FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

レッド

レッド「…スロットで全財産すった」

1 ◆zjQOiOFzro[sage saga]:2013/01/06(日) 00:12:06.79 ID:/iytFa680



レッド「シロガネ山から下りてきて、すぐにゲームコーナーに来たけど」



レッド「このままではのたれ死んでしまう…」



レッド「実家に帰るという手もあるけど、元チャンピオンの所持金が0だなんて恥ずかしすぎる」



レッド「やっぱり、手っ取り早く稼ぐならトレーナーとのバトルが一番だよな」



レッド「一番近いジムはタマムシジム、か…」





SSWiki :
ttp://ss.vip2ch.com/jmp/1357398726

スポンサーサイト



ミュウツー「よろしい、ならば戦争だ」

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/06(金) 15:22:19.67 ID:dojpuIv+O

トキワシティ

プルルルル

グリーン「もしもし。トキワジム、ジムリーダーグリーンですが」

『ポケモンリーグ協会本部ですが、グリーン様でよろしいですね?』

グリーン「ええ、そうですが……どうかされましたか?」

『現リーグチャンピオンのワタル様が亡くなりました』

グリーン「え……」

『至急、リーグ本部までお越しください』

『後、この情報は現在最重要機密なので決して誰にも口外しないで下さい。では、お待ちしております』

ツーツー

グリーン「ワタルさんが……亡くなった……?」


レッド「ポケモンマスターになってくるわ」その3

前作:レッド「ポケモンマスターになってくるわ」その1

レッド「ポケモンマスターになってくるわ」その2

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/03(金) 22:13:15.92 ID:SBBoRoD5O

ブルー「さて……かげぶんしんを4回積んだゲンガーに攻撃が当たるかしら?ゲンガー、どくどく!」

リザードンはもうどくをあびた!

レッド「リザードン、かえんほうしゃ!」

しかしリザードンのこうげきははずれた!

リザードンはどくのダメージをくらった!

ブルー「ゲンガー、ナイトヘッド!」

レッド「リザードン、かえんほうしゃ!」

しかしリザードンのこうげきははずれた!

リザードンはどくのダメージをくらった!

レッド「ちくしょう……当たらない!」

レッド「ポケモンマスターになってくるわ」その2


前作:レッド「ポケモンマスターになってくるわ」その1


5: ◆oN9kdl1Ft. 2009/07/02(木) 13:49:58.80 ID:a0d6cau/O

すみませんが、こちらで再開させてもらいます

レッド「ポケモンマスターになってくるわ」その1

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/30(火) 10:59:08.52 ID:xl4EvLTSO

ママ「ねぇレッド、あなたももう18なんだしそろそろ一人旅でもしたら?」

レッド「いいよ、かったるい……大体一人旅なんて今時ダサ……」

テレビ『……シンオウチャンピオンのシロナさんです!』

レッド(この人……美人過ぎるだろ!)

レッド(シンオウチャンピオン?ってことは、俺がカントーのチャンピオンになったら……)

ママ「……レッド?どうしたの?」

レッド「俺、旅に出るよ……ちょっくらポケモンマスターになってくるわ」




グリーン「レッドとナツメが旅行に行ってしまった・・・!」

前作:グリーン「レッドとナツメの様子がおかしい」
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 20:40:57.25 ID:Ush9dq0K0
あらすじ・バカップルがシンオウ地方にやってきた

~シンオウ地方・ミオシティ~

レッド「また来たなシンオウ・・・ミオシティは初めてだけど」

ナツメ「港町って静かで素敵・・・私好きよ」

レッド「そうなの?」

ナツメ「えぇ、アサギタウンのアクア号乗り場によく行くわ」

レッド「アサギ・・・?ジョウトか」

ナツメ「うん。今度レッドも一緒に行きましょう」ギュッ

レッド「おう、案内してくれ」ギュッ

グリーン「レッドとナツメの様子がおかしい」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/11(水) 21:52:25.45 ID:A2j+3gwPO

~トキワジム~

エリカ「おかしいというか既に周知の事実だとおもうのですが...」

タケシ「それだけのためにわざわざカントーのジムリーダー全員集めたのか?」

グリーン「そ、それだけだと!?超・超・超・超!!重大な事件じゃねぇかよ!」

カツラ「まぁ確かに驚きはしたが、そこまで騒ぐほどのことでもないじゃろう?」

カスミ「驚くのレベルを超えてるわ!あのレッドに彼女よ!?しかもナツメが!」

グリーン「カスミ...!お前は話の分かる女だ!そうだよな!」

アンズ「一体なんのこと?」

マチス「...意味がアンビリバボゥーデース」

グリーン「アンズはともかくマチスは帰っていいぞ」

マチス「!?」

レッド「聖杯戦争」凛「はずれきちゃった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/30(水) 18:25:34.50 ID:hmCa/DWUO

レッド「……」

凛「……」

レッド「……っ!?」

凛「……」

レッド「ど、どこここ!?」

凛「……」

レッド「ね、寝てたはずな…………あっ、こんばんは」

凛「……」

レッド「……」

凛「……」


キルリア「あついしぼうをトレースしちゃった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/24(水) 11:49:00.87 ID:pomulYHT0

キルリア「しにたい」


ナツメ「それでも お前が好きだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/06(月) 02:42:04.79 ID:+1tQhWp10

小さいときからときから知っていた。

自分は特別な人間なんだって。 人とは違うんだって。

それでも… それでも…
………

第一部 出会い


レッド「あー… よく寝た… 今何時だろ?…げっ!?もうこんな時間??」

レッドは飛びおきて 急いで用意をし始めた。

ここは ヤマブキシティのポケモンセンター。俺の名前はレッド。

ひょんなことからポケモンマスターというのになるために全国を旅してるってわけさ。


レッド「おい ピカチュウー起きてるなら起こしてくれよ…」

ピカチュー「」ビリビリ…

レッド「いやっ 違う!!今はいい!!落ち着け!なっ?お菓子あげるから!!うまい某もつけるから!!今はいいってええええええ」ビリビリ




レッド「許嫁?」シロナ「うん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 22:38:32.46 ID:9U22I0Ot0

レッド「いや、いきなりそんな事言われても……」

シロナ「アタシもだよ」

レッド「あの、まず俺達はどういう関係で?」

シロナ「許嫁」

レッド「そうじゃなくて親の関係よ!」

シロナ「なんかあったんだよ」

レッド「……」

シロナ「じゃあ、そろそろはじめよっか」

レッド「なにを?」

シロナ「子作り」



みたいなの誰か書いてください


レッド「予想通りエリカは着物の下に何も履いてなかった」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:57:58.84 ID:Ml46oZ1g0

グリーン「証拠写真は?」

レッド「タダで?」

グリーン「俺の姉貴じゃダメ?」

レッド「フシギバナで」

グリーン「・・・」

エリカ「・・・(あそこにいるのはレッド君かしら?)」

レッド「女性トレーナーを抱きしめて反応をみる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/12(火) 19:50:31.72 ID:f82h0aiJ0

レッド「ってことで協力してくれ!イエロー!」

イエロー「な、なんで僕がそんな事!レ、レッドさんの頼みでもい、いやですよ!」

レッド「そんなぁ…イエローなら協力してくれると思ったのに…」シュン

イエロー「大体誰にする気ですか!そんな事!」

レッド「えっと…ブルーとかエリカとか…ナツメ?」

イエロー「…やっぱりやです」

レッド「えぇー…」

イエロー(レッドさんには申し訳ないけど…そんなのいやだもん…)

レッド「頼むイエロー!」ギュウ

イエロー「うひゃあ!!」ビクッ

レッド「こんなの頼めるのはイエローだけなんだ!」ギュウ

イエロー「ひゃ…ひゃい…」シュウウ…


ナツメ「お願いレッド働いて!」 レッド「・・・」

ナツメ「レッドは私が養うわ!」

前作:

レッド「養ってくれ!」 ナツメ「え?」