FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

大佐

スネーク「安価で行動しようと思う」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/22(月) 23:37:02.40 ID:eg12srVB0

スネーク「大佐、次の任務は>>3でいいんだな?」

大佐「もちろん、>>10も忘れずにな」



スポンサーサイト



「こちらスネーク。榊野高校へ潜入した。」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/11(日) 01:23:48.01 ID:0tCAShO+0

キャンベル(以下大佐)「了解した。ミッションを続けてくれスネーク。それと高校ではない。『榊野学園』だ。」
スネーク「…っっ!!わ…わかっている///。」
大佐「…まぁ、いい。今回の作戦は、その榊野学園に通う男子高校生。それを―――」
スネーク「…保護…。か。」
大佐「いや、捕獲。…捕らえてくるのだ。」
スネーク「日本の男子高校生を捕らえてくるだと!?それだけのために俺を!?正気か大佐!!」
大佐「それが、今回の作戦は極秘なうえ、失敗は許されない、日本の法律では違法行為に当たるのだ。失敗はゆるされないとなれば君を送り出すしかなかったんだ。」
スネーク「一般人を拉致するなんて、日本じゃなくても法律に反してないか…?」
大佐「…。」
スネーク「…まぁいい。その男子高校生とは?」

大佐「『伊藤誠』と『澤永泰介』。」




大佐「ハァ…ハァ…良好だスネェイク…」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/03(水) 21:24:51.78 ID:9j3LCOzrO

スネーク「…大佐、指示をくれ」


スネーク「ここがVIPか………」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/27(水) 21:33:36.00 ID:WogHTE+00

スネーク「…で、何をすればいい?指示をくれ大佐」

大佐「ではまずスレを開くのだ」

スネーク「たくさん並んでいる物がそうか?」

大佐「そうだ」

スネーク「ふう…文字ばかりで目がチカチカする」

大佐「自分の興味のある物を開くといい。判断は君に任せる」

スネーク「了解だ…」


雷電「VIPに潜入した」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 17:28:34.47 ID:4X1R8fbY0

雷電「こちら雷電、VIPに潜入した。随分と腐ってる」

大佐「いいか、君の任務をもう一度確認する。ブリーフィングの内容は覚えているか?」

大佐「君の任務は2ch掲示板群に属するニュース速報VIP板に潜入し、ゆとり、リア充の調査、またそいつらを一人残らず殲滅することだ。」

雷電「援護は?単身潜入か?」

大佐「援護はない。VIPに君の存在を悟られてはいけない。常に隠密行動を心がけろ。」

雷電「了解。」


スネーク 「…こちらスネーク、挿入に成功した」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 02:18:07.75 ID:RIxaKuKB0

久しぶりの休日、スネークは街をフラフラしていた



ピピッ!

大佐『スネーク、応答してくれ』


スネーク「こちらスネーク、大佐か。せっかくの休日に何の用だ?」


大佐『すまんが緊急のミッションがある、頼めるか?』


スネーク「いや、だから休日なんだが」


大佐『これから予定でもあるのか?』


スネーク「…いや、特に無いが」



スネークは言えなかった、これから「けいおん」を映画館で観る予定だということを