fc2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

妹達「ハアッ…ハアッ…もっと激しくっ…と…ミサ…ッッ!!!?」

1: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:08:44.28 ID:SSr0Tl/n0

妹達「…ハア…ハア…。…。また…お姉様でイってしまいました、とミサカは罪悪感を感じます」



妹達「お姉様に会いたい…とミサカは心中を吐露します。」



妹達「ですが、ミサカは学園都市の外なので会うのは大変そうですね、とミサカは落ち込みます。」



妹達「そうだ、リアルゲコ太に連絡しようと、ミサカはグッドアイディアを浮かびます」


2: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:09:35.19 ID:SSr0Tl/n0

prrrr



リアゲコ「もしもし?こんな夜遅くに誰かな?」



妹達「もしもし?ミサカです。とミサカは検体番号19636号ですと付け加えて応答します」



リアゲコ「19636号?ああ、前に板橋最中を送ってくれた…。あれ美味しかったよ。」



19636号「覚えてくれたんですね、因みにアレは研究所の近くで売っているミサカお気に入りのお菓子です。とミサカは説明します」



リアゲコ「そうかそうか。ん?…ところで…私に何の用かな?」


3: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:10:02.15 ID:SSr0Tl/n0

19636号「ああそうでした。ミサカは学園都市に行きたいのですが…とミサカは連絡した理由を言います」



リアゲコ「学園都市に用事でもあるのかい?」



19636号「えっ…あー、はい。とミサカは言葉を濁らせます。(お姉様を襲いに行くなんて言えませんとミサカは心の中で思います)」


5: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:10:33.30 ID:SSr0Tl/n0



リアゲコ「?」



19636号「えっとー…ミサカは…最近外出許可が降りたので、せっかくだから学園都市に遊びに行きたいな、と…(ミサカは誤魔化します)」



リアゲコ「ああ、なるほどね。いいよ。費用はこちらで出すから遊びに来なさい。」



19636号「!?…ほ、本当に良いのですか?とミサカは確認をとります。」



リアゲコ「ああ、構わないよ。あと、泊まりで遊びにくるんだろう?病室で良かったら部屋が空いてるから」


6: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:11:26.33 ID:SSr0Tl/n0


19636号「何から何までありがとうございます。とミサカは礼を述べます」



リアゲコ「あと…。」


7: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:12:01.41 ID:SSr0Tl/n0

19636号「?」



リアゲコ「板橋最中をついでに頼むよ」



19636号「はい、とミサカは喜んで了承します」


8: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:12:24.72 ID:SSr0Tl/n0

数日後(学園都市旅行前日)
板橋研究所(自室)



19636号「ハンカチよーし、ティッシュよーし、PASMOよーし、板橋最中(手土産用数人分)よーしっ、板橋最中(自分用数十箱・一週間分)よーし!とミサカは遠足の前日気分で確認します。」ワクワク


9: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:12:52.66 ID:SSr0Tl/n0

19636号「いよいよ明日ですか…。とミサカはドキドキハアハア、眠れません。」



19636号「…そうだ」ピコーン


11: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:13:25.82 ID:SSr0Tl/n0

板橋研究所(19636号の隣の部屋)



妹達「さて、そろそろ寝るとしますか…とミサカは部屋の電気を…」



19636号「こんばんは。とミサカ19636号は19637号に挨拶しま…はっ…!」



19637号「なななっ…!?ノックもせずに何ですかいきなりっ!?とミサカ19637号は不意の登場に驚きますっ」


15: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:14:35.66 ID:SSr0Tl/n0

>>10
あざっすw処女作っすw

19636号「ミサカがプレゼントしたゲコ太パジャマ、ちゃんと着てたんですねっ!とミサカ19636号は感激します。」ガバッ



19637号「何故押し倒すんですかっ?そして何故19636号が部屋の電気を消すんですかと、ミサカ196…」



19636号「お休みなさい19637号。(ゲコ太パジャマ…さらにお姉様っぽく…ハアハア)」



19637号「えっ?一緒に寝るんですか?とミサカ19637号は確認しま…」



17: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:15:16.11 ID:SSr0Tl/n0

19636号「zzz…。(フフ…フフフ…お姉様…。)」ダキマクラー



19637号「」クルシイ…。


18: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:15:41.39 ID:SSr0Tl/n0

次の日
板橋研究所前


19636号「では、いってまいります。とミサカは皆さんに別れを告げます」



研究員「ああ、いってらしゃい19636号。」



19637号「いってらっしゃい19636号とミサカは手を振ります(旅行とはいえ、ここにいるミサカ達と離ればなれになるのが寂しかったから一緒に寝たのでしょうか?と、ミサカは昨日の出来事を振り返ります)」


19: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:16:10.65 ID:SSr0Tl/n0

19636号「(フフッ…フフフフフ…待っててください…お姉様…と…ミサカは…フフフフ…。)」







学園都市に着きましたー


20: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:16:36.03 ID:SSr0Tl/n0

19636号「今日から一週間お世話になる19636号です。とミサカ19636号は挨拶します」



リアゲコ「ああ、いらっしゃい19636号」ニコッ



御坂妹「こんにちは、19636号。と、ミサカ10032号は台車に乗っている箱の山を気にしつつ挨拶します」



10039号「その山は何ですか?とミサカ10039号は質問します。」


24: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:17:11.28 ID:SSr0Tl/n0

19636号「コレはミサカがお世話になっている場所の名物、板橋最中です。とミサカ19636号は冥土返しに3箱、二人のミサカに1箱ずつ渡します。」



リアゲコ「ありがとう。3箱も良いのかい?」



19636号「ええ、構いませんと、ミサカ19636号は最中同志にはサービスしまくります。」



御坂妹「ありがとうございます。とミサカ10032号はお礼を……百箱近く台車に乗ってますが、誰にあげるんですか?」


25: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:17:40.20 ID:SSr0Tl/n0

19636号「あとはお姉様と13577号と19090号、セロリ&幼女ですね。残りは全部ミサカのです。とミサカ19636号は答えます」



妹39ゲコ「」


27: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:18:18.10 ID:SSr0Tl/n0

19636号「食べて気に入ればあげますよ?とミサカ19636号は二人のミサカに言います」



10039号「…え…。あ、うんありがとう。」



御坂妹「…。」



19636号「ではこの最中は残りのミサカ二人に渡しといてくれますか?とミサカ19636号は10032号に…もしもーし?」


29: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:18:45.00 ID:SSr0Tl/n0

御坂妹「…えっ?あっ、はい。とミサカは了承します。」



19636号「ではミサカは部屋に荷物を置いたら出掛けてきます」



リアゲコ「ああ…。行ってらっしゃい。」



19636号「では。」ガラガラ



妹達2人「(荷物って、ほとんど最中じゃねーか)」


30: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:19:29.71 ID:SSr0Tl/n0

学園都市コンビニ

19636号「フフフ…。お姉様の行動パターンは既にスネーク17600号の調査で完全網羅しています。とミサカは抜かりありません。」



19636号「あっ、いた!」


31: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:20:03.97 ID:SSr0Tl/n0

美琴「今週は先週号と合併だったかー。ちゃんと確認すれば良かった」



19636号「お姉様?(とミサカは偶然を装います)」



美琴「ん?あー、妹ーおはよー」ニコッ



19636号「…!?(ヤバい…生のお姉様見ただけで思考が…しかもニコってっ!ミサカは、ミサカはっっっ!)」プシュー



美琴「?どうしたの?顔真っ赤よ?おーい」



19636号「…へっ?あっ…いえっ…何でもありませんとミサカは答えます」


33: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:20:47.87 ID:SSr0Tl/n0

美琴「そう。なら良いけど……ところで…ごめん……アンタはどの妹達?」



19636号「そういえば名乗ってませんね。ミサカは19636号です。とミサカは紹介します。」



美琴「19636号?ふーん。(学園都市にそんな検体番号いたっけ?)」



19636号「ちなみにミサカは学園都市外の研究所から来ましたとミサカはお姉様の心の疑問に答えます」



美琴「あ、そうなの?(なぜわかったーっ?)」



19636号「なんとなくわかります」



美琴「」


36: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:21:55.69 ID:SSr0Tl/n0

自販機のある公園



美琴「チェイサーっ!!」ガコンッガコンッ




美琴「あっ、そこのベンチに座りましょ?」



19636号「はいお姉様(お姉様の短パンがチラリ…。)」ハアハア



美琴「アンタ、ハアハア言ってるけど大丈夫?」



19636号「えっ?あっ、はいっ!むしろ大丈夫すぎるぐらい健康ですとミサカはアピールしますっ」ドキドキ



美琴「別の意味で大丈夫?」


40: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:23:03.91 ID:SSr0Tl/n0

>>37
すまんwssやったことないからw


19636号「」ドキドキ



美琴「はー、まぁいいわ。はい、ジュース」



19636号「ありがとうございます。あ、ミサカからも渡したいものが…。」ガサゴソ



美琴「?」



19636号「はいどうぞ。とミサカは板橋最中を渡します」



美琴「わーありがとう。これ…モナ…カ?」


41: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:23:50.50 ID:SSr0Tl/n0

19636号「はい、ミサカの地元の名物です。とミサカは説明します」



美琴「へぇー。帰ったら黒子にも分けよ」ニコニコ



19636号「ご友人に分けるのでしたらもう一箱あげますよ」ハイ



美琴「いいわよー。てゆうか他の人にあげるんじゃないの?それ?」



19636号「いえ、これはミサカのです。それに部屋にストックが90箱…。ミサカは一日12個入り最中を10箱しか食べないので問題ありません」キリッ



美琴「」


43: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:24:44.82 ID:SSr0Tl/n0

数十分後




美琴「あっ、もうこんな時間っ!そろそろわたし寮に戻らなきゃ!」



19636号「そうですか…。(まずい…。このままだとお姉様が行ってしまうっ!とミサカはっ、ミサカはっっっ!)」



美琴「じゃねっ」タッ



19636号「あっ…おっ…お姉様っっ!」ガシッ


44: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:25:07.27 ID:SSr0Tl/n0

美琴「えっ!?なっ、何!?いきなり手を掴んでどうしたのよ?」




19636号「えっ、えっと…その…。(何かっ、何か言えっ!ミサカ19636号っ!!)あ…」



美琴「あ?」



19636号「あ…明日は予定ありますか?とミサカは質問します」



美琴「明日?明日は…学校休みだし、黒子は風紀委員の用事があるらしいから特に…。」



19636号「でっ…では、明日はミサカとデーtっじゃなくて、一緒にどこか行きませんかっ?とミサカは提案しますっ!」グイッ


45: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:25:46.01 ID:SSr0Tl/n0

美琴「えっ!?べつに良いけど…。(なんでそんなに顔近づける…。)」ドキドキ



19636号「そうですか、とミサカは喜びを隠せません」パアア



美琴「(何この子…。ちょっと変だけどカワイイ…。)」



美琴「んー…じゃあ、明日の午前にここで良いかしら?」



19636号「問題ありません。とミサカは即答します。」



美琴「ふふっ。じゃあまた明日ねっ」



19636号「お姉様」



美琴「?」


46: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:26:07.36 ID:SSr0Tl/n0

19636号「楽しみにしてます」ニヘラ



美琴「…。バイバイっ」ニコッ



19636号「お姉様と…デート…。フフ…。」ニヤ


47: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:26:57.67 ID:SSr0Tl/n0

19636号の部屋



19636号「お姉様とデート♪お姉様とデート♪とミサカは歌いながら最中をモグモグ」



19636号「さて…寝るとしますか。とミサカは部屋の電気を消してベッドに入ります」



19636号「…。」




19636号「…。」




19636号「…。」




19636号「…。ああああっ!興奮して眠れないっ!とミサカは最終手段に出ますっ!」リュックヲガサゴソ


50: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:27:31.59 ID:SSr0Tl/n0

19090号の部屋


19090号「19636号から貰った最中は和菓子…。食べても太らないよね…。とミサカは一人つぶやきます…。」

19090号「では…一つだけいただきます…。」パクッ


バターンっ!


51: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:29:13.69 ID:SSr0Tl/n0

>>49
残念ながらかきだめorz
修行つむよw

19636号「こんばんは19090号っ!とミサカ19636号はノックもせずに入りま…はっ!?」



19090号「!?ゲホっゴホッも…モナカガッゲホッ…。ななな何ですかいきなりっ!?とミサカ19090号は19636号の不意の登場に驚き涙目になりますっ」



19636号「19090号…。最中食べてたんですね。美味しいですか?とミサカ19636号は質問します」



19090号「そうですね、19636号が急に登場しなければもっと美味しかったかもしれませんとミサカ19090号は恨みがましい目で見つめます」



19636号「すみませんとミサカ19636号は謝ります」




53: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:29:58.57 ID:SSr0Tl/n0

19090号「ところで、何か用ですかとミサカ19090号は聞きます」



19636号「あー、そうでした。実は19090号にプレゼントがあるんですとミサカ19636号は答えます。」



19090「?」



19636号「じゃじゃーん!とミサカ19636号は効果音を出しながらプレゼントを渡します。」



19090号「何ですかこれ…h…。!?ゲコ太パジャマっっ!?」


57: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:30:32.11 ID:SSr0Tl/n0

19636号「はい、ゲコ太パジャマです。(お姉様と同じデザインの)」



19090号「本当に貰って良いんですか?とミサカ19090号は確認をとります」ゲコタゲコタ



19636号「はい。ただし…。」



19090号「?」



19636号「今すぐコレに着替えて下さいとミサカは条件付きでプレゼントします。あとゴーグル無しで」


68: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:32:05.93 ID:SSr0Tl/n0

乗っ取られそうだけど負けじと書き込むw

19090号「?はいっ!むしろコレで寝たいぐらいです。とミサカ19090号はwktkします」



19636号「そうですか、ではスグに着替えてくださいとミサカ19636号は催促します」ニタァ



19090号「…。わかりました」ゾクッ





数分後



19090号「あの…着替えましたが?とミサkっ!!!?
19636号「」ガバッ


75: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:33:20.06 ID:SSr0Tl/n0

19090号「???!!?」



19090号「…。(あれ?もしかしてミサカ、押し倒されてる?)」



19636号「(お…お姉様っ!お姉様お姉様お姉様ああああとミサカはばばばばbbb)」ハアハア



パクっ



19090号「!?!!?(首噛まれたーっっとミササササカはイキナリの展開にあばばばbbb)」


81: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:34:08.02 ID:SSr0Tl/n0

それでも負けじと書き続けるwww

19636号「……ぷはぁ…はぁ…はぁ…もう…我慢できません…。」



19090号「なっ…何をですか?」ガクガク



19636号「19090号、しばらくお姉様と呼ばせてくださいとミサカはお願いします」ハアハア



19090号「えっ?ちょっとっ……ちょちょちょっ…ひゃあっ!?耳はっ…耳はやめて下さいとミサkんー!んー!」ジタバタ



19636号「お姉様、雰囲気壊れますから語尾にミサカを付けないで下さいとミサカは手でお姉様の口を塞ぎます」


88: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:34:49.92 ID:SSr0Tl/n0

19090号「ー!?ーっ!(もしかしてミサカ、ナニか失うっ!?)」ジタバタ



19636号「安心してくださいお姉様(仮)。ミサカの初めてはお姉様(本物)と決めているのでお姉様(仮)の大事なモノは奪いませんとミサカは伝えます」ハアハア



19090号「」



19090号「(もう既に大事な何かを失った気がしますとミサカは涙目で訴えます)」



19636号「(涙目のお姉様ハアハア)お姉様っ…し…しばらくマグロでお願いしますっ」ガバッ



19090号「(マグロって何っ!?とミサカは混乱しますすすすす)」


96: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:35:52.13 ID:SSr0Tl/n0

19636号「お姉様ぁっ…お姉様ぁ…とミサカは抱き締めます」ギュッ



19090号「ひゃあっ!?とミs///」



19636号「お姉様の体はなんて気持ち良いんでしょう…とミサカは興奮します!」ギュゥゥゥ



19090号「(どうやらミサカと言い欠けたのは聞こえなかったようですね。とミサカはほっとします)」ドキドキ


97: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:36:58.14 ID:SSr0Tl/n0

>>9
らじゃーっすwありがとうっすw

数分後




19090号「」ドキドキ



19636号「…。」ハァハァ…ギュゥゥゥ



19090号「…あ…あのぉ…。」ドキドキ



19636号「ハァハァオネエサ…?何ですか?お姉様?」ニヘラ



19090号「いつまで続けるんでしょうか…?これ…。」オソルオソル




99: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:37:43.26 ID:SSr0Tl/n0

>>9じゃねえ>>93だw


100: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:38:03.39 ID:SSr0Tl/n0

19636号「………。もう満足したので良いです。とミサカ19636号は終了を告げます」



19090号「…。」ホッ



19636号「あと」



19090号「はっはいっ!?」ビクッ


101: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:38:36.97 ID:SSr0Tl/n0

19636号「この事はMNWに流すなよとミサカ19636号は念をおします」



19090号「わかりましたー!」ガクガク



19090号「(とゆうかミサカも恥ずかしくて流せねーよっ)」



19636号「では、おやすみなさい19090号」


104: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:39:04.37 ID:SSr0Tl/n0

19090号「」



19636号「?どうしたんですか19090号?布団に入らないのですか?とミサカ19636号は手で布団をパンパン」コッチオイデー



19090号「えっ…ここで寝るの?」


106: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:40:02.70 ID:SSr0Tl/n0

次の日


19636号「今日が楽しみすぎて待ち合わせの一時間前に着いてしまいました」


19636号「まだ30分も時間がありますとミサカは落ち込みます」フゥ



美琴「やっほー」



19636号「!?」


108: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:41:06.46 ID:SSr0Tl/n0

美琴「アンタも早く来たんだー」



19636号「ミ…ミサカは今日が楽しみで、早く来すぎてしまいました」



美琴「あははっ、まったくー、何やってんのよー」



19636号「お姉様も早く来てどうしたんですか?とミサカは質問します。」



美琴「んー、アンタを待たせたくないから早めに来たんだけど…意味無かったみたいね」アハハ



19636号「(お姉様…。)」キュゥゥゥン



美琴「じゃあ行きましょっか」



19636号「は…はい、お姉様」


110: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:42:04.20 ID:SSr0Tl/n0

>>109了解b

地下街洋服屋

美琴「うーん…これなんてどう?」

19636号「そうですね、とても似合うと思いますとミサカはお姉様をベタ褒めします」

美琴「やだなー、アンタが着るのよ」

19636号「えっ?ですがミサカは…」

美琴「可愛い妹が誘ってくれたんだし、んー……お礼よっお礼っ!」//

19636号「ありがとうございすとミサカは…(お姉様お姉様お姉様お姉様お姉様///)」プシュー

美琴「(あっ、ゲコ太パジャマの色違いだ)…。」

19636号「///」プシュュュ


111: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:42:58.59 ID:SSr0Tl/n0

美琴「…。ん?…って、ちょっとアンタっ!顔真っ赤よっ!?大丈夫っっっ!?」ユッサユッサ

19636号「ふぇー…。お姉様がー…ミサカをー…激しく揺らすすすー…もっと激しくとミサササカは//」

美琴「」




地下街ファーストフード店


美琴「まったくー、アンタちゃんと調整とか受けてるの?」

19636号「はい、とゆうかミサカは研究所の中ではダントツの健康体です」


美琴「(その割には昨日から何回かフリーズしまくってるんだけど…。)」


112: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:44:27.97 ID:SSr0Tl/n0

美琴「はぁー、まぁいいや。はい、これ」

19636号「?コレは?」

美琴「さっきの服。」

19636号「あ…ありがとうございます」ニヘラ

美琴「…。んーもうっ!可愛いなぁ」ガシ

19636号「えっ?あっ…ミサひゃあああっ!」


美琴「」ワシャワシャ

19636号「(ナデナデされてる///ワシャワシャされてます///)」

美琴「ふふ、あっ、そうだっ!」

19636号「…。」ニヘラー
19636号「…?」


113: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:44:58.26 ID:SSr0Tl/n0

美琴「アンタに名前付けてあげる」

19636号「名前…ですか?」

美琴「いつまでも名前で呼ばないのも変だし…。あ…わたしが考えた名前じゃ嫌か…。」

19636号「いえっ!お姉様が付けた名前が嫌なわけありませんっ!むしろ感謝感激ですと、ミサカはお姉様の手を握りしめます」ギュゥゥゥゥ

美琴「…う…うん、ありがとう」


114: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:45:43.73 ID:SSr0Tl/n0

19636号「さぁ、ばっちこーいとミサカは野球のキャッチャー体勢になります」

美琴「…うーん」

19636号「…。」

美琴「…。」

19636号「…。」

美琴「…。」

19636号「…。」

美琴「…うーん、わたしが『美琴』だからー…アンタは…。」

19636号「…。」ドキドキ


115: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:46:10.83 ID:SSr0Tl/n0

美琴「琴奈(ことな)…とか…。」ダメカナorz

19636号「…。コ…トナ…。」

美琴「?」

19636号「とっても良いですとミサカは幸せの絶頂まで登りつめた気分です」ニヘラ

美琴「も…もう//大袈裟よ~琴奈」アハハ

琴奈「さっそく名前で呼んでくれました。名前で呼ばれるのは、こんなにも嬉しいことなんですね」


116: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:47:32.12 ID:SSr0Tl/n0

美琴「(気に入ってくれて良かった)」ホッ


地下街雑貨屋



琴奈「色々な種類がありますね、とミサカはワクワクしてます」

美琴「いつもココでゲコ太グッズ買ってるの。わたしのお気に入り」

琴奈「ほわー…。(ミサカもお姉様のお気に入りになったら…なったr…イカンイカンっ!落ち着けーミサカーっ!落ち着けーっ)」ムムムムム

美琴「何か唸ってるけど大丈夫?」

琴奈「えっ?あっ…い、色んな種類があるのでどうしようかなーと、ミサカは悩んでました」アセアセ

美琴「時間はあるからゆっくり選びなさい…(あっ、あっちにゲコ太の新商品がっ)」
美琴「ご…ごめん、琴奈、ちょっとあっち見てくるわ。琴奈は自分の好きなもの見ててー」ダッ

琴奈「(ゲコ太の事になると止まりませんね、とミサカは…。)」

琴奈「」チラッ


118: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:49:23.47 ID:SSr0Tl/n0

琴奈「…。」ジー

琴奈「…。」サッ



店員「525円になります」

琴奈「」ハイ

店員「ありがとうございましたー」


119: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:50:30.60 ID:SSr0Tl/n0

琴奈「…。」

美琴「ごめーん。つい夢中になっちゃった。新商品で等身大ゲコ太像があったんだけど、さすがに寮に置いたら『邪魔ですのっ』とか言われちゃうよねー」アハハ

琴奈「それ以前に高すぎて買えないのでは?」

美琴「うっ…そうだね…って琴奈、その袋、何買ったの?見せてー」

琴奈「これは見せられませんとミサカは袋を背中に隠しますっ」ササッ

美琴「えー、良いじゃないー」

琴奈「駄目です。…あっ、あっちにあるお店に行きたいです。とミサカは話題を変えて誤魔化します」

美琴「ん?ドーナッツ屋さん?(アイツと妹が食べてたお店か。一回食べてみたかったのよね)良いわよ~行きましょ」


120: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:52:09.95 ID:SSr0Tl/n0

原作12巻だけ読んでたりするw

店員「いらっしゃいませ」ニコニコ

美琴「あのー10個入り一つください」

店員「この中からすきな動物お選びください」ニコニコ

美琴「ん?味は一緒なんですよね?」

店員「はい、そうですよ。」ニコ

美琴「ふーん…。じゃあ…ヒヨコのやつありますか?」

店員「申し訳ありません。ヒヨコドーナッツは先週で終了したんですよー。今週から動物ドーナッツ両生類系を売っています」

美琴「へ…へぇ…。…。」


121: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:52:38.70 ID:SSr0Tl/n0

美琴「…。」ジー

美琴「…。」ジー

美琴「っ!?」

店員「決まりましたか?」

美琴「このカエルドーナッツでっ!!!」

店員「か…かしこまりました」ドンビキ


122: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:53:29.29 ID:SSr0Tl/n0

美琴「おまたせー、はい」

琴奈「…。」パアア

美琴「焼きたてだから美味しいと思うわよ…って何やってんの?」

琴奈「ツンツン…この蛙はとびはねない…カエルにしては大人しいですね…なかなかカワイイ奴らです。とミサカは…」ブツブツ

美琴「(何をブツブツ言ってるのかしら)」フォークブスリ

琴奈「!?」

美琴「んー、やっぱり焼き立てよねー…どうしたの?」モグモグ

琴奈「あ…ああ…」

美琴「?」

琴奈「…た…たとえ…(大好きな)お姉様でも…」ビリッ


124: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:54:17.25 ID:SSr0Tl/n0

美琴「え…?」

琴奈「っ!!」ビリビリビリッ!

美琴「ちょっ…!どうしたのよっ!急にっ!?や…やめなさいっ!」ビリリッッ!

琴奈「っ!?」

美琴「って、あっ、ごめんっ!琴奈っ!電撃だしてきたからついっ…。強すぎたかな…。」

琴奈「…。」

美琴「…気絶させたかな…。」ドキドキ

琴奈「…。」ムクリ

美琴「こ…琴奈?」オソルオソル


125: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:55:35.02 ID:SSr0Tl/n0

>>123
スマソ(汗)


琴奈「……もっと…。」ハァ…ハァ

美琴「え…?」

琴奈「もっと…激しい電撃を浴びさせて下さいとミサカ懇願しますっっ」ガシッ

美琴「ちょっ…!?何言ってんのアンタっ!?とりあえず黒子みたいにくっつくな!はーなーれーなーさーいぃぃっ!」ギリリ

琴奈「いえ離れませんんんん」ギュゥゥ


126: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:56:19.77 ID:SSr0Tl/n0

美琴「さっきの電撃でアタマおかしくなったっ?」ギリリリ

琴奈「いえ、ミサカは至って正常ですっ」ハァハァギュゥゥ

美琴「いや、どう見たって正常じゃないわよっ!人の目もあるからとりあえず落ち着きなさいっっ」ギリリリ

ママーナニアレー?
シッ,ミチャイケマセンッ!


美琴「///」

美琴「離れろおおおおおおっ!」ビリビリドッカーン

琴奈「!!!!?」


127: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:57:18.96 ID:SSr0Tl/n0

地下街全域が停電、その他器物破損、風紀委員が来てしまったので別の場所に移動しました。


美琴「はぁっ…はぁっ…。ここまで逃げれば大丈夫よね?(てゆうか、なんでこの子、直でわたしの電撃浴びて無傷なの…。)」ゼェゼェ

琴奈「…。(お姉様のレベル5の電撃…ミサカ愛用の改造スタンガン『お姉様Lv.4,9』とはやっぱり気持ちよさがケタ違いですね…フフ…フフフ…。)」ニヤニヤ

美琴「(なんかニヤニヤしてる…やっぱり頭がおかしくなった…?)」

琴奈「…。」ニヤニヤ

美琴「…。」

琴奈「…あ」

美琴「!」ビクッ
美琴「な…何?」


129: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:58:37.21 ID:SSr0Tl/n0

「んもー、どうして買ってくれないのさってミサカはミサカはクレープ屋さんの前で駄々をこねてみたりー」

「だぁーうるせェー、ちったぁ静かに出来ねェのかこのクソガキがァ。
さっさと黄泉川ンとこ帰るぞ。
クレープぐれェ黄泉川にでも作って貰えっ!」

「いーやーだぁーっ!
だってヨミカワは炊飯器で作ろうとするんだもんっ!
ミサカは本物のクレープがたーべーたーいーのぉーって、
ミサカはミサカhって、あああ。。無視っ!?一方通行に置いてかれたー!!?でもっ!ミサカはミサカは意地でもクレープ屋さんから離れないんだからねっ」

「…。(勝手に居座ってろ)」


130: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 15:59:28.72 ID:SSr0Tl/n0


琴奈「…こんにちは、とミサカは上位個体に挨拶します」
美琴「(あれ?この子、前も会ったな)」

打ち止め「ムー…。?あっ!19636号!
ってミサカはミサカは19636号に抱きついて挨拶してみたりー!」ダキッ

琴奈「!?」

打ち止め「最近どうしたのー19636号?
ってミサカはミサカはあまりネットワークに繋げない19636号を心配してみたりー」

琴奈「…。いえ、特に心配ありません上位個体…。
(急に抱きつくなよ…とミサカは上位個体だから良いものの、小さいお姉様だったら理性をうしなってたかもしれませんでしたよと心で呟きます)」

打ち止め「そっかぁ。あっ、お姉様もこんにちは!
ってミサカはミサカはこっちにも抱きついてみたり」


131: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:00:14.39 ID:SSr0Tl/n0

美琴「えっ///(ヤダこの子可愛い…ん?お姉様ってことはこの子も妹達?)」

打ち止め「♪」ギュ-

琴奈「…。(上位個体が羨ましいです…。
とミサカは…そうだ…。)」

琴奈「」


ミサカネットワーク

misaka20001
<<misaka19636ノダイレクトメッセージヲジュシンシマシタ>>


132: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:01:01.77 ID:SSr0Tl/n0

打ち止め「?(こんな近くに居るのになんだろう
ってミサカはミサカは不思議に思ったり)」

misaka19636<misaka20001
どうしたのー?

misaka19636>misaka20001
今すぐ感覚共有しろください

misaka19636<misaka20001
えっ?何で?…ってゆうか目が怖いよ19636号っ!

misaka19636>misaka20001
大丈夫だ問題無いからはやくしろ

misaka19636<misaka20001
えっ?タメ口っ?とりあえず分かったからその目でミサカを見ないでぇぇぇ


133: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:01:52.52 ID:SSr0Tl/n0


打ち止め「(( ;д;))(コワイヨー)」ギュゥゥ

美琴「(小さい頃のわたしってこんなんだったんだー。
客観的に見ると新鮮ね)」ナデナデ

琴奈「(おおおお姉様にナデナデっ!
そしてこの制服ごしの体の感触っ!
良いっ!良いですっ
とミサカは、理性を失わない程度に楽しみますっっっ///)


134: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:03:10.71 ID:SSr0Tl/n0

数分後

打ち止め「まったくーいきなりなんだったのさー
ってミサカはミサカはお姉様に聞こえないように
小声で19636号に理由を聞いてみたり」コソコソ

琴奈「ごめんなさい、聞かないでください、
あと、ネットワークに配信しないでください
とミサカは同じくお姉様に聞こえないように答えます。
お詫びに板橋最中×3あげます。」コソコソ

打ち止め「」

美琴「せっかくだからここのクレープ食べましょっ。
わたしが二人分おごってあげるわ」

打ち止め「え、本当にっ!?
ってミサカはミサカは思わぬところで
願いが叶って嬉しかったり!」


135: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:04:31.69 ID:SSr0Tl/n0

琴奈「ありがとうございすとミサカはお姉様にお礼を言います
(これは…お姉様と違う物を選べば食べ比べが出来るのではっっ?
とミサカは今日一日で間接キスまでいけるチャンスを手にしますっ)」


クレープ屋

打ち止め「どーれにしよぉかな♪」

美琴「あっ、わたしはこのイチゴホイップで」

琴奈「(イチゴホイップ以外…イチゴホイップ以外)
…ミ…ミサカはチョコ生ホイップをお願いします」

打ち止め「うーん…ミサカも19636号と同じやつにするー
ってミサカはミサカは結局決められないから
下位個体と同じのを頼んだりー」


138: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:05:51.53 ID:SSr0Tl/n0

ベンチのある場所に移動しました


打ち止め「わーっかわいいーって
ミサカはミサカは食べるのがちょっともったいなかったり」

美琴「あはは、ちょっとわかるかも」

琴奈「(よし、食べ比べだ、このチョコホイップをお姉様に…)
…お…お姉s
打ち止め「はい、お姉様っ!」

美琴「ん?何?打ち止めちゃん」

打ち止め「ミサカはミサカは最初の一口目をお姉様にあげてみるーっ!」

琴奈「!?」

美琴「あら、いいの?じゃあ…」パクッ
美琴「んーおいしー♪じゃあ打ち止めちゃんにもはいっ
一口目♪」


139: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:06:45.56 ID:SSr0Tl/n0

打ち止め「」ハムッ
打ち止め「おいしーってミサカはミサカはやっぱりイチゴにすればよかったかもーってちょっと後悔したり」

美琴「まだチョコ食べてないのに後悔しないのー、チョコおいしいよ?」

打ち止め「そっか、じゃあミサカは自分のをいただきまーす」

琴奈「(ちくしょー!ミサカと同じ味選びやがってー、
だけど上位個体はセロリサイド…大丈夫だ、
まだ平気だチャンスはあるとミサカは自分に言い聞かせます)」ブツブツ

美琴「あっ、琴奈もはいどーぞ」

琴奈「…。(ミサカガンバレヤレバデキル)」ブツブツ
美琴「琴奈ぁー?」


141: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:08:06.84 ID:SSr0Tl/n0

琴奈「はひっ!?何でひょうか?」

美琴「琴奈もイチゴホイップ一口どう?
って聞いてるんだけど…。」

琴奈「!?はっ、はい頂きますっ(間接キス達成!?)」パクッ
琴奈「…とても美味しいです。(お姉様お姉様お姉様(ry)」ニヘラ

美琴「さて、イチゴはどんな味かしらー」パクッ
美琴「んーおいしー♪」

打ち止め「ミサカもミサカもこのチョコおいしー♪」

琴奈「(…ん?あれ?ミサカが食べたときまだお姉様食べてなかったよね?
…お姉様は一応、ミサカとの間接キス成り立ってるけど、
ミサカ自身は成り立ってなくね?
むしろミサカは上位個体と間接キスしたんじゃね…?)」サァァァ
琴奈「…。」

美琴「…。どうしたの琴奈?食べないの?」


142: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:08:53.39 ID:SSr0Tl/n0

琴奈「…。(ちくしょう、ヤケだヤケ食いだぁっ)」
琴奈「っ!!!」ガツガツガツガツ

美琴止め「!!?」

打ち止め「19636号っ!どうしたの?ってミサカはミサカはあわわわわ」

美琴「ちょっ…ちょっと、そんな急いで食べなくてもっ!」

琴奈「…。(間接キス間接キス間接キスk(ry)」シクシクシクorz

美琴止め「」


144: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:09:49.42 ID:SSr0Tl/n0

打ち止め「はー、クレープおいしかったーってミサカはミサカはお姉様にごちそうさまー」

美琴「いーえ♪」

琴奈「ミサカもごちそうさまでした
(お姉様をご馳走することは出来ませんでしたが、
あと5日残っていますとミサカは諦めませんっ)」

打ち止め「あっ、何だかんだであの人が戻ってきたよわーいっ♪」



美琴「(あの人?)」
琴奈「(セロリか…。)」



打ち止め「じゃあミサカはもう帰るねって
ミサカはミサカは二人に手を振るーお姉さまありがとー!
19636号もモナカありがとー」ブンブン




美琴「うんバイバーイ♪」
琴奈「気に入れば速達で送りますよ」キリッ


145: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:10:50.22 ID:SSr0Tl/n0


「おイ、クソガキ…今まで何してた?」

「えっ?クレープ食べてたよ?
ってミサカはミサカは正直に言ってみたりー…いてっ!」

「オマエ金持ってねェだろーが…。
まさか、知らない奴がくれたとかじゃねェだろうな…。」

「心配してくれてるの?ってミサkいてっ!
またチョップー図星ぃーっていたたたたたー!
知ってる人が買ってくれたのー心配しなくても大丈夫
ってミサカはミサカは説明したりー」

「……。はぁ…。…ったく…帰るぞ
……つーかその手に持ってンのは何だ?」

「え?最中だよー。早く帰ろっ一方通行」
「(クレープからどうやったらモナカが手にはいンだ…。)」


146: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:11:42.00 ID:SSr0Tl/n0

美琴「うーん…行くとこ無いし、そろそろ帰ろっか?」

琴奈「そうですね…。…あの…お姉様。」

美琴「ん?何ー?」

琴奈「……ミサカが良いと言うまで、
目を瞑っていただけますか?とミサカはお願いします」

美琴「え?…うん…わかった。」

美琴「…。」

琴奈「」ガサゴソ

美琴「?」

琴奈「」ワサワサ

美琴「ひゃあ!?///」

琴奈「…じっとしていただけますか?」

美琴「ごめん…。
(右腹はいきなり触ったらくすぐったいでしょ///)」


147: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:12:19.63 ID:SSr0Tl/n0


琴奈「…お姉様、良いですよ。」

美琴「…。」
美琴「……で、わたしの体に何した…の…って…」
美琴「!?」

琴奈「ごめんなさい、ミサカからはこんなものしかプレゼント出来ませんでしたとミサカは反省します。」

美琴「これ雑貨屋にあった…ゲコ太の…ピンバッジ…。」

琴奈「缶バッジはねーよとは思いましたがピンバッジなら似合いますよとミサ……どうしたのですか?お姉様?………何故…泣いているのですか?」

美琴「…。」ガシッ

琴奈「おおおおお姉様!?(お姉様から抱きついてくるなんてミサカはミサカは///)」


148: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:13:16.01 ID:SSr0Tl/n0

美琴「ゴメン…。しばらくこのままで…。」ギュウ

琴奈「…お姉様?」

美琴「…。」

琴奈「…。」

美琴「…ねぇ」

琴奈「?」

美琴「…アンタは…わたしのこと、恨んでる?…苦しかった?…痛かった?…助けてあげられなくてごめんね……ご…め…んね…。」

琴奈「…。(お姉様…。)」
琴奈「…今居るミサカ達や死んでいったミサカ達は、お姉様のことは決して恨んでません、感謝していますよ…。お姉様が缶バッジをあげたミサカも最後までお姉様に感謝していました…。」

美琴「…!?ごめんっ!!琴奈はあの子じゃないのに…こんな事言って…。」

琴奈「いえ…。(お姉様を泣かせてしまいましたとミサカはプレゼントを後悔します)」ショボン

美琴「琴奈…。」

琴奈「はい…。」


149: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:13:51.34 ID:SSr0Tl/n0

美琴「…ピンバッジ…ありがとう…凄く嬉しい…一生…大事にするから……琴奈からの初めてのプレゼント…。」ギュッ

琴奈「は、はい///とミサカは先ほどの心の発言を撤回しますっ」

美琴「?」

琴奈「なっ、何でもないです///」

美琴「…。」プッ
美琴「何ー?変なのー」ニコッ

琴奈「変じゃないですっ。とミサカは否定します(笑った…良かった。とミサカはホッとします)」

美琴「…。そうね…変なのはわたしのほうかも…。」


150: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:14:22.60 ID:SSr0Tl/n0


琴奈「?」

美琴「」チュッ

琴奈「!!!!?///」

琴奈「…。(あれ?キスされてる?口に…。)」

美琴「…っ!ごめんっ///」

琴奈「いえ…。むしろミサカのほうからしたかったので…。」

美琴「えっ?」

琴奈「これから・・・続きをしませんか?とミサカはデートの再開を提案します」

美琴「!?…うん///」


151: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:15:16.76 ID:SSr0Tl/n0

607琴奈攻め美琴受けID:19636

琴奈「それにしても今日は良く釣れましたとミサカは美琴タンにハァハァ」



608以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10999

釣りなのはわかってたよボケ


609以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032
>>608
いや、でもこれノンフィクション入ってるぞ、台車にモナカとかwww


610以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10039

あのモナカはヤバかった


611以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:12563
>>609
>>610
えっ?何処までがフィクションなの?


152: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:16:15.02 ID:SSr0Tl/n0

612以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032
>>611
知るか
>>1の性癖は知ってたけどさww
こいつ普段から感覚共有とかしてこないし


613以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:12524

つーか最後テキトーすぎwww


614琴奈攻め美琴受けID:19636
>>613
ごめん力尽きた


615以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19637

おい、くだらねぇ妄想書いてないで俺の部屋の食散らかしたモナカとか片付けろ

隣の部屋にいるのはわかってんだぞ


153: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:16:55.34 ID:SSr0Tl/n0

616琴奈攻め美琴受けID:19636
>>615
妄想じゃないもんっ!
8割は本当だもんっ


617以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10999
>>616
えっ?


618以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10039
>>616
えっ?


619以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:13577
>>616
えっ?


620以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032
>>616
8割ノンフィク…だとっ…!


154: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:17:36.81 ID:SSr0Tl/n0

621以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:20000

とりあえずセロリたんのくだりだけお願いします


622以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032
>>621
とりあえずお前は土に還ってろ

>>1どこまでホントかkwsk
場合によっては土に還す


623以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19637

とりあえず、先にこのモナカなんとかしろっ!
つーか俺のベッドの上で食うな
何かモナカの外側があちこちにこびりついてんだけど


624以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:14033
>>623
モナカの外側wwwwwwww
どんだけだよwwwwwwww


155: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:19:19.16 ID:SSr0Tl/n0

626以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19637
>>624
俺はアイツから夜這いされたことないしゲコ太パジャマなんてもらってないぞ
俺が居ないときに部屋に無断で入って、ゲームしながらモナカは食ってるけど


627以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032
>>626
マジか
じゃあ19090号の夜這いもフィクションか …。


628琴奈攻め美琴受けID:19636
>>627
えっ?あそこはノンフィクションだよ?


629以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032
>>628
えっ?


156: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:19:39.76 ID:SSr0Tl/n0

630以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10039
>>628
えっw


631以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:13577
>>628
えっ?


632以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19090

>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す
>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す
>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す>>1殺す
殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺


157: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:20:23.72 ID:SSr0Tl/n0

633以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10999
>>632ただの被害者ワロタwwwwwww


634以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10039
>>1自分から口止めしたのにバラすなよwwwwww


635以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:13577

>>1が来てる間隣が毎日うるさかったのはお前のせいか


637以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:12434

>>隣が毎日うるさかった
>>隣が毎日うるさかった
>>隣が毎日うるさかった
>>隣が毎日うるさかった
>>隣が毎日うるさかった

毎日…だとっ?


638以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032
>>636
それ真実でも言うなwwwwwwww


158: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:20:46.77 ID:SSr0Tl/n0

639琴奈攻め美琴受けID:19636

とりあえずまとめ
・19090の夜這いはホント
・お姉様とのデートもホント
・『琴奈』は土下座してたのんだら付けてくれた
・ドーナッツ屋は途中上条登場
いつも通り喧嘩
Lv5電撃を上条に
ここぞとばかりに二人の間に入る
Lv5モロくらう
俺気持ちいい
・改造スタンガンの名前は『お姉様Lv.4,999』


640以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032

とりあえず>>1が予想以上に変態なのはわかった


160: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:21:44.12 ID:SSr0Tl/n0

641以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10039

お姉様の電撃効かないとか…。


642琴奈攻め美琴受けID:19636

クレープ屋は幼女が駄目こねて結局セロリ買い与えてた
幼女の絡みは無し

お姉様と2人でクレープ食ったから『食べ比べ間接キス』は成功したったったwwww


643以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10999

やっぱりセロリだな
そしてさりげなくお前は目標達成したんだな


644以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:20000

はあはあはあはあはあは
セロリたんにクリーム付けてペロペロしたいおwwww


161: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:22:14.53 ID:SSr0Tl/n0

646琴奈攻め美琴受けID:19636

あと…。


647以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:13577
>>646
あと?


648以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10039

はやく汁


649以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032

どうしたんだ?


162: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:22:36.12 ID:SSr0Tl/n0

650琴奈攻め美琴受けID:19636

ピンバッジプレゼントして泣かれたのはホント…。
お姉様…辛かったんだろうな…。


163: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:23:31.80 ID:SSr0Tl/n0

651以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032

…。そうか…。
とりあえず色々つっこみたい所はあるが
>>1とりあえずありがとう




652以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10039

俺たちはお姉様に感謝してるのになwwww
お姉様気にし杉…。

とりあえず>>1


164: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:23:52.25 ID:SSr0Tl/n0

653以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:13577

俺、明日お姉様に会いに行く


654琴奈攻め美琴受けID:19636
>>653
お姉様は俺のだからなっ
絶対襲うなよ


655以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:13577
>>654
襲わねーよバカがっっ!!


165: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:24:20.22 ID:SSr0Tl/n0

656琴奈攻め美琴受けID:19636

とりあえずこれで終わりっ

あっ、また来週学園都市行くことになったからwwww


657以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10999

>>1のせいで最中が気になる
送ってくれ


おつー


658以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:12424

>>1
漏れもモナカよろしく


167: 原作6巻までしか読んで俺が書いてみた 2012/02/04(土) 16:24:59.90 ID:SSr0Tl/n0

659以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19637

とりあえず俺はこのあと用事あるから
それまでに俺の部屋片付けろ


660以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19090

来るなくるなくルナくるな来るな繰るな来るな繰るな


661以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:10032
>>660
ドンマイ
10039とあとで慰めてやっから


続きます
関連記事
スポンサーサイト