FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

閲覧注意

【閲覧注意】レッド「フシギダネ!カスミにつるのムチ!」カスミ「ぁんっ……!」






1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23 08:42:23 ID:G0wbJVRR0

レッド「カスミにしびれごなだ!」

カスミ「…!ッ動けない……!」

レッド「今まで我慢して来たがもう限界だ!」

カスミ「レッド!」

レッド「そんな短いショートパンツ履いて、俺を欲情させたいだろ?」

カスミ「ちがっ……!?」 ペロォ

レッド「こんな時のために捕まえて置いたベロリンガだ」

カスミ「…んっ…ぁ」

レッド「長く楽しみたいからまずは太ももからだな…まだ脱がさねーぜ」




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1356219743/


スポンサーサイト



【閲覧注意】あかり「わぁい、あかり腹パン大好き」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09 09:53:15 ID:TpCTQen20
櫻子「向日葵~腹パンゲームしよ~!」

向日葵「なんなんですのその物騒なゲームは・・・」

櫻子「問答無用!じゃんけん・・・」

向日葵「えっ、ちょっと・・・」

櫻子「ぽい!」

櫻子 グー

向日葵 パー


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347151995/

レナ「ふう…バッツ達はどこにいっちゃったのかしら…?」

                   
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 17:22:09 ID:fJ+swYPG0

数日前ある城で強力な魔物と戦った

強力な黒魔法と時魔法を操る魔物でバッツ達は苦戦しながらも、なんとか勝利を収めた

ところが土壇場で魔物がテレポとサンダガを繰り出し城は崩れテレポでバッツ達ははぐれてしまった

そしてレナは、どこか知らない場所へと移されてしまった








元スレ:ttp://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322295729/

涼「嘘と裏切りと律子姉ちゃん」

1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[saga]:2012/08/24(金) 19:46:35.62 ID:NZSihzP+o
※この作品には殺人、レイプその他エログロシーンが含まれます。


プロローグ

「大丈夫。大丈夫よ、涼」

 女は、よろよろと進む。
 その背に負うものの重みと地面の傾斜が、その速度と正確性を奪う。

 蹴躓き、何度も膝をつきながら、それでもけして背中の人物を落とすことなく、彼女は山を下る。

「道まで出たら、適当な車をつかまえて、救急車を呼んでもらいましょう。そのまま乗せていってもらってもいいわね」

 彼女の肩に頭をあずけっぱなしの従弟が、こくんと頷いたような気がして、女はおかしくなってしまう。

「でも、乗車拒否されちゃうかしら。こんな汚れてたら」

 彼女は己の体を見下ろして、そう呟いた。スニーカーが泥まみれなくらいは、山にいるのだから当たり前だろうが、グレーのパンツスーツも
べっとりと汚れている。

 染め抜かれた色は、暗い赤茶。
 泥でも汗でもない、それ。

「大丈夫よ。大丈夫」

 真っ白な顔で力なく彼女の背に負われている従弟に声を掛け続けながら、彼女は山をじりじりと下り続ける。

 がくがくと震える足で、荒い息を吐きながら、彼女は行く。
 その背に従弟の亡骸を抱えながら、秋月律子は、行く。

元スレ:ttp://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1345/13458/1345805195.html

【閲覧注意】どれみ「おんぷちゃんが異端審問官に連れて行かれちゃった…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/25 00:17:08 ID:CVgJcKt5O

 

  

セイバー「今日の食事は独特の臭いがしますね、士郎」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 03:01:06.15 ID:T+AVKVgi0

士郎「ああ、俺のウンコだ」


キョン「あー、ハルヒからあげにして食いてぇ~」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/24(月) 06:23:03.30 ID:+8P5XIJP0

キョン「あー、ハルヒからあげにして食いてぇ~」

ふと、そんな言葉が口から出てしまった

別に人食癖がある訳じゃない、と言うか人食癖ってなんだ?

古泉「んっふ、突然どうしたんです?お腹でも減ってるんですか?」

キョン「いや、腹は減ってない」

古泉「ではストレスでも溜まっていますか?最近涼宮さんに振り回されっぱなしですから」

どうだろう、からあげにして食うって事は相手を支配したも同然なはずだ

そんな事が口から出るって事は、俺がアイツから主導権を奪いたいって思ってるからか?

キョン「…そうかもな、あれでストレスが溜まらないって奴がいたら拝んでみたいよ」

長門「食べる?」

キョン「は?」

長門「涼宮ハルヒのからあげ、食べたい?」

アイリス「カミツレフウロ()」その2

前作:アイリス「カミツレフウロ()」その1





2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/21(水) 01:40:37.75 ID:UV9dmZfm0



アイリス「さあエモンガ、あなたはご主人様の腕とお腹どっちが好き?」



エモンガ「え…も……」



アイリス「あれ?ちょっとやりすぎちゃった?死にそうだわ」



カミツレ「私のエモンガ…うああっ…」ポロポロ



アイリス「ダメね。オーダイル、切り裂く」



カミツレ「やめてええええええええええ!!!!」


アイリス「カミツレフウロ()」その1

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 18:55:59.17 ID:ip8AHaZ70

スタッフ「はいカットー。今日の撮影はここまででーす!お疲れ様でしたー!」

アイリス「お疲れ様でーす!」

デント「ふう…やっとこの雰囲気にも慣れてきたね」

サトシ「二人とも最初はガチガチだったもんなー」