FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

勇者

竜王「お前の嫁になってやらない事も無い」



1: 代行 2011/07/30 00:03:20 ID:q7knguDd0
勇者「へ?」

竜王「お前のような猛者を待っていた。是非婿になれ」

勇者「あなたを討伐しにきたんですけど」

竜王「よいではないか、よいではないか」

勇者「よろしくない。平和を取り戻さないと」

竜王「私のような美人を前に、平和を優先すると申すか」

勇者「いや、だって………」



勇者「トカゲじゃん」
竜王「竜です」

ID:MO+iXfE40

スポンサーサイト

勇者「運がヤバイ」

           
1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/07/29(日) 10:21:23.46 ID:AYLQTi2IO

勇者「努力知的なものを考えてLUKをあげまくってたら、むごい事になった」



勇者「どうしよ……」























勇者「……どうしよ……?」



元スレ:ttp://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1343/13435/1343524883.html


バラモス「再び生き返らぬようはらわたを食らい尽くしてくれるわ!」

            
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/19 00:04:13 ID:E0KcMirg0

エビルマージ「どうぞ、勇者のはらわた煮込みです」

バラモス「はらわたうめぇwwwwwwwwwwww」 モグモグ

エビルマージ「ここまでやったら勇者も二度と生き返らないでしょう」

バラモス「だよなwwwwwwwwwwwww」モグモグ

勇者「たのもう!!」

バラモス「!!!?」


勇者「幼女大好き」



1
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[saga]:2012/08/23(木) 22:28:07.11 ID:yFS2HW8R0
初ssです。
緊張してます。
良い話を書きます。
全部嘘です。

元スレ:ttp://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1345/13457/1345728486.html

勇者「もうがんばりたくない」

1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/11/23(金) 17:49:30.75 ID:s6vh+qwG0





国王「そなたは選ばれし勇者だと神託があったのだ」



青年「私が……勇者ですか」





国王「死にかけた我が国をどうか救ってほしい、勇者よ!!」





【 100Gてにいれた! 】



青年(……これだけで旅に出ろと?)



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1353/13536/1353660570.html


勇者「戦士、盗賊、商人、僧侶はクビな」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:11:08.30 ID:EIfwGhGO0

戦士「えっ、そりゃあ無えよ勇者様!」

盗賊「あっし達、今までずっと一緒だったじゃねえですか!」

商人「どうして突然そんな事を言い出すんですか、勇者様」

僧侶「なぜでしょう?理由を聞かせて欲しいのですが」

勇者「えー…だってさあ」


ルイーダ「どんな人をお望み?」勇者「脇毛の生えた女戦士!!」

女戦士「え?勇者って童貞なのか?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 20:08:09.40 ID:xF/ypcdyQ

勇者「な、なな…なに言い出すんですか女戦士さん」

女戦士「いや、だって女と付き合ったことないとか言うし」

女戦士「風俗とかも行ったことねぇんだろ?」

勇者「……!」

勇者「し、知りません!そんな…破廉恥です!!」ダダダッ

ゆうしゃ は にげだした!

女戦士「あ、おい!何だよ、ったく」

女戦士「……童貞か~…」フムフム


男「俺の能力は瞬間移動…ちんこのな」女戦士「なっ」ソウニュウ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/16(月) 01:51:34.88 ID:IRT7uBwGi


大きなクリの木下で、俺は女と戦っていた。いや、戦うというより……遊んでいると言った方が良いだろうか

男「はははははは!!これがあのハイドラの街をたった一人で制圧した戦士の姿かぁ!?」ハッスルハッスル‼

女戦士「んぁっほぉぉお"お"!し、子宮に響きゅぅうぅう!!」クリトリースプッシャー

俺と奴との距離は数メートルは離れている。が、目の前で女はヨガリ狂っているとはとんだお笑い草だなおい…まっ、俺の能力にかかれば世の中の雌は全て下痢便以下、飛んでいる蚊を叩き殺すより簡単だ

男「おらおらおらぁ!子宮と俺のちんこがいやらしいキスしてんぜ!!」ソイヤッソイヤッソイヤッ‼

女戦士「んぁあああがぁああ!い、いっぐぅううぅう!!」マンジュゥウヤァアアッッ!

ちんこ「旦那ぁああ!孕ますぜぇえぅう!!っっっ………はぁぁあああ!」

シャッセーイッッッ‼

刹那、女戦士の腹がぼこんと膨らんだ…はっ、堕ちたな
ドサっと音を立て崩れ落ちる戦士に俺は笑いながら近づいた。髪の毛を掴み顔を上げさせ様子を伺う……あはは、こいつ完全に堕ちてやがる。目に生気が感じられねぇ

男「じゃあな、次会う時までに俺の可愛い赤ちゃんを育てとくんだな……あはははははは!!」


勇者「うおりゃあ!!」ズバッ スライム「う、うわあああああ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 13:51:21.12 ID:oUZ/k/0m0

スライム「痛いいたいよおおおおおお!!!!」ブジュウウウ

勇者「えっ……」

スラりん「お、おい!スライム!!」

スライム「あがぁあああああ!!」

スラりん「しっかりしろ!!おい!!」

スライム「ぐはっ……お、俺はもうダメだ……」

スラりん「バカ言うな!!ここで死んでどうする!?」

スラりん「嫁さんや子供はどうなるんだよ!?」

スライム「ふっ……キツいこといいやがる……」

スラりん「上の子は来週から小学校じゃねえか!!」

スラりん「あんなに入学式楽しみにしてただろ……?」

スライム「ああ……見たかったな……」

スライム「息子の晴れ姿……」


少年「スライムだ」スライム「にゃー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/08(土) 01:35:56.87 ID:mzFN9jD9O

少年「逃げなきゃ」

スライム「にゃー」

少年「殺される」

スライム「にゃー」

少年「・・・」

スライム「にゃー」


勇者「ふざけんなお前らその破廉恥な格好なんとかしろよ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 20:10:54.21 ID:KHXkKS/X0


勇者「戦闘に集中できないだろ!」

武闘家「ん?」

戦士「お?」

僧侶「はぁ・・・」



m(_ _)m


魔王♀「次期勇者の子供拾ってきたわ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/21(土) 18:51:35.87 ID:nw2phwg60

魔王♀「坊や、こんなとこでなにしてるんだ?」

勇者「うっ・・・・村・・・・・っ・・・みんな・・・・・・・殺されちゃった・・・・っうぐっ・・・・」

魔王♀「よしよし、ほれこれで涙を拭わんか・・・・・・・で、誰にやられたんだ?」

勇者「分かんない・・・うぐっ・・・・・・おかんが・・・・振り向かずに逃げろって・・・・っ・・・・」

魔王♀「・・・・そうか、大変だったな」なでなで

勇者「うぅ・・・・つっ・・・・」

魔王♀「・・・・・・・坊や、行くあてがないなら私と共に城に来るか?」

勇者「・・・・っ・・・・・え?」


勇者「女魔王との結婚生活」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/08(土) 22:36:35.67 ID:+l5axtdU0

勇者「魔王ー、冷蔵庫の中が空だぞ」

女魔王「そうか……では買い出しにいかんとな」

勇者「俺も行くよ。少し武器も見ていきたいし」

女魔王「お前の生まれた地だからとここに住んでいるが……武器も防具も品揃えは悪いぞ」
女魔王「これでは我の配下一人も倒せん」

勇者「もう世界は平和なんだしさ、魔物の領域に足を踏み入れなければ丸腰でも平気だよ」

女魔王「しかし人間との協定を守るやつらだろうか」

勇者「おいトップ。お前が言うな」ハァ



ID:GQVeLCmSO


魔王「世界征服完了したな」 側近「これでニートですね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 20:06:42.07 ID:fZDjx7li0

【エピローグ】

魔王「おい、それはちょっと酷いんじゃないか?」

側近「でも勇者いなくちゃ仕事ないでしょ?」

魔王「まぁ、そうなんだが」

側近「りっぱなニートになりましたね」

魔王「なんだと?」

側近「いえ、なんでもありません」

魔王「ところで、お前に任せた各国の制圧はどうなった?」

側近「それは抜かりなく」

魔王「ほぅ、王国のやつらはどうしたのだ?」

側近「国王は処刑しました、大臣も同じく」

魔王「まぁ、妥当な判断だな」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。