ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

QB

QB「やれやれ、口で言っても解らないと見えるね」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:05:57.84 ID:1Qi/Y0NX0

マミ「ここに有名パティシエが作った、予約半年待ちのケーキが一つだけあるわ」

マミ「私が買ったのだから私が一人で食べてもいいのだけれど」

マミ「チャンスは誰にでも平等に与えられるべきだと思うの」

マミ「誰が食べるかジャンケンで決めましょう、敗者は私の手作りケーキよ」

さやか「マミさんのケーキで十分文句無しに美味しいんですけどね~」

杏子「マミのケーキは確かに美味いけど、いつでも食えるだろ」

杏子「それに勝負と言われちゃ負けられないね」

さやか「いつでも食えるって、図々しいやつだなー」

マミ「ふふ、いいのよ。美樹さんもいつでも食べにいらっしゃい」

杏子「そんな事より、とっとと始めようよ」

ほむら「私が勝ったらまどかに半分あげるわ」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん!」ウェヒヒッ

まどか「私が勝ったら一口あげるね!」

マミ「そこは鹿目さんも半分こしてあげましょうね?」

スポンサーサイト

まどか「QBが口を閉じて喋ってるのはおかしい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 22:59:14.02 ID:+QwHlYDv0

―お昼休み―


QB「やあ!まどかにさやか!」

さやか「あ!マミさんにQB!」

マミ「偶然ね。あなた達二人だけなの?」

さやか「はい!良かったら一緒にお昼ごはんどうですか!?ね?まどか」

まどか「・・・」

さやか「まどか?」

まどか「え?ああうん。一緒に食べようよマミさん!」

マミ 「そう・・?」

QB「そうさせてもらおうよマミ!契約についてもたくさんが話がしたいしね!」

まどか「・・・・」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。