FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

赤沢「こ……ここは?」憂「あ、気がついた?」


1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/07/16(月) 19:54:18.18 ID:a8tuYML10

赤沢「対策係の赤沢泉美よ」

赤沢「恒一くんも引っ越してきたことだし」

赤沢「対策案を出すために過去の事例を詳しく調べているところなの」ドサッ

赤沢「資料がこんなに……」

赤沢「一人で読みきれるかしら……」

赤沢「なーんて弱音を吐いちゃダメ、みんなのために頑張らなくちゃ」

赤沢「あれっ」ヨロッ

バサバサドサッガシャンドーン



スポンサーサイト



憂「しあわせは子猫のかたち」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 01:47:53.61 ID:YWY+kexNQ

最後にお姉ちゃんと会ったのはいつだったろう。
その時、どんな会話をしただろう。 笑顔でいられただろうか。


一人暮らしをしたいと思ったのは、ただ一人きりになりたかったからだった。
誰一人知り合いのいない土地で、誰とも深く関わることなく過ごしたかった。

遠い親戚が所有していた、今は誰も住んでいない古い家に住ませてもらえる事になった。
実家にも大学にもそう遠くはない、一人きりになるには好都合な場所だった。

前の住人が残した家具をそのまま使わせてもらう事にしたため、
引っ越しは比較的スムーズに進んだ。

この辺には何度か来た事があったが、いざ暮らすとなると新鮮な雰囲気を感じる。


見覚えのある懐かしい家具に囲まれて、新しい生活が始まる。
つい数ヶ月前まで、お姉ちゃんが暮らしていた家だった。


竜児「最近、スーパーで平沢さんという子によく会うんだ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:38:41.96 ID:1xxuCEviO

竜児「しかもなかなか可愛い」

大河「あっそ」

竜児「両親は家を留守にすることが多く、姉さんも大学に行って一人暮らしだそうだ」

大河「何でそんなこと知ってんのよ…キモッ」


L「平沢憂…お前は完璧すぎる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 21:38:06.85 ID:K3gTya9W0

捜査本部 
 
L「レイ・ペンバーが調べていたふたつの家に、盗聴器と監視カメラをしかけます」
 
松田「なっ!?」
 
総一郎「そのペンバーが調べていた2人というのは誰なんですか?」
 
 
L「平沢次長とその家族。夜神局長とその家族です」
 
L「この二軒の家に盗聴器とカメラをつけさせていただきたい」
 
松田「なっ…ばれたらこの本部も破滅ですよ!」
 
L「絶対ばれないようにとりつけます」
 
総一郎「竜崎……その中にキラがいる可能性は…?」
 
L「10パーセント……いや5パーセントです」
 
総一郎「分かった…その代わり付けるならトイレ、風呂まで見落としのないようにだ!」
 
L「ありがとうございますそのつもりです」


唯「ムギちゃんってみんなに財布扱いされて悔しくないの?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 00:21:24.98 ID:sFw4TlY9O

ムギ「あら、どうして?」

唯「え~、だって何かにつけて散々お金あてにされてるじゃない。嫌だったりしないの~?」

ムギ「ふふ、そんな事ないわ。持たざる貧しい皆に分け与えるのは富める者の義務だもの…それともまさか、あの程度の出費が私の痛手になるとでも思ったの?」

唯「素敵なクリスマスを!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 13:52:09.16 ID:EsVXi7380

12/24 夕方

唯「ふー、やっとアルバイト終わったよー!みんなして、わたしにシフト押し付けるんだもん…朝番からの連続勤務は、流石に、堪える…グフっ」

唯「うっ、外寒い…でも、イルミネーション綺麗だなあ。ふふっ、クリスマスだねえ」



唯「(テクテク)…道ゆく人は皆カップルばっか。なんだか人恋しくなるなあ。去年のクリスマスは軽音部のみんなでパーティしたっけ。楽しかったなあ。律ちゃんなんか『クリスマスなんかくそくらえー!』なんて言ってたっけ」

唯「今年は…そういえば、去年までは誰ともなく声をかけあって、誰かの家でパーティしてたけど、今年は無かったな」

唯「みんな、予定があるのかな。もしかして、私の知らないうちに、か、彼氏、とか…?」


唯「い、いやまさか、みんなに限って…でも、その辺を歩いてるカップルはみんな私と同年代の人たちばかりだし、私だって、恋人の一人くらいいてもおかしくない年なんだよね」

唯「…みんなに電話してみよう」


唯「いってきまーす」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 01:38:28.50 ID:fTnZtDDV0

唯「(ムシャムシャゴクゴク)」
憂「おねーちゃん、もう食べるのいいから。早く行かないと遅刻しちゃうよ」
唯「(バリバリゴクゴク)」
憂「(だめだこりゃ)」


唯「憂が可愛くて、いい子すぎてむかつく」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/25(日) 18:15:05.16 ID:w/qBwGrl0

唯「どうしてくれようか」


憂「お姉ちゃんを無視し続けられるかわかんないけどがんばります」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/09(土) 23:28:13.29 ID:02DSTzQs0

唯「憂~おはよ~」ネムネム

憂「…」トントントン

唯「…?憂~?おはよー」

憂「…」カチャカチャ  トン トン

唯「あっ、朝ごはん…おいしそうだね!いただきます!!」

憂「…」モグモグ

唯「………憂?どうしたの…?」

憂「…」パクパク

唯「うっ、うぃ?………もしかして怒ってる?………ごめんね?私が悪いことしたんだよね…?」

憂「…」モグモグ ズズー

唯「うぅ………うぃ…?………返事…してよぉ……グスッ……」