ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スザク

ナナリー「車椅子よりルンバです!!」ルルーシュ「ナナリー……」





1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 12:27:20 ID:2vRbGnQp0

総督府 通路

ジノ「この後、一緒に昼食でもどうだ?」

アーニャ「いいけど」

ジノ「よし。決まりだ」

ナナリー「……」ウィーン

ジノ「あれは総督じゃないか」

アーニャ「でも、乗ってるの車椅子じゃない。なにあれ」

ナナリー「……」ウィーン

ジノ「な、なんだろうな」

ナナリー「……」ガッ

アーニャ「ぶつかった。記録」パシャ

ナナリー「……」ウィーン

ジノ「行ってしまった……。なんだったんだ……。だが、あの円形の乗り物、どこかで見たことがあるな」





元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363231640/


スポンサーサイト

ゼロ「ユフィとカレン、どっちが好みだ?」スザク「うーん……」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16 21:22:50 ID:Sf0QaYEw0

―――神根島

ゼロ「枢木スザク!!」

スザク「ゼロ!!」

ユフィ「あ、スザーク。無事だったのですね」

カレン「ゼロ!無事だったのですね!!」

ゼロ「枢木スザク。貴様、カレンと一緒に居たのか?」

スザク「ゼロ!!お前はユーフェミア様と一緒に居たのか?!」

ゼロ・スザク「「羨ましいやつ!!」」

カレン「ゼ、ゼロ……そんな……うれしい……ですけど……」

ユフィ「スザク……あ、いや、ゼロ!羨ましいとはどういうことですか!?」





元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350317987/


ルルーシュ「アマガミ?」スザク「うん…」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10 18:58:08 ID:VXpQC1jD0

ルルーシュ「何だそれ?」

スザク「いや、ロイドさんが…」

ロイド『スザクくん、君は異性と言うものに興味はないのかね?』

スザク『あんまりそういうことは考えたことないです』

ロイド『なら、これもいい経験だよ。さぁ受け取って』

スザク『なんですかコレ?』

ロイド『暇つぶしってやつだよ。最近は戦闘も少ないしデータを収集できないだろ?』

ロイド『だからねスザクくん。君自信のデータが欲しいんだよ』

スザク『言っていることがイマイチ…』

ロイド『いいから!とにかくコレをもって行きなさい!』





元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344592688/


スザク「風邪ひきはじめには~ルルが効くっ♪」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 19:38:05 ID:Q1KtPWkg0
シャーリー「え?」

ミレイ「スザク?」

リヴァル「えーと…」

カレン(………なんか聞いた事あるような…)

スザク「~♪」

シャーリー「…ねぇスザク?」

スザク「うん?なにかな?」

ミレイ「さっきの…なに?」

カレン(…なんだったっけ…えーと…)

スザク「さっきの?」

リヴァル「いや、風邪ひきはじめにはルルーシュがなんたらって」

スザク「ん?」

カレン「あんたなんか、大っ嫌い!!」スザク「だよね……」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16 01:19:47 ID:vPF2k3cq0
―――エリア11 ブリタニア政庁 特別虜囚室―――

スザク「――すまなかったッ!!」

カレン「何いってんだっ!!」
バキィッ!

カレン「やっていい事と!! 悪い事があるだろっ!!」
ドゴォ ゴガッ パシンッ!

カレン「いい人きどって勝手にお終い!?」
ボグッ ドゴッ アッパー!

カレン「おさまらないんだよ……!! 紅月カレンを安く見るなっ!!」

スザク「う、うぅっ……」ヨロリ

カレン「……ふんっ! 抵抗しないところが余計腹立つ!」ドカッ

カレン「さぁ、あたしを殺しなさいよ」ツンッ

カレン「捕虜がラウンズにt
スザク「え……もう、終わりなのかい?」シュン

カレン「……は?」

元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350317987/

コーネリア「枢木よ。私はお前の子を身篭ったようだ」スザク「」






1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21 01:27:53 ID:40Y5higo0

コーネリア「あははは、まてまてー」

ユフィ「お姉様、こっちですよー」

コーネリア「待てというのに~」

ユフィ「うふふふ」

コーネリア「ほーら、捕まえ―――」

スザク「ユーフェミア様」

ユフィ「あ、スザクー」タタタッ

コーネリア「え……」

スザク「午後の予定ですが……」

ユフィ「分かってます。早く行きましょう」

スザク「はい」

コーネリア「枢木……枢木ぃ……!!!私とユフィの甘い一時を……!!」





元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345480073/


スザク「本当に記憶を失っているのかい、ルルーシュ?」

           
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11 16:08:20 ID:vGGDcAyd0

アッシュフォード学園 屋上

スザク「ルルーシュ」

ルルーシュ「スザク。主役はメインステージにいてくれよ」

スザク「いや、みんな楽しんでいるようだから。……それに話したいことがあってさ」

ルルーシュ「なんだい?」

スザク「僕はね……ナイトオブワンになるつもりだ。ナイトオブワンの特権に好きなエリアを一つもらえるというのがある。……僕はこのエリアを、日本を貰うつもりだ」

スザク「僕は大切な友達と掛け替えの無い女性を失った……。これ以上、誰も失わないためにも力を手に入れる。だからもう、日本人にゼロは必要ないんだ」

ルルーシュ「ふぅん、間接統治か。保護領を目指して?」

スザク「答えはこの人に。―――来週、赴任される新総督だ」

ルルーシュ「ただの学生が総督と?」

スザク「……枢木です。はい、今、目の前に、はい……今、代わります」

ルルーシュ「困るんだけどなぁ、そんな偉い方なんかと―――」

『もしもし、お兄様?』

ルルーシュ「な……ぁ……!?」


シュナイゼル「ダモクレスの鍵は預けるよ」ナナリー「……」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:49:58.88 ID:NXldSSOY0

シュナイゼル「ナナリー?」

ナナリー「……」

コーネリア「どうした、ナナリー?」

ナナリー「……あ、はい」

シュナイゼル「ナナリーに預けよう、ダモクレスの鍵を」

ナナリー「どうも」

コーネリア「大丈夫か?」

ナナリー「はい」



ナナリー「お兄様!時速300キロで走る車椅子です!」ギュルルル!!!!


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 16:19:16.00 ID:6ohbeCpR0

アッシュフォード学園 中庭

スザク「ナナリー、お待たせ」

ナナリー「スザクさん、私に渡したいものってなんですか?」

スザク「ロイドさん……僕の上司の人に作ってもらったんだ」

ナナリー「え?」

スザク「新しい車椅子」

ナナリー「……あ、本当です。でも、いいのですか?誕生日でもなんでもないですけど」

スザク「ナナリーが快適に過ごせるように色んなギミックを仕込んでみたんだ」

ナナリー「スザクさん……私のために……ありがとうございます」

スザク「いいんだ。さあ、乗ってみてくれないかい?」

ナナリー「はい!では、早速……」




スザク「それは毒ガスだ!!」ルルーシュ「少女じゃないのか!?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 11:10:30.57 ID:K9+SmTZW0

スザク「これはテロリスト達が調達した毒ガス兵器。まさか、ルルーシュ……」

ルルーシュ「まて、俺は……」

プシュ……

スザク「!?」

ルルーシュ「カプセルが開いた―――」

スザク「ルルーシュ!!」ガバッ

ルルーシュ「うぐ?!」

C.C.「……」ドサッ

スザク「え……」

ルルーシュ「……見ろ、スザク!!これのどこが毒ガスだというんだ!!」

スザク「まだ分からないよ。人型の風船だってあるんだ。その中に毒ガスを詰めれば……」

ルルーシュ「まさか。この少女に触れたら……」

スザク「ああ。この少女が破裂して毒ガスを撒き散らすかもしれない」



ニーナ「ルルーシュってちょっとユーフェミア様に似てる?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:47:16.92 ID:GIMGWis90

ニーナ「ハァハァ」コスコス


カレン「私の事どう思ってるの?」ルルーシュ「こう思ってる」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 09:48:26.65 ID:A9rp8nCL0

――超合集国最高評議会当日・アッシュフォード学園 クラブハウス――

カレン「……ブラックリベリオンの時、扇さんはあなたを護れと言った。私の、お兄ちゃんの夢を継ぐ者だって……」

カレン「――ルルーシュ。あなたは私の事どう思ってるの……? どうして斑鳩で私に……『君は生きろ』と言ったのよ!?」

ルルーシュ「……」

カレン「っ……」

ルルーシュ「!」

(ちゅぅっ)

カレン(ああ……そうか、私……ずっとルルーシュに恋してたんだ……)

カレン(ねえ、お願い……一緒に来いって、そう言って! 私、あなたとなら―――)

(れろっ)

カレン(……んんっ?)



ルルーシュ「こんな事をしているのは知られたくないからな……」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 23:45:34.72 ID:VTUSonkf0

―――斑鳩 ゼロ私室―――

ルルーシュ「蓬莱島に来て数日、中華との交渉も必要な分は全て済んだ」

ルルーシュ「合衆国日本の内政については、神楽耶に指示も出し、滞りなく進んでいる」

ルルーシュ「物資の調達や在庫管理は扇や藤堂に任せてある……問題はない」

ルルーシュ「そしてC.C.とカレンはそれぞれ偵察任務についている……久しぶりに一人だけの、自由な時間だ」

ルルーシュ「一人ではできない事も多いが、逆に一人でなければできない事だってある」

ルルーシュ「あいつらが帰って来ないうちに済ませなければな……よし、決行するなら今だな」



ルルーシュ「俺の一生を形として残したい」スザク「ギャルゲーか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 10:32:59.73 ID:bB78zX9M0

ルルーシュ「世界は一つとなり、あとはゼロ・レクイエムを行うだけとなったな」

スザク「ルルーシュ、何かやり残したことはあるか?」

ルルーシュ「実は……俺の一生を形として残したいと考えていた」

スザク「形?教科書に載るだけじゃ不満なのか?」

ルルーシュ「皇帝ルルーシュの人格がどのような肯定を経て、築かれたのか……それを知ってもらいたい」

スザク「なんのために?」

ルルーシュ「ルルーシュ・ランペールジという人間がいたことを……残して置きたいんだよ」

スザク「ルルーシュ……」

ルルーシュ「ダメか?」

スザク「いや。それぐらいは協力するよ」

ルルーシュ「そうか。では、媒体はどうする?書籍にするか、映画にするしかないだろうが」

スザク「ギャルゲーだ、ルルーシュ。ギャルゲーにしよう」




シャーリー「合コンあるけど、参加しない?」ルルーシュ「しない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 17:01:33.75 ID:ykCZoDU50

~生徒会室~

シャーリー「だ、だよねー。ルル、そういうの興味ないもんねー」

ルルーシュ「シャーリー、その合コンに参加するのか?」

シャーリー「ううん!!別に!!しないよー!!私も興味ないし!!」

ルルーシュ「じゃあ、どうしてそんなことを訊ねた?」

シャーリー「それは……」

ミレイ「水泳部のメンバーにまた合コン誘われたの。でもね、いつも断ってばかりだから今回は流石に参加しないと悪いかなって思ったのよ。でも、ルルがいないと意味ないしなー」

ミレイ「あ、そうだ!ルルを誘っちゃおう!!!ってことじゃないの」

シャーリー「会長?!なんでそのことを?!」

ミレイ「これだけ想われたルルーシュが一言!」

ルルーシュ「じゃあ、断ればいいじゃないか」

シャーリー「だって、もう散々断ってるから、断り辛くて……」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。