ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

;∀;)

伊織(既婚/2?歳)「最近やたらに求めてくるじゃない」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/yhnbvfrtyh.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/25 22:50:38 ID:w+X3VbP1O

伊織「どうしちゃったの?」

P「何か妙にムラムラしちゃってさ。駄目か?」

伊織「そっか…。あの娘と別れちゃったのね」

P「え!?」

伊織「どうしたの?」




スポンサーサイト

ひろし「おいしんのすけ、ブチャラティたちを暗殺しに行くぞ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 04:15:53 ID:XlGOmlGE0

しんのすけ「えーオラアクション仮面見たいからとうちゃん一人で行けばー」

ひろし「そんな固いこと言うなよー、お給料上がったら好きなだけチョコビ買ってやるからよ」

しんのすけ「カンタムロボの可変フィギュアもつけてくれたら考えるゾ」

ひろし「ぐぬぬ抜け目のない奴…わかった買ってやる買ってやるよ」

しんのすけ「わーいありがとうとうちゃん!」

ひろし「じゃあ出かける支度しろ、何日か帰ってこないから服とか多めにな」

しんのすけ「ほーい」



ルルーシュ「アマガミ?」スザク「うん…」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10 18:58:08 ID:VXpQC1jD0

ルルーシュ「何だそれ?」

スザク「いや、ロイドさんが…」

ロイド『スザクくん、君は異性と言うものに興味はないのかね?』

スザク『あんまりそういうことは考えたことないです』

ロイド『なら、これもいい経験だよ。さぁ受け取って』

スザク『なんですかコレ?』

ロイド『暇つぶしってやつだよ。最近は戦闘も少ないしデータを収集できないだろ?』

ロイド『だからねスザクくん。君自信のデータが欲しいんだよ』

スザク『言っていることがイマイチ…』

ロイド『いいから!とにかくコレをもって行きなさい!』





元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344592688/


コナン「光彦ォーーーーーーーーーー!!!」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03 21:08:35 ID:SYbJZvf10
光彦 「!!」ビクッ

光彦 「…………は、はい?」

コナン「このまえ渡したゲーム、そろそろクリアしたんじゃねーか?」

光彦 「え、あぁ、博士のソフトですね。ちょっと今回のは敵が強すぎますね~」

コナン「なんなら放課後、遊びに行くついでに、感想直接伝えてやれよ」

光彦 「えぇ、そうですね」



コナン「元太ァーーーーーーーーーー!!!」

元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351944515/

コナン「お客さんどこまで?」光彦「警視庁まで」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25 20:19:08 ID:HtNg0wZv0
コナン「はいよ」

コナン「あー、ドア閉めますよ?」

光彦「あ、はい」

バタン。ブオーン

コナン「」

光彦「」

コナン「」

光彦「」

コナン「もうすっかり冬ですねぇ」

光彦「・・・そうですね」

元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359112748/

照「みんなが無視する」ションボリ








1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26 08:34:26 ID:A1RJKnZ50

照「菫、太もも舐めさせて」

菫「・・・・」

照「何も言わないってことは、いいってことだよね?」

菫「・・・・」

照「そ、それじゃあ舐めちゃおっかな」チラッチラチラ

菫「・・・・」ハァ

照「す、菫ちゃーん?舐めちゃうよー?」アセアセ

菫「・・・・」

照「・・・・・」



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343259266/

やよい「如月、ですか?」


ガブリアス「フライゴンさん、遊んで~」



1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:
ID:nFKiAJNr0 [1/23回(PC)] (某所のパソコン、ボックス1)

フライゴン「…今、何時だ?」

ガブリアス「えっとねえ、多分、朝の6時くらい」

フライゴン「帰れ」

ガブリアス「えー」

フライゴン「俺が昨日、試合だったのは知ってるよな」

ガブリアス「………」

フライゴン「試合の翌日くらい、ゆっくりしたいってのも分かるよな」

ガブリアス「………」

フライゴン「俺はいつも、お前に何て言っている?」

ガブリアス「…相手の立場になって考えろ」

フライゴン「それを守っていれば、用もないのに早朝にいきなり来て、遊べとか言い出したりはしねえはずだ。分かったら帰れ」

ガブリアス「………」

岡部「助手が化けて出てきた」紅莉栖「助手じゃないと言っとろーが」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 13:21:30.40 ID:EHfLxawd0

──てやる。

岡部「ん?」

──呪ってやる。

岡部「うわああっ!?」

誰も居ないはずのラボから声が。
まさか幽霊!?

岡部「こ、ここは……」

岡部「びっくりするほどユートピア! びっくりするほどユートピアァ!!」

ツルッ ドテン

岡部「ぬわ! 滑った!」

──「ぶふっ! バカじゃないの?」

岡部「へ……?」

岡部「く、紅莉栖!? 生きてたのか!」

紅莉栖「いや、死んでますが」

岡部「なんだとぅ!?」

紅莉栖「あなたを探していました」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。