ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

織姫

織姫「黒崎くんが私を無視するの……」チャド「……む。井上もか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 15:46:14.65 ID:wxrl9duWO

一護「ルキア、石田。悪ぃんだが、今日帰り付き合ってくれ。
今回の事で浦原さんに確認してぇ事がいくつかあるんだ」

織姫「く、黒崎くん!それなら私も行くよ!」

チャド「オレも付き合おう」


一護「……チッ」

織姫・チャド「!?」



スポンサーサイト

井上織姫(27)「私を抱いてよ」 一護「・・・うるせえな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 22:24:44.62 ID:W0yokY180

一護「明日も早いんだよ寝ろよお前も」

織姫「そろそろ子供とか・・・いいよね?」

一護「いらねえよガキなんて。うるせえだけだろうが」

織姫「で、でも・・・」

一護「今日はそういう気分じゃねえんだ」

一護「毎日働いてよ。疲れてるんだ・・・寝ろよ」

織姫「そ、そう・・・」

織姫「お休みなさい・・・」

一護「ああ」

織姫「・・・」


織姫「黒崎くんのおちんちんが欲しい」 一護「やめろよ井上」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 19:59:14.99 ID:YPUqi/500

織姫「おちんちんが欲しいおちんちんが欲しい」

一護「やめろって言ってんだよ!!!」

織姫「黒崎くん黒崎くん黒崎くん黒崎くん黒崎くん」

一護「落ち着け落ち着けよ井上!!!」

織姫「そうか。朽木さんが居るんだよね。朽木さんが」

一護「ルキアは関係ねえだろうが!!!」

織姫「切っちゃおうかおちんちん。私だけの黒崎くんのおちんちん」

一護「やべえ・・・やべえよ・・・」

織姫「待て逃げるな!!!おちんちんを切らせてよ!黒崎くん!!」


織姫「黒崎くん黒崎くん黒崎くん黒崎くん黒崎くん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 22:51:12.16 ID:XX7kdKvO0

織姫「今日もパン持って遊びに行くの二人で一緒にパン食べるの」

織姫「黒崎くんの部屋で二人きりで楽しく過ごすの」

織姫「黒崎くん黒崎くん黒崎くん黒崎くん」

織姫「あれ……?」

織姫「たつきちゃん!」


織姫「……と、黒崎くん?」

織姫「なんで?」

織姫「なんで二人でホテルに入っていくの?」

織姫「黒崎くん黒崎くん黒崎くん黒崎くん黒崎くん黒崎くん」


一護「い、挿れるぞ井上・・・」織姫「うん///来て黒崎くん///」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/22(土) 03:59:49.21 ID:8KNa7jvu0

一護「(井上で童貞卒業とはな…井上も俺で卒業か…ん?)」

織姫「ど、どうしたの?黒崎くん。」

一護「(すんなり入った…だと…まさか。こいつ。処女じゃない!?)」

織姫「くろ…さき…くん?」

一護「(一応聴いてみるか。)井上ちょっといいか?」

織姫「うん!なに?」

一護「お前ってさぁ…しょ、しょ、処女?」




織姫「黒崎くーん!」 一護「チッ。行こうぜルキア」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 22:42:42.04 ID:pkEXKN1+0

織姫「えっ・・・ど、どうして」

ルキア「一護。井上が呼んでおるぞ」

一護「いいんだよ。無視しとけ」

たつき「おはよう一護」

啓吾「おっす一護」

一護「おう」

織姫「え・・・」

一護「目障りなんだよ裏切り者が」

織姫「ど、ど、どうして・・・何で・・・」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。