ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

は行

える「折木さん、好きです」

スポンサーサイト

マミ「心の温度」


あかり「あかりにとってのごらく部」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/20 01:56:43 ID:xu4QCfQy0

赤座あかりは自分の存在がごらく部にとってさして必要とされていないことを薄々感じていた。

それは今までのごらく部の部員の態度があかりに対してだけ辛辣にあたることから容易に推測できた。

赤座あかりはやがてごらく部の退部を内心に考えるようになる。

このままでは自分は存在感のないキャラクターとして中学生活を終えてしまうのではないかという危惧を感じていたからだ。

やがてその考えは具体性を持つようになり、船見結衣と歳納京子が三年にあがる時期を見計らって退部することを決意した。

そしてその考え通り船見結衣と歳納京子が三年にあがると同時に赤座あかりは退部を申し出た。


あかり「誕生日だよぉ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/24 00:43:21 ID:5a4CG4zS0

赤座あかりは催眠から目覚めると、まず最初に時計を確認する。

ついで、壁に架けてあるカレンダーを確認する。

これら起床時に行う一連の行動は、赤座あかりが日々繰り返す習慣となっている。

時間は午前七時。日付は7月の24日。

赤座あかりの誕生日である。


夜空「おい肉、友達料金はまだか?」星奈「なにそれ?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03 20:22:17 ID:0TgO+MjA0

夜空「友達契約のために支払う代金だ」

星奈「えっ、私達……その、友達だったの?」

夜空「金を払えばな」

星奈「いくら?」

夜空「えっ……ご、5万くらいか?」

星奈「今手持ちは無いわね……」

夜空「仕方ないな。それなら友達契約は不履行。私達は友達では……」

星奈「ちょっと待っててね」ピッピッ プルルルル

星奈「もしもし?」

15分後

星奈「はい。五万円」

夜空「あ、どうも……」


夜空「おい肉、友達料金はまだか?」星奈「なにそれ?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03 20:22:17 ID:0TgO+MjA0
夜空「友達契約のために支払う代金だ」

星奈「えっ、私達……その、友達だったの?」

夜空「金を払えばな」

星奈「いくら?」

夜空「えっ……ご、5万くらいか?」

星奈「今手持ちは無いわね……」

夜空「仕方ないな。それなら友達契約は不履行。私達は友達では……」

星奈「ちょっと待っててね」ピッピッ プルルルル

星奈「もしもし?」

15分後

星奈「はい。五万円」

夜空「あ、どうも……」

ほむら「此岸の計略」


ヌケニン「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22 17:23:23 ID:UfGsX+0f0

ヌケニン「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


古泉一樹の殺戮


ニャル子「クー子が可愛く見えてきました…」


魔法少女達の大喜利


小鷹「小鳩が……!」


あおい「あかねちゃんがあんなことするから」


緑アーチャー「あんたが俺のマスターかい?」


ほむら「因果の糸が巻き付き過ぎてまどかが消えた」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18 23:11:55 ID:D6A9Bpbj0

早乙女「それじゃあ自己紹介いってみよー!」

ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします――ッ!」

ほむら(まどかがいない……欠席?いえ、まどかの席自体がないような……)


ワイワイガヤガヤ

モブ1「暁美さん髪綺麗だよね」

モブ2「前はどんな学校だったの?」

ほむら「ごめんなさい、ちょっと緊張して気分が……保健室に行かせてもらえる?」

モブ1「あ、それなら私が!」

ほむら「いえ、係の人にお願いするから」

モブ1「だからそれ私!」

ほむら「えっ…?」

モブ1「行こっ暁美さん!」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。