FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

大佐「スネーク、今回のターゲットは両津という男だ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 11:52:47.62 ID:bOumKUoLO

大佐「今回は東京に潜入してもらう。両津という男は新型メタルギアへの対抗手段に成りうるという噂だ。」


スネーク「生身の人間がか?それはないだろう。」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 11:55:02.98 ID:hIRG0HMi0

メタルギア売ってボロ儲けシナリオか


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:01:35.24 ID:bOumKUoLO

大佐「あくまで噂だ。それを裏付ける情報を君に調査して欲しいんだ。」


スネーク「そうか。で、奴の特徴は?」


大佐「彼は警官だ。だが、この時間には恐らく派出所にはいないだろう。繁華街をウロウロしている警官がいればきっと両津だ。」


スネーク「なるほど、パトロールか?」


大佐「いや、遊びだ。パチンコ店や本屋で立ち読みしていることが多いだろうな。」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:07:34.93 ID:bOumKUoLO

スネーク「ちょっと待ってくれ。警官がそんなこと許されるはずがない。」


大佐「うむ、だからあくまで噂だ。ただし情報が全て本当だとすれば彼は脅威的な存在だ。スネーク、君以上の逸材かもしれない。」


スネーク「・・・・。」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:13:33.57 ID:bOumKUoLO

スネーク「そんな奴を相手に装備の支給もしてくれないのか?」


大佐「いいや、今回は必要がないからだ。きっと彼には麻酔銃は効かん。戦闘機の爆撃を受けても死なない男だ。下手に手を出せば君が危ないんだ。」


スネーク「ちょっと待ってくれ。まさか、人型のメタルギアなんじゃないか?」


大佐「そんなわけないだろう。頼んだぞ、スネーク。」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:20:12.35 ID:bOumKUoLO

スネーク「正気とは思えんな。」




葛飾区


スネーク(警官が繁華街にいるか?まずは派出所で情報を集めるべきだろう。)


中川「先輩、なかなか帰ってきませんね。」


麗子「ほんと。そろそろ部長が来てもおかしくない時間よ。」


中川「今日は日曜ですからね。先輩のことですから競馬かパチンコでしょう。」


スネーク(なんだと・・・?)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:31:44.73 ID:bOumKUoLO

スネーク(まったく、日本の警察はどうかしているのか。)


スネーク(細身の男が1人と、あとは女か。奴から情報を聞き出せるかもしれんな。)


CALL
大佐「ダメだスネーク!彼に手を出すんじゃない!」


スネーク「どうしたんだ大佐?」


大佐「いいか、彼は中川財閥の御曹司だ!世界を股にかける実業家なんだ!」


スネーク「なぜそいつが警察に?」


大佐「そんなことはどうでもいい!彼に手を出すな!大統領が動くことになりかねん!」


スネーク「大統領が!?そうか、女は?」


大佐「彼女は秋本カトリーヌ麗子。彼女も各国に影響する力を持っている。全く、貴様は第三次世界大戦でも引き起こそうとでも言うのか!」


スネーク(ここの警官はどうなっているんだ。)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:40:35.09 ID:bOumKUoLO

スネーク(仕方がない。奴の家は・・・?)



ニコニコ寮

スネーク「大佐、奴の住んでいる寮のロッカールームへ潜入した。」


大佐「ロッカールーム?そこには何か大事な情報があったような・・・。」


スネーク「どうしたんだ?」


大佐「うーむ。とにかく誰にも見つかるな。彼の周りには異質な人間が多い。」


スネーク「わかった。左近寺という男がいる。彼から何か探ってみよう。」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:45:42.90 ID:bOumKUoLO



換気口

スネーク(随分と散らかった部屋だな。)


左近寺「うぉーー!沙織ぃーー!!」


スネーク(随分と長いことゲームをしているな。他にすることがないのか、全く。)


左近寺「なぜだ!なぜいつもこでふられるんだ!」


スネーク(ダメだ、意味がない。違う部屋に行こう。)


ガタッ


左近寺「誰かいるのか!?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:46:28.11 ID:olm+7bJ00

左近寺とボルボコンビとどっちが強いのか


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:49:45.47 ID:bOumKUoLO

スネーク(しまった・・!とりあえずロッカールームに戻ろう)


CALL

大佐「思い出したぞ、スネーク。ロッカールームには開けてはいけない引き出しがあるんだ。」


スネーク「そんなことを言っている場合じゃない!とにかく隠れる場所を」


大佐「スネーク、だめなんだ。今は2009年だ。開けるとマズいことになる。いいな?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:51:04.57 ID:Ha4LcpTXO



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:51:41.97 ID:sA1qQhnn0



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 12:55:47.77 ID:bOumKUoLO

スネーク(何を言っているんだ?)


ガラガラッ


スネーク(人が寝ている・・!誰だこいつは・・・。確かに気味が悪いな、他の部屋に隠れよう。)


スネーク「ここでいいだろう。ミリタリーマニアか。何か装備が手にはいるかもしれんな。」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 13:20:09.73 ID:bOumKUoLO

スネーク「麻酔銃、手榴弾、ライフル・・・日本では禁止されているものばかりだな、かなりのマニアだな。サプレッサー、ショットガン、タランチュラ・・・。」

スネーク(タランチュラ?)


???「かかったな!」


スネーク「!!」


小金丸「はーっはっは、忍法『武器の中に猛毒蜘蛛の術』だ!ん、なんだボルボじゃないのか、誰だお前は。」


スネーク(しまった!)


小金丸「誰か知らんが儂の忍術を邪魔しおって。用がないなら出ていけ!」


スネーク(ん?出て行っていいのか?)

スネーク「すまない。ところで両津という男を探しているんだが。」


小金丸「両津だと?あいつは遊ぶことしか頭にないからな、こんなところにいても無駄じゃ。早く出ていけ。」


スネーク(やはり遊ぶことしか頭にないのか・・・。それにしても、俺の知っている忍者とは違うな。)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 13:21:43.91 ID:Ha4LcpTXO

ネイキッドなら迷わず食ってるな


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 13:27:32.31 ID:S95EVLIp0

大佐はスネークじゃなくゴルゴ13に依頼すべきだった


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 15:45:02.87 ID:ihdmVCYuO

スレタイで吹いたww

伝説の傭兵vs最強の警官


これは支援せざるを得ない


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 16:27:03.56 ID:bOumKUoLO

繁華街

スネーク(ん?警察がいるな・・・。)


部長「まったく両津め。仕事もせずになにをやっておるんだ。」


スネーク(なんだ、あいつが両津ではないのか)


CALL
大佐「彼は大原だ。派出所で部長と言われていただろう?彼がそうだ。」


スネーク「そうか。随分がっしりとした体格だな。強そうだ。」


大佐「ああ、彼はサムライだ。両津を抑えつける程の実力があるという噂だ。」

スネーク「なるほど。つまり彼が人型のメタルギアか?」


大佐「何を言っているんだスネーク。人型のメタルギアなんか存在しない。」


スネーク「・・・・。」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 16:37:32.27 ID:bOumKUoLO


スネーク「彼を味方につけるには?」


大佐「両津を捕らえたいと言えば協力してくれるかもしれないな。」


スネーク「なぜだ?彼は両津の上司だろう。」


大佐「とにかく、大原と接触するのは最後の手段だ。極秘任務だからな。お前が潜入したという証拠はなるべく残さないことだ。」


スネーク(さっきの忍者はいいのか・・・?)


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 16:56:40.11 ID:bOumKUoLO


スネーク「・・・大佐、聞こえるか?」


大佐「どうした?」


スネーク「ターゲットを発見した。間違いない。」


大佐「そうか、でかしたぞスネーク。しばらく彼を尾けることはできるか?」


スネーク「やってみる。」


スネーク「・・・。」


スネーク「大佐」


大佐「なんだ?」


スネーク「なぜ警察がパチンコしていることを大衆は咎めないんだ?」


大佐「日本人のわびさびというやつだろう。」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 17:03:02.58 ID:bOumKUoLO

スネーク「もう移動を始めたぞ。」


大佐「彼は貧乏だからな。お金が底をついたのだろうな。」


スネーク「おかしいな。貧乏なら働くべきだろう。」


大佐「ああ、彼はスシ屋でアルバイトもしているそうだ。しかし、借金は億単位という噂もある。残念ながら現実味のない噂ばかりで、どこまでが本当なのかはわからないがな。」


スネーク「奴は本当に警官か?」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 17:20:45.17 ID:bOumKUoLO

両津(誰かに見られているな・・・。ワシを尾行するとはいい度胸だ。ようし)

スネーク「! 大佐!」


大佐「なんだ?」


スネーク「両津がビデオのレンタルショップに入っていった。」


大佐「それがどうした。任務を続けろ」


スネーク「その、なんだ。制服のままアダルトコーナーに入っていったんだが」


大佐「・・・構わん、続けろ。不信に思われてはいけないからな、借りてくるのもいいだろう。」


スネーク「・・・。」


大佐「任務のためだ、余計なことは考えるんじゃない。」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 17:38:29.41 ID:bOumKUoLO




両津(やはり見られているな。)


両津「誰だ!コソコソしてないで出てきやがれ!!」


スネーク(マズい、バレていた)


部長「バッカモン!何が出てきやがれだ!お前には警官としての自覚がないのか!!」


両津「げっ、部長!? 違うんですよ!これには海よりも深いわけが」


部長「何が違うんだ!話は派出所でたっぷり聞いてやるから早くこい!」


両津「ほんとに違うんですよ!誰かがワシを尾行してるんだ!」


部長「わけのわからないことを言うな!どうせ身から出た錆だろう、一度誘拐でもされてみたらどうなんだ!」



スネーク(・・・誘拐してもいいのか?)


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 19:39:25.13 ID:bOumKUoLO

両津(ここで捕まってはさっきの尾行野郎が・・・)


両津「げっ?署長まで!?」


部長「何?」


ドンッ!


両津「がっはっは、部長!相変わらず単純ですね!」


部長「あっ、待てこら!両津!くっそ~」


スネーク(ビルをよじ登って逃げるとは・・・)


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 19:46:56.53 ID:bOumKUoLO


スネーク「おい、大原といったな」


大原「ん?君は誰だね。」


スネーク「俺は・・・プリスキンだ。実はSEALsが両津という男を追っているんだが」


大原「SEALsだと!?両津がまた何かやらかしたんで?」


スネーク(面倒なことになりそうだな)


スネーク「彼の噂を聞きつけてきたんだ。アメリカ海軍に迎え入れたい。さっき見させてもらったが、素晴らしい身体能力だな。」


部長「そうだったのか!いや~、ははは。私も彼には一目置いていまして。」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 20:06:48.10 ID:bOumKUoLO

スネーク(態度が変わったな。)


スネーク「それにあんたも両津の上司と言うことだ、きっと優秀な警官なんだろうな。」


部長「いやいや、私こそあのような部下がいて光栄ですよ。」


スネーク「ああ。それで俺も両津を追いたいんだ。奴の行きそうな場所は知らないか?」


部長「奴は懲りない男です、また戻ってくるでしょう。」


スネーク「そうか、済まないな。両津は俺が連れ戻そう。あんたは派出所に戻っていてくれ。」






スネーク「ちょっと待ってくれ!あんたら、メタルギアとは何か関係があるのか?」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 20:39:44.99 ID:bOumKUoLO

部長(はて?新しいゲームか何かかな?)


30分後

両津「くそ~、どこに行きやがった。」

両津(待てよ?ビデオ屋に誘導したときには付いてきたな?そうゆうやつなら・・・)


本屋

スネーク「おぉ、これは!」


CALL
大佐「スネーク、何をやっているんだ。」


オタコン「信じられないね。任務のことを忘れたのかい?」


スネーク「あ、いや・・・」


大佐「度し難いな。こうしている間にも両津は動いているんだぞ。任務に戻るんだ。」


スネーク「・・・。」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 20:49:41.16 ID:bOumKUoLO

両津(! いやがった!エロ本で誘おうと思ったが、まさか先にいたとは)


派出所

部長「はっはっは、ただいま諸君」


中川「ご機嫌ですね、部長何か良いことがあったんですか?」


部長「いやぁ~実はだな。両津がなんとSEALsから直々にスカウトされたんだよ。これでこの派出所の評価も上がるに違いない。」


麗子「両ちゃんが?信じられないわね」


部長「さっき隊員の人と話してきてな。メタルギア・・とか言っていたんだが、何のことだね?」


中川「さぁ・・・聞いたことがないですね。」


麗子「両ちゃんのことだからまた何か企んでるのかしらね」


中川(なぜメタルギアのことを・・・。)
麗子(なぜメタルギアのことを・・・。)


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 20:53:19.67 ID:w6MJ4Ylu0

これはwww


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 20:53:31.82 ID:c7nUGGSDO

まさか……


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 21:00:22.76 ID:bOumKUoLO

両津「待ちやがれ!このっ! んっ?」


ボワッ!!

両津「げほっげほっ!スモークグレネードか、素人じゃねぇな!ここらで駆けっこしてワシに勝てると思うなよ!」


スネーク「くっ、屋内に逃げ込むか!まさか追われる立場になるとは・・・!」



両津「はは~ん、葉巻の匂いだ。ここに逃げ込んだな?」


スネーク「犬かあいつは!?トイレから逃げるぞ!」


ガチャン

スネーク「個室の上に通気穴があるな。あそこだ。」


ガチャガチャ


ジョニー「入ってるぞ」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 21:12:14.55 ID:bOumKUoLO

ガチャン


両津「ここだな!なんだこのダンボールは?ええい邪魔くさい、蹴っ飛ばし・・・おや?鍵なんぞ掛けおって、出てきやがれ!」


ジョニー「入ってるぞ」


両津「騙されるかバカ!出てきやがれってんだ!」



ゴンッ!ドカバキ!


ジョニー「ひぃぃ~」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 21:29:36.73 ID:bOumKUoLO

ボルボ「両津ーっ!」


両津「ボルボじゃねえか、どうした?」


ボルボ「お前、狙われてるぞ。相手は伝説の傭兵だ。」


両津「違う!追ってるのはワシだ! あれ、なんでボルボがそんなこと知っているんだ?」


ボルボ「家に来たんだよ!爺さんが会ったんだ!」


両津「ははっ、あれで伝説の傭兵だと?爆竜大佐の方がよっぽど」



♪ファンファーレ♪


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 21:43:46.55 ID:bOumKUoLO

両津「げっ、ヘリだ!隠れろ」


爆竜「後ろだ」

ズドドドドド


両津「危ねえだろうが!何しにきた!」


爆竜「戦場で気を緩めた方が悪い、敵は待ってはくれんぞ。お前、スネークに追われているそうだな。」


両津「今知ったことだ!それに追ってるのはワシだ!」


爆竜「残念ながらこっちはアメリカ軍の味方なんだ。」


両津「待て!早まるな!ここは街だ!大勢の人がいるんだぞ!」

爆竜「ファイア!!」

ズドーーーーーン


雷電「ぐわぁ」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:01:26.44 ID:bOumKUoLO

両津「どうして爆竜大佐が絡んでるんだよ!」


中川「先パーイ!逃げてください!命が狙われてるかもしれないんです!」


両津「中川!お前も何か知っているのか!?」


中川「らりるれろ!らりるれろ!」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:14:55.95 ID:bOumKUoLO

両津「どうした中川!何を言っているんだ!?」


中川「違うんです先輩!らりるれろが」


両津「いい加減にしやがれ!お前はもういい!スネークとかいうやつはどこだ!」







スネーク(恐ろしい奴だな。)


スネーク「大佐、聞こえるか」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:18:33.82 ID:bOumKUoLO

大佐「ああ、何をやっているんだスネーク。証拠どころが名前まで筒抜けだぞ」


スネーク「すまない、しかし奴らは異常だ。日本人を侮っていた」


大佐「スネーク、落ち着くんだ。言い訳はもういい。どうやら今や両津の噂は世界中に広がっているらしいな。」


スネーク「有名人なのか?」


大佐「いや、一部の人間の中でだ。とにかくこれ以上騒ぎを」


♪ファンファーレ♪


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:28:59.31 ID:bOumKUoLO

爆竜「お前がスネークだな」


スネーク「誰だ!?」


爆竜「なかなか見所のあるやつらしいな。ちょっと娘と戦ってはみないかね?」


ジョディ「ちょっとパパ!」


スネーク「おぉ、これは! じゃなかった、断る。あんた、米軍の人間だな」






両津「おや?爆竜大佐のヘリじゃねえか!あそこだな!?」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:35:53.23 ID:bOumKUoLO

スネーク「悪いが、あんたらと協力するつもりはない。情報を集めるのが目的だからな。両津と戦うなんて考えたくもないな」


両津「見つけたぞ!やっぱりグルだったなお前ら!?」


爆竜「はーっはっは、邪魔が入ったな!逃げ切ってみろスネーク!さらばだ!」


バババババババ


両津「なんだてめえは!コソコソつけ回しがって」


スネーク「悪かったな。ただこっちにも都合があって口を割るわけにもいかないんだ」


両津「やるんなら始めからかかってきやがれってんだ!!」

ガシャーーン

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・!


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:36:46.02 ID:bOumKUoLO

両津「なんだこのロボットは・・・!お前の仕業か?」


スネーク「メタルギア・・・?日本でも製造していたのか・・・!!」


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:47:38.05 ID:bOumKUoLO

オセロット「フハハハハ。久しぶりだな、スネーク。はるばる日本にまで来た甲斐があったというものだ!」


両津「なんなんだよてめえらは!ワシを巻き込むんじゃない!!


左近寺「両津ぅーー!大変だー!」


両津「またうるさいやつが・・・。」


左近寺「日暮がいないんだ!誰かが起こしたんだよ!!」


スネーク「大佐、メタルギアだ。どうして言ってくれなかったんだ?」


大佐「いや、どうやら中国製のメタルギアだ。オセロットがわざわざ東京まで乗ってきたんだ。まったく、彼の行動力には頭が下がるな。」

スネーク「感心している場合じゃない。オタコン、何か破壊する方法は!?」


オタコン「そうだね、まずは両津を囮に・・・」


ドゴーーーーーン!!

オセロット「はっ!なんだ!?一体何が・・ぐわぁぁーー!!」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:53:43.11 ID:bOumKUoLO

スネーク(ロッカーで寝てた男じゃないか!)


日暮「両津ゥ~!やっぱりお前が関わっていたな?」

BGM→http://www.youtube.com/watch?v=gnXXjEZTCjI&feature=related




両津「違う日暮!ワシは関係ない!ワシは今」


日暮「うるさい!まとめて蹴散らしてやる!はぁぁあーーー!!」


ギューーーーン!

ドガドガドガドガ・・・!


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 22:59:28.92 ID:bOumKUoLO

キキィーー!

麗子「両ちゃん!乗って!」


両津「麗子!どうしてここに!?」


麗子「スネークよ、両ちゃんを狙ってるの。メタルギアも!逃げるわよ」


両津「メタルギア?あのロボットのことか!なんで黙ってたんだよ」


麗子「圭ちゃんから聞いてないの?」


両津「中川は頭がおかしくなってたんだ!」


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 23:04:43.72 ID:bOumKUoLO

麗子「そう。・・・日暮さんがまだ追ってきてるわ。私が巻くから両ちゃん、飛び降りて!」


両津「このスピードでか!?冗談じゃない!ワシだって生身の人間なん」


ドンッ


両津「ぐわ~~あででででで!蹴飛ばすことねえだろうが!ったく、しかし日暮は巻けたようだな。とにかくここから逃げよう。」




スネーク&両津「!」


両津「貴様!どうしてわざわざワシと合流するんだ!」


スネーク「知るか!メタルギアを生身で破壊する人間がいてたまるか!」


両津「日暮は超能力者だ!さてはお前が起こしたな!?あいつは4年に1度、オリンピックの年にしか起こしちゃいけないんだよ!!」


スネーク「大佐が言っていたのはこのことだったのか!」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 23:09:09.64 ID:0Qi5CYsUO

〉知るか!メタルギアを生身で破壊する人間がいてたまるか!
お前が言うなwwwwwww


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 23:11:25.39 ID:bOumKUoLO

日暮「いたなぁ?そこだ!!」


両津「クソっ!あいつは透視能力があるんだよ!逃げられんぞ!」


スネーク(! そうだ!)


バサッ


両津「おお、この本は! 良いものを見つけた! はっ、しまった!」


スネーク(簡単に引っかかるもんだな)


日暮「両津ゥ!!」


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 23:20:43.17 ID:bOumKUoLO

スネーク「はぁ・・はぁ・・大佐!聞こえるか!?」


大佐「スネーク!大丈夫か!?」


スネーク「ああ、なんとかな。ところで大佐、ひとつ聞きたいことがある」


大佐「どうした?」


スネーク「まさか、あいつらは・・・ギャグマンガの連中なんじゃないか?」


大佐「今更なにを言うんだスネーク。今までの話を理解していなかったのか。」


オタコン「そうだよスネーク。君は度々そうゆうことがあるからなぁ。 いいかい?これはギャグなんだ、見てくれている人に笑ってもらうための演出なんだよ。」


大佐「どうだスネーク、もうちょっと頑張ってみる気になったかね?」


スネーク「もういい!帰るっ!」




G A M E O V E R


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 23:21:53.56 ID:BsbKnxpJ0

終わったwww


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 23:22:15.89 ID:Ha4LcpTXO

ええええええええええええ


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/12(土) 23:22:31.75 ID:426jjvZ9P

乙www面白かったwww


関連記事
スポンサーサイト