ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ガールズ&パンツァー

まほ「負けたぁあああ」エリカ「いい加減泣き止んだらどうです?

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/50afb878cd.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 19:59:24 ID:GwyjCYa60
まほ「ううぅ……」

エリカ「いいじゃありませんか。副隊…元副隊長のことお母様に認めて貰えたんですよね?」

エリカ「隊長は絞られたみたいですけど……」

まほ「言わないでくれ…」

エリカ「とにかく、素直に喜んであげましょう?」

まほ「だって……」

エリカ「だって?」

スポンサーサイト

みほ「お姉ちゃん、この犬どうしたの?」エリカ「え?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/2722407i.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 22:35:57 ID:7WIOhE180

エリカ「すぅ……ん…」Zzz

生徒「あ、隊長!」

まほ「……どうした?」

生徒「それが、格納庫で犬が……」

まほ「犬?」

エリカ「……はぅぅ……むにゃ…」Zzz

まほ「エリカ……何故そんなところで寝てるんだ?」

生徒「副隊長? いやですよ、今日はまだ来てないじゃないですか」

まほ「…無意味な悪戯をしてないで、練習に戻れ」

生徒「悪戯なんてしてませんよ」

まほ「ほら、エリカも何やってるの?」ユサユサ

生徒「えっ」

まほ「今度は何?」

関連
優花里「わあ!猫ですよ猫!」麻子「え?」
エルヴィン「ん……犬か」左衛門佐「え?」
沙織「わあ!わんちゃんだよ!」優花里「え?」

優花里「わあ! 猫ですよ猫!」麻子「え?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/o0600033812319233437.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04 22:05:41 ID:eWJ3sJHX0
麻子「ふあぁ~……ここは……格納庫か?」

麻子「何故私はこんなところで寝てたんだ……?」

麻子「思い出せない…」

優花里「あれ? 猫?」

麻子「ん?」

優花里「危ないですよー。こんな所で寝てちゃ」

麻子「あ、ああ。だが私にも何で寝てたのかが……」

優花里「寝るならあっちの日向の方が気持ちいいですよ」

麻子「……は?」

関連
みほ「お姉ちゃん、この犬どうしたの?」エリカ「え?」
エルヴィン「ん……犬か」左衛門佐「え?」
沙織「わあ!わんちゃんだよ!」優花里「え?」

エルヴィン「ん……犬か」左衛門佐「え?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/GP_OVA_03_WEB-620x348.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09 22:01:35 ID:vHGoWtZt0
左衛門佐「う……んん……」

左衛門佐「私はいったい……ここは倉庫か?」キョロキョロ

左衛門佐「何故こんなところで……思い出せない……」

エルヴィン「なんだ、まだ誰も来てないではないか」

左衛門佐「エルヴィン」

エルヴィン「ん? 犬か」

左衛門佐「犬?」キョロキョロ
関連
みほ「お姉ちゃん、この犬どうしたの?」エリカ「え?」
優花里「わあ!猫ですよ猫!」麻子「え?」
沙織「わあ!わんちゃんだよ!」優花里「え?」

みほ「ドリフターズ (漂流物)………?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/324307.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19 00:07:40 ID:uZd7H3FX0

西住みほ は知らない場所で目を覚ました。

みほ「う…… んっ― ここは?」グラッ

材質が混合土ともセラミックとも知れない白い壁と天井が永遠と続く場所。
そして両サイドの壁には何時の時代ともしれない“扉”が敷き詰められていた。

みほ「―ッッ!!! ……いたい― って血……?」ヅキッ

何気なく頭部にやった手のひらを見ると、自分の血が付着していた。
どうやら目覚めても尚、感覚が今ひとつ掴めないのは頭に怪我を負っているかららしい。

ナンダオマエ? ベトコンドモジャ ナイヨウダガ-ッッ!! ノミコマレ―

みほ「えっ― だれ!?」クルッ

まだ感覚は虚ろであったが背後から確かに人の声が聞こえた。
おそらく日本語ではなかったが、とにかくそちらを見ようと立ち上がり振り返った。



みほ「二人の軽井沢」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/63d3a48a.jpg
1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2013/03/11 21:29:17 ID:sleDNvNi0

麻子「おわかりいただけただろうか」

典子「鋼鉄の墓標」

短編三本投下する




みほ「ダークソウル?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/20110208193352b9d.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/27 21:17:44 ID:YVbAA7NS0

秋山「西住殿~!帰りにゲオに寄ってもいいですか?」

みほ「別にいいよ。なにか買うの?」

秋山「実はですね、前から欲しかったゲームをついに買おうかと思いまして!」

みほ「へー優花里さんゲームもするんだ」

秋山「はい!アクション系とかかっこよくて大好きです!」

みほ「あはは・・優花里さんらしいね」




優花里「森の王……!金の枝の夢……!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/20121108043055.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14 19:16:39 ID:Vb0ohHNI0

優花里「ここは……」

ガサッガサッ

優花里「森……?」

チュン・・・・・チュン・・・・・

優花里「……」

ヒュウウウウウウウ

ブオオオオオオオオオ

ガサッガサガササッ

優花里「!?」

ザッガササッガササッ

ヒュオオオオオオオオオオオオ

優花里「うわあっ!?」




優花里「あの、ご主人様」みほ「ゆ、優花里さん」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/8175449409_8d32617708.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11 23:03:22 ID:j6g6yTk30

優花里「あっ……に、西住殿」ワタワタ

みほ「な、何? 優花里さん」アセアセ

沙織「ごめん、もう遅い……かな」

麻子「眠気飛んだ」

華「あらあら」キマシタワー

優花里「こ、こここれは……その」

みほ「えっとね、変な意味じゃないっていうか」




みほ「お姉ちゃんダイスキ」





優花里「試合、開始!」

優花里「西住殿フォルダがバレました……」

沙織「わあ! わんちゃんだよ!」優花里「え?」


優花里「サンダース高に捕まりました」

優花里「西住殿~えへへ~///」

  http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/tumblr_mht87s5Qpx1qhfq32o1_500.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。