FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

僧侶

勇者「戦士、盗賊、商人、僧侶はクビな」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:11:08.30 ID:EIfwGhGO0

戦士「えっ、そりゃあ無えよ勇者様!」

盗賊「あっし達、今までずっと一緒だったじゃねえですか!」

商人「どうして突然そんな事を言い出すんですか、勇者様」

僧侶「なぜでしょう?理由を聞かせて欲しいのですが」

勇者「えー…だってさあ」


スポンサーサイト



ルイーダ「どんな人をお望み?」勇者「脇毛の生えた女戦士!!」

女勇者「お金ない」女戦士「体で稼ぐか」女僧侶「体!?」女賢者「」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 04:39:08.30 ID:Fqesia4H0

勇者「次の町の宿代も怪しいなぁ」

戦士「そうだな」

僧侶(体……体って……)


客『いいケツしてんなぁ。もっとみせろ』

僧侶『みないで!!私の大きいお尻みないで!!』


僧侶「やだ……お尻……みられちゃう……」

賢者「……」


勇者「ふざけんなお前らその破廉恥な格好なんとかしろよ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 20:10:54.21 ID:KHXkKS/X0


勇者「戦闘に集中できないだろ!」

武闘家「ん?」

戦士「お?」

僧侶「はぁ・・・」



m(_ _)m


魔王「これは・・・・CUBE?」勇者「なんだそれは?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 01:24:55.79 ID:X1EpEAbM0

勇者「うう~ん・・・んぅ・・・?」

勇者「いつつ・・・なんで床で寝てるんだ?」

勇者(あれ?ここは?どこだ?)

勇者(何にもないな・・・窓もない・・・)

勇者「おーい!」

勇者「・・・」

勇者「だれかー!」

勇者(なんだ?どこかに閉じ込められた?こんな四角い何もない部屋に?)

勇者「あ・・・そっか」

勇者(今日は俺の誕生日だった・・・これは・・・シークレットパーティだな!」

勇者(ふふふ、ドアを開けると『おめでとー!』って感じだな、なるほど)

勇者(よし・・・ドアは・・・?ん?どこだ?)

勇者(何もない・・・ん?壁とか床に取っ手あるけど・・・)

勇者「よっと・・・」グイッ

ガシャン!




♀魔王「毎晩寝る前に勇者の日記を覗くの」wktk

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 23:08:37.31 ID:GmVzDa4D0


○月×日 晴れ

今日は畑で働いていたらお父さんがボクを呼びました。
王宮からの使者がボクを連れに来たから付いていきなさいとのことでした。
王宮に行ったことなんてないし、何で王宮でボクのことを呼ぶのかもわからなかったけど、取り敢えず付いて行きました。

初めて行く王宮は凄く大きくて、うちとは比べ物にならないほどの凄い建物でした。
中に入ったら、凄く高そうなツボや絵とかがいっぱい飾ってありました。
あのツボなんて、うちの畑の年収より高そうです。

♀魔王「暢気な勇者だねー」センベーオイシー

もうスレ落ちそうけど大丈夫かな


勇者「だいたいな、魔王って誘いMすぎんねん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 02:38:48.59 ID:xwHE4lySO

勇者「な?ずっと待ってるやんアイツ。人くんのずっっと待ってるやん。な?」

勇者「倒されたいんちゃう?」

戦士「わかるわ」

魔法使い「いやいやいや勇者さん、それは違いますよ」

勇者「なんやねん。言うてみぃ」

魔法使い「魔王が城から動かへん理由は待ってるからとかちゃうんすよ」

魔法使い「自分から動いたら魔王感でませんやん。エライんやぞってのを示さなまず魔王って認知すら我々にされないんですから」

勇者「はー。いやぁー?俺は誘いMやと思うでぇー。崩してほしいねん結局、自分の積み上げたもんを」

勇者「ほいで止めてほしいねん自分の暴走を」

勇者「自分の世界に対する絶望を否定してほしいだけやねんどうせ。ちっちゃい奴やで」

魔法使い「そこまで言いますかぁ?」


勇者「魔王も倒したし、ようやく帰宅できるな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 18:08:00.25 ID:Oib2ThDu0

勇者「魔法使いは俺の攻撃力アップ! 僧侶は全体保護!」

戦士「うおーーーー!!!!」

ザシュ!

魔王「ぐおお!!」

魔法使い「かけたぞ!」

僧侶「こちらも終わりました!」

勇者「いくぞ!!!!」

勇者「でやーーーーーーー!!!!!!!!」

魔王「ぐわああああああぁあああっぁあぁぁぁぁっぁぁっ―――――――――!!!!!!」