FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

泣いた

('A`)「なんでカーチャンすぐ死んでしまうん?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30 18:45:18 ID:nLxas1Yi0
J( 'ー`)し「・・・たかし?たかし!」
J( 'ー`)し「たかし!なんで無視するの?返事しなさいたかし!」
(;';A`;),,「カーチャン・・・」
J( 'ー`)し「たかし!いい加減にしないとぶつわよ!」
(;';A`;),,「・・・なんでだよ・・・カーチャン・・・」
バシッ
J( 'ー`)し「・・・」
(;';A`;),,「・・・」
J( 'ー`)し「・・・たかし?」
(;';A`;),,「なんで急に死んじまったんだよ・・・カーチャン・・・」
J( 'ー`)し「!?」

スポンサーサイト



('A`)「たとえば誰かの命と引き換えに世界が救えるとして」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27 16:53:38 ID:0VdTPctdO
('A`)「俺はどうするだろう」

セーラ「キス…する?」憧「ううん、しない」


前作:憧「私のこと抱いてよ」セーラ「は?」

元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361282525/

カメックス「殻破りたい……」メガニウム「死にたい……」

       
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 00:26:43 ID:DSXginJL0
メガニウム「はぁ……」

カメックス「そんな縁起でもないようなことを」

メガニウム「だって俺もうどうしようもないじゃん」

カメックス「ほら、マジックコートとかもらったし、選ばれし草ポケモンだろお前」

メガニウム「俺、最近思うんだよ」

メガニウム「我ら草ポケモン、そもそも草タイプに生まれた時点でお先真っ暗人生が確定してるんじゃないかって」

カメックス「鬱なのね」

元スレ:ttp://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360942003/

やよい「私幸せになるね、長介」

     
前作:やよい「私のあしながプロデューサー」
    やよい「うっうー!お金くれるおじさん大好きですーっ!」
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08 12:18:43 ID:A1XfCLVB0

  "はじめまして!おねえちゃんだよー"


     "………えへへー。ちっちゃーい!おさるさんみたい!"


    "おなまえは?"


 "……ちょすけ?"


   "かっこいいおなまえだね!ちょすけ!"


     "あたしのなまえは、やよい"



       "よろしくね、ちょすけ"





長介「………うぅ……ん……?」


長介「……夢か」









元スレ:ttp://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349666323/

やよい「私のあしながプロデューサー」

      
前作:やよい「うっうー!お金くれるおじさん大好きですーっ!」
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03 00:32:41 ID:0FWs2vxw0

やよい「…今までお世話になりました」

春香「やよい…いままでお疲れ様」

亜美「やよいっち~…」グスッ

真美「辞めちゃやだよ~……」グスッ

律子「…よしなさい、二人とも」

やよい「ごめんね。でももう決めたことだから」

あずさ「やよいちゃんがいなくなっちゃうと……寂しいわ…」

真「寂しいけど…仕方ないよ」

雪歩「…元気でね……うぅ…」グスッ



P「……………」










元スレ:ttp://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335972761/

やよい「うっうー!お金くれるおじさん大好きですーっ!」

          
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06 16:12:46 ID:52e0z5aj0

P「大学の奨学金と、あとは生活費を多少ですね」

小鳥「あしながおじさん、ってやつですか?」

P「ええ。育英会に仲介してもらって、個人的に援助してるんです」

P「もうすぐ3年くらいになるかな?手紙のやり取りもしてるんですよ」

小鳥「へぇ…やよいちゃんもいつの間にか成人したんですよね。兄弟多いみたいだし、学費とか大変そう」

P「アイドルを始める前よりはマシみたいですが、引退した今はやっぱり生活もちょっと苦しいみたいですよ」






元スレ: ttp://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333696366/

仗助「虹村億泰は料理する」


前作:仗助「ローストビーフを食べに行こう」

仗助「ラーメンを食べに行こう」

仗助「料理対決をしよう」



仗助「バレンタインがやってきた」







1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 19:43:17 ID:SzcARCi00

仗助「しっかし、今日の昼メシ、サンジェルマンのサンドイッチはウマかったなァー」スタスタ

康一「いつも売り切れてるのに、運良く変えてよかったね!」スタスタ


億泰「たしかにあそこのサンドイッチはウメーよ。レシピを聞いてみてーなぁ」スタスタ


切嗣「アサシン呼んだら聖杯戦争イージー過ぎワロタwww」







1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2012/12/20(木) 01:40:37.39 ID:iD6w7BHc0

アサシン「問おう。あなたが私のマスターか?」



切嗣「ああ。僕がマスターの衛宮切嗣だ」



アイリ「まさかアサシンが出るなんて・・・」



切嗣「ふふ・・・でもまあ僕としては騎士王様よりこっちの方がやりやすい。よろしく、アサシン」



アサシン「よろしくお願いします」





今回の聖杯戦争で僕が呼んだサーヴァントは「百の貌のハサン」と言われる多重人格のアサシンだ。



外れクジと言われてるアサシンだが、僕からしてみれば大当たりのサーヴァントだ。







SSWiki :
ttp://ss.vip2ch.com/jmp/1355935237






元スレ;ttp://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1355/13559/1355935237.html

スマプリSS 「熱血! あかねのクリスマス人生!!」

1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/25(火) 21:54:09.06 ID:YLKRPKcd0
~ ごあいさつ ~

こちらは、『スマイルプリキュア!』の日野あかね/キュアサニーメインの SS となっております。


ただ、私自身がこちらへの投稿が初となるため、
投稿の作法や文体などに至らない点があるかもしれないことを、先にお詫びしておきます。

もし何かおかしな点などありましたら、ご指摘いただけますと幸いです。


また、あかねちゃんメインの SS なのに、関西弁がかなりアヤしくなっております……。
(作者が東京生まれ・東京育ちのためです……、スミマセン)

関西弁に関しては、「ヘンだな?」と思っても寛大な心でスルーしていただけますと幸いです。


それでは、本編を開始します。
よろしくお願いいたします。

SSWiki :
ttp://ss.vip2ch.com/jmp/1356440048

ほむら「まどかとひたすらイチャイチャしてやるわ」



まどか「ほむらちゃんとひたすらイチャイチャしちゃう」:関連

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 19:13:35.83 ID:Mnddm0DM0

ほむら「まどか」



まどか「なにほむらちゃん?」



ほむら「ふふ、呼んでみただけ」



まどか「ええー、なにそれぇ」



ほむら「まどか」ギュ



まどか「ほむらちゃん……///」



ほむら「ふふ、大好き……」スリスリ



まどか「私も、大好きだよほむらちゃん」スリスリ



古泉「僕の愛したこの世界」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/13(日) 10:44:05.38 ID:mlXGQEeG0

キョン「なぜ過去形なんだ?」

古泉「よくぞ聞いてくれましたね」

長門「いまは愛していないから」

古泉「おや?長門さんも僕と同じなようですね」

キョン「ってことは長門は前までは愛していたのか」

みくる「どうして嫌いになっちゃったんですか?」

古泉「それはですね………」


岡部「助手が化けて出てきた」紅莉栖「助手じゃないと言っとろーが」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 13:21:30.40 ID:EHfLxawd0

──てやる。

岡部「ん?」

──呪ってやる。

岡部「うわああっ!?」

誰も居ないはずのラボから声が。
まさか幽霊!?

岡部「こ、ここは……」

岡部「びっくりするほどユートピア! びっくりするほどユートピアァ!!」

ツルッ ドテン

岡部「ぬわ! 滑った!」

──「ぶふっ! バカじゃないの?」

岡部「へ……?」

岡部「く、紅莉栖!? 生きてたのか!」

紅莉栖「いや、死んでますが」

岡部「なんだとぅ!?」

紅莉栖「あなたを探していました」


まどか「誰かに見張られてる気がする……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 16:57:32.41 ID:i/M4xv6d0

~学校~

まどか「なんか夜になると見張られてるきがするんだけど気のせいかな?」

ほむら「!?」ピクッ

さやか「今前の方で挙動不審な奴がいたんだけど……」

まどか「まさか……ほむらちゃんがそんなことするわけないよ」

さやか「私にはあいつ意外に考えられないんだけど…」

まどか「う~んでも、私の気のせいかもしれないし」

さやか「まぁいくらほむらがアンタに熱があるからって、そこまではしないか」

まどか「いやだなぁ、ほむらちゃんはただのお友達でしょ? 何で私なんかを」

さやか「……」

さやか「……まぁ、いいけど」



伊織「精一杯、甘やかしてくださいね?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/23(土) 19:27:49.06 ID:clxwYgSH0

P「この、頭が光った子をお願いします」

社長「ふむ、水瀬伊織君か、彼女は…まあ、がんばりたまえ」

P「え?な、なんか言ってくださいよ社長!」

社長「さあ、彼女はそこの部屋にいる」

P「あ、はい」

ギイ

P(あれか)

伊織「何で私がまだデビューできてないわけ?!ほんっとしんじられない!」

P「あ、あの…」

伊織「ん?あんた誰?…じゃなくて、どちら様でしょう?」

P「君の担当になったプロデューサーなんだけど…」

伊織「プロデューサー…?。ということは私ついにデビューすることになったのね!」

P「ああ、そういうことになるな。これからよろしく」

伊織「はーい♪よろしくお願いします。それと」

P「それと?」