FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

春香

千早「クールビューティ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 10:55:01.61 ID:+bvo/GJD0

春香「うん!千早ちゃんって本当に綺麗でクールだよね……憧れちゃうなー」

千早「そ、そんな事ないわ。私なんて、全然……」

春香「そんな事なくないよ!」

千早「そうかしら……ありがとう、春香」

春香「えへへ!……あーあ、私もそんな風に落ち着いた女の人になりたいなぁ。どうすればなれるかなぁ」

千早「……うーん……自分では、あまり分からないけど……動じない事が大切なのかしら」

春香「動じない事かぁ……あはは、私には難しそう」

千早「……」

春香「もうちょっと大人になれば私も――…」

千早「……じゃあ、特訓してみる?」

春香「え?」


スポンサーサイト

やよい「お姉ちゃん♪」春香「うひゃあ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/01(木) 03:26:59.54 ID:nyYy7zNs0


春香「ね、ね。もっかい言って?」

やよい「おね~えちゃん♪」

春香「はうっ! うぅ……やっぱりかわいい……!」

やよい「あの……春香さん。なんだかちょっと、恥ずかしいかなーって」

春香「そんなことないよ! うん、バッチリ! ねぇねぇ、もう一回!」

やよい「……おねえちゃん」

春香「――~~!!」

ぎゅっ

春香「やよいはかわいいなぁ……えへ、えへへ……」スリスリ

やよい「……えへへ……」


亜美「2番と3番がガッとやってチュッとすってはーん」春香千早「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/09(木) 23:14:59.83 ID:am//2Bi4O

王様ゲーム…それは、人の底知れぬ欲望が生み出した悪魔の遊戯!!!
王の命令には絶対服従!!血で血を洗う地獄のサバイバル!!!
そんなゲームに、我等がスーパー超天使アイドル天海春香を始めとする765プロのアイドルたちが身を投じていた!!!!



春香「え、えっと、亜美…それってつまり…///」

亜美「そんなのちゅーするにきまってるっしょ!!」

千早「なっ!?あ、亜美…//////」


亜美「おやおや~、兄ちゃんのあの左手薬指は!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/28(木) 14:55:43.02 ID:wHiauRl6P

雪歩「プロデューサー、お茶ですぅ」

P「ああ、いつもすまない」ズズー

ソファ近辺

亜美「……あれ?」

亜美「おやおや~、兄ちゃんのあの左手薬指は!」

真美「んー?……ほほう!これはこれは!」

亜美「兄ちゃんも隅に置けませんな~!」

やよい「プロデューサーさん怪我してるの?絆創膏?」

真美「そうじゃなくってさ→、よく見てみなってやよいっち~」

やよい「えーっと……ああ!プロデューサーさん指輪してる!」

亜美「左手薬指にシルバーリング!これは間違いなくラブリング!」

真美「これは調査の必要ありですな~、亜美探偵!」

亜美「GOGO探偵亜美真美の出番ってわけだ!」

やよい「ハイハイパフィみたいだけど私もちょっと気になるかなーって!」


P「律子は説教デレ」


貴音「宵待草のやるせなさ、今宵も月は出ぬそうな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 19:01:04.97 ID:ldBsxp7M0

【昨年四月の出来事】

花見から十日ほど経ったある日、高木殿から重要な報告があるとのことで、
あいどる全員が事務所に集められました。


響「一体何の報告なんだろうな」

真「今後の活動方針とかそういう話じゃないかな」

亜美「ピヨちゃんの結婚報告かもよ!」

真美「それはないっしょ→ だってピヨちゃんだよ?
   そういえばお姫ちん最近見なかったけど、ど→してたの?」

貴音「体を壊して寝込んでおりました……もう大丈夫ですから心配は無用です」

皆がいつもより明るく感じられるのは、おそらくこれから報告されることなど何も知らないからでしょう。
報告がなされた時、皆のこの笑顔が閉ざされてしまうのかと思うと、わたくしは余計に暗澹たる気分になりました。

社長「オホン、全員集まったようだね。
   あ~実は今日は大変残念な報告をしなければならない」


高木殿は気まずそうにもう一度空咳をすると、急に真顔になりました。




亜美「ピヨちゃんからAVを借りたよ→!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 22:16:17.14 ID:0SLzG8dCO

真美「え、AV!?」

亜美「そだよ→!」

やよい「えーぶいって……なぁに?」

亜美「んっふっふ~。やよいっち、AVも知らないの?」

やよい「う?」

真美「あ、亜美は知ってるの?」

亜美「そんなの、アニメヴィデオに決まってるじゃんかぁ!」

真美「えっ!?」

やよい「アニメぇ?どんなアニメなの?」

亜美「そこまでは分かんないよ。ねぇねぇ、3人で一緒に観ようよ→!」

真美「……」

亜美「ん?どしたの真美ぃ?」


新八「765プロから仕事の依頼ですか?」銀時「おう」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:11:05.09 ID:luDXZztt0

銀時「俺たちにプロデュースしてくれだってよ」

新八「765プロって、最近ちょっと話題になってるプロダクションですよね」

銀時「なんでも、今までプロデューサーやってた奴がよ、ちょっとケガしちまったんだと」

新八「それで僕らに代役をやってくれっていう事ですね」

銀時「そこでだ、ぱっつぁん。お前にききてーんだけどよ」

銀時「どうやったらいいんだ、こういうのって。お前、そういうの詳しいだろ?」

新八「そりゃあ、やっぱり。一発大きいヒットを飛ばせばいいんじゃないですか?」

銀時「なるほどな」

銀時「よし、それじゃあ早速アイドルとイッパツかましますか」

新八「おいぃぃぃぃ!いきなり何いってんだアンタ!」




小鳥「765プロ彼氏居ない同盟!イエーイ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:52:35.96 ID:vClaIf2Z0

全員「い、イエーイ・・・・・・」

小鳥「今年も一人として欠ける事なく765プロ彼氏居ない同盟クリスマスパーティーを開催出来たわね!」

春香「嬉しくも悲しいですね・・・」

響「逆にすごいと思うぞ・・・」

千早「まあ、どうでもいいですけれど・・・くっ!」

真「やっぱり女の子らしさが・・・ブツブツ」

雪歩「もう掘る床が・・・」

貴音「これも私達の力不足故・・・仕方なき事なのでしょう」

美希「今年こそ一抜けするつもりだったのに・・・」

やよい「でもでも、来年はどうにかなるかなーって!」

亜美「亜美達はまだこれからだもんね→」

真美「まだまだ余裕っしょ!」

伊織「アンタ達は気楽でいいわねえ・・・」

あずさ「うふふ、気づいたらあっという間よ~?」

律子「あずささん・・・洒落になってないですソレ」




雪歩「ゆきぽランドへようこそ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:06:40.57 ID:kjtYixQP0

雪歩「わ、私なんか穴掘ってうまってますぅぅぅーーーーー!!!!!」

P「わー!待て!雪歩、穴から出てきてくれーーー!!!」

………

小鳥「雪歩ちゃん、今日も大きな穴あけたわねぇ」

P「はぁ、また穴を塞がないと…」

雪歩「ご、ごめんなさい…」

美希「雪歩はもっと自信持った方がいいと思うの」

P「そうだな。まぁこれから直していこう、雪歩」

雪歩「は、はい…」

小鳥「穴は明日、業者さんを呼んで直しておきますね」

P「すみません、音無さん。じゃあ、俺は雪歩を送って帰りますね」

小鳥「はい、お疲れ様です」

美希「明日はミキのこと送ってね、ハニー!」

P「はいはい、じゃあ、お疲れ様です」

雪歩「お、お疲れ様でした」ガチャ





伊織「無理だってば、もう入らないわよっ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:09:13.17 ID:JyyfUB7E0

P「大丈夫、もう少しいけるって」

伊織「馬鹿……調子に乗らないでよねっ。んんっ!」

P「やっぱり、ちょっとキツいかなぁ」

伊織「くぅ……」

P「あと少しだ、頑張れ伊織!」

伊織「痛い、痛いってばぁ!」

春香「何をやってるんですか、プロデューサーさん!?」ガチャ

小鳥「プロデューサーさん、チョコです」P「小鳥さん大好き!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 07:49:39.63 ID:Cn8Q70Rs0

小鳥「ハッ!」ガバッ

チュンチュン

小鳥「…夢か…」


P「やよいがウの段を喋れなくなっただと・・・・?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 02:38:10.30 ID:VVdZO1Gw0


伊織「そうなのよ!もう困っちゃって・・・・ね?やよい?」

やよい「そーなんでー・・・・ローサーたけてださい・・・・」

P「ん?なんだって?」

やよい「ローサーたけてださい!」

P「なんて言ってるか分からん!」

やよい「(うー・・・プロデューサー助けて下さいって言えません・・・・)」

やよい「(どうしましょう・・・・そうだ・・・・!)」

やよい「お兄ちゃんなんとかして!!」

P・いおり「!?」


やよい「お腹すいた・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 04:07:02.67 ID:LTIc2kOv0

春香「・・・!?」

千早「・・・!?」

やよい「zzz・・・」

春香「なんだ寝言か・・・」

やよい「餓死します・・・」

春香「!?」

千早「!?」


P「やよいの生まれたままの姿が見たい」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 21:15:06.64 ID:hv262C8T0

-深夜、事務所にて-

ガチャ

P「……」キョロキョロ

P「よし、誰も居ないな」

ガチャ

P「さっさと取り付けるか」

P「悪いな、やよい」

ゴソゴソ

P「えーっと、角度はこんな感じか」

P「やよいのロッカーはここだから」

P「よし、電源はこれで問題なし」

P「何度も深夜に更衣室に入って、シミュレーションしたからな」

P「やっとやよいの生まれた姿が拝める…」ゴクッ

P「明日が楽しみだ」

バタン