FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

一夏

一夏「女の子に腹パンしたいな……」






1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08 01:00:34 ID:r2ryaNpz0

一夏「……いやいや!何を言ってるんだ俺は!」

一夏「……でも、ちょっとだけ、ちょっとだけなら」

一夏「そうだよ……ちょっと頼んでみて、断られたら止めればいいんだよ」

一夏「>>5とかなら……案外あっさり許してくれそうだしな!」





元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344355234/


スポンサーサイト



一夏「千冬姉は毎朝一回はキスしないと不機嫌になる」

         

鈴「い~ちか♪」一夏「黙れ反日野郎」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 20:58:55.24 ID:JD4JhfVpO

鈴「え・・・」

一夏「支那畜が、テメエも尖閣狙ってんだろ、消えろ」

鈴「じょ、冗談だよね一夏?だ、だって昔の一夏はそんなんじゃ・・・」

一夏「昔の俺は騙されてたんだ。でも今は違う。2ちゃんで真実を学んだんだ」

一夏「テメエら支那畜の本性をな」

ラウラ「ん、どうしたんだ嫁」

一夏「ラウラ!お前はドイツ人だから友達だ。一緒に食堂でアイスバイン食べよう」

ラウラ「な、何か分からんが・・・・うむ///」

鈴「・・・・・・・」



シャル(22)「へぇ、一夏に子供ができたんだ」

     
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:39:19.15 ID:QTbuY97D0

セシリア「お二人が結婚して、こうして田舎にご自宅まで持って、そのうえ赤ん坊までうまれたのですから、本当におめでたいですわ」

シャル「そうだね。これで離婚した時に揉めるだろうね」

一夏・箒「「……」」



一夏「え? 俺を好きな奴なんているのか?」

 
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21(水) 18:02:33.87 ID:XtnYeDPW0

一夏「いきなりなんだよ……」

鈴「だからーあんたが好きっていう女の子が沢山いるのよ! あんたもいい加減はっきりしなさいよね!!」

一夏「はぁ? なに言ってるんだよ。そんな奴みたことないぞ」

鈴「いるわよ! あんたが鈍感すぎて気付いていないだけなの!」



一夏「ワロタ…」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 20:49:19.79 ID:Yln94kIz0

セシリア「一夏さん!開けて下さい」ドンドン
 
鈴「早くここ開けなさいよー」ドンドン
 
箒「一夏!一夏ああぁぁーー!!」ドンドン
 
シャル「一夏あけてよー」
 
ラウラ「開けないなら扉を爆破するぞ!」
 
一夏「…」
 
一夏「どーしてこうなった…」


一夏「何を手伝うんだ」 千冬「その…だな一夏、私の尻に座薬を…」


一夏「千冬姉に思いっきり甘えたい」


千冬「お帰りなさいませ一夏様!」一夏「!?」


千冬「一夏…いや織斑がいじめられている?」真耶「う~ん…」

1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/01/07(土) 03:18:16.85 ID:yl3uzqyI0

千冬「織斑、お前はこの学園で唯一の男子だ。困ったことなどはないか? ……特にいじめとかな」

千冬「男子は殴りあえば済むかもしれんが女子は陰湿でな、裏でコソコソ動くもんだ」

一夏「え? いや、大丈夫だよ千冬姉」

千冬「織斑先生と呼べ」パシッ

一夏「いてっ」

千冬「……まぁ、困ったことがあったら言え。力になってやる」

一夏「ありがとうございます」

千冬「話はそれだけだ」

一夏「失礼しました」ガチャ

一夏「……」

本音「何のお話?」

一夏「いじめとかにあってないか、と」

本音「ふ~ん、それでなんて答えたの?」

一夏「そんなことはありません、って」

本音「へぇ……そうだよね、君は私たちの―――『ペット』、だもんね♪」


千冬「くっ…やめろ、こんにゃくで頬を叩くな……」 一夏「黙れ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 22:14:02.13 ID:+0JtWnVm0
ぺちぺち

ラウラ「明日は良い日になるようだ」


一夏「セシリアのアナルを弄びたいなあ」束「御意!」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:40:36.92 ID:J+eLOwMpO

代行ありがとうございます

一夏「…」

セシリア「ふぐっ…むぐぅ」

一夏(変な部屋に案内されたと思ったら、分娩椅子に固定されたセシリアがいた…目隠し猿ぐつわで)

一夏(正直セシリアなら頼み込めばヤらせてくれたんじゃないかと思うけど…ここは束さんのご好意に甘えるとしよう)

一夏「とりあえず目隠しと猿ぐつわは外すしても大丈夫だろ」カチャカチャ

セシリア「んっ!」ビクッ

一夏「おっすセシリア」

セシリア「…い、一夏さん?」


一夏「最近セシリアが可愛すぎて性欲がつらい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 00:26:53.28 ID:zTeAYcvi0

一夏「まずなんだよあの後ろ姿。セシリアだけに尻がエロすぎなんだよ!あぁくそったれ、マジであの尻揉みしだきてぇ!!」モンモン

一夏「そしてやっぱ垂れ目なところが可愛いよな。マジかわいい。お嬢様だからなのかわかんねぇけどなんかいい匂いするし、マジやべえ。」

一夏「…やべえ、こんなこと考えてたからギンギンになっちまった…。」

一夏「……もう今日は抜いて寝るか。」ズルッ 、シコシコ…

コンコン。イチカサーン、イラッシャイマスカー?




て感じで頼む


一夏「俺の部屋でセシリアが寝てる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 19:47:14.95 ID:Lmpr7tgQ0

一夏「俺の部屋を別荘にでもする気か?」

セシリア「Zzz...」

一夏「まったく、実にけしからん。ちゃんと説教してやらないとな」

一夏「まずは>>5をして起こそう」