FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ピカチュウ

スネーク「こちらスネーク、トキワの森に到着した」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09 22:02:31 ID:wDT4JUCT0

少佐「予定通りだな、スネーク」

少佐「今回の任務はその森に生息する生命体"ポケットモンスター"、通常ポケモンと呼ばれる生物の調査、および捕獲だ」

少佐「基本的に必要なものはいつもどおり現地調達だが、捕獲用の道具はこちらで用意しておいた」

スネーク「この赤と白のボールか。だが、こんなものでポケモンを捕獲できるのか?」

少佐「自分で確かめてみるといい。そいつはシギントの自信作だ」

スネーク「…」

少佐「ともかく、その森で何かしらの生物を捕獲してくれればそれでいい」

少佐「もちろん、人に見つかるんじゃないぞ。幸い草むらや木々は多い。敵の目を欺くにはうってつけだろう。検討を祈る」

スネーク「何故隠れる必要がある?堂々と調査という名目で入ればいいじゃないか



スポンサーサイト



ニャース「もう騙されないニャ……」ピカチュウ「……」


前作:ニャース「おミャーらを許さないニャ……」ピカチュウ「……」
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 21:35:14.32 ID:M54U499NO

―アジト―

ピーガシャンガシャンプシュー

ニャース「」ジジジジ

ガシャン

ニャース「」シュウウウウウ

プシュー



ニャース「完成ニャ……」ニヤリ



ニャース「おミャーらを許さないニャ……」ピカチュウ「……」

 
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 21:45:09.49 ID:4AmW+SHSO

ニャース「最近気づいたことがあるニャ……」

ピカチュウ「……」

ニャース「毎回毎回同じパターンで飛ばされながらも考えてきたけど……」

ピカチュウ「……」

ニャース「やっぱりおミャーらはやりすぎニャ」




サトシ「ピカチュウ!最大パワーで10万ボルト!」ピカチュウ「……」

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:02:31.63 ID:Yp6IVRjVO

―ポケモンセンター裏―

サトシ「よーし!イッシュリーグに向けて今日もガンガン特訓するぞー!」

デント「んん~wwww気合い充分だね~wwサトシ」

サトシ「あぁ!早くイッシュリーグで戦いたくてワクワクしてるんだ!」

アイリス「そんなにはしゃぐなんてほんと子どもね~」

サトシ「うるさいなアイリスは」

デント「うるさいよアイリス。……あ!そうだサトシ。特訓がてらボクとポケモンバトルしないかい?」

アイリス「……」

サトシ「お!いいな!じゃあ、早速やろうぜ!」

サトシ「行くぞビカチュウ!」ダッ

ピカチュウ「……」タッタッタッ


サトシ「かわすなピカチュウ!」ピカチュウ「ピカ!」ドガァッ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 09:02:36.10 ID:VPtPLxqf0

サトシ「ピカチュウー!」

ピカチュウ「ピ…カ…」

サトシ「ピカチュウ…まだやれるのか…?」

ピカチュウ「ピカ…!」

サトシ「わかった…!」

サトシ「ピカチュウ!ひとまず攻撃は休んで相手の手の内を読むんだ!」

ピカチュウ「ピカ!」

サトシ「かわすなピカチュウ!」

ピカチュウ「ピカ!」

ドガァッ

ピカチュウ「ビガー!」

サトシ「ピカチュウー!」


ナツメ「それでも お前が好きだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/06(月) 02:42:04.79 ID:+1tQhWp10

小さいときからときから知っていた。

自分は特別な人間なんだって。 人とは違うんだって。

それでも… それでも…
………

第一部 出会い


レッド「あー… よく寝た… 今何時だろ?…げっ!?もうこんな時間??」

レッドは飛びおきて 急いで用意をし始めた。

ここは ヤマブキシティのポケモンセンター。俺の名前はレッド。

ひょんなことからポケモンマスターというのになるために全国を旅してるってわけさ。


レッド「おい ピカチュウー起きてるなら起こしてくれよ…」

ピカチュー「」ビリビリ…

レッド「いやっ 違う!!今はいい!!落ち着け!なっ?お菓子あげるから!!うまい某もつけるから!!今はいいってええええええ」ビリビリ




上条「よぉピカチュウ」美琴「ピ!ピカチュウ!」:☆☆☆☆

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 18:47:00.61 ID:5x2fWJjJ0

上条「・・・」

美琴「・・・」

上条「・・・え?」

美琴「な、なによ!せっかくノってやったんだから少しくらい反応しなさいよ!」

上条「お・・・おう」

美琴「・・・」

上条「えーっと・・・ハハッ」

美琴「おいコr
上条「ピカチュウ!十万ボルトだ!」

美琴「ピーカー!!!」バチバチ

上条「・・・」

美琴「ヂュウウゥウウウ!!!!www」バチバチバチバチ



上条「アレ・・・コイツこんなノリ良かったっけ?」