ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

SS

ハルヒ「私達のSS減ったわねぇ……」真紅「ええ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/24(木) 22:46:22.07 ID:hKtKhPSh0

ハルヒ「2、3年前はたくさんあったのに……」

真紅「これも時代の流れよ。受け入れるしかないわ……と言いたいところだけどやっぱり寂しいわね」

ハルヒ「また増えないかしら……」

禁書「それは難しいかも」

真紅「あらインデックス」

禁書「男女、勇者系SSを除けば最近はまどか、シュタゲのSSを書く人が大半を占めてるし、今さら感が強いんだよ」

ハルヒ「そんな事言わないでよ! ますます私達のSSが減るじゃない!」

真紅「ハルヒ、落ち着きなさい」

ハルヒ「だって……」

禁書「でも本当に減ったね」

真紅「そうね」

ハルヒ・真紅・禁書「ハァ……」


スポンサーサイト

フリーザ「ボーナスですよ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:29:02.21 ID:j7UKQqqLP

ザーボン「え?」

ドドリア「うお!?」

フリーザ「何を呆けているのです?ボーナスです。受け取りなさい」

バサッ

フリーザ「最近頑張ってるようですからね、それと各部隊の兵士にも特別手当を支給します。準備なさい」

ザーボン「ははぁ!ありがたき幸せ!」

ドドリア「ウヒョッー!アザース!」


桜田ジュン「真紅と雛苺ってかぶってない?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/15(火) 19:52:27.61 ID:UirBj6km0

銀「どこがよ」

蒼「真紅はお嬢様キャラだし、雛苺は子供キャラ・・・特にかぶってるとは思えないけど」

翠「どっちもわがままって部分ですかね」

銀「それを言ったらあなただってわがままじゃなぁい」

翠「ぬわんですってぇ!?」

ジ「違う違う、僕が言いたいのは、髪の毛の色だよ」

蒼「髪の毛?」

金「の色?」


蒼星石「ジュン君…したいならしてもいいんだよ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/08(月) 16:18:44.04 ID:49xFbb8f0

蒼星石「ふふっ」

ジュン「…どうした蒼星石?」

蒼星石「まさかジュン君とこんな会話をする日がくるなんてね」

ジュン「…まぁ、確かに」

蒼星石「初めは頼りないばっかで、ね?」

ジュン「うるさい…」

蒼星石「べつに、僕とジュン君と寝てしまっても、僕達自体は変わらない。変わっても、ちょっとべたべたしちゃうくらいだと思う」

ジュン「…」

蒼星石「僕ってほら、実は甘えん坊なんだよね」




冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/27(土) 10:03:56.50 ID:VhZALI9D0

ミサト「ごめーん!お待たせ!」

シンジ「……」

ミサト「乗って!早く!!」

シンジ「はあ」

ミサト「飛ばすわよ!しっかりシートベルト締めて!」

シンジ「……」



エイラ「サーニャがいなくナッタ……」


犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」

     
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/24(日) 21:35:08.92 ID:10xZUsT30

犬「でけえwwwwwwwwwwwwwwwww」

チワワ「マジででけぇwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ライオン「……」 ギロッ

犬「こっち見てるwwwwwwwwwwこええwwwwwwwwwwwww」

チワワ「こっええwwwwwwwあいつこええええwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ライオン「……」



翠星石「ん?なんですかコレ?ホレ・・・薬・・・?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/06/29(日) 23:27:49.63 ID:P6tzHzxf0

翠「まーたJUMのやろーは通販でくだらないもの買って!・・・・えーなになに・・・」

     『この薬を飲むと最初に目が合った異性にホレます!これを
      好きな人に飲ませればあなたも今日からモテモテ!!ただし効果は一日だけ!』

翠「ちょーうっさんくせーですぅ!!どーせあのチビ人間のことだからトゥモエにでも飲ませようとしたんでしょうけどこんな胡散臭い薬効くわけがねーですぅ!」












翠「・・・でもちょっと面白そうだから真紅に飲ませてみるです」



ラウラ「友人の幸せを願うのは当然だろう?」


シンジ「あ、アスカ。タンクトップ着るのやめない?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:26:33.56 ID:ME5mQkVIO

アスカ「はぁ?なによいきなり」

シンジ「あ、あの、変な意味じゃなくてさ。ほら、女の子がそういう格好っていうのも」

アスカ「なによそれ。まあ確かに、誰かさんがいっつもスケベな目で見てきて困るけど」

シンジ「み、見てないよ!」

アスカ「べっつにアンタなんて言ってないじゃない」

シンジ「くっ」

アスカ「ふん。それにしても暑いわね~日本は。嫌になるわ」パタパタ

シンジ「っ!?」

アスカ「はーあ暑い暑い」チラチラ

シンジ「うくっ・・・・・・」

アスカ「暑いわー」チラチラ

アスカ「・・・なに黙ってんのよ」

シンジ「・・・・・・っはぁ!・・・うっぐぇっほ!えっほ!げひぃぃ!えふぅっ!ごひゃっぶ!」ゲホゲホ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。