ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

赤沢

赤沢「恒一君…恒一君…///」クチュクチュ恒一「…」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 16:12:01 ID:EEN1zPE80
赤沢「ンアッー!」ビクビクッ

恒一「…///」

久保寺「ではここの問三を…榊原君、お願いします」

恒一「え? あ、はっ、はい! えっと…」ガタッ

赤沢「ふへへ…恒一君のお尻が乗ってた椅子…///」スリスリ

恒一(…赤沢さんが二人目のいないものになってからずっとこんな感じだ。正直辛い。色々と)

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 22:14:25 ID:cqJhWYLQ0

スポンサーサイト

鳴「例えば私がガチ百合だとするじゃない?」赤沢「え?」


 
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:
ID:TjaVFEVY0 [1/27回(PC)] 鳴「そしたら私はクラスの女子から誰を選ぶと思う?」



赤沢「えっ、ちょ…」



赤沢「ちょっと待って?」



鳴「何?」



赤沢「…見崎さんって「レズビアン」なの?」



鳴「「レズビアン」なんて言い方は嫌い」



赤沢「あっ…ごめ…」



鳴「でも赤沢さんは好みなので今日は特別に許します」



赤沢「え?」



みたいなのって今まで無いよね



赤沢「この夜見山にはおしっこが止まらなくなる現象が存在するの」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 21:22:20.28 ID:Y7XVqMtm0

赤沢「毎月誰かがその……お、おしっこが止まらなくなるの……」

榊原「え?ごめん、良く聞こえなかった」

赤沢「…………おし…っこが……止まらなくなる」

榊原「最近耳が遠くなったみたいで、なんだって?」

赤沢「………おしっこが止まらなくなるの!!!」

榊原「女の子がそんなに大きな声でおしっこだなんていっちゃだめだよ」

赤沢「くっ」ギリッ



赤沢「三組演劇部で私だけ恒一君が抱いてくれない…」

赤沢「こ……ここは?」憂「あ、気がついた?」


1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/07/16(月) 19:54:18.18 ID:a8tuYML10

赤沢「対策係の赤沢泉美よ」

赤沢「恒一くんも引っ越してきたことだし」

赤沢「対策案を出すために過去の事例を詳しく調べているところなの」ドサッ

赤沢「資料がこんなに……」

赤沢「一人で読みきれるかしら……」

赤沢「なーんて弱音を吐いちゃダメ、みんなのために頑張らなくちゃ」

赤沢「あれっ」ヨロッ

バサバサドサッガシャンドーン



榊原「赤沢さんとセックスするのに飽きたんだ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 20:33:04.66 ID:gTXGfj+d0

泉美の部屋

赤沢「んっんっ」

榊原「泉美、そろそろイきそう!」パコパコ

赤沢「んっあっうん分かった」

榊原「射精る!いずみぃぃぃぃ!」ビュルルル

赤沢「恒一君のチンコベチャベチャね」

榊原「泉美…良かったら舐めて掃除してくれない?」

赤沢「ごめんなさいそういうのは抵抗があって…」目を逸らす

榊原「じゃぁお尻なめていい?」

赤沢「えっそんな…」

榊原「ごっごめん変なこと言って…」フキフキ

赤沢「うん気にしないで、恒一君とエッチできるだけで嬉しいから」

榊原「じゃぁ僕帰るね、ちょっとやることもあるし」

赤沢「うんまた明日ね恒一君(あぁ今日も恒一君とエッチできて幸せ)」



赤沢「こ、恒一君! そこは鼻の穴よ!」



1 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [] : 投稿日:
ID:mvpe5t2K0 [1/20回(PC)] 恒一「大人しくしててよ…」グイグイ



赤沢「んがっ…!」



恒一「くっ…中々入らないな…」グイグイ



赤沢「は、入るわけないでしょ! 普通にしてよ!」



恒一「赤沢さん…僕はね、もう普通のSEXじゃ満足できないんだよ…」グイグイ



赤沢「だからって鼻の穴に入るわけが――」



恒一「…見崎は眼に入れさせてくれるのに」



赤沢「はぁ!?」

赤沢「おせちを予約したわ」恒一「へえ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:22:01.80 ID:GG9Dllhg0

赤沢「バードカフェって言うところのおせちなの」

望月「お洒落だね」

赤沢「本当なら二万するものなんだけど」

赤沢「グルーポンを通せば一万円で買えるわ!!」ドヤアアア

中尾「さすが赤沢!!好きだ!!」



思いついただけです
もう許してあげてください


鳴「バイオ」赤沢「ハザード」恒一「ディレクターズカット」

1: 以下、名無しに変わりましてGN雨傘がお送りいたします 2012/06/09(土) 15:49:50.05 ID:di3LiRpl0

――第二図書室脇・司書室――

恒一「よっ……と」カチャカチャ

恒一「よし、これでOKだ」

鳴「何してるの?」

恒一「いや、昨日うちの近くが粗大ごみの日だったから。近くのゴミ捨て場にこれが捨ててあってさ」パンパン

鳴「またテレビデオ?」

恒一「うん。しかもこの前学校の前のベータ規格と違って93年製だからVHSも見れるし普通に映るはず」

鳴「前のは結局色々死んでて、榊原くんの必死の人間アンテナでやっとライオンのごきげんようが見れたからね」

恒一「だからほら、これでリベンジだよ」ブゥン

テレビ『ですからね、奥さん。それはね……』

恒一「おっし入ったァ!」グッグッ


赤沢「は?なにそれ。私と恒一君が付き合ってるワケないじゃない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/25(月) 00:11:07.32 ID:ukshZz+C0

綾野「そ、そうだよね。私の勘違いだよね」

赤沢「当たり前じゃない」

勅使河原「お、おう。変なこと聞いて悪かったな」

赤沢「話はそれだけ?それなら、私もう行くから」

赤沢「あっ、恒一君。一緒にお昼食べましょう♪」


綾野・勅使河原「付き合ってるわけない……ねぇ……」


~バレバレ~
おわり


恒一「え?赤沢さんが魔法少女?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 21:22:21.83 ID:9g2FV0dF0

燃え盛る洋館


赤沢(あぁ…私死ぬのかな…)

赤沢(最後まで恒一君に嫌な娘って思われちゃったな…)

赤沢(あ、もう…恒一君にも会えないの…か)

赤沢(死にたく…ない…みんなと…恒一君と一緒にいたいよ…)

??「生きたいかい?」

赤沢「!?…アナタ…誰な…の?」

??「ボクの名前はキュウべえ、ボクなら君を助けてあげられるよ」 

赤沢「ほんと…?」

QB「僕と契約して魔法少女になってよ」


赤沢「今日からあなたをいないものにします!!」ビシッ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/09(土) 19:05:41.74 ID:RrqUUgiK0

高林「もともと赤沢さんのやり方気に食わなかったんだ!! 榊原くんを勝手にいないものにして」

高林「もともと赤沢さんが休んだのがいけないんだろ!!」

赤沢「文句あるの?私だって‥‥私だって‥‥恒一くんだけはいないものにしたくなかった‥‥」

赤沢「こっちだって必死なのよ!」

高林「フェアじゃねえよ」

赤沢「しょうがないわね‥‥」

杉浦「泉美‥‥どうするの?」

赤沢「今日からあなたをいないものにします!!」ビシッ

高林「こっちからなってるやる! じゃあな」

赤沢「ふん」





恒一「赤沢さんを無視したらどうなるか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/23(木) 17:38:12.91 ID:NB+e2rxq0

赤沢「おはよう、恒一くん」

恒一「……」

赤沢「…………? 恒一くん?」

恒一「……」

赤沢「ねえ、聞こえてるでしょ恒一くん?」

鳴「榊原くん、おはよ」

恒一「あ、おはよう見崎」

赤沢「!?」

あとはよろしく



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。