ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ルッキーニ

シャーリー「ルッキーニがオナニーしてた……」

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 18:25:50.99 ID:WjrOrwBcO

シャーリー「思春期だってのは分かってるし、そろそろそういうことも覚える時期だろう」

シャーリー「覚悟はしてたはずなんだけど……いざ目撃すると、結構ショックだな……」

シャーリー「オマケに私の聞き間違いじゃなければ『シャーリー、シャーリー』って呟いてたみたいだし」

シャーリー「これからどうしたらいいんだ……」

エイラ「なんでそれを私に言うんだヨ」



スポンサーサイト

ミーナ「そろそろ、彼女たちにもウィッチなりの性教育が必要かしら」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 20:32:10.93 ID:od4hjND3O

『!!』

バルクホルン「ほ…本気で言ってるのか……?」

ミーナ「当然でしょ。赤ちゃんの作り方を薄々知っていても、何故私たちはそれが禁じられているのかとか、どこまでなら大丈夫なのか、とか」

シャーリー「それで私たちを呼びつけたって訳か」

坂本「ああ。私たちのうち2人が、宮藤、リーネ、ルッキーニの3人を相手にする」

シャーリー「ペリーヌやエイラたちは?」

坂本「流石にあいつらは既に知っているだろう。一応、それとなく聞いておくが……」




ミーナ「501で白兵戦をします」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 18:10:33.02 ID:25tVRny90


――ブリーフィングルーム

宮藤「ブリーフィングルームに集合って言われたけど……」

リーネ「何をするのかな?」

ペリーヌ「きっと坂本少佐がありがたーいお話をしてくださるのですわ」

エイラ「サーニャ、眠くないか?」

サーニャ「うん、平気よ。エイラ」

バルクホルン「おい!起きろ!ハルトマン!」

エーリカ「う~ん、あと40分……」ムニャムニャ

ルッキーニ「ねーシャーリー、遊びに行きたーい」

シャーリー「我慢だ、ルッキーニ」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。