ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

2012年12月

ミサト「アスカとシンちゃんを全力でくっつけてみた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 10:53:49.86 ID:Dbon30EU0

ゲンドウ「入れ」

ミサト「お呼びでしょうか碇司令」カツカツ

ゲンドウ「…」

冬月「葛城三佐」

ミサト「はっ」

冬月「…君にはチルドレンの監督保護を任せているが、様子はどうだね?」

ミサト「はい、現在のところ目立った問題は見られません。日常生活は順調。定期的なシンクロテスト、メディカルチェックにも異常は無く…」


ゲンドウ「くっつけろ」


ミサト「……………………は?」


冬月「あの二人を、恋仲にしたまえ」


スポンサーサイト

シンジ「ミサトさんの頭がおかしくなっちゃった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:13:18.41 ID:AMS5hdsu0

ミサト「おぎゃwwwwwwぱしへろんだすwwwwwっw」

リツコ「松代での爆発の時にね頭を強く打っちゃったみたい」

リツコ「幸い命は助かったけれど……」

シンジ「回復の見込みは?」

リツコ「奇跡でも起きない限り無いわね」

シンジ「そんな………」


ラウラ「この山の上には何があるんだ?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:08:04.45 ID:bcXDX/F20

『この山、立ち入り禁止』

ラウラ「ほう、立ち入り禁止と言われると登りたくなるのがこの私」

箒「やめなされお嬢さん」

ラウラ「む?この山の管理人か?」

箒「私は通りすがりの村民です。ほらあそこに村があるでしょう」

ラウラ「ほう、確かに」

箒「この山に入ったが最後、出てこれませぬ。そう言った言い伝えなのです」

ラウラ「なるほど、じゃあ私が最初に出てくる人間となればいい」

箒「やめなされ!やめなされ!」

ラウラ「邪魔をするなぁ!」バキ

箒「ぶべっ」


一夏「ワロタ…」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 20:49:19.79 ID:Yln94kIz0

セシリア「一夏さん!開けて下さい」ドンドン
 
鈴「早くここ開けなさいよー」ドンドン
 
箒「一夏!一夏ああぁぁーー!!」ドンドン
 
シャル「一夏あけてよー」
 
ラウラ「開けないなら扉を爆破するぞ!」
 
一夏「…」
 
一夏「どーしてこうなった…」


アッコ「プレデター飼うで」勝俣「無理っすよwwwww」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:10:03.04 ID:ilHNTmX30

勝俣「すっげえええっっ!!やっぱプレデターつええなぁ!!」

勝俣「仮面取ったらアッコさんよりひでぇツラしてんなぁwwww!!!」

ドンドンッ

アッコ「勝俣ァ~おるか~?」

勝俣「ちょ、今プレデターがエイリアンと戦ってる良いシーン・・・」

アッコ「勝俣ァ!ドア蹴り壊すぞ!」

勝俣「はいはいwwwwwwドアは止めてくださいよおおおwww!!!」

ガチャッ

勝俣「チャァァァァッッスァアア!!!!」

アッコ「真夜中にやかましいねん」

勝俣「すんませんっす!!どうしたんですか??」

アッコ「ちょっと、お前に聞きたいことがあってな」


ミュウツー「…最後まで見届けてやろうと思っただけだ」

 
1: 灰色 ◆HAIIRO/RcQ 2010/08/10(火) 13:37:00.34 ID:zo2cG8sS0

レッド「あぁ…明日から……」

コンコン

レッド「入っていいよ…鍵あいてるから」

「……」

レッド「なんの用?」

「……レッド…なにも無理に旅に出る必要はないのよ…?」

レッド「わかってるよ…でもこのままでいたってどうせ…」

「…そうよね、サトシが自分で決めたことだもんね…」

レッド「わかったら早く出てってよ」

「ごめんなさい、いま出て行くわ」



母さん、ごめん


一夏「鈴のことが好きすぎてやばい」 鈴「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 19:06:16.09 ID:2dJbz6c10

一夏「見た目は小さくて可愛らしいのに案外しっかりしてそうで実はやっぱり女の子なところがたまんねぇぜ!」

鈴「な…!///」ガタッ

一夏「…ん?誰か居るのかー?」

鈴「(や、やば、盗み聞きしてるのがバレちゃう…!)」

一夏「…!り、鈴!」

鈴「あ…」


モバP「凛が俺の私物に身体を擦りつけてる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 00:16:52.95 ID:vuxS35CJ0

凛「プロデューサー、お茶入れたけど飲む?」

P「ありがとう、貰うよ」

凛「はい」

P「ん」ズズ

P「温まるなぁ」

凛「……ねえプロデューサー」

P「ん?」ズズ

凛「上着貸りていい?」


さやか「あたしのミュウツー最強だしwww」ほむら「へぇ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 19:43:15.91 ID:xZSQnGmE0

ほむら「じゃあ対戦しましょう」

さやか「転校生が? いいよ、かかってきなさい!」

ほむら「折角だからタイマンにしないかしら? お互い一匹だけ出すの」

さやか「タイマン? 上等だよ、あたしの力見せてあげる!!」

ほむら「ふふっ、私はコラッタを使うわ」

さやか「こ、こらった!? あたしを馬鹿にしてんの!?」

ほむら「いいえ、そんなことはないわ」ファサッ


モバP「アイドルと海外旅行」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 19:08:44.06 ID:lLN+AZxn0

P「USAライブツアーは大成功だった」

P「日本だけじゃなく世界でも活躍の場を広げれたし」

P「何よりアイドル達が楽しそうだった」

P「あれ以来アイドル達が海外旅行に興味を持ち始めたみたいだ」

P「…っと、そこにいるのは>>5か?」

※外国人・旅行慣れしてるアイドル以外でオナシャス


ミサト「シンジ君の寝顔って可愛いのね……」

1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/12/06(木) 18:32:05.61 ID:FDMPGwujP

ミサト「あっ……んっ……ああっ」

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ!」パンパン

ミサト「んんん……ふぅっ、んあっ」

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ!」パンパン

ミサト「いや……ぁあっ、そんっ……」

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ!」パンパン

ミサト「きて……ああっ、んんんっ! ……あんっ!」

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ!」パンパン



シンジ「あああああっ!!」ドピュ

ミサト「んんんんんっっ!!」ビクビク


ミサト「最近シンジ君が洋ゲーばっかりやってる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 04:12:50.17 ID:zF8dckGc0

リツコ「洋ゲー?」

ミサト「外国製のテレビゲームのことよ」

リツコ「ああ……それがなにか問題でも?」

ミサト「いや~ただ外国のゲームってだけならいいんだけどねえ」

ミサト「ちょっちやってるゲームの内容が過激なのよ~」

リツコ「過激?」


モバP「小梅が膝の上に座ってくる」


モバP「何読んでるんだ」幸子「これですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 01:19:11.95 ID:pPdRkZHm0

P「13歳のハローワーク?」

幸子「ええ、ボクもトップアイドルになったらさらにいろんなお仕事がくると思いましたので」

P「一日署長とかあるよな。下調べしてるってことか?」

幸子「備えあれば憂いなしですからね!」

P「ふーん。まあ程々にな」

幸子「あ、ちょっと待ってください」

P「ん?」

幸子「プロデューサーさんから見て、ボクってどんな職業が似合うと思います? もちろんアイドル以外で!」

P「そうだな……>>5


ミサト「あ~ら、クリスマスイヴだってのに家で過ごすの?二人共」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 23:06:03.55 ID:p1rj3uSH0

シンジ「…」
アスカ「…」

ミサト「それともー……フフ、こりゃ邪魔したわねえ」

シンジ「なっ」
アスカ「ハァ?」

ミサト「冗談よ♪」

シンジ「というか、ミサトさんこそ、人のこと言えないですよ」

ミサト「あら~、私はこれからちっと御用があるのよ?」

シンジ「な」
アスカ「な、なんですってええ!?」

ミサト「じゃ、シンちゃん洗濯物お願いねーっ 行ってきまーす!!」バタン



シンジ「…」

アスカ「…」     こんな感じで頼む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。