ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

みなみけ

藤岡「南カナが好きすぎて、惡の華は満開だ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18 22:32:10 ID:bri4+HBh0
中学校 グラウンド

藤岡「よしっ。決まった」

「体育がサッカーになると、藤岡の独壇場になるよなー」

「藤岡、手加減してくれよ」

藤岡「そんなことないって。オレなんてまだまだだから」

夏奈「ケイコぉー、ヘイ、パース!」

ケイコ「え、えーい」

夏奈「なんだ、そのパスは!! 腰が入ってないぞ!! 100点のパスを見せてみろ!!! そしてパスマシーンにでもなればいい!!」

ケイコ「えぇ……。別になりたくないけど」

藤岡(南……。今日も元気だな……)

リコ(藤岡くんがレア顔でこっちをみてる!!)

夏奈「よーし! ケイコぉー!! 次は私が必殺パスするぞ!!! くらえぇー!! ケイコぉー!!!」

ケイコ「いやぁー!! 至近距離でパスしないでぇー!!」

スポンサーサイト

冬馬「アツコー、抱っこー」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/20130107220936.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/28 21:34:46 ID:GfgBQlrG0
アツコ「え、あ、ちょっと近いよ冬馬くん…」ドキドキ

冬馬「なんだよー、ん?アツコ顔赤いぞ?熱か?」おでこピタッ

アツコ「だ、だだだ大丈夫だから何でもないから」

冬馬「そうみたいだな、熱も無いし」

冬馬「なぁ、アツコー?膝枕してくれよー」

アツコ「あ、ちょっと…んもう…」

冬馬「カナ、女子力って結局なんだ?」夏奈「女子力っていうのは…」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27 19:15:09 ID:b9Z8zWb90
夏奈「なんですかね、マキ先生」

マキ「女子力っていうのはね、女子のレベルのことを言うんだよ」

冬馬「そのレベルが高いとどうなるんだ?」

マキ「男にモテる。これに尽きるね」

冬馬「なーんだ。なら、オレには必要ないな」

千秋「そーだな。私も特に必要だとは思わない」

夏奈「まぁ、お前たちは女子力よりも男子力のほうが勝ってるからね」

冬馬「オレは女だ、この野郎!!」ゴンッ

千秋「とにかく、バカ野郎!!」ゴンッ

夏奈「そーいうところが男子力なんだよぉ!!」

春香「アツコ、お茶のおかわりは?」

アツコ「うん。貰おうかな」

千秋「最近、マコトが妙に馴れ馴れしくて癪に障る」吉野「それはね」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24 12:39:59 ID:z5vZUH9d0

小学校



千秋「内田が言っていたドラマを見たけど、内田が絶賛するだけあって面白くなかったな」



吉野「そうなんだ」



内田「勧めた本人がいる前でいわないでよぉ!!」



千秋「あの男、優柔不断すぎる。まるで男らしくない。マコトぐらいダメな奴だ」



マコト「呼んだか、チアキ!! 呼ばれた気がしたんだけど!!」



千秋「呼んでないよ。男らしくないお前を誰も呼んでないよ」



マコト「どうしてそんなこというんだ、チアキ!! オレだって色々と頑張ってるんだぞ!! オレには母親譲りの努力家気質なところがあるからな!!」



千秋「しらん。……それはそうと、お前」



マコト「え? なに?」



千秋「最近、私のことを名前で呼ぶが、いつから私とお前はそんな気安い間柄になったんだ? すまないがお前に心を許した覚えはないぞ」



マコト「え……。えっと、それは……。べ、別にいいじゃないか。チアキのことをチアキって呼んでなにがいけないんだ? 友達だろ?」



千秋「ただのクラスメイトだよ。勝手にワンランク上にするな、バカ野郎」



夏奈「なんだ、またタケルが来てるのか」春香「カ、カナ!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21 14:33:08 ID:/MPN7li+0
夏奈「ただいまー。ん?」

夏奈(この革靴は……)

タケル「聞いてくれるかい? 実はね、仕事でね……でもね……レイコさんがね……もうね……」

千秋「……」

夏奈「なんだ、またタケルが来てるのか。最近、来すぎだろ。いい加減出入り禁止にすればいいのに」

春香「カ、カナ!! あれを見たらわかるでしょ!!」

夏奈「いや、分かってるけどさ。チアキだってそろそろ爆発するんじゃないか?」

春香「いいじゃない。おじさんにはお世話になってるんだし」

タケル「それでね……ダメだって……レイコさんがね……だからね……オレね……」

千秋(お腹、すいたなぁ)

藤岡「内田でも犯すか」



千秋「ハルカ姉さま。あいつです。あの大男こそ、カレーの妖精です」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/22 16:56:44 ID:Ue4fJyAy0
スーパー

千秋(今日は好きなものを買ってきてもいいと言われたが……。何にしようか……。やっぱり、肉かな)

保坂「ふむ。時期は違うが、トマトも悪くない」

千秋「おぉ。カレーの妖精」

保坂「そうだ。今日は鶏肉が買得だった。よし。ならば、導き出せる解答は一つしかあるまい」

千秋「なんだ?」

保坂「トマトと鶏肉の煮込み。煮込むだけの料理故に単純であり、奥深いわけだ」

千秋「……」

保坂「じっくり煮込むことで、肉もトマトもとろけるほどに柔らかくなり、味も染みこんでいく。出来上がったそれを口に入れると、噛む作業は必要とせず、味覚に幸福を残し体を温める」

千秋「うむ」

保坂「そう。トマトには人の心を蕩けさせ、温める作用もあるわけだ。それは優しさといえよう。……トマト、頂こう」

千秋「優しさか……。トマト、頂こう。鶏肉はどこだろう?」

千秋「どけよ、カス」夏奈「・・・」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:25:31 ID:9Al3ESvr0
千秋「お前は馬鹿野郎ではすまない。もうクズだ」

夏奈「・・・すいません」

千秋「ほらっどけっていってるのに道を譲ることもできない。」
  「お前は何なんだ」

夏奈「え、えーと・・・ごめん」スッ

千秋「は?すいませんだろ」ドカッ

夏奈「痛っ!・・・すいません」

春香「夏奈!邪魔!」

夏奈「・・・・・・」グスッ


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362932731/

千秋「藤岡は私のだ」夏奈「いいや!私のだ!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 11:18:25 ID:3uEoZTxH0
千秋「お前大して藤岡好きじゃないだろう」

夏奈「じゃあ千秋は好きなのかよ」

千秋「当然だバカ野郎」

夏奈「…なら仕方ない千秋に譲るよ」

千秋(あれ?藤岡の為に夏奈を焚きつけてやろうとしたんだか…)

千秋「いや、夏奈がどうしてもというなら私は諦めても」

夏奈「いや、確かに私も藤岡は好きだ、だがわざわざ奪いあう程でもないからな」

夏奈「それならより必要としている方が手に入れた方が藤岡も幸せだろう」

元スレ:

藤岡「オレは南カナが好きだ!」保坂「それでは想いは届かない!」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04 18:45:09 ID:uhDg91Lz0
夏奈「それじゃあな、藤岡ー」

藤岡「う、うん」

千秋「またなー」

内田「バイバーイ!」

藤岡「うん。またね!」

夏奈「おー」

藤岡「……はぁ」

藤岡(今日もダメだった……。何もできなかったなぁ。いや、チアキちゃんたちもいたんだし、当然じゃないか。そういうことは二人きりのときにするべきなんだし)

藤岡(また次の機会に頑張ればいいじゃないか)

保坂「ダメだ。全く、ダメだ。それでは何も伝わらない。自分に対する甘えで力量の無さを正当化しているに過ぎないわけだ」

藤岡「え……?」



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362390309/

保坂「今の声は……」 美琴「なによあんた?」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09 23:45:17 ID:WCjpZFjR0
保坂「南春香か?」

美琴「は?」

元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1289313917/

春香・夏奈「こ、恋の病?」千秋「…はい」

         
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 13:40:54 ID:Rta4/ZdU0
前 前作:千秋(風邪引いたかも…)フラフラマコト「?」

千秋「…」ゴロゴロ

千秋(風邪を引いて一日…)

千秋(体調は戻ってきたが…)

千秋「…」ドキドキ

千秋「駄目だ…」カァァ

千秋(マコトのことが頭から離れない…)

マコちゃん「このままじゃマズイって!!」夏奈「急にどうした?」

    
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22 11:16:35 ID:MMmLzCV70

マコ「きたよー!!」

千秋「マコちゃん、いらっしゃい」

マコ「あれ、ハルカさんは?」

夏奈「ハルカは買い物だ」

マコ「そっかぁ……」

千秋「マコちゃん、遊ぼう」

マコ「そうだね! 遊ぼうかチアキ!!」

千秋「うむ。実はマコちゃんに見せたいものがあったんだ」

マコ「なになに?」

千秋「マコちゃんって服のセンスがいいから、このファッション誌から私に似合いそうな奴を選んで欲しいんだ」

マコ「オレに任せろ、チアキ!! 姉譲りの選美眼でチアキにぴったりの服を選ぶから!!」

千秋「心強いな。流石はマコちゃんだ」

夏奈「……」




内田「ねー、夏奈ちゃん」夏奈「んー?」

     
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26 09:20:09 ID:V7zKcx140

内田「夏奈ちゃんて、誰か好きな人いないの?」

夏奈「なんだー?急に。うーん、別にいないかなあ」

内田「あそ、そ、そうなんだ?」

内田「あ、あのさ、藤岡くんて、好きな人いたり、するのかな?」

夏奈「藤岡!??あいつはどうなんだろー?そういえばそんな話聞いたことないな」

夏奈「どうしたー?アイツのこと気になるの?」

内田「…ぅ……」

内田「…う……ん、ちょっとだけ」

夏奈「えっ?」ドキッ


夏奈「そろそろチアキに『おかしなこと』について教えないとダメだ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20 10:50:07 ID:jq4PvLob0

夏奈「ハルカ、おかわり」

春香「はいはい。チアキは?」

千秋「いえ、大丈夫です」

夏奈「チアキ、いっぱい食べないと大きくなれないぞ?」

千秋「……」

夏奈(あ、あれ? てっきり大きくなっても頭の中が空っぽなら意味がないとか言われると思っていったのに)

夏奈(なんか言ってくれないと、ケンカができないじゃないか。もう)

春香「はい、カナ。おまたせ」

夏奈「ありがとー」

千秋「カナ。大きくなれば『おかしなこと』ができるのか?」

夏奈「え?」

春香「チ、チアキ!!」ガタッ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。