ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

デスノート

夜神月「夜天の書…」  八神はやて「デスノート…」


スポンサーサイト

夜神月「囲碁界の神に僕はなる!」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13 21:53:19 ID:MUh2aUQg0

月「まったく……つまらない……」

月「毎日が同じ事の繰り返し……この世は腐ってる」


ゴトン!

月「ん、なんだ今の音?」

月「あれは……碁盤?」

月「なぜ校庭に……」




灰原哀「このロリコン」夜神月「……!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/haibara2.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11 21:38:56 ID:95o4ZXd40
某日、朝。気晴らしの散歩中。
視界は登校中の小学生達を捉える。

変わらない光景。つまらない日常。
でも、彼女の存在だけは違って見えた。

僕は確信する。彼女のことが好きだと。
彼女こそが――新世界の『女神』だと。

リュ「何ボソボソ言ってんだ、ライト?」

月「ああ……あれを見てくれ、リューク」

リュ「ん? あのガキ達がどうかしたか?」

月「中に、茶髪の女の子がいるだろう?」

リュ「茶髪……? ああ、確かにいるが」

月「早い話、僕はあの子に恋をした」

リュ「……!」

リュ「……おいおい。らしくねぇじゃねーか」

リュ「新世界の神が……恋に落ちるなんてよ」

月「だから言ったろ――『女神』を見つけたって」

夜神月「レイ=ペンバーの婚約者…こいつ…!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/28 14:15:56 ID:ahDOcNyr0
月「こいつを警視庁に連れて行ったら、僕の命が危ない…」

月「…運が良かった」

月「こいつは今ここで始末する…」

月「…」

月「よく見るとかわいいな」

夜神月「かりあげ…クン…?」


1: ◆rNRVu5n5J5mA 2011/10/20 22:20:40 ID:XrRYyaiU0
社長「ゴホン、えー、本日はこのほんにゃら産業に新入社員を迎え入れることになった。」

(ざわざわ)

課長「さ、夜神くん、挨拶したまえ。」

ジャイアン「てめえっのび太!」 夜神月「いじめっ子か・・・」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05 01:28:15 ID:5RiBu4iz0
のび太「あー、また0点取っちゃったよ」

のび太「ママに叱られるなぁ・・・、いいや捨てちゃえ」(クシャッ、ポイ

ポコッ

のび太「ん?」

ジャイアン「いい度胸してんじゃねーか・・・のび太・・・俺に喧嘩を売るとはなぁ」

のび太「じゃ、ジャイアン!?」

元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359995295/

夜神月「待てよ…?魅上が本物のノートで高田を殺した可能性があるな」

      
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28 21:02:39 ID:gB3Og6ma0

月「魅上は僕がノートを隠し持っていることはしらない・・・もちろん高田も・・・」

月「となると、僕には何も出来ないと思い、本物のノートで高田を殺してしまった可能性があるな・・・」

月「一応、28日までは絶対に出すなと言っているが・・・こういう予想外の事態のことまでは伝えていない・・・」

月「もし魅上がノートを出してしまったのなら、SPK側が付けているであろう尾行に確実に気づかれた可能性が高いな・・・」

月「しかし、もう僕には魅上と連絡をとることはできなくなった・・・メロは始末できたが・・・」

月「クソ・・・もっと早く気づいていれば・・・しかし、策を立てなおさなければ・・・。」

月「とにかく、ニアがどう動いてくるかが問題だ・・・ここは策を立てつつしばらく様子見か・・・」


夜神月「聖杯…必ず手に入れて見せる」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01 21:20:00 ID:21/p7MEjP

僕が意識が出来上がると、目の前に一人の少女の姿があった。

凛「はじめまして」

この少女が僕のマスターのようだ。
どう見ても10代の小娘だ。
まぁ少々頼りなくても問題ない。
なぜなら僕が一人で勝利する自身があるからだ。
マスターが誰であろうと、僕は勝つ。
一応しばらく僕のパートナーとなる少女に挨拶をしておく。

月「はじめまして。君がマスターだね」

愛想よく喋る。
仲良くする必要も無いが、
パートナー同士が険悪なムードになるのも困る。
社交辞令くらいの挨拶はしておく必要がある。

凛「ふぅん」

僕の姿を見回すが、身なりをみて少しがっかりそうにする。

凛「その格好…どうみてもセイバーじゃないわね…はぁ…」

まぁ聖杯戦争での勝率はセイバーが最も高いのは事実である。
だが、露骨に溜息をつかれるとこちらもいい気がしない。




夜神月「僕は下痢だ...」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13 23:12:22 ID:OniNUCf+i

夜神月「ふぅ...」ギュルルルピ

夜神月(クソ....よりによって電車に乗ってる時に....)

L「ライト君、どうしました?」

夜神月「!!....いや、長い時間電車に乗るのは久しぶりでね。毎日こうして通学や出勤している人がいると思うと尊敬するよ」

L「そうですね、私もそう思います」

L(なんだ...?明らかに何かを隠そうとしている....夜神月....もしかして.....)



夜神月「両津勘吉…交通事故で死亡…っと」両津「むぅ?」

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/21(水) 21:53:13.06 ID:24yKF+c10

両津「なんだ?ワシになにか用か?」

月「いえ、名前をメモっておいただけですよ」

両津「そうか…最近はキラ事件で世間がバカみてぇに騒いでるからな」

両津「お前も気をつけろよ」

月「はい、おまわりさんもね…」ニヤッ

ぶおおおおおおん

トラック運転手「あああああ!!あぶねぇ!!ぶつかる!!!」

両津「なに?」

ドガッシャーーーーーーンッ!!!!

月(さようなら…おまわりさん…)


L「私はゲイです」夜神月(何言ってんだコイツ………?)


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 17:13:52.51 ID:5oGd0Dle0

ライト(いや、待て……僕の心を揺さぶっているだけだ)

ライト(落ち着いて対処すれば問題は無い)

L「どうされました?」

ライト「ああ、僕もゲイなんだ」

L「なんと」


夜神月「大事な話って?」総一郎「ああ……父さんな……」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 21:34:54.72 ID:NmMZojmR0

総一郎「警察……辞めたんだ」

月・粧裕・幸子『……え?』

総一郎「……すまん……」

月・粧裕・幸子『……』

ある晩の家族会議、
父さんから驚きの告白。

何故かそこには、ギターがあった。


夜神月「新世界の神が、童貞でいいのか?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 17:17:05.03 ID:QgFus0fm0

月「たまには国語辞典でも読むか」

パラッ。

【童貞(どう-てい)】
まだ異性と肉体関係をもったことがないこと。
また、その人。ふつう蔑称に用いられる。

月「!!!」

これはまさしく僕のことではないか……!
完璧人間の僕が、まさか童貞だったなんて……。

くそっ……一刻でも早く卒業しないと……!

月「とりあえず彼女を作ろう」


夜神月「デスノート…直訳で死のノートか」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/27(木) 09:30:21.41 ID:b3f8/38m0

夜神月「くだらない…不幸の手紙から何の進歩もしてない」

~帰宅~

夜神月「なるほど、殺し方も自由に決めれるのか」

夜神月「殺し方も自由に決めれる…?」

夜神月「ということは…」

夜神月「童貞を卒業できるかも…!?」


夜神月「何で俺にこんな名前つけたの…?」総一郎「すまんな…」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:nMnT89fZO [1/9回(携帯)] 夜神月「いや、すまんなじゃなくて…」

夜神月「何でこんな名前つけたのかって聞いてるんだけど?」

総一郎「…」

夜神月「何とか言ってよ父さん…」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。