ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ハルヒ

古泉一樹の殺戮


スポンサーサイト

ハルヒ「みくるちゃんってカイリキーに似てるわね」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/04 22:10:28 ID:+IRIEE+sO

みくる「ふぇえ?」
ハルヒ「そうよそう!なにかに似てるなあとは思ってたのよ!」
みくる「カイリキーって一体なんなんですかぁ~」
古泉「はて、僕にはわかりかねますね」
長門「確かに...似ている」
キョン「長門、おまえポケモンを知ってるのか?」
長門「……トータルネーム"ポケモン"には多種多様な進化が確認されている。自律進化の研究。」
キョン「ほおー、まあ俺はPLAYしたことない口だが。そんなに似てるのか?」

長門「激似。」


キョン「古泉、ロックマンゼロやるぞ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12 00:18:27 ID:p0zcZTwWO

古泉「おや、あなたも持ってたんですか」

キョン「あぁ、昔からロックマンXが好きだったでな。続編を買わないわけにはいかないだろ」

古泉「んっふ、貴方とは気があいますね」




古泉「長門さんって胸小さいですね」


古泉「さーて、今日も元気に神人を倒しますか!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/o0800045010247696052.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/24 21:52:54 ID:om2DyWa/0
森「古泉、絶対に油断は禁物よ」

古泉「わかってまーす!不肖古泉一樹、世界のために頑張ります!!」

森「こいず」

古泉「では、行ってきまーす!!」バビュン

森「あっ…待ちなさい!」

古泉「~~~~~~~!~~~~~~~!!」

森「何か叫んでるけどまったく聞こえないわ…今日の古泉は妙に不安ね…」

新川「わかります、私にはわかりますよ」

古泉「朝比奈さんって…良いケツしてますよねぇ…」みくる「え…?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/20060918132838.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 09:47:19 ID:NEI5gdr50

長門「そう…」


長門「ボンバヘッ!」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09 21:12:01 ID:sPg7HCPS0

みくる(うぅ~寒い、やっぱり部室棟は寒いなぁ・・・)

みくる(今日はこないだ買っておいたお煎餅と熱い緑茶であったまろ)

ガチャッ

みくる「おそくn」

長門「ボンバヘッ!」クイックイッ




みくる「ぁ・・・・・・え・・・・・・?」

長門「ボンバヘッ!(ボンーバーヘッ)ボンバヘッ!(アッオーサァー)!」クイックイッ

みくる「------------」

長門「もっえったつよーな!あっついたまっしぃ!オウイェー!」クイックイッ


みくる「------・・・っは!?」バタン!!


みくる「はぁっ・・・はぁっ・・・」

みくる(えっ・・・?なに、なんですか・・・?)

みくる(ここは部室・・・間違いない・・・居たのは長門さん・・・?)




キョン「あー、マユ毛がそろそろゴルゴってきたなー……」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:18:55 ID:7AMEz3c70

キョン「えーと剃刀、剃刀は、っと……」

キョン「お、あったあった。」

キョン「さてと……………」

キョン「…………………。」

キョン「………………どこから手をつけようか………。」




まどか「SOS団?」 ハルヒ「魔法少女?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04 17:28:37 ID:ejg1FIN50

ハルヒ「何よその魔法少女っていうのは」

小泉「巷の噂ですよ ・・・何でもある生き物と契約した人間が魔女と呼ばれるものを退治しているそうです」

キョン「おい待て、まさかにそれについて調べようとかいうんじゃないだろうな?」

ハルヒ「当然よ! じゃぁ、明日の朝10時にいつもの駅前で集合! 解散」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まどか「SOS団?」

QB「そうだね 彼らが僕たちのことを探っているらしいんだ」

マミ「あまり一般人には知られちゃいけないわね ・・・何か対策は打つのかしら?」


ハルヒ「みくるちゃーん」みくる「はい?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08 18:35:16 ID:ISzhQsQI0

ハルヒ「何で誰も来ないの?」

みくる「さあ……私は何も聞いてないです」

ハルヒ「バカキョンの補習は私が知ってるとして、有希と古泉君は何をしてるのかしら」

みくる「私が来た時、誰もいませんでした。いつも長門さんが一番乗りなのに」

ハルヒ「珍しい事もあるものね」

みくる「そうですね」


みくる「ひぇえ!キョン君っ!?」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06 03:09:50 ID:bbkA7Qum0

キョン「………zZZ」

みくる「ね、寝てる…じゃなくて!!」

みくる「ど、ど、どうして私の部屋で寝てるんですかっ!?」

みくる「と、とりあえず起こさなきゃ…」

みくる「キョン君…起きて…起きて下さい」

キョン「……うるさいぞ…もう少し寝かせろ……zZZ」

みくる「起きてよキョン君…お願いします…キョン君っ!!!」




佐々木「キョン、ここにサインを頼む」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05 08:29:28 ID:Pwgb73/I0

つ婚姻届


1日目 キョン「朝比奈さん、おっぱい見せて」 みくる「ふへっ?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16 01:39:54 ID:EJ14uKTF0

1日目

キョン「朝比奈さん、おっぱい見せて」

みくる「ふへっ?」


ハルヒ「このままじゃみくるちゃんが崖から落ちちゃう!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/haruhi-360-.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25 04:59:55 ID:iKEyFO/l0
みくる「ふええ~~!」

キョン「………」ナデナデみくる「!!?」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04 02:50:39 ID:MKRERN/W0

キョン「………」ナデナデ

みくる「あ、あの…///」オロオロ

キョン「………」ナデナデ

みくる「キ、キョン…君?///」オロオロ

キョン「みくる…」ナデナデ

みくる「ふぁ~…///」トローン

キョン「………」ナデナデ

みくる「や、やめてぇ…///」トローン

キョン「………」ナデナデ

みくる「ふぇ~…///」トローン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。