れの中を過ごしていた
一年が過ぎ、永遠に始まらないと思っていた新作アニメの続きが出て、新しいお菓子が出て(私はあまり興味が無かったが)、新しい会社が出来て、いくつかの会社が無くなって
そして皆は少しだけ成長して
魅音と詩音は仲良く浪人生になって(なぜか浪人中なのに雛見沢分校に来ているのははたしていいのだろうか?)
小さな私の手は少しだけ大きくなっていた


上条「白井と結婚したらどうなるか試したい」白井「は、はぁ!?」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 01:34:28.49 ID:rSQDKfkTO

上条「白井と結婚したらどうなるか試したい」

黒子「は、はぁ!?意味不明ですの!」

上条「いや、だから例えば白井との結婚生活とかどんなんかなーって」

黒子「け、結婚生活・・・」

上条「いいお嫁さんになりそうだよな白井は」

黒子「・・・」カァァッ

上条「ん、顔赤いぞ?」

黒子「気のせいですの」



切嗣「飛行機にぶちこむはずだった対空ミサイルはずしちゃった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 00:17:17.81 ID:vnM9WG/K0

切嗣「ナタリアの飛行機が着陸したらゾンビだらけになってしまう」

切嗣「すまないナタリア…」カチャッ

切嗣「ミサイル発射!」

ヒュ~~~~~ン……

切嗣「あれっ?」

切嗣「やっべはずした!」

ナタリア『おい坊や』

切嗣「あっナタリア」

ナタリア『お前私が着陸するまでちょっとそこ動くなよ』

切嗣「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ」


佐天「かませ犬を召喚する能力、かぁ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:21:23.68 ID:ng49DpXr0


佐天「こんな能力に目覚めてもなぁ」

佐天「うーん、どうしようかなぁ……」

佐天「初春に相談してみようかな……」

 プルルルルルル

佐天「出ない……ジャッジメントの仕事忙しいのかな」

佐天「うー、暇だなぁ 遊び相手が欲しいなー」

佐天「あ、そうだ」

佐天「えいっ!召喚!」

 パァァァ シュゥゥン

池田華菜「に゙ゃっ!? ここドコだしっ!?」

佐天「わーい、成功成功♪」

池田「ワケわかんないしっ! あんた誰っ!?」

佐天「うーん猫耳かわいい~♪」サワサワ

池田「に゙ゃー!? それは髪だぁー触るなぁ~」ニ゙ャー


御坂「見つけたわよあんた!」 上条「ん?」ドピュ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:21:33.83 ID:epHqB6/s0

上条「!?」

上条「(え……なんで俺今射精したんだ?)」

御坂「勝負よ勝負!」

上条「ッ! くうっ!」ドピュ

上条「!!!!????」

上条「(な……なんだ……これ?)」ピクピク

御坂「?」

御坂「(どうかしたのかしら)」


アイリ(セイバーに悪戯しちゃえ)セイバー「……」トテトテ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:01:23.17 ID:w7CzSoXd0

アイリ「セイバー」トントン

セイバー「なんでしょうか?」

ぷにっ

アイリ「ふふっ」プニプニ

セイバー「にゃんのまにぇでしゅか?」

アイリ「肩を叩くと、叩かれたほうへ顔を向けるでしょ?」

セイバー「ええ」

アイリ「それを利用して、人差し指で頬を突くの。今、みたいにね」

セイバー「なんて程度の低い悪戯ですか、全く」

アイリ「でも、みんなひっかかるのよね」

セイバー「当たり前です。そんなことをされるとは誰も思いません」


黒井白子「当麻お兄様ーーーーーーーっ」

お兄ちゃんパネェwwwwww



前作:
DQN圭 一

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/03(木) 00:17:40.67 ID:mm0WVJd3O

爆発した