ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

狼と香辛料

ホロ「たまにはこんな風に苦いのも」


スポンサーサイト

ホロ「りんご…買ってくりゃれ?」 ロレンス「ダメだ」

    
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/10(月) 23:34:05.46 ID:EzluRyG1O

ホロ「え?」

ロレンス「ん?」

ホロ「ぬしは耳が悪かったかや?わっちゃあ…林檎が食べたいと言っておる」

ロレンス「そうか」

ホロ「……」

ロレンス「食べたいなら食べればいい。金は渡してるだろう」

ホロ「雌がねだるのを無下にするのかや?」

ロレンス「何がだ。食いたいなら食え。好きにすりゃ良いさ」

ホロ「ぐ…」

ロレンス「なんだ、食わないのか」

ホロ「……ふん。もういりんせん……」


ロレンス「ホロを無視し続けたらどうなるか」

  
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 00:48:11.29 ID:BULyEV4QO

ホロ「のう、ぬしよ。夕飯の事なんじゃが…」

ロレンス「…」

ホロ「シチューが良いの。最近は旅でまともな食事を取れていないんじゃし、どうじゃ?」

ロレンス「…」

ホロ「この前の町ではそれなりに儲けたんじゃろ?」

ロレンス「…」

ホロ「たまには贅沢も良いかと思うんじゃが…」

ロレンス「…」

ホロ「……ぬしよ、聞いておるかや」

ロレンス「……」

ホロ「……?」


ホロ「記憶喪失?」

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 16:30:51.93 ID:xhGOqOoN0

商会の男「はい、崩れた荷に巻き込まれて、医者に診断させた所、この数年の記憶だけ覚えて無いようで」

ホロ「……それは治るのかや?」

商会の男「医者が言うには数日で治る事もあれば数年。最悪一生」

ホロ「つまり、分からぬと」

商会の男「はい、先ずは数日様子見と言うことで……とりあえず、こちらにお連れしました」

ホロ「……」

商会の男「あっ日常生活には支障無いのでご安心を。この街にいる間の滞在費や生活費は当商会が持ちますので……この度は誠に申し訳ございませんでした」

ホロ「……わかりんす」

商会の男「それでは失礼します」

バタン


ホロ「のう、ぬしよ…」

   
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 09:54:31.64 ID:BJc2OHCT0

ホロ「のう、ぬしよ…」



「どうして……      どうしてこうなってしまったのかや…」





 ~約一年前~



ホロ「ふふっ、見よ、かわいい寝顔じゃ」

赤ん坊「すーすー」

ロレンス「ああ、そうだな、お前に似てかわいい寝顔だ」

ホロ「くふっ、わっちに似てかわいいなんて…照れてしまいんす」パタパタ

ロレンス「///」


ホロ「こうして、ぬしと子と三人で暮らせるように成るとは、わっちは思わんかった…」


ホロ「ワンナウツじゃと?」

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/16(木) 22:15:31.75 ID:j4eDbj7L0

ロレンス「そうだな、なんでも最近東の方で流行しているらしいんだが」

ホロ「そのワンナウツとやらは何じゃ?」

ロレンス「なんでもリンゴほどの大きさの球を木の棒で打つものらしいが」

ホロ「リンゴを叩き割るとは不届き者のする事じゃの」

ロレンス「実際にリンゴを叩き割ると思うか?」

ホロ「んふ、主ならそんなもったいない事はやりんせん、なぜなら」

ロレンス「なぜなら?」

ホロ「リンゴは大事な商品じゃからな」

ロレンス「そうだな、お前のご機嫌をとるために必要だ」

ホロ「んむ」


ホロ「ぬしよ…」

  
1: ◆F9Ng3BhVDI 2009/06/01(月) 10:24:52.73 ID:VHL9tOM8O

ホロ「わっちは…どうすればいいんじゃ…」

ロリンス (チラッ)

ホ「ヨイツが滅びたじゃと?わっちには信じられん…」

ロ「…」

ホ「ってぬし、聞いとるのか?」

ロ「あっ、あぁ聞いてるとも。野宿はいやなんだろ?」


ロレンス「違う!」ホロ「!」

  
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 00:20:09.47 ID:e5CLnogZ0

机の上に、ロレンスの雑記帳が無造作に放り出されている。

ロレンスが絶えなく持ち歩いて放さないこの雑記帳は、以前よりホロの気になるところの一つであった。

(あのタワケェが、どんな展望を広げているかを知る、良い機会じゃ)

最初は、パラパラと流し読みをしていたホロだったが、次第に手の速度は消え、紙の一枚一枚を慈しむように、優しくめくっていく。

(くふふ…)

思わずほくそ笑む。

あのロレンスのことだ。どうせ、商売上の幼稚な算段でも綴られているのだろう。


ロレンス「ホロが教会に連れ去られてダルマにされた」

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 17:36:06.34 ID:udYCvTOU0

ロレンス(俺が駆けつけたときにはホロの手脚は無くなっていた)

ロレンス(どうやら昏倒させられているうちに全てが終わっていたらしい)

ロレンス(最初はえらくふさぎこんでいたホロも、俺の献身の看護もあり
最近は少しずつ明るさを取り戻してきた)

ロレンス(俺は現在は運良く店を持ち、運良く経営が軌道に乗り、運良く複数の店舗を持つ社長だ)

ロレンス(どうにか利権だけで食っていけるまでになった)

ロレンス「最近はもっぱらホロの世話に1日を費やす生活だ・・・」


ホロ「わっちに飯を作れじゃと?」

  
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/02(月) 00:25:55.35 ID:/Cy49WCQ0

ロレンス「えっ、いや嫌ならいいんだ」

ホロ「嫌じゃ、そもそも飯は雄が調達するものではないかや?」

ロレンス「狼だとな」

ホロ「わっちは狼でありんす」

ロレンス「わかったわかった。俺が悪かった」

ホロ「フン。して、何故急にそんなたわけた事を言い出したのかや?」


ロレンス「ホロ・・・ホロ・・・」シコシコ ホロ「・・・・」

  
1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 21:16:38.86 ID:cuGFuVWM0

パッカパッカ
ホロ「ときに主さまよ」

ロレンス「どうした?昼食にはまだ早いぞ」

ホロ「たわけ!わっちが常に食い物の事ばかり考えておるとでも言うのかや!?」

ロレンス「なんだ違うのか?」

ホロ「・・・昨日はひとりでお楽しみだったようじゃの?」

ロレンス「な!お、おまえ、起きて・・・」

ホロ「妄想の中のわっちは可愛いかったかや?」

ロレンス「う・・・それは、その」

ホロ「恋人を呼ぶように切ない声をあげて」

ロレンス「・・・な、なにがお望みかな?」

ホロ「くふ、主は物わかりがよいの。そうさな、晩の食事は豪勢にいきたいの」

ロレンス「ハァ・・・、牛でも豚でも好きなだけ食え」

ホロ「ついでにIDの数だけ腹筋してくりゃれ?」

ロレンス「わかったよ。クソ、なんて今日は日だ・・・」


賢狼ホロとロレンスが雛見沢に迷い込んだようです

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/19(金) 21:17:25.53 ID:NnJX6zpg0

昭和58年6月 雛見沢村
その村の田んぼのあぜ道に
行商人クラフト・ロレンスと賢狼ホロは立っていた
「おい、ホロ……」
「訳が分からぬのはわっちも同じじゃ。」
「賢狼のお前にも分からないとなると……お手上げだな。」
「数百年と生きてきたが……こんな経験わっちにもありんせん。」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。