FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

セシリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「愛情度センサー?」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 22:22:33 ID:LGbMgYmm0

一夏の部屋

一夏「・・・なんだこれ」

一夏「朝出てくときはこんなものなかった気が・・・スカウター?」

ヒラリ

一夏「ん、メモ?」

『愛情度センサー』

一夏「愛情度センサー?

束「そうなのだよ!」バサッ

一夏「うおわ!?」

束「へっへーいいねぇその顔。その顔が見たくて束さんは隠れていたのだよ!」

一夏「はぁ・・・今度はなんですか?」

束「ブーブーそのリアクションは良くないよ。『わあ!束さん!今度はなにを作ってきてくれたんですか?わっほーい!』くらい言ってくれないと」

一夏「千冬ねえ呼びますよ」

束「へぅ・・・いっくんが冷たいよ」


スポンサーサイト

セシリア「肛門ばっかり…」 一夏「肛門じゃない!アナルだ!!」

一夏「セシリアのアナルを弄びたいなあ」束「御意!」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:40:36.92 ID:J+eLOwMpO

代行ありがとうございます

一夏「…」

セシリア「ふぐっ…むぐぅ」

一夏(変な部屋に案内されたと思ったら、分娩椅子に固定されたセシリアがいた…目隠し猿ぐつわで)

一夏(正直セシリアなら頼み込めばヤらせてくれたんじゃないかと思うけど…ここは束さんのご好意に甘えるとしよう)

一夏「とりあえず目隠しと猿ぐつわは外すしても大丈夫だろ」カチャカチャ

セシリア「んっ!」ビクッ

一夏「おっすセシリア」

セシリア「…い、一夏さん?」


一夏「最近セシリアが可愛すぎて性欲がつらい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 00:26:53.28 ID:zTeAYcvi0

一夏「まずなんだよあの後ろ姿。セシリアだけに尻がエロすぎなんだよ!あぁくそったれ、マジであの尻揉みしだきてぇ!!」モンモン

一夏「そしてやっぱ垂れ目なところが可愛いよな。マジかわいい。お嬢様だからなのかわかんねぇけどなんかいい匂いするし、マジやべえ。」

一夏「…やべえ、こんなこと考えてたからギンギンになっちまった…。」

一夏「……もう今日は抜いて寝るか。」ズルッ 、シコシコ…

コンコン。イチカサーン、イラッシャイマスカー?




て感じで頼む


一夏「俺の部屋でセシリアが寝てる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 19:47:14.95 ID:Lmpr7tgQ0

一夏「俺の部屋を別荘にでもする気か?」

セシリア「Zzz...」

一夏「まったく、実にけしからん。ちゃんと説教してやらないとな」

一夏「まずは>>5をして起こそう」


セシリア「一夏さん・・・」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:54:44.71 ID:r2u8nIex0

初。。。緊張。。



セシリア「はぁ…」

セシリア「最近、一夏さんと二人きりで過ごす時間が減りましたわね…」

セシリア「まぁ…一夏さんを通じて箒さん達と親しい仲になったのは良しとしても、さすがにこうもライバルが多いというのは…」

セシリア「…このままではいけませんわ!」

セシリア「なんとかして、一夏さんと二人っきりの時間を多く作れないものかしら…」


セシリア「い、一夏さんとキスしちゃった///」

一夏「オカズになってくれないか」セシリア「おかず?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 19:20:36.98 ID:YUwuRVSlO

一夏「こ、こんなこと言うの恥ずかしいしおかしな奴と思うかもしれないけど・・・セシリアにしか頼めないんだ」

セシリア(おかず・・・おかず?)

一夏「その、女の人はどうかわからないけど男は溜まる生き物なんだ・・・」

セシリア(おかずってなんですの・・・?お夕食は先程済んだばかりですし)

一夏「こんな女だらけの環境で我慢するのは大変なんだよほんとに・・・」

一夏「なのにやれセキュリティだなんだってうるさいから持ち込むことも出来ない・・・っ!」

セシリア「あ、あの一夏さんおかずって」

一夏「こんなエロ本もなにもない状態もう堪えられないんだ!だからセシリア頼む!」ガシッ

セシリア(えっちな本がなくて我慢できないからわたくしに頼む・・・・・・っ!!??)

セシリア(つつつつまりわたくしとあのあれをしたいってことですの!?)



一夏「今日からセシリアには挨拶がわりに尻をもんでみよう。」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 17:18:24.40 ID:zTeAYcvi0

教室

一夏「おはようみんな。」ガラッ

シャル箒ラウラ「おはよう。」

一夏「セシリアもおはよう。」モミッ

シ箒ラ「」

セシリア「ひゃうっ!!…一夏さん!いいいいきなり何をなさるんですか!?」

一夏「なにって、あいさつしただけじゃないか。」

セシリア「いきなりわたくしのお、おお尻を触ったはありませんか!!セクハラですわ!!」

箒「…ハッ。おい一夏!!これはどういうことだ!?」

シャル「イチカガセシリアノオシリヲモンダ…イチカガセシリアノオシリオモンダ…///」ブツブツ

ラウラ「おい嫁よ、私というものがありながら…水臭いぞ。」

書き溜め?ないよ\(^o^)/



一夏「セシリアと無人島に漂流したら大変だろうな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 13:01:36.83 ID:LHQIo7ua0

セシリア「どうしてですの?」

一夏「お嬢様育ちのセシリアは屋根もないまともな食べ物もない無人島じゃ暮らせないだろ」

セシリア「わたくしは一夏さんがいれば他になにもいりませんわ!」

一夏「セシリア・・・」

セシリア「一夏さん・・・」

一夏「こいつ~」イチャイチャ

セシリア「うふふふ」イチャイチャ





一夏「エアコンつけないでセシリアと汗だくセックスしたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 15:13:11.59 ID:ylogWzoZ0

一夏「どうしたら出来ると思う?」

シャル「・・・なんで僕に聞くの?」

一夏「経験豊富そうだし友達だろ?」

シャル「ぼっ、僕はそんな経験ないよ!」

一夏「で、どうしたらいいかな・・・いきなりセックスしようぜは流石に引かれると思うし」

シャル「セシリアなら大丈夫なんじゃない」

一夏「それじゃまるでセシリアが尻軽みたいだぞ」

シャル「そういうことじゃなくて、一夏に言われたらってことだよ」

一夏「どういうことだ?」

シャル「・・・自分で考えなよ」




一夏「なぁセシリア…オナニーしてるとこ見せてくれないか?」

7: 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/06(月) 01:00:42.19 ID:K+NlqE7i0

一夏「それで…どうなんだ…?」

セシリア「わ…私は…その…一夏さんも見せてくれるというなら…」

一夏「いいぜ!俺のオナニーなんていくらでもみせてやるぞ!」

セシリア「では…早速…」カァァァ

一夏「セシリアの腋に顔押し付けて深呼吸したい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 09:56:33.21 ID:bDnwRZWxO

鈴「・・・・・・は?」

一夏「したいなって」

鈴「あ、あんた変態だったの?」

一夏「変態じゃない。ただ深呼吸したいだけだ」

鈴「幼なじみが変態になってた・・・昔はこんなんじゃなかったのに」

一夏「なんだよ何が悪いんだ?」

鈴「女の子の腋に顔押し付けたいとか変態以外のなんなのよ!」

一夏「男ならみんな思うことだぞ」

鈴「馬鹿じゃないの?」

一夏「男はみんな馬鹿だ」

鈴「あっそう・・・ていうかセシリアの腋で深呼吸とか大丈夫なの?」

一夏「なにが?」

鈴「それはほら、あれでしょセシリアって」


一夏「教室に入るとセシリアがいるってすぐわかるな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:31:54.53 ID:1n4Bm96C0

セシリア「どうしてですの?」

一夏「セシリアは眩しくって輝いて見えるから」

セシリア「まあ、一夏さんったら」


一夏「セシリア、一緒に料理の練習しないか?」

2: ◆bommVHCpxo 2011/04/24(日) 22:00:02.93 ID:kgeQlRXI0

代行ありがとうございます

シャルル「・・・じゃあひとつだけ言うこと聞くよ」
一夏「セシリアの飛び方が一番綺麗だよな」
ラウラ「明日22日は”夫婦の日”だそうだ」
鈴「もう地球があんなに遠いよ」
ラウラ「よし、私が一夏の姉になってやろう」
千冬「一夏、すまない」
鈴「じゃあ、あたしも家の掃除手伝ってあげるわよ」
マドカ「織斑マドカ、だ」

こういうのを書いたものです
そういう前提でよろしくおねがいします

では少しの時間、お付き合いください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。