ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

アカギ

アカギ「いいだろう…渡ってみせよう、その鉄骨」

      
前作:アカギ「『希望』の船、か。ククク、悪い冗談だ」
1: 1 ◆QKyDtVSKJoDf 2009/11/07(土) 00:21:24.37 ID:deIC5HLV0

カイジ「馬鹿な…!」ざわ…

アカギ「ククク……」

カイジ「死ぬのが怖くないのか…アイツは…!」



スポンサーサイト

アカギ「『希望』の船、か。ククク、悪い冗談だ」

      
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日: ID:dZ3yxEfy0 [1/61回(PC)] アカギ「さて…どうなることやら」



カイジ「……何だアイツ?」

アカギ「ククク・・・はじめてのおつかいか」

     
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/14(水) 00:28:48.92 ID:MJXHOo0h0

老舗番組はじめてのおつかい・・・そこでテレビ史上に名を残す一つの伝説が始まろうとしていた
後に神域の子供として君臨するその伝説が・・・


アカギ母「そうよ、しげるくんには夕飯のカレーの材料を買ってきてもらうわ。できるしげる君?」

アカギ「人を頼ることばかり考えてきた人間の発想・・・痩せた考え・・・・・・」

アカギ「だが・・・面白い・・・・・・行ってみせよう。そのおつかい」


アカギ「ククク…、ピカリンじゃんけんか…」

        
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 02:24:54.04 ID:RFVprDjN0

アカギ「ククク…明日は日曜日…」

アカギ「一週間この日のために生きてきた…」

アカギ「フフ…おっといけない、寝坊したら元も子もない…」

アカギ「今日は寝るとするか…」

闇に舞い降りた天才、赤木しげるの闘いが始まる


アカギ「死ねば助かるのに…」律「・・・え?」

   
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/21(土) 21:40:11.06 ID:efyLtX7A0

真夏…!地球温暖化により気温は上昇…!

もはやクーラーなしでは人が死ぬ事さえありうる…!

そんな時部長の律がクーラー取り付け申請を出し忘れた時の話

律「このとーり!なんとかお願いします!」

唯「お願い和ちゃん…!」

曽我部「でも…ごめんなさい…もう決まりごとなの…」

唯「そんなぁ~」

和「私からもお願いします!」

唯「和ちゃん・・・」

曽我部「分かったわ…ただし…」


アカギ「ククク・・・オナニーさ・・・!」

     
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/22(火) 19:19:21.05 ID:DEo2Vgjp0

安岡「アカギ、AV借りてきたぞ」

アカギ「ご苦労様、安岡さん・・・」

南郷「お前中学生だろ、こんな物何に使うんだ・・・?」

アカギ「ククク・・・知れたこと、オナニーさっ・・・!」

南郷「オナニーだとっ・・・!?」


ざわ・・・ざわ・・・

アカギ「じゃあデッキを借りるよ南郷さん・・・」


ランサー「誰だい?そこの土蔵のところ」アカギ「・・・」

        
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 22:15:03.30 ID:40vOVq8bO

ランサー「何だ?テメエは?」

アカギ「赤木・・・赤木しげる」

ランサー「ここはガキの来るところじゃねえ!さあ、帰った帰った」

士郎「待て!」

ランサー「・・・・」

士郎「そのガキは俺が呼んだんだ・・・」

士郎「深夜12時を回っても何の連絡もしなかったら」

士郎「サーヴァントをよこすように言っておいた」

士郎(そんな約束は無かった、このガキのことも知りなどしない)

士郎(ただ俺は間が欲しかった、流れを変えるきっかけ・・・)

アカギ「・・・・」


アカギ「ここが面接会場か・・・・」

        
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/04(金) 01:10:51.18 ID:l8NH9O9b0

2010年。日本は不況の真っ只中にある。
第二の氷河期の到来、就活生には暗い時代である。
その3月。東京は春の訪れを予感させる大雨であった。

ギイィイ・・・バタン
面接官A「なんですかあなたは!?ここは子供の来る場所じゃありませんよ」
アカギ「・・・・」
面接官B「まぁ待って、もしかして赤木しげる君かい?受付の時間はすぎてるよ」
アカギ「すみません」
面接官A「グループ面接は今から始まる所です。遅刻はマイナス評価ですが特別に参加を許します」
面接官B「ずぶ濡れじゃないですか。タオルで拭いたらとりあえずその左端の席に座って。」


ひな「おいたんだれ?」アカギ「なんだこの小便くせえガキは・・・」

    

アカギ「ククク……大学入試だ…」

       
1: 立ったら書く 2012/06/02(土) 20:44:31.63 ID:zt3gizXR0

センター試験……

多くの学生の血と涙を吸ってきた…

センター試験……!

高校三年生アカギ……

欲望渦巻くセンター試験会場へ……!




アカギ「うんこがしたいっ……!」

         
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 22:50:35.04 ID:ZbhP2EFK0

それは、アカギの中学生時代…授業中っ…!

アカギ(…クク……)

アカギ(当たったみたいだな…どうやら…今朝の…カキが……!)

アカギ「来たぜグルルと…!」

アカギ、絶体絶命…!



アカギ「ここが雛見沢村か・・・」

    
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/26(金) 00:09:04.44 ID:cdSKwg+p0

「あついな・・・」
バスをおりると一面緑に囲まれた大地だった
そののどかな田舎の一角に男は居た
ひぐらしがなくのどかな田舎には似つかわしくない何か狂気のようなものをはらませていた


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。