ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ドラえもん

のび太「シュレーディンガーの猫って、なあに?」


スポンサーサイト

のび太「ドラえも~ん、しずかちゃんとSEXしたいよ~!!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/201102030118209ce.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27 12:48:01 ID:WyrSJ45P0
のび太「しずかちゃんに面と向かって『入れさせて!』なんて言えないし何かいい道具出してよ!」

ドラえもん「しかたないな~ほんとにきみはエッチなんだから。え~っとあったった、はいこれ。」

のび太「何このソーセージみたいな道具?」

ドラえもん「まず先っぽをキミにむけてスイッチを押す。」ポチ  ムクムク・・・

のび太「わっ!なんか形が変わってきて・・・・ち、ちんちんそっくりになった!」

ドラえもん「このおちんちんはキミと同じものだよ。」

のび太「どゆことー?」

のび太「しずかちゃんのおっぱいの味」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26 21:43:52 ID:cPspoPsE0
のび太「ねえドラえもーん」

ドラえもん「なんだいのび太君?」

のび太「しずかちゃんのおっぱいってどんな味がするんだろうね?」

ドラえもん「うーん・・・さっそく食べに行ってみようか!」

しずか「レイプ魔が増えてる?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13 04:12:46 ID:jBqPpurD0
のびた「しずかちゃん気を付けた方がいいよ」

スネ夫「ホントホント」

ジャイアン「いざとなったら俺様がいるからな!」

しずか「ありがとう、たけしさん」

出来杉「…」

のび太「ここからしずかちゃんが出てきたのか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17 23:51:27 ID:YJDZ8/Qg0

しずか母「ちょ…そんなにまじまじと見ないで」

のび太「いいじゃないですか。このおマンコからしずかちゃんが出てきたんだ。じっくり見とかないと」

しずか母「ダメ…しずかが帰ってくるわ…」

のび太「とか言っておマンコ濡れ濡れじゃないですか」



のび太「ドラえもんが……スパイ?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 19:23:42 ID:4GZku01w0
のび太「君は……未来のボク?」

大学生のび太「予想通りドラえもんはいないみたいだね……
そう、ボクは大学生ののび太だよ」

のび太「ドラえもんはミイちゃんとデート中だけど、急にどうしたのさ?」

大学生のび太「その前に一つ、君に考えてもらいたいんだ」

のび太「何を?」

大学生のび太「君はドラえもんに会って何が変わった?ということをさ」

のび太「決まってるじゃないか!
ドラえもんが来てくれなかったらしずかちゃんと結婚出来なかったよ」

大学生のび太「質問を変えるよ
君はドラえもんに会って、今、何が変わった?」

のび太「今?」

大学生のび太「未だに君はドラえもんの道具に頼って、グータラな人生を送ってるんだろ?」

のび太「それは……」

大学生のび太「ここで一つの可能性を考えてもらいたいんだ
ドラえもんは君の未来を良い方向に変えるどころか、むしろ悪い方向に変える為に来た……つまり、ドラえもんがスパイだという可能性を」

のび太「ドラえもんが……スパイ?」

のび太「ドラえもんって全裸に首輪つけてるんだよな・・・」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/25(日) 01:09:40.98 ID:lhVheJ350
のび太(ゴクリ・・・)

ドラ「? どうしたんだいのび太くん、めずらしく真剣な顔して」

のび太「え? い、いやあ、なんでもないよ、あはは」

ドラ「?」

のび太(ドラえもんの口・・・温かいのかなぁ・・・)

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, -、, -、l           /、          ヽ
       | _| -|  ・|< ||           |ヘ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_/ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \        \     |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `- ´ |       | _|        /          |
         |       (t  )       /    /      

ポケットにも・・・穴はあるんだよな・・・・・・ゴクリ

のび太 「ドラえもーん」 ドラえもん 「…またか」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 18:40:12.47 ID:plpHmmIdi

ドラ 「なに」

のび太 「ジャイアンにいじめられたから何かだして」

ドラ 「ふざけるな。自分でなんとかしろカスが」

のび太 「え、ど…ドラえもん?」

ドラ 「>>5



のび太「ドラえもん、安楽死できる道具だしてよ」


1: ◆kOHjepsWtM 2012/05/29(火) 23:01:04.23 ID:0SPLnvPMO

のび太「ドラえもん、安楽死できる道具だしてよ」

ドラえもん「え!?ど、どうしたんだい?」

のび太「安楽死できる道具、ないの?」

ドラえもん「あ、安楽死できる道具って・・・」

のび太「僕ね、安楽死がしたいんだよ。あるなら早く出してよ」

ドラえもん「ちょ、ちょっと待ってよ。いきなりどうしたんだい?」

のび太「僕は今日、わかったんだ。僕は生きていても辛いだけだって。辛いだけの人生なら歩むだけ無駄じゃないか」


ドラえもん「翻訳コンニャク、キムチ味~」のび太「え!?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:11:38.41 ID:cqri7HDX0

のび太「やめてよジャイアン、ここを開けてよ」ドンドン

ジャイアン「やーだよー」

スネ夫「へへ、開けてほしかったら『独島は韓国のもの』って三回叫びな」

のび太「え!?」

ジャイアン「ついでに対馬もな!」

のび太「はぁ!?」


ドラえもん「のび太wwwwwまたいじめられたのかよwwww」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:32:23.57 ID:eCjNcXd5O

ドラえもん「のび太wwwwwまたいじめられたのかよwwww」

のび太「うん・・・」

ドラえもん「だっせwwwwwwwやり返さねーのw?wwwwww」

のび太「うん・・・」

ドラえもん「なんでだよwwwwwwwこえーのかよwwwwwww」

のび太「グスッ、うん、怖い・・・」

ドラえもん「だっせwwwwwwwてめぇは一生負け犬だなwwwwwww」

のび太「助けてよ・・・ドラえもん・・・」

ドラえもん「は?wwwwwwwなんで助けなきゃいけねーんだよwwwwwww」

のび太「だって、グスッ、その為にきたんじゃないの・・・?」

ドラえもん「はぁ?wwwwwwwいやいやwwwwwww俺は源静とお前が結婚すればそれでいいしwwwwwwwあとは知らねーよwwwwwww」

のび太「そ、そんな・・・」


のび太「出来杉なんていなくなればいい…」


1: ◆4zj.uHuFeyJ8 2011/11/29(火) 12:09:50.60 ID:KH7NbmRB0

のび太「遅れてごめんよ」

野比のび太、11歳――。

今日も例によって待ち合わせには遅れて来る。
何をやらせてもダメダメな小学生だ。


剛「お、おう…」
スネ夫「遅刻なんて…のび太のくせに生意気だぞ…」


しかしのび太を迎えるいじめっ子2人組に、いつもの元気はない。



先生「え?1+1はいくつだ?答えろ!!」のび太「2デス」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 04:42:29.90 ID:1MdJvhdM0

先生「その程度のことは知っとるんだなハハハハハ」

のび太「へへへ…」

先生「なにがおかしいっ!!」

のび太「!!」



のび太「え?スネ夫博報堂に内定もらったの?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 15:56:00.15 ID:C8a/5ivS0

スネ夫「まぁ完全にコネの力だけどさ」
静香「さすが慶應ボーイね」
スネ夫「静香ちゃんだってP&Gのマーケでしょ?エリートじゃないか」
のび太「とほほ、ぼくは大人しく院に行きますよ」
出木杉「東工大の院なら将来必ずのび太くんのやりたいロボット工学を勉強できるよ!」
のび太「本当はMIT行きたかったんだけどね。でも頑張るよ」
スネ夫「出木杉はグーグル本社だっけ?」
出木杉「そうだけどマッキンゼーからもオファーが来てて悩んでるよ」
のび太「さすがハーバード!」
スネ夫「まぁみんな進路決まったみたいだし今日はパーっとやろうよ」
のび太「賛成!僕は貧乏な院生なのでそのへん宜しく…」
スネ夫「久々の同窓会に乾杯!」

ハハハハハハハハハハ!


のび太「出来杉くんがいまいち理解出来ないので調査団を作ろう」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 13:35:12.72 ID:xvWS4ldf0

いつもの空き地

のび太「そういう訳なんだ」

ジャイアン「のび太のくせに面白そうなこと言うじゃねーか」

しずか「私はみんなより出来杉さんのこと知ってるわよ」

スネ夫「悪いけどその調査団は3人までなんだなあ」

ドラえもん「僕とのび太くんは人外だからOK」

スネ夫「うぐっ・・・ま、まあいいよ」

のび太「さっすがネゴシエータードラえもん!交渉ならお手のものだね」

ドラえもん「熱線銃持ったロボに反抗出来る人間はいないよ」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。