FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ポケモン

まどか「マミさんがマダツボミさんになって復活した」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/1031785i.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02 16:20:37 ID:AzRiITxN0
バリバリモグモグ

さやか「そんな、マミさんが……」

QB「二人とも、今すぐ僕と契約を!」

ほむら「その必要はないわ」

まどか「ほむらちゃん!」

「そうよ、そいつは私が倒すの」

まどか「この声は!マミさ――」


マダツボミ「私はまだ戦えるわ!」クネクネ


一同「…………え?」

スポンサーサイト



デント「どうしようサトシ、アイリスが臭すぎて僕もう死にそうだよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 16:32:17 ID:vLoW9FCn0

デント「ポケモン達も回復したばかりなのにもう瀕死だし」

サトシ「俺のピカチュウなんて泡吹いて白目向いてるぜ!」

ピカチュウ「」


城島「長瀬、ユンゲラー交換しようや」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/064.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15 00:12:36 ID:xnBfz7tK0
長瀬「え?なんて?」

城島「ユンゲラー交換しよって」

松岡「いい年して何やってんだ」

国分「何?ポケモン?」

山口「面白いの?」

城島「なかなか奥が深くてええよ」

国分「電車とかでやってる人多いよね」

松岡「長瀬もやってんの?」

長瀬「俺ドラクエ派だから」

カイジ「ゆけっ……!ブースターっ……!」




アッコ「ヒトカゲにしとくわ」 勝俣「アッコさんかっけえ!!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/23 20:17:08 ID:DsbndLcR0
とあるホテルの一室

アッコ「おい、勝俣! おるか!?」

ドン! ドン!

勝俣「・・・やっぱ面白れえなポケモン」

アッコ「おいコラ勝俣ぁ! 返事しろや!!」
勝俣「あ、スンマセン! 今開けます!!」

ガチャ

アッコ「よっしゃ勝俣、今から飲みに・・あん? それなんや?」
勝俣「これっすか! ポケモンっすよポケモン!」
アッコ「ポケモンやて? んなもんジャリのおもちゃやんけ」
勝俣「な! ちょww! なんて事言うんですかぁ!アッコさん!」

さやか「あたしのミュウツー最強だしwww」ほむら「へぇ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:43:15.91 ID:xZSQnGmE0

ほむら「じゃあ対戦しましょう」

さやか「転校生が? いいよ、かかってきなさい!」

ほむら「折角だからタイマンにしないかしら? お互い一匹だけ出すの」

さやか「タイマン? 上等だよ、あたしの力見せてあげる!!」

ほむら「ふふっ、私はコラッタを使うわ」

さやか「こ、こらった!? あたしを馬鹿にしてんの!?」

ほむら「いいえ、そんなことはないわ」ファサッ


律子「んんwwwwwwwプロデューサー殿wwwwwwwwwww」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 06:25:28.35 ID:9nmilXWT0


律子「ヤケモーニンwwwwwwwwwwwプロデューサー殿wwwwwwwwwwwww」

P「ああ、おはよう律子」

律子「今日は我ら竜宮小町とのヤイドルバトルですなwwwwwwwwwww」

P「あはは! それを言うならフェスな」

律子「負けませんぞwwwwwwwww異教徒は優しく導く以外あり得ないwwwwwwwwwwww」

P「こっちだって!」


唯「ムギちゃん!一匹だけポケモンをペットにできるとしたら…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/24(木) 23:02:16.26 ID:LIUB59eNO

唯「どのポケモンがいい?」

紬「そうねぇ…私はメタモンがいいわ」

唯「何でメタモンがいいの?」

紬「ウフフ…ゲル状がいいのぉ…」


竜華「いたずらごころ猫の手ほえるレパルダスや」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 14:26:48.58 ID:S0VYtNCp0

セーラ「うっわ、なんやこれ。完全にハメ技やん」

竜華「ふふん、すごいやろ。相手は手も足も出んっちゅう寸法や」

セーラ「もしかしてこのパーティでインハイ出る気か?」

竜華「当然や。これで優勝はウチらのもんや」


レッド「養ってくれ!」 ナツメ「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/22(土) 00:20:22.33 ID:9XyPVN/f0

レッド「お金が無いんです!」

ナツメ「……え?」


サトシ(26歳)「ポケモンマスターとかアホじゃねーの」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/16(月) 21:06:42.14 ID:j6/H1Q+y0

サトシ「小学校中退だし俺どうやって生きてけば良いんだ」

タケシ(31歳)「大丈夫だって!お前なら」

サトシ「お前はいーよな。俺の知らねーところで、ポケモン関係の資格取りまくってたし、それに
中学校出てんじゃん」

タケシ「そ、それは、ほら、アレだよ、アレ」

サトシ「別に無理に励まそうとしなくて良いよ」



戸愚呂弟「オレはヒトカゲでいきます」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/17(金) 23:13:10.49 ID:nromeFj8O

左京「戸愚呂、こいつを見てみろ」

戸愚呂弟「…ゲーム機ですか、オレも人間の子供の頃はあこがれましたよ」

左京「ふ、私は最新作のポケモンにも興味があってな、そこで原点回帰…というわけだ」

戸愚呂弟「ゲームはよくわからないんで…オレンジジュースください」

左京「まぁそういうな」



エリカ「お久しぶりです、レッドさん」:☆☆☆☆

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 08:05:25.79 ID:okLB5OjC0

エリカ「ここにいらっしゃったんですね。探しました」

レッド「……」

エリカ「ゴールドさんに聞かなければずっと探し続けてました」

レッド「…………」

エリカ「なにも言ってくださらないのですね」

レッド「…… …… …… ……
     …… …… …… ……」

エリカ「バトル……でもしましょうか」



上条「よぉピカチュウ」美琴「ピ!ピカチュウ!」:☆☆☆☆

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 18:47:00.61 ID:5x2fWJjJ0

上条「・・・」

美琴「・・・」

上条「・・・え?」

美琴「な、なによ!せっかくノってやったんだから少しくらい反応しなさいよ!」

上条「お・・・おう」

美琴「・・・」

上条「えーっと・・・ハハッ」

美琴「おいコr
上条「ピカチュウ!十万ボルトだ!」

美琴「ピーカー!!!」バチバチ

上条「・・・」

美琴「ヂュウウゥウウウ!!!!www」バチバチバチバチ



上条「アレ・・・コイツこんなノリ良かったっけ?」



サトシ(14)「やっとポケモン151匹集めたわけだが・・・」:☆☆☆☆

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/30(土) 17:33:14.25 ID:bKEwRflM0

サトシ「もう4年か・・・長かったな」

サトシ「オーキドのじじいに全てのポケモン集めてこいなんて言われて」

サトシ「マサラを飛び出したんだっけ・・・あれから一度も戻ってないんだよなぁ」

サトシ「はじめは簡単だと思ったんだけどな・・・2年でほぼ捕まえたんだが」

サトシ「伝説のポケモンと絶滅したポケモンには苦労したなぁ・・・」

サトシ「・・・よしっ!全てのポケモンを集めたんだ!堂々とマサラに凱旋してやるぜ!」