ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

2012年08月

綾乃「・・・千歳!千歳!起きなさいよぉ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/22(土) 00:57:40.03 ID:0NFi1Pth0

頭が痛くなるほどの寝苦しさと突然の光で私は目を覚ました。

頭が割れるように痛いのは固く冷たいコンクリートの上に横になっていたからか、

それともここに来る前の思い出せぬ何かが原因か。

ともかく重い頭に突然冴えた蛍光灯の光が突き刺さり、私は見知らぬ密室で目を覚ましたのだった。

コンクリートの打ちっぱなしの壁の見た目があたえる寒い印象のわりに、暖かい部屋・・・

しかし私、杉浦綾乃は窓一つないこの見知らぬ部屋にただただ言い知れぬ恐怖と、息苦しさを覚えていた。


スポンサーサイト

箒「き、今日はマズイ日なんだ!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/23(火) 12:07:38.26 ID:GfNzS5ebO

一夏「なんだよ。このでかい胸は」
箒「はあ…んっ」
一夏「こうすると気持ちいいのか? こうすると」
箒「やぁ…いい、ああっ」
一夏「こんなでかいの、ありなの?」タプタプ
一夏「箒がいやらしいこと考えてるから、こんなに膨らんだんだよ」
箒「そんなこと…考えている…ものか…」
一夏「この乳首がさ、コリコリしてて扱くと気持ちいいわ」
箒「あっ…やあ…」

千歳「いつもありがとな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 12:59:49.69 ID:oNhZp5CG0

千歳「ほな、行って来ます」

千鶴「行ってらっしゃい、姉さん」

千歳「千鶴も一緒にこればええのに」

千鶴「ううん、姉さんは杉浦さんと楽しんできて」

千歳「綾乃ちゃんも千鶴と会いたがってたよ?」

千鶴「いい、ほら、早く行って。杉浦さん待たせるよ」

千歳「あ、うん……」


ハルヒ「私達のSS減ったわねぇ……」真紅「ええ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/24(木) 22:46:22.07 ID:hKtKhPSh0

ハルヒ「2、3年前はたくさんあったのに……」

真紅「これも時代の流れよ。受け入れるしかないわ……と言いたいところだけどやっぱり寂しいわね」

ハルヒ「また増えないかしら……」

禁書「それは難しいかも」

真紅「あらインデックス」

禁書「男女、勇者系SSを除けば最近はまどか、シュタゲのSSを書く人が大半を占めてるし、今さら感が強いんだよ」

ハルヒ「そんな事言わないでよ! ますます私達のSSが減るじゃない!」

真紅「ハルヒ、落ち着きなさい」

ハルヒ「だって……」

禁書「でも本当に減ったね」

真紅「そうね」

ハルヒ・真紅・禁書「ハァ……」


唯「ムギちゃんが可愛すぎる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/16(金) 23:00:14.01 ID:PUMPeFpe0

唯「あんなに可愛いのに金持ちってなんなの?」

唯「しかもあのグラマラスなボディ」

唯「反則だよ」

唯「なんかムカついてきた」

唯「ムギちゃんに>>5をしてやる」


唯「ムギちゃん、抱っこー」紬「あらあら♪」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/18(金) 23:14:44.93 ID:2TBFktntO

紬「もう、唯ちゃんたら甘えん坊さんねぇ」

唯「だってムギちゃん優しいんだもん!」ギュッ

紬「そうかしらぁ~?」

唯「そうだよー!それにとっても良い匂いがするよ」モフモフ

紬「ちょっと、くすぐったいわよ唯ちゃん」

箒「・・・花火」     一夏「ふぇ?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/18(木) 22:41:06.63 ID:l+9fsPQ/0

~ある日の放課後~

箒「おい一夏、掃除が終わったら次は特訓だぞ!」

一夏「え?あぁ、おう、じゃあ先いっててくれ」

箒「おくれたらグラウンド5週だぞ!」

一夏「はいはい」

綾乃「ゆるゆりランド?」千歳「チケットもろてなー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14(火) 00:32:30.30 ID:XbuWAH+O0

綾乃「ああ、この前オープンした遊園地?私行ってみたかったのよねー」

千歳「何でも大室さんと古谷さんが365枚チケットをもろうたらしいでー」

綾乃「365枚!?・・・す、すごいわね・・・」


あかり「うわーん!構って構ってー!」ジタバタ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 18:30:12.56 ID:9AMBH3Ak0

結衣「どうしたの?あかり」

京子「・・・あかりちゃん、赤ちゃんみたいだよ」クス

あかり「あ、二人とも・・・いらっしゃい」

結衣「どーしたのさ、それで」

あかり「あのね、今はお盆でしょ?大人たちは皆遊んでくれなくて」

京子「あはは、私たちと一緒」

千歳「最近千鶴の様子がおかしい」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 11:58:23.87 ID:+UWNn8n30

綾乃「おかしいってどんな風によ」

千歳「そうやなー、例えば珍しく恋愛の話振ってきたりな」

綾乃「れ、恋愛・・・」


―――
―――――

TV「私は・・・○○さんが好きなの!」

TV「△△・・・」

千鶴「・・・姉さんは好きな人とかいるの?」

千歳「どないしたん突然」

千鶴「いや、なんとなく」

京子「千鶴ちゅっちゅー!」千歳「あらあら」


星奈「ポッキーゲームをするわよ!」夜空「ハァ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:21:07.90 ID:x/DaYGON0

マリア「ポッキーくれるのか!」

小鷹「それってポッキーを端と端で加えてキスしちゃったらダメってやつか?」

夜空「くだらん」

理科「へえーでもそれって色々とまずく・・やりましょう!(小鷹先輩とチュー//」

小鷹「?」

幸村「ぽっきーとはなんでしょう?」

小鷹「そこからか・・」

星奈「(ゲームなんてのは建前で小鳩ちゃんとペア組んでそのまま勢いあまりペロペロチューうへへへへへ・・)」ジュルリ

小鳩「あんちゃんこいつきもいよぉ・・」


箒「メインヒロインになりたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:52:31.32 ID:/JOV2Hev0

箒「私はどうすればモッピーより上の存在になれるんだ……?」

箒「教えてくれ!>>5よ!」


星奈「あれ、今日は夜空だけ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/13(火) 16:53:32.31 ID:n/PhLijW0

夜空「……」

星奈「ちょっと!何とか言いなさいよ」

夜空「今日は誰も来ないか…仕方ないな、帰ろう」バタン

星奈「え…」

星奈「…」グスン


千歳「綾乃ちゃん! うちにまかせとき!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:07:39.15 ID:kIej0Ojp0

生徒会室



綾乃「はぁ…」

千歳「綾乃ちゃん最近溜息多ない?」

綾乃「えっ? そ、そうかしら?」

千歳「気付いてないかもしれんけど多いで? まあ恋煩いは辛いからなぁ」

綾乃「誰が恋煩いよっ!? べ、別に歳納京子のことなんかなんとも思ってないないナイアガラよ!」

千歳「誰も歳納さんのことなんて言うてへんよ?」ニコニコ

綾乃「~っ!!」

綾乃「ち、違うわよ! 私の溜息が多いのは… そう! 最近テスト勉強で寝不足なの! それで疲れてるのよ!」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。