FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

真美

真美「亜美……亜美……」シコシコ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18 01:35:32 ID:hnp7Gx4s0

亜美「ふー!二人でお風呂入るのって、なんか久しぶりだねー!」

真美「う、うん。そだね!」

亜美「ねえねえ、真美のそれ……触ってもいい?」

真美「や、やだよ!ダメに決まってるじゃん!」

亜美「えーっ……いーじゃんちょっとくらい!だって亜美には付いてないんだよ?」

亜美「っていうか、そもそもなんで真美だけ付いてんのさー!ズルいよー!」

真美「そんなの知らないよぉ……」


スポンサーサイト



P「お、みんな居るのか」亜美「うん、雪だしちかたないね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15 21:02:26 ID:QW3NilNW0

P「おーさむさむっ…ただいま帰りましたー」

小鳥「あ、おかえりなさいプロデューサーさん」

P「ただいまかえりました、いやー外すごい雪ですね」

小鳥「ほんとですよー、こんなに降るなんて…」

P「あわてて営業から帰ってきましたよ、これ帰れるかなぁ…」

律子「まったく、迷惑な雪です」

P「おお律子、ただいま」

律子「おかえりなさい、プロデューサー殿」

P「律子も営業から?」

律子「はい、この雪じゃさすがに回ってられませんから」

亜美「亜美たちも居るよ!兄ちゃん!」

P「お、みんないるのか」

亜美「うん、雪だしちかたないね」

<オカエリナサーイナノーダゾーンアーウッウー

P「全員そろってるなんて久しぶりだな」


P「亜美と真美って判別できないくらい似てるよな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13 00:25:53 ID:u/hEL2K60

真美「まぁまぁ」

亜美「髪形は違うんだからさ―」

P「けど、それだけだもんな……」

亜美「それだけで大丈夫じゃん」

真美「今だってどっちがどっちかって分かるんだし」

P「まぁそうだけど……にしても本当に似すぎだ」

亜美「それはそうっしょー」

真美「だって真美達双子だもん」

亜美・真美「二人で一人だもんげ」


亜美「素直になれないお姉ちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24 02:03:40 ID:AHg47B3U0

P「なあ真美、今日のスケジュールについて確認なんだが……」

真美「えー、いいよそんなの。さっき自分で見たから」

P「そ、そうは言ってもだな……」

真美「兄ちゃん……真美のこと、いつまで子供だと思ってんのか知らないけどさ……」

真美「真美だって、自分のことくらい自分で出来るんだから」

P「はあ……」

真美「いっつもそーやって、真美のこと下に見ちゃってさ……」


亜美&真美「どっちがどっちか、分かるかなっ?」


1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/01/13(日) 17:42:17.31 ID:VRVJo8mI0

真美「皆って、ホントに亜美と真美の区別がついてるのかな~?」



亜美「どしたの真美。突然」



真美「いやぁ。ふと思ってさー」



真美「亜美と真美ってー。まあ、そっくりじゃん?」



亜美「うん。こんな美少女を二人も生み出すなんて、神様も粋なコトするよねー」ンッフッフー



真美「だよねー」ンッフッフー



亜美「でも亜美の方がほんのちょっとだけプリチーかなー」



真美「そんなら、真美の方がほーんのちょっとだけセクシーだよー」



亜美&真美「んっふっふ~」

P「やよいと真美と遊ぶことになった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:03:42.63 ID:qJpSZOYe0

真美「兄ちゃーん遊んでよー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「兄ちゃーんヒマー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「さっきからずっとそれ言ってるよー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「…」

真美「フラミンゴ打法といえば」

P「おう、さだはるな。…っと、はい終わり」カタカタッターン

真美「終わった?ねえねえ何しよっかー!」

P「落ち着けって、もう少ししたら天使が来るから」

真美「えっ天使?何言ってんのこの人」

ガチャ

天使(やよい)「おはよーございまーす!!」


P「やよいは成長して可愛くなくなったけど亜美真美は可愛いままだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:46:48.41 ID:Up2mRJFR0

立ったら書く即興


真美「亜美が死んでから5年…か…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 00:44:34.60 ID:af8xv6Je0

あの日もこんなに晴れた日だった気がする。亜美が…妹がこの世を去ったのは…。

真美「っと…もう事務所か。暗い顔しちゃいらんないしね…」

ガチャッ

真美「おはようございます。小鳥さん、プロデューサーさん」

私はあの日から…変わった。


P「今日真美と亜美の誕生日なんだよ」冬馬「へぇ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 16:00:20.69 ID:8F5dtAja0

冬馬「さすが双子だけあって双子座なんだな」

P「だからさ、プレゼント選び手伝ってくれないか?」

冬馬「はぁ?なんで俺が悪ガキのために、そんなことしなきゃなんねーんだよ」

冬馬「朝早く呼び出したと思ったらこんなくだらねーこと……」

P「冬馬」

冬馬「う、し、仕方ねぇな……765プロにはそこそこ世話になってるし」

冬馬「たまには付き合ってやるよ」

P「よし!揃ったな!」

冬馬「揃った?まさか」

黒井「さっさと出かける準備をしないか冬馬よ」

翔太「冬馬君おそーい!」

冬馬「俺いらねーじゃん……」

P「多いほうが楽しいだろ、さぁ行こう」


亜美「うあうあ~!真美がマリオになっちゃったよ~!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 22:11:31.02 ID:dcThekxN0

真美「ィヤッフゥゥwwwwww」

律子「……何これ」

亜美「朝起きたらこんなんだったんだよー!助けて律っちゃ~ん!!」

律子「助けてって言われても…ねぇ?」

真美「ブワホォ~ウwwwwwwwww」

律子「…………」イラッ



亜美「真美が思春期をこじらせて厨二病になった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/23(月) 03:47:16.44 ID:4lU6RTK+0


真美「……しゅっ、しゅ……」 シュシュ

P「……」

亜美「……」

真美「……あんだよー、見てんじゃねーYO!」 シュシュシュ


P「……なあ亜美。真美は何をやってるんだ?」

亜美「シャドーボクシングだよ、兄ちゃん」

P「……なんのために?」

亜美「いつ他校のヤンキーが襲ってくるかわからないからだって……」

真美「へっ! 来るなら来いってんだよ……ふっ」 シュシュ、シュッ!

P「そっか……」

亜美「うん……」


P「モビルスーツが欲しい?」 亜美「欲しい!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 12:43:31.35 ID:xA5Bp1AB0

亜美「ねえねえにーちゃん、モビルスーツ買ってよ」

P「亜美、お前いきなり何言ってんだ?」

亜美「え→!だって移動とかに便利じゃん!」

P「あのなあ…。もうちょっと現実見てくれよ」

亜美「考えたからだYO!安全に移動出来るじゃんさ」

P「安全かもしれないけどな、いくらかかると思ってんだ」

亜美「ん→と、30万円くらい?」

P「ダメだ亜美、お前は全然現実が見えていない」

亜美「なんでさ!」

P「そもそも亜美、どのモビルスーツが欲しいんだ」

亜美「バーザム!」


真美「えーマジ童貞?」 亜美「キモーイ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 10:58:35.80 ID:Hgg4oKqf0

真美「童貞が許されるのは小学生までだよねー」

亜美「キャハハハハハハ」

P「……」

亜美「…だから亜美達が兄ちゃんを」

真美「キモくないようにしてあげるね…」

P「え?」


亜美「あかん…漏らしてしもた…」真美「嘘やろ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/04(月) 05:22:39.49 ID:JIG5TsxG0

亜美「ほんまや…見る?………」

真美「ばっちぃなぁ……そんなん見せんでエエよ…………」

亜美「そう…………」

真美「……………」

亜美「………………」

真美「何しとるん……はよ着替ええや……」

亜美「せやな…………………………」


貴音「真美味でした」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 21:34:59.60 ID:4r/F48kN0

真美「ひゃっ!」

貴音「ぺろぺろ」

真美「ちょっ、お姫ちん、何して…」

貴音「ぺろぺろ」

真美「ひゃう!」

貴音「ぺろぺろ」