ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

NTR

紅莉栖「何度タイムリープしたって岡部を寝取られる……」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 14:38:33.64 ID:mhg79avU0

前編 『変態少女のメランコリィ』



8月13日 夕方



タイムリープマシン完成祝の宴会のための買い出しから帰った私は、ラボの開発室にいた。
椅子に座り眺める──世界を揺るがすかもしれない、このタイムリープマシンを。

しかし宴会まで時間が空いたのと、連日の徹夜続きもありついウトウトしてしまい──。


紅莉栖「んん……ん……」

紅莉栖「おか……べぇ……あんた……」

紅莉栖「……急に仲間がどうとか……支離滅裂……むにゃ」

紅莉栖「……ふへへ、おかべぇ……」

紅莉栖「ふぇ……」

紅莉栖「あ、あれ、私……」

紅莉栖(寝てたのかな。やだ、私ったら……こんなところでだらしない……)



スポンサーサイト

日番谷「お前も氷雪系だったよな」 ルキア「は、はい」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:34:34.58 ID:YGyYWF640

日番谷「何っつうか斬魄刀使うのやめろ」

ルキア「な、なぜですか」

日番谷「お前が活躍するとほら俺の影が・・・わかるだろ?」

ルキア「は、はあ」

日番谷「そもそもお前って副官クラスの実力ねえじゃん?」

日番谷「兄貴が偉いだけだし浮竹に気に入られてるだけだろお前」

ルキア「・・・」

日番谷「何だよその眼は!俺を見下す眼はやめろ」

ルキア「は、はい・・・」

日番谷「危なくなったら黒崎と阿散井が来るもんな」

日番谷「実力ねえんだから使うんじゃねえぞ。これは隊長命令だ」

ルキア「し、しかし」

日番谷「俺は隊長てめえは副官・・・格が違うんだよ。わかったな」

ルキア「はい・・・」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。