ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

モバマスSSまとめ

モバP「ヤンデレなんかすぐ心変わりしますよ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 18:42:30 ID:Moz7f8UOO
ちひろ「まゆちゃんのことですか?まゆちゃんはプロデューサーさん一途だと思いますが……」

モバP「いいえ、違いますねアイツは今だけ俺に好意を寄せていますが」

モバP「なにか他の男と運命的なことがあったら、絶対に俺からソイツにくら替えしますね」

ちひろ「えぇぇ……根拠はあるんですか?」

モバP「もちろんありますよ!」

スポンサーサイト

モバP「おれの好みのヤンデレじゃないんですよね」

楓「カロリーコントロールする…ロリコン……」 モバP「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06 09:10:41 ID:NDJ8XCNb0

モバP「い……いま、にゃんて…………」

楓「ふふふっ……いつもなら笑ってくれるのに……」

礼子「そうね、プロデューサーなら馬鹿みたいに笑うところね」

瑞樹「カロリーコントロールするロリコン来ん……うーん、滑舌練習には微妙かもね」

瞳子「それが、あなたの夢なの……?」

留美「ほら、君も食べなさい。みんなで楽しくお食事してるだけよね?」

美優「あ…このお料理……美味しいですよ。……ロリコンさん」ボソッ

モバP「」


モバP「アイドルの趣味に付き合う」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 21:16:04.58 ID:tq+eoXFh0

P「さて、事務所所属のアイドル達との付き合いも長くなってきた」

P「とはいえまだ分からないことも多い。男と女、って決定的な違いもあるしな」

P「という訳でよりアイドルを知る為に、アイドルの趣味を俺も体験してみることにした」

P「さて、まずは」


渋谷凛「あ、いらっしゃいプロデューサー」


P(凛から)


楓「き、着れました……」モバP「これは…」 | 凛「どうしよう…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:28:55.30 ID:gpTqjcJU0

―――Pの家――――

深夜

P(風呂も入ったし後は寝るだけか……)

P(そろそろメールが来るころかな)

ヴー ヴー

P(来た)


差出人:高垣楓
件名:そういえば
――――――――――――――――――
私の趣味の温泉めぐりっていうのを活かし
た温泉のレポーターみたいな仕事ってやら
なんですか?



P(なぜ今仕事の話題を……)


村上巴「P、うちの家まで挨拶に来るんじゃ」モバP「挨拶?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 21:01:21.05 ID:o9unpy5T0

P「どうしたんだ急に」

巴「こないだ電話があっての、親父がPの顔見たいと言うちょるんじゃ」

P「……俺の顔?あ、もしかしてPヘッドを見たがってるのか?」

巴「そういう意味じゃなか」


モバP「智絵里と小梅をいぢめる」

モバP「最近おかずが溢れてて」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 22:14:31.96 ID:9335HKXH0

ちひろ「ふんふんふふーん、ガチャしたい~♪」

ちひろ「あ、これ事務所のイメージ主題歌にしましょう」

ちひろ「事務所の知名度が上がれば、プロデューサーさんも喜んでくれますね!」

ちひろ「……あ、喜ぶといえば…………」



モバP「モバマスツアーズへようこそ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 20:16:24.23 ID:XK7fqgcg0

P「俺が海外旅行に詳しいのでアイドルがよく質問してくる」

P「いつの間にかパンフレットや地球の歩き方まで置いてある…」

P「ここ事務所だよね?カウンターじゃないよね?」

P「まぁアイドル達が楽しそうならプロデューサー明利に尽きるってもんだけど」

P「その前に2点お詫び申し上げないといけない点がありまして」

P「1つは前回ニュージーランドをオーストラリアの南西と言ったこと」

P「ホントは南東です。なぜ間違えたのか・・・」

P「もう一つはスペインとイタリアを勘違いしてたこと・・・という訳で再放送します」


モバP「光の乳を揉みてえ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 00:27:22.13 ID:FRwnRIIx0

P「そう何条光の乳をだ」

P「老若男女問わず人気のあるマスコット的な存在の光」

P「もっとも彼女自身はマスコットではなくヒーローになりたいと少々不満げなのが可愛い」

P「だがしかし誰かの力になれるならそれでいいとも言う、そういう心構えはカッコイイと思う」


モバP「最近、美羽の迷走がひどい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 18:49:26.58 ID:ks+EUN750

矢口美羽(14)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0809298-1355910030.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0809299-1355910030.jpg


美羽「は、はっはー。やってらんねーぜー、ふぃー」

P「……」

美羽「うーん、違うなぁ……これじゃあただの悪い人だし面白くはないよね」

P「……」

美羽「じゃあどうしたら……って、あ」

P「よ、よう」

美羽「……みてました?」

P「『高笑いってカッコいいよなぁ』ってつぶやいてたあたりから」

美羽「うわぁぁぁぁ!?」

P「『いっそワルキャラっていうのもありかなぁ。インパクトもあるし……』」

美羽「うわあああああ!?」


モバP「ちっちゃくてなにがわるいんですか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:21:46.44 ID:n/kkXiFr0

きらり「うっきゃー! Pちゃんおっすおっす!」

P「きらり、おはよう」

きらり「今日もPちゃんかーわぅぃーね!」

ぎゅううううううううう

P「……きらり」

きらり「なぁに?」

P「かおに、むねがあたってます」

きらり「うぇへへー、いいのいいの!」

P「……よくないとおもいます」

きらり「むぇー」

P「……やっとはなしてくれましたね」

きらり「もっとはぐはぐしたいー☆」

P「だめです」

きらり「Pちゃんちっちゃくてかわぅぃーねぇ!」

P「……ちっちゃいっていわないでください」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。