ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ポケモン

ヌケニン「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22 17:23:23 ID:UfGsX+0f0

ヌケニン「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


スポンサーサイト

チコリータ「……あなたが私のご主人様?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19 21:54:36 ID:pbOkHgoNP

チコリータ「……あなたが私のご主人様?」




チコリータ「……戦うの?」

チコリータ「私……あんまり戦うの好きじゃない」

チコリータ「……あっ、他のポケモン」

チコリータ「……」


チコリータ「ねぇ……私も、戦えるかな?」

チコリータ「うん、頑張ってみる……」

チコリータ「えいっ、えいっ……よし」

ナデナデ

チコリータ「あっ……」

チコリータ「……次も、頑張るから」


レッド「…ん?」エリカ「…レッド…さん…zzz」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23 19:53:11 ID:JwsmyOFn0

エリカ「…zzz」

レッド「…何で裸なんだろ…」

エリカ「むにゃ…ん~?レッドさん起きたんですか?」

レッド「あ、うん。えっと聞きたいことがあるんだけど…」

エリカ「?」

レッド「…何で二人とも裸なの?」

エリカ「もぅ…そんなこと女の人に言わせないでください…」

レッド「…」

エリカ「責任取ってくださいね?」ニコッ




ゲンガー「もう戦うの疲れた……」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/img_102275_549458_0.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:16:58 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「マスターの野郎、毎回毎回スーパーシングルトレインとやらに参加させやがって……。
     ちったあおれの体のこと考えろってんだ」

ゲンガー「まひやねむり状態で負けるのは仕方ねぇじゃんかよ。それなのに全部おれのせいにして……」

ゲンガー「危なくなったらみちづれ命令しやがって。クソ野郎め」

ゲンガー「…」

ゲンガー「今日もまたボロボロになるまで戦わされるのか。
     はぁっ、もういやだ。戦うのはいい加減疲れた……」


ライチュウ「交わりたいな」 ゲンガー「?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/img_934769_31618652_0.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 14:51:57 ID:YavFWbi+O
ゲンガー「どういう意味だ?」

ライチュウ「とぼけちゃって。エッチしたいってこと。ゲンガーだってこどもじゃないんだからそれくらいわかるでしょ」

ゲンガー「そりゃまあ……って、急になにを言い出すんだよ」

ライチュウ「なんかムラムラしてきちゃってさ。だから、ね?やろうよ」

ゲンガー「やろうよってお前まさか……おれに言ってんの?」

ライチュウ「キミ以外誰がいるの?」

ゲンガー「いやいやいや。なに言ってんだお前?」

カイリュー「最強のポケモン?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/149_2_400.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/01 20:36:27 ID:M5n45Emii
バンギラス「そうだ。俺達ポケモンの中で最強なのは誰だと思う?」

カイリュー「はぁ…そんなもん、お前議論するまでもないだろ」

バンギラス「だな…勿論最強は…」

カイリュー・バンギラス「カビゴンだな」

アイリス「サトシってば本当子供ね~」サトシ「黙れブス」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/up233933.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/25 15:07:52 ID:Yz/PIAMU0
アイリス「えっ…」

サトシ「…」

デント「…」

ベル「…」

ラティオス「ラスターパージで、お前を。」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/09 21:37:48 ID:o/Ijq5r9Q

みなみのことうと呼ばれる島で、俺達兄妹は暮らしていた

島での生活はのんびりしていて とても心地よかった

しかし、そんな俺達の暮らしを邪魔するものがいた


人間だ。


生態調査と言って島を荒らす研究者

珍しいポケモンがいると言って捕まえに来るコレクター

強さばかり求め、ポケモンの気持ちなんか一切考えてないトレーナー

俺はそんな人間が来る度に戦い、追い払ってきた

俺達は、人間が大嫌いだった。




ラティオス「ラティアスがベタベタしてくるのをやめさせたい」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/20100320_10rth002.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/15 01:59:17 ID:tV0UyR0y0

(某所のパソコン、ボックス1)

ビクティニ「いきなりどうしたんだい?」

ラティオス「マスターの夏休みが終わって、モンスターボールやパソコンにいる時間が増えたよね」

ビクティニ「そうだね」

ラティオス「そのかわりに毎日、僕たちを何匹か選んで外に出してくれるだろ」

ビクティニ「うん」

ラティオス「今日、僕の順番だったんだけど、外に出ている間、ずっとラティアスがべったりとくっついててね」

ビクティニ「仲が良くていいじゃないか」

ラティオス「それにしたって限度ってものがあるよ」


ブースター「ありがとう」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/index.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/18 18:25:07 ID:iTAs+l730

ザー … ザー …

_____一面の大雨…あぁ、またこの夢か

ブースター「姉さん!しっかり!!」

リーフィア「っ………ブースター…」

_____一体何度見たのだろう

ブースター「今………引き上げるから…うわっ!!」ガラガラ

リーフィア「ブースター!!………ごめんね………みんなに怒られちゃうかもね………」

ブースター「何…言って………くっ……!…」ズルズル

_____やめろ

リーフィア「………ブースター………」ググッ

ブースター「えっ………姉さんなにを………やっ、やめろ!!」

_____やめてくれ!!

リーフィア「………大好きだったよ………ばいばい」  バシッ   ガラガラガラ

ブースター「姉さん!!姉さぁぁぁぁぁん!!!」




ブースター「ちょっとイッシュ行ってヒヒダルマ殲滅してくる」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/booster.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/24 16:38:08 ID:nfhlTuEb0

ブースター「エンテイさんも行きましょうよ」

エンテイ「いや、俺フレアドライブもらったし……」

ブースター「え、いつのまに……」


???「力が欲しいか」 ブースター「誰だ!?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/19213180.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23 08:39:09 ID:HwExyWj70

???「私の事等どうでも良い。お前は今力が欲しいようだな」

ブースター「うるせえ! お前に何がわかるんだ!!」

???「わからないが、お前はどうやら馬鹿にされてるようだな『唯一王』よ」

ブースター「……どうせお前も馬鹿にするんだろ! だったらしてればいいだろ!!」

???「だから言っただろ。力が欲しいかと」

ブースター「……俺は本当に強くなれるのか?」

???「ああ、たとえそれがあのメタグロスでも」

ブースター「ヒヒダルマの野郎にも火力で勝てるのか!?」

???「残念だがそれは無理だ」

ブースター「はぁ!? お前!!!」


デント「どうしようサトシ、アイリスが臭すぎて僕もう死にそうだよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 16:32:17 ID:vLoW9FCn0

デント「ポケモン達も回復したばかりなのにもう瀕死だし」

サトシ「俺のピカチュウなんて泡吹いて白目向いてるぜ!」

ピカチュウ「」


リーフィア「お兄ちゃんと結婚する!!」 ブースター「……えっ?」

              http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/img20070903_p.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01 18:55:44 ID:hhCl4Law0

リーフィア「だからぁ!私お兄ちゃんと結婚するの!」

ブースター「あー、いやー……まぁあれか『大きくなったらお父さんと結婚する』みたいなもんか」

リーフィア「お兄ちゃん?どうしたの?」

ブースター「あはは、なんでもないよ」ナデナデ

リーフィア「わふっ……えへへ~、それでねお兄ちゃん!」ジッー

ブースター「んー?」



ブースター「神になった」アルセウス「ほう」

         http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/2440873i.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10 22:33:30 ID:4LSe6/xl0

ブースター「唯一王と言われていた私ですが、この間めでたく神になりました」

アルセウス「おめでとう新唯一神(笑)君wwで、何ができるの?」

ブースター「周りを無条件でレベル1にすることができます。あと>>10もできます」

アルセウス「ほほう、えっ!?」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。