FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

小鳥遊「俺は小さい子が――」ぽぷら「ロリコンは死んでいい」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 17:44:37.73 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「あ、先輩おはようございます」

ぽぷら「おっはよー、かたなしくん!!」

小鳥遊「今日は一段とちっちゃくてかわいいですね」

ぽぷら「ちっちゃくないよ!!」

ぽぷら(もういや……かたなしくんはいつもいつも私のことを……)

小鳥遊「あ~……先輩、かわいいなぁ」

ぽぷら(どうしたらやめてくれるんだろう……)

ぽぷら(うーん……)

小鳥遊「あはは~」

伊波(あ、また小鳥遊くん種島さんのことを……いいなぁ)


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 17:49:43.00 ID:Tc18PbM00

佐藤「またか」

ぽぷら「またかじゃないです!」

八千代「小鳥遊くん、本当にぽぷらちゃんのことが好きなのね」

ぽぷら「好かれてるのは分かるんだけど……」

佐藤「そんなに嫌ならちゃんと言えばいいだろ」

ぽぷら「何度も言ったけど、それでもやめてくれなくて」

佐藤「種島が小さいのが悪いな」

ぽぷら「私!?」

八千代「でも、こればっかりは……」

佐藤「そうだな、アイツに何を言っても無駄だろう。病気みたいなもんだし」

八千代「うん……」

ぽぷら「そんなぁ……」

相馬「――そんなに嫌なら魔法の言葉を教えてあげるよ」

ぽぷら「え?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 17:54:28.55 ID:Tc18PbM00

佐藤「魔法だと?」

相馬「でもね。これは危険な呪文だ」

ぽぷら「ど、どういうことですか?」

相馬「これを言っちゃうと種島さんは嫌われてしまう」

ぽぷら「き、嫌われるんですか?」

相馬「うん。もしかしたら小鳥遊くんが辞めるかもしれない」

ぽぷら「ええ!?」

相馬「それでも聞きたい?」

ぽぷら「……」

佐藤「どんな言葉だよ」

相馬「ふふ」

ぽぷら(かたなしくんが辞めちゃう……)

ぽぷら(……別にいいか)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 17:58:01.46 ID:Tc18PbM00

伊波「種島さん、三番テーブルお願いします」

ぽぷら「あ、うん!!」

ぽぷら(そうだ。伊波ちゃんはかたなしくんのことが……)

ぽぷら(かたなしくんが辞めちゃうと伊波ちゃんが悲しむ……)

ぽぷら「どうしよう……」

「オムライスとカレーライスを」

ぽぷら「……」

「あの」

ぽぷら「あ、はい。ご注文をどうぞ!」

「え……」

ぽぷら「え?」

「だから、オムライスと――」

ぽぷら「あ、すいません。思い出しました。オムライスとカレーライスですね!少々お待ち下さい!!」

「小学生が働いてていいの?」

ぽぷら「高校生です!!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:02:30.78 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「はぁ……やっと休憩かぁ」

相馬「お疲れ様」

小鳥遊「あ、はい」

相馬「そうだ。また種島さんに小さいって言ったんだって?種島さん、怒ってたよ?」

小鳥遊「そうなんですか?あんなに小さくてかわいいのに」

相馬「うーん……」

小鳥遊「どうしました?」

相馬「小鳥遊くん、種島さんのことどう思ってるの?」

小鳥遊「どういうことですか?」

相馬「いや、前々から気になってたんだけど、小鳥遊くんは種島さんのことをどう見てるのかなって」

小鳥遊「どうって……」

相馬「異性として見てるの?」

伊波(あ、小鳥遊くんと相馬さん……なんの話を……?)

小鳥遊「先輩を異性として……?」

相馬「うん」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:07:37.57 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「うーん……」

相馬「例えばだけど、種島さんとならお付き合いできたりするの?」

小鳥遊「お付き合い……先輩と俺が……」

相馬「そうそう」

小鳥遊「確かに先輩と一緒に遊んだりするのは楽しそうですね」

相馬「あ、やっぱりそう思ってるの?」

小鳥遊「はい。先輩にお菓子あげたり飴をあげたりしてみたいです」

相馬「うんうん」

小鳥遊「……確かに先輩は理想の女性かもしれません」

相馬「そっかそっか」

伊波(や、やっぱり……そうなんだ……はぁ)

ぽぷら「あれ?伊波ちゃん、どうしたの?」

伊波「種島さん……お幸せに!!」

ぽぷら「ええ!?なんのこと!?」

伊波「うわーん!!!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:11:36.77 ID:Tc18PbM00

相馬「!?」

小鳥遊「え?」

ぽぷら「え?」

相馬「い、今……伊波さんがいた?」

ぽぷら「あ、はい」

小鳥遊「先輩、休憩ですか?」

ぽぷら「うん」

小鳥遊「じゃあ、こちらへどうぞ」

ぽぷら「……相馬さんの隣に座る」

小鳥遊「そんな!?」

相馬「あーあ、ふられちゃったね」

小鳥遊「先輩……」

杏子「小鳥遊ぁー、フロアに戻ってくれ。客が多い」

小鳥遊「えぇ!?」

杏子「頼むぞ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:15:38.55 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「自分でやればいいのに……」

杏子「なんかいったか?」

ぽぷら「……」

相馬「ねえ、種島さん?」

ぽぷら「はい?」

相馬「種島さんは小鳥遊くんのこと嫌い?」

ぽぷら「嫌いじゃないけど……子供扱いはやめてほしいです」

相馬「じゃあ、魔法の言葉知りたい?」

ぽぷら「でも、それ……かたなしくんがやめちゃうんですよね?」

相馬「そう言う可能性もあるってだけ」

ぽぷら「……」

相馬(伊波さんと小鳥遊くんの仲をもっと親密にさせるためだ。ごめんね、小鳥遊くん)

相馬「聞くだけ聞いとく?」

ぽぷら「……はい」

相馬「じゃあね……小鳥遊くんに――」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:19:55.79 ID:Tc18PbM00

翌日

ぽぷら「……」

小鳥遊「あ、先輩!おはようございます!!」

ぽぷら「あ、うん……」

小鳥遊「今日も更にちっちゃくて可愛いですね~」

ぽぷら「……ねえ」

小鳥遊「なんですか?」

ぽぷら「かたなしくんは……私のこと……子供だと思ってるんだよね?」

小鳥遊「え……?」

ぽぷら「年下としか思えないって言ってたよね?」

小鳥遊「え、ええ。先輩はもう、年下にしか……見えません!!」

ぽぷら「―――これでも!?」

小鳥遊「え……どうしたんですか?体を反らして……」

ぽぷら「む、胸に注目しなさい!!!」

小鳥遊「え……っと……?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:24:03.61 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「おーら、どうだー!!こんなに胸がでかい小学生がいるかぁー?!」

小鳥遊「……」

ぽぷら「伊波ちゃんのほうがよっぽど小学生だよ!!」

小鳥遊「……」

ぽぷら「だから、伊波ちゃんにも可愛いっていってあげなさい!!」

小鳥遊「先輩……」

ぽぷら(ど、どうだろう……効いたかな……?)

小鳥遊「…………折角……折角……」

ぽぷら「あ、あれ……なんで、泣いてるの?」

小鳥遊「折角、気にしないようにしてたのにぃぃぃ!!!!!」

ぽぷら「えぇぇ!?!ちょっと、かたなしくん!!」

小鳥遊「うわーん!!」

伊波「きゃ!?」

小鳥遊「あ」

伊波「―――きゃぁぁぁ!!!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:28:52.01 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「いたた……」

佐藤「何してんだよ、お前」

小鳥遊「ほっといてください」

佐藤「小鳥遊、種島に小さいっていうのいい加減にやめとけ」

小鳥遊「……佐藤さんだって、いつも言ってるじゃないですか」

佐藤「まあな。ただ、小鳥遊の場合は洒落じゃないことが伝わってるから性質が悪い」

小鳥遊「……」

佐藤「伊波に殴るのを我慢しろって言ってんだから、お前も小さいって言うの我慢してみろ。伊波に示しがつかないぞ?」

小鳥遊「そ、そうですね……」

佐藤「どうしても可愛いって言いたいなら、伊波に向かって発散しとけ」

小鳥遊「伊波さんに……?」

佐藤「ああ。伊波の胸を見ながらだったらいけるだろ」

小鳥遊「ど、どういうことですか?!」

佐藤「お前の妄想力で伊波を小学生かなんかだと思えばいい」

小鳥遊「い、伊波さんを……?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:32:36.03 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「かたなしくん、オーダーお願い!!」

小鳥遊「あ、はい」

ぽぷら「忙しい!忙し!!」

小鳥遊「忙しそうに走り回る先輩かわ―――」

ぽぷら「え?」

小鳥遊「……・うぐぐ」

ぽぷら「早く、オーダー!」

小鳥遊「は、はい……」

小鳥遊(我慢だ……我慢……)

山田「あ……」

小鳥遊「やまだぁぁ!!」

山田「ひっ!?なんですか、いつものようにお皿を割っただけですよ!?」

小鳥遊「俺は今、イライラしているんだ……そういうことをするな」

山田「は、はい……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:35:25.16 ID:Tc18PbM00

数日後

伊波「お、おはよう……小鳥遊くん」

小鳥遊「……はよ……ます」

伊波「か、顔色悪いけど……大丈夫?」

小鳥遊「はい……」

ぽぷら「二人ともおっはよ!」

伊波「あ、種島さん」

小鳥遊「先輩、かわ―――」

ぽぷら「ん?」

小鳥遊「我慢……我慢……」

ぽぷら「どうしたの?」

小鳥遊「俺に近づかないでください!!」

ぽぷら「え!?なんで!?」

小鳥遊「嫌なんです!!」

ぽぷら「なんか知らないけど嫌われた!!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:40:28.66 ID:Tc18PbM00

杏子「小鳥遊のやつ、どうしたんだ?フラフラしてるぞ」

八千代「どうしたんでしょうね」

佐藤「相馬、お前なんか言ったか?」

相馬「え、何も?」

佐藤「あ、じゃあ、俺か」

相馬「え?佐藤君が何か言ったの?」

佐藤「種島に可愛いっていうの我慢してみろって言ったんだ」

相馬「うわぁ……それ店長にごはん食べるなって言ったようなものだよ。鬼畜だね」

佐藤「お前に言われたくない」

相馬「あはは」

ぽぷら「かたなしくん……そういえば、最近かわいいって言ってこなくなったなぁ」

伊波「そうなの?」

ぽぷら「うん……そっか、嫌われてたんだ……はぁ……やっぱり嫌われるって嫌な気分だね」

伊波(え……でも小鳥遊くんは種島さんのことが……)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:43:46.47 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「あ~……」

山田「あ……」

小鳥遊「……」

山田「な、なんですか……?今回はグラスです……よ?グラスは久しぶりですよ……?」

小鳥遊「山田、ちょっとこい」

山田「え……あの……」

小鳥遊「こい!」

山田「は、はい!!」

小鳥遊「ふぅー……ふぅー……」

山田「は、鼻息荒いです……怖いです……よ?」

小鳥遊「山田……山田でもいいや」

山田「はい?」

小鳥遊「山田……ちっちゃくてかわいいなぁ~あはは~」

山田「え?え?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:48:01.91 ID:Tc18PbM00

山田「うわーん!!!八千代さーん!!たすけてー!!!」

八千代「ど、どうしたの?」

山田「小鳥遊さんが、おかしくなっちゃいました!!!」

八千代「えぇ?」

小鳥遊「やまだぁ……もっと、もっと……抱きしめさせろ……」

八千代「ひぃ!?ちょっと、小鳥遊くん……!?目が据わってるわよ……?」

小鳥遊「ど、どいてくださいチーフ……俺は……もう、山田で我慢するしか……ないんです……」

八千代(小鳥遊くん……ついにおかしくなったのね……かわいそう)

山田「た、たすけてください!!」

八千代「ほら、こんなに怖がってるし」

小鳥遊「やまだ……こっちこい……」

山田「ひぃぃ!!怖いです!!」

杏子「おーい、仕事しろ」

八千代「杏子さん!!小鳥遊くんをとめてください!!」

杏子「あ?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:52:09.25 ID:Tc18PbM00

杏子「小鳥遊ぃー、仕事しろ」

小鳥遊「山田……山田……」

山田「ぎゃぁぁ!!!」

杏子「……いいや、あたしがやっとく」

八千代「ええ!?杏子さん逃げないで!!」

杏子「あ、いや……なんか怖いし……レジぐらいならできないこともないかもしれない」

八千代「杏子さん!!」

小鳥遊「山田……いい匂いだ……山田……」

山田「はなしてください!!」

小鳥遊「家に来るか?」

山田「行きません!!」

ぽぷら「なにやってるの!!かたなしくん!!!」

小鳥遊「せ、先輩!!」

ぽぷら「葵ちゃんから離れて!!」

小鳥遊「先輩が……先輩がちっちゃいから……ちっちゃいのがいけないんだぁぁぁ!!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:56:59.91 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「私のせいなの!?」

小鳥遊「うわーん!!」

山田「ちょ!!なんで私の腕は離さないんですか!?!」

ぽぷら「かたなしくん!!!」

佐藤「なんだ?騒々しいな」

相馬「あはは……山田さんにいっちゃったのか」

伊波(小鳥遊くん……)

ぽぷら「一体なにがあったんですか?」

八千代「それが……小鳥遊くん、ついにおかしくなったみたい」

佐藤「アイツは前からおかしかっただろ」

相馬「そうかな?ここの良心だったと思うけど」

佐藤「まあいいや。めんどくさそうだし」

相馬「種をまいたのは誰かな?」

佐藤「肥料をまいたのはお前だ」

相馬「同罪ってこと?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:02:46.92 ID:Tc18PbM00

伊波「はい。では、少々お待ち下さい」

小鳥遊「はぁ……」

山田「いい加減、離してください!!ていうか、力が強い……です!!」

伊波「小鳥遊くん!?ど、どうしたの?手を握ってるけど……」

小鳥遊「伊波さん……」

山田「伊波さん!!私から小鳥遊さんを引き離すの手伝ってください!!」

伊波「え……あ、いや……私は……手伝えない……」

山田「そんなぁ!?」

小鳥遊「それでは」

伊波「ちょっと!!店内で手を繋いでたら変だって思われるよ!!」

小鳥遊「だいじょうぶです。こいつは研修生バッチをつけているので、研修してるんだなぁって思ってくれます」

伊波「あ、なるほど」

山田「納得しないでください!!」

小鳥遊「じゃあ」

伊波「あ……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:09:46.89 ID:Tc18PbM00

伊波(小鳥遊くん……山田さんのことが……?)

伊波(でも、この前は種島さんのことがって……)

ぽぷら「伊波ちゃん、大変だよ!!」

伊波「え?」

ぽぷら「かたなしくんが頭おかしくなっちゃったんだって!!!」

伊波「えぇ!?」

八千代「山田さんを離そうとしなくて」

伊波「それって……?」

佐藤「種島、ちょっとこい」

ぽぷら「なんですか?」

佐藤「お前、小鳥遊に可愛いって言われなくなってさびしくないか?」

ぽぷら「え……あ、うん……でも、子供扱いはしないようになってくれたから、まあ、いいんですけど」

佐藤「でも、物足りないだろ?」

ぽぷら「そ、そうですね……すこし」

佐藤「なら、小鳥遊に言ってこい。『可愛いっていってもいいよ』ってな」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:13:24.59 ID:Tc18PbM00

伊波「はぁ……もう小鳥遊くんのことがよくわかんない……」

小鳥遊「あ」

伊波「え……休憩……?」

小鳥遊「店長……休憩時間を間違えたな……」

伊波「あ、あの……山田さんは?」

小鳥遊「山田はまだ休憩じゃないんで」

伊波「そうなんだ……離そうとしないって聞いてたから……」

小鳥遊「流石に公私混同はしませんよ」

伊波「そ、そうなんだ……」

小鳥遊「……」

伊波「……え?」

小鳥遊「伊波さん……」

伊波「な、なに……?え……なに、そんなに見つめないで……」

小鳥遊「ふぅー……ふぅー……」

伊波「小鳥遊くん……?あの……鼻息、荒いけど……熱でも、あるの?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:16:52.29 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「伊波も……小さい……」

伊波「へぇ!?」

小鳥遊「伊波さんも……小さいんですね……」

伊波「な、なにが!?」

小鳥遊「伊波さん!!!」

伊波「やめてぇぇ!!近付かないで!!!」

小鳥遊「ぐふ!?―――伊波さん」

伊波「うそっ!?吹っ飛ばない!?」

小鳥遊「伊波さん……伊波さん……」

伊波「ちょ……やめて……離して……」

小鳥遊「伊波さんも小さい……かわいい……」

伊波「小鳥遊くん……こんなところじゃ……ダメ……」

小鳥遊「伊波さん、俺……」

ぽぷら「ぎゃぁぁぁぁ!!!!!!小鳥遊くんが伊波ちゃんを食べようとしてるぅぅぅぅ!!!!」

小鳥遊「先輩!?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:21:00.09 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「小鳥遊くん!!駄目だよ!!そういうことはお家でしなさい!!」

伊波「種島さん!!もっと根本的なところを注意して!!」

小鳥遊「先輩……」

ぽぷら「小鳥遊くん……あの……もういいから」

小鳥遊「何がですか?」

ぽぷら「私のこと可愛いって……言ってもいいよ?」

小鳥遊「……」

伊波(な……!?種島さん……も……小鳥遊くんのことが?!)

ぽぷら「ほ、ほら……いつもみたいに――」

小鳥遊「違う」

ぽぷら「え?」

小鳥遊「先輩は小さくない」

ぽぷら「ええ!?嬉しいけどなんか悲しい!!」

小鳥遊「……すいません。少し外にいます」

ぽぷら「小鳥遊くん!?どうしちゃったの!?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:24:37.52 ID:Tc18PbM00

翌日

杏子「小鳥遊は今日休むって」

ぽぷら「そうですか」

伊波「……」

佐藤「なんかあったのか?」

ぽぷら「えと……」

相馬「小鳥遊くんが伊波さんを襲ったんだよね」

伊波「ち、違います!!」

佐藤「更衣室からでて言えよ」

相馬「佐藤君だって」

杏子「まあ、今日は暇だろうし、いいんだけど」

ぽぷら「はぁ……」

伊波(小鳥遊くん……本当にどうしちゃったんだろう?)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:29:19.55 ID:Tc18PbM00

なずな「おにいちゃーん!ごはんはー?」

小鳥遊「……なずな」

なずな「なに?」

小鳥遊「……ちょっとこい」

なずな「ん?」

小鳥遊「……」

なずな「な、なに?」

小鳥遊「……」

なずな「ちょっと、お兄ちゃん?」

小鳥遊「……やばい」

なずな「ど、どうしたの?」

小鳥遊「……やばーい!!!!」

なずな「お兄ちゃん!?どうしたのお兄ちゃん!?」

小鳥遊「俺は小さいのが好きなんだ!!!」

なずな「なにいってるの!?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:32:04.53 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「なずな!」

なずな「はい!?」

小鳥遊「起立しろ!!」

なずな「え……もう立ってるけど」

小鳥遊「ちゃんと立て!!」

なずな「う、うん!」

小鳥遊「……よし」

なずな「な、なに……?」

小鳥遊「ふぅ……なずなでもいいか」

なずな「何が?」

小鳥遊「……だめだ!!妹になんてことを!!うぉぉぉ!!!」

なずな「お、おにいちゃん……?」

小鳥遊「なずな!!俺はロリコンじゃない!!いいな!!」

なずな「へぇ!?」

小鳥遊「俺は小さいのが好きなだけだ!!小さい子が!!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:38:50.84 ID:Tc18PbM00

佐藤「そうか……ふられたのか」

ぽぷら「ふられてないよ!!」

相馬「でも、違うって言われちゃったんでしょ?」

ぽぷら「何が違うのかな?」

佐藤「可愛くない……ってことだろ?」

ぽぷら「なんかショック!?」

相馬「だろうねえ。今まで可愛い可愛いって散々言われてきたから」

ぽぷら「う、うん……かたなしくんに可愛いって言われないの……なんか複雑で」

佐藤「やっぱり内心じゃあ可愛いって言われるの好きだったんだろ?」

ぽぷら「そ、そうかも」

相馬「でも、困ったね。小鳥遊くんの価値観が我慢したことで変わったのかも」

佐藤「どういうことだ?」

相馬「小さければ何でもよくなってきたんじゃない?でも身長は彼にとってどうでもよくなった」

佐藤「つまり、でかさじゃなく、他のポイントで可愛いかどうか判断してるってことか」

相馬「そういうこと」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:43:09.01 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「そうなのかな?」

相馬「じゃないと伊波さんを襲おうとしたりはしないでしょ」

佐藤「だろうな。アイツ、一定の距離は開けてたし」

相馬「さて、小鳥遊くんはどこで可愛いかどうかを判断しているのでしょうか?」

ぽぷら「うーん……伊波ちゃんが小さくて、私が大きい物……」

伊波「あれ?種島さん、どうかしたの?」

ぽぷら「あ、伊波ちゃん」

佐藤「……うそだろ?」

相馬「でも、それしか考えられないよ。山田さんにもご執心だったし」

佐藤「あいつ……そのうち子どもを襲うんじゃないか?」

相馬「誰のせいだろうね」

佐藤「さてと、厨房に戻るか」

相馬「誰のせいかな~」

佐藤「うるせい」

伊波「……?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:47:21.37 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「ねえねえ、伊波ちゃん」

伊波「な、なに?」

ぽぷら「伊波ちゃんが小さくて、私は大きいっていったら何だと思う?」

伊波「えーっと……」

ぽぷら「……?」

伊波「…………ね」

ぽぷら「え?なに?よくきこえない」

伊波「………む………」

ぽぷら「伊波ちゃん、もっと大きな声で!!」

伊波「種島さん酷いよ!!」

ぽぷら「えぇ!?」

伊波「なんでそんな意地悪言うの!?」

ぽぷら「なにがぁ!?」

伊波「うわーん!!!種島さんのおっぱいおばけー!!!」

ぽぷら「おっぱいおばけじゃないよ!!!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:51:25.16 ID:Tc18PbM00

翌日

小鳥遊「……すいませんでした。突然休んでしまって」

杏子「いやいい。お前、最近やばかったからな、色んな意味で」

八千代「大丈夫?」

小鳥遊「はい……もう、大丈夫です。というか家に居る方が何かと危険で」

八千代「どういうこと?」

小鳥遊「……なずなが……小さくて」

八千代「なずなちゃん?なずなちゃんって」

杏子「ランドセルが似合わないぐらいでかいぞ」

小鳥遊「……」

杏子「おい。あと一週間ぐらい休むか?」

小鳥遊「……だいじょうですよ」

杏子「客の子どもを襲うなよ?」

小鳥遊「……」

杏子「……否定はしろ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:55:26.75 ID:Tc18PbM00

杏子「ちっ……山田ぁー」

山田「なんでしょう!?」

杏子「お前、今日は小鳥遊と一緒にいろ。ずっとだ。仕事はしなくていい」

山田「ええ!?それだったら仕事したいです!?」

杏子「拒否権はない。店長命令だ」

山田「そ、そんなぁ……」

小鳥遊「……いこうか、山田」

山田「いたっ……そんなに強く腕を掴まないでください!!」

八千代「杏子さん……良かったんですか?」

杏子「今の小鳥遊は何をするかわからん。とりあえず、安定剤はいるだろ」

八千代「それが……」

杏子「山田だ」

八千代「……」

杏子「……腹減った」

八千代「あ、今パフェをつくりますね」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:58:19.62 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「ご注文は?」

「えーと……」

小鳥遊「なんですか?」

「あの、その子は?」

山田「手を離してください!!」

小鳥遊「研修中です」

「あ、そうですか」

小鳥遊「ご注文をど―――」

伊波「いらっしゃいませー!何名様ですか?」

「二名です」

幼女「お子様ランチがいいなー」

小鳥遊「……」

山田「あの……」

「―――で、お願いします」

山田「あ、はい。畏まりました」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:01:20.07 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「……山田。伝票は打っておいたから」

山田「え?」

小鳥遊「……」

山田「あ、ちょっと、小鳥遊さん!!どこに行くんですか!!」

小鳥遊「……オーダーをききにいく」

山田「ちょっと……」

幼女「わーい」

伊波「お水をお持ち―――」

小鳥遊「……ご注文をどうぞ」

幼女「え」

伊波「小鳥遊くん!?」

小鳥遊「……」

幼女「ひぃ」

「あ、あの娘になにか?」

小鳥遊「……可愛い……」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:04:56.43 ID:Tc18PbM00

伊波「だ、だめ!!」

小鳥遊「ごふ!?―――なんですか?」

伊波「こ、こっちに来て!!」

ぽぷら「あれー?伊波ちゃん、かたなしくん?!」

ぽぷら(今……伊波ちゃんがかたなしくんの腕を引っ張ってた……)

八千代「どうかしたの?」

ぽぷら「い、いまのみました!?」

八千代「え、ええ……」

ぽぷら「あの伊波ちゃんがかたなしくんの腕を……腕を……!!」

八千代「あ、そういえば」

ぽぷら「これは大進歩……がんばれ伊波ちゃん!!」

八千代(大丈夫かしら?)

ぽぷら(でも……なんか複雑……)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:09:24.16 ID:Tc18PbM00

伊波「小鳥遊くん……流石にお客さんにあんな目を向けちゃだめじゃない」

小鳥遊「……」

伊波「今日はその、男性のお客さんのオーダーを聞いてくれればいいから」

小鳥遊「……それ。いつもと変わらないですよね?」

伊波「う……」

小鳥遊「……それより、腕を離してくれませんか?」

伊波「え……きゃぁぁぁ!!!」

小鳥遊「ごふ!?」

伊波「はぁ……はぁ……い、いつの間に……」

小鳥遊「いたた……」

伊波「小鳥遊くん……本当になんか変だよ?やっぱりしばらく休んだ方が……」

小鳥遊「……伊波さん」

伊波「はい……?」

小鳥遊「……やっぱり伊波さんがいい」

伊波「なにが……?どこ、みてるの?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:15:25.28 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「……伊波さん。今度、家に来てください」

伊波「な、なんで!?」

小鳥遊「このままじゃあ、俺……とんでもないことをしてしまいそうで……」

伊波「ど、どうして?」

小鳥遊「……軽蔑してくれても構いません……罵ってくれても結構です……」

伊波「小鳥遊くん?」

小鳥遊「俺!!胸の小さい子が好きなんです!!」

伊波「はぁ!?」

小鳥遊「そのことに気づいてしまった……しかも……小さければ小さいほどいい……と」

伊波「ちょ……え……?」

ぽぷら(いた……なんの話だろう?)

小鳥遊「俺……もう小さい子ばかりに目を向けてしまって……うぅ……いつも我慢するのに苦労してるんです」

伊波「あ、あの……」

ぽぷら(ええぇ!?―――もしかして、かたなしくん……私のことが好きすぎて……変に……?)

小鳥遊「だから……伊波さん!!伊波さんがいいです!!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:20:01.96 ID:Tc18PbM00

伊波「…………」

小鳥遊「伊波さん、しばらく俺の傍にいてくれませんか?伊波さんでストレスを発散します」

伊波「…………」

小鳥遊「あれ?伊波さん?伊波さん!?――立ったまま気絶してる」

ぽぷら(かたなしくん……仕事に支障がでるぐらい私のことを……)

ぽぷら(で、でも、だからって……他の女の子で我慢するなんて、伊波ちゃんにも私にも失礼だよ!!)

ぽぷら「……」

相馬「なにしてるのー?」

ぽぷら「相馬さん!?」

相馬「んー?誰かいるのー?」

ぽぷら「いません!!ほらほら、仕事にもどったもどったー!!」

相馬「そ、そう?」

小鳥遊「伊波さん!?しっかり!!伊波さん!!」

伊波「……………」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:23:49.84 ID:Tc18PbM00

佐藤「伊波が小鳥遊に告られた?」

相馬「そう。びっくりでしょ?」

佐藤「……そりゃよかったな。こっちとしては万々歳だ」

相馬「先を越されちゃったね」

佐藤「切るぞ?」

相馬「包丁は本当に危ないから、佐藤君……」

佐藤「でも、本当にいいことだ。伊波の男嫌いもこれでかなり緩和されるだろ」

相馬「だね」

佐藤「―――おし、できた。種島、もってけ」

ぽぷら「……」

佐藤「おい」

ぽぷら「……」

佐藤「チビ」

ぽぷら「チビじゃないよ!!!」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:28:08.96 ID:Tc18PbM00

佐藤「なにをぼーっとしてんだ」

ぽぷら「べ、べつに……」

相馬「あははー、小鳥遊くんが伊波さんと付き合っちゃったらもう可愛いって絶対に言われなくなるもんね」

佐藤「なんだ、小鳥遊のやつモテモテだな」

ぽぷら「そんなんじゃないよ!!!!」

相馬「押してダメなら」

佐藤「引いてみろか……」

相馬「佐藤君の場合は引いちゃったらお終いだけどね」

佐藤「切る」

相馬「だから危ないって!!!」

ぽぷら「はぁ……」

佐藤「……」

相馬「佐藤くん!!早く包丁をまな板において!!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:33:28.91 ID:Tc18PbM00

杏子「小鳥遊ぃー、伊波が早退したぞ。どうしてくれる?」

小鳥遊「すいません」

山田「だから……いい加減に手を離して……くださ……もういいです」

杏子「まあ、いい。小鳥遊、お前伊波の分も働けよ」

小鳥遊「分かりました」

山田「山田もがんばります!!」

杏子「お前の仕事は小鳥遊を精神を穏やかにすることだ。そのままでいい」

山田「は、い」

小鳥遊「では、仕事に戻ります」

杏子「客には手をだすなよー」

小鳥遊「……」

杏子「否定はしろって」

ぽぷら「あ、あの!!杏子さん!!」

杏子「なんだぁ?」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:38:01.76 ID:Tc18PbM00

翌日

杏子「わかった……まあ、いい。ああ、じゃあな」

八千代「杏子さん、どうしたんですか?」

杏子「伊波は今日も休むって。動悸が激しいらしい」

八千代「な、なにか病気ですか?」

杏子「知らん。でも、電話口でハァハァ言ってた」

八千代「大丈夫かしら……」

杏子「―――八千代」

八千代「はい。特製パフェです」

杏子「すまんな」

八千代「いえいえ」

山田「今日も小鳥遊さんと手を繋ぐだけの仕事が始まります……はぁ」

杏子「あ、山田。今日は普通に仕事してていいぞ」

山田「え?」

杏子「今日は種島がやるって」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:43:03.93 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「……おはようございます」

佐藤「おう」

相馬「おはよ」

小鳥遊(早く伊波さんに会わないと……なずなのことを見ているだけでフラストレーションが……溜まっていく)

小鳥遊「伊波さん……」

杏子「よお、小鳥遊。残念だが伊波は休みだ」

小鳥遊「ぇぇえええ!?!!?」

杏子「体調が悪いらしい」

小鳥遊「そんな!!!僕のこのストレスは伊波さんじゃないと!!!」

杏子「知らんが」

小鳥遊「あぁぁ……今日伊波さんに会えるから……なんとか昨日を乗り切ったのに……」

杏子「その代り」

小鳥遊「……山田でしょ?はやく持ってきてください」

ぽぷら「―――かたなしくん!!!今日は私だよ!!」

小鳥遊「……はっ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:47:31.53 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「八千代さぁぁぁぁん!!!!」

八千代「どうしたの?!」

ぽぷら「かたなしくんに鼻で笑われたぁ!!」

八千代「あらあら」

佐藤「すげえな。あの小鳥遊が種島を拒否するか」

相馬「あはは」

佐藤「笑い事じゃねえだろ」

相馬「どうして?」

佐藤「このままじゃ種島が辞める」

相馬「……ああ」

佐藤「これ以上、この店の良心を失うわけにはいかないだろ?」

相馬「佐藤くんは苛める相手がいなくなるのが嫌なだけでしょ?」

佐藤「相馬、なんとかしろ」

相馬「なんとかって……」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:52:28.05 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「店長!!どうして山田を僕にくれないんですか!?」

杏子「お前は山田を嫁にする気か」

小鳥遊「あんな奴いりません!!」

山田「……本人が隣にいますけど、はっきりいいますね」

杏子「種島が願い出たんだ。私なら小鳥遊をなんとかできるって」

小鳥遊「意味がわかりません」

杏子「あたしもわからん」

小鳥遊「じゃあ、山田を連れていきますよ」

杏子「小鳥遊。これは店長命令だ。今日は種島と手を繋いで仕事しろ」

小鳥遊「嫌です!!」

杏子「お前……変わったな」

小鳥遊「変わったんじゃありません。気付いただけです。――小さい子が好きなことに!!!」

杏子「……きもい」

小鳥遊「では、山田を」

杏子「駄目だ。つーか、一時間でいいから種島と仕事しろ。種島用の研修生バッチも作ったんだから、やれ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:57:52.01 ID:Tc18PbM00

相馬「あ、種島さん」

ぽぷら「はい?」

相馬「こっちにきて」

ぽぷら「なに?」

相馬「種島さんは今、小鳥遊くんをどうしたいの?」

ぽぷら「どうって……」

相馬「つまり、自分に振り向かせたいのかどうかってこと」

ぽぷら「そ、そんなつもりは……」

相馬「じゃあ、どうしてあんなことを店長に言ったの?」

ぽぷら「それは……かたなしくんがお客さんに手を出さないようにって」

相馬「そっか……」

相馬(やっぱり種島さんは小鳥遊くんのことを……これは面白い)

相馬「じゃあ、あれをしてみたらどうかな?」

ぽぷら「え?」

相馬「轟さんに頼んでみるといいよ。はい、これ。上手く使ってね」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:01:55.73 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「八千代さん……あのぉ」

八千代「どうかした?」

ぽぷら「更衣室にきてください」

八千代「え、ええ」

ぽぷら「すいません」

相馬「ふふふーん♪」

佐藤「お前、何を吹き込んできた?」

相馬「今の小鳥遊くんは自分を見失ってるだけ。つまり、それに気付かせてあげればいい」

佐藤「どういうことだ?」

相馬「要はさ、小鳥遊くんが種島さんがちっちゃくて可愛いっていう原点に戻ればこの一件は万事解決するわけでしょ?」

佐藤「まあな」

相馬「なら、方法は一つ」

佐藤「あ?」

相馬「種島さんを小さくするしかないじゃない」

佐藤「……?」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:05:44.00 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「く、苦しいけど……これで何とか……」

八千代「大丈夫?さらしを巻くのはあまりいいとは」

ぽぷら「かたなしくんの為だもの……がんばります!」

八千代「がんばって」

ぽぷら「かたなしくん!!!」

小鳥遊「なんですか―――あぁぁぁぁぁ!!!?!?!!?」

ぽぷら「ど、どう……もうおっきいところはないよ」

小鳥遊「先輩……先輩が……ちっちゃい……」

ぽぷら「こ、これで私と仕事してくれる?」

小鳥遊「します!!というかさせてください!!!」

山田「あ……」

小鳥遊「山田、邪魔だ」

山田「えぇ……」

小鳥遊「さあ、先輩!手を繋いで仕事を。今日はフルタイムで!!」

ぽぷら「う、うん!がんばろうね!!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:10:41.57 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「はぁ……先輩……先輩……♪」

ぽぷら「あの……そんなにくっつかないで……」

小鳥遊「先輩がかわ……あ、うぐ」

ぽぷら「あ、か、可愛いっていっても……いいよ?」

小鳥遊「先輩……」

ぽぷら「今だけ!今だけだからね!!」

小鳥遊「先輩……ちっちゃくて可愛い!!可愛い!!かわいいですぅぅ!!!」

ぽぷら「あぅぅ~」

相馬「効果覿面」

杏子「おい。あれ見る人によっては警察呼ばれないか?」

佐藤「まあ、店の中だけなら大丈夫だろ」

八千代「まだ微笑ましいぐらいですし」

小鳥遊「先輩ぃ~かわいい~」

ぽぷら「もう……あまえんぼさんなんだから、かたなしくんは」

佐藤「微笑ましいか、あれ?」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:14:48.39 ID:Tc18PbM00

翌日

伊波「あ、すいませんでした……昨日、一昨日は……」

杏子「体はもういいのか?」

伊波「あ、はい」

杏子「ならいい。今日はしっかり働いてくれ」

伊波「あ、あの……今日小鳥遊くん……は?」

杏子「もういるぞ」

伊波「そ、そうですか……」

伊波(はぁ……どうしよう……私……まだ小鳥遊くんへの返事……言えてないし)

伊波(緊張してきた……どうしよう……どうしよう……)

杏子「どうでもいいが、壁を殴るな。壊したら給料から天引きだぞ」

伊波「はっ!!すいません!!」

杏子「がんばれよ」

伊波「はい!!」

杏子「……色々と」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:19:50.41 ID:Tc18PbM00

伊波「―――え」

小鳥遊「先輩、今日もかわいいですね~」

ぽぷら「え、そうかな?」

小鳥遊「ええ、もうすっごく!!!」

ぽぷら「ありがとっ!」

伊波「あれ?あれ?」

佐藤「伊波、これもってけ」

伊波「はい」

相馬「これもね」

伊波「あの……」

佐藤「日常が戻ってきただけだ。何も問題ない」

伊波「いや……でも……」

小鳥遊「先輩……」

ぽぷら「かたなしくん……」

伊波「いや!?あの二人、なんか違う!?」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:38:27.05 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「先輩、お客さんがきましたよ?」

ぽぷら「あ、じゃあ行こっか!」

小鳥遊「はい!!」

伊波「え……なんで種島さん、研究生バッチをつけて小鳥遊くんと手を繋ぎながら仕事してるの?」

山田「伊波さん」

伊波「山田さん……あれは?」

小鳥遊「先輩っ♪」

ぽぷら「かたなしくんっ♪」

山田「伊波さん……種島さんの胸に注目です」

伊波「え……あ!?種島さんの胸がない!?」

山田「そうです。種島さんに胸がないんです。それで小鳥遊さんは余計変になっちゃいました。もう山田に見向きもしません」

伊波「そ、そうなんだ……」

山田「伊波さん……種島さんから小鳥遊さんを取り返しましょう」

伊波「ええ!?」

山田「なんか懐いていた猫が他人に奪われたみたいで悔しくないですか!?」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:43:05.28 ID:Tc18PbM00

伊波「でも……元々小鳥遊くんは……種島さんのことが好きだったわけで……」

山田「伊波さんは悔しくないんですか!?」

伊波「……でも」

小鳥遊「先輩!お水を運びましょう!」

ぽぷら「いいねいいね!運ぼうよ、かたなしくん!」

伊波「幸せそうだし……邪魔しちゃ悪いかなって」

山田「だめですよ!!ここで引いたら一生、小鳥遊さんは種島さんの虜になっちゃいます!!」

伊波「……!?」

山田「伊波さん……それでもいいんですか?」

伊波「だけど……」

小鳥遊「あはは」

ぽぷら「あはは」

伊波「……きっと勝てない」

山田「もう!意気地なし!!」

相馬「―――なにしてるのー?仕事しないとおこられるよ?」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:47:20.10 ID:Tc18PbM00

山田「相馬さん!?」

伊波「……」

相馬「そっかぁ。あの二人のことだね」

相馬「本当に幸せそうだもんね」

山田「流石にあそこまでやられると妬きます」

相馬「山田さんも小鳥遊くんのことが好きなの?」

山田「好きというか、お兄さんにしたいです。妹はお兄さんを取られるのが嫌です」

相馬「あっそ。で、伊波さんは?」

伊波「え?」

相馬「やっぱり、妬いてる?」

伊波「そ、そんなこと……」

相馬「あの二人の仲を引き裂いて、尚且つ伊波さんに振り向かせる方法はあるけど、どうする?」

伊波「え!?」

相馬「まあ、小鳥遊くんは種島さんのことを大嫌いになってここを辞めちゃうかもしれないけど」

伊波「そ、そんな……」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:52:07.96 ID:Tc18PbM00

相馬「まあ、その方法を聞きたくなったらいつでも電話してよ」

伊波「……」

相馬「というか、想像をつくだろうけどね」

伊波「はい……種島の胸を戻せばいいだけですよね?」

相馬「そういうこと」

伊波「……」

相馬「じゃね」

山田「では、早速」

伊波「まって!!」

山田「な、なんでですか!?」

伊波「小鳥遊くんが辞めちゃったら、意味がないよ!!」

山田「え……」

伊波「小鳥遊くんが辞めたら……もう会えないし……」

山田「何を言ってるんですか!!伊波さんか山田が小鳥遊さんとお付き合いすればいつでも会えますよ。ごく自然に連絡だって取り合えます」

伊波「えぇぇ!?何言ってるの!?!」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:52:54.70 ID:edS0zrzy0

伊波さん怖い((((;゜Д゜)))


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:57:19.60 ID:bnT1X1a80

種島wwwwwwww


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:57:23.81 ID:Tc18PbM00

佐藤「相馬」

相馬「なにー?」

佐藤「お前はなにを吹っかけてんだ。小鳥遊が辞めたら伊波も種島も辞めかねないぞ?」

相馬「それはありえないよ」

佐藤「どういうことだ?」

相馬「あの伊波さんが二人の仲を引き裂く方法を選ぶはずがないからね」

佐藤「じゃあ、どんな方法をとるっていうんだ」

相馬「あの伊波さんだよ?そんなの決まってるじゃないか」

佐藤「意味がわかんねえ」

相馬「伊波さんなら……二番目でいいとか言いだすよ」

佐藤「な……」

相馬「いやぁ……これから本当に仕事場が楽しくなりそう」

佐藤「だから吹っかけたのかよ」

相馬「方法を突きつけて結果が容易に想像できれば伊波さんは実行しないからね。性格的に」

佐藤「お前……」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:01:50.50 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「先輩、今日は暇ですか?」

ぽぷら「うん。暇だよ」

小鳥遊「じゃあ、家に来ませんか?」

ぽぷら「え、いいのー?」

小鳥遊「先輩なら大歓迎ですよ~!!」

ぽぷら「じゃあ、お邪魔しようかな~」

伊波「じー……」

山田「じー……」

小鳥遊「ん?なんですか?見世物じゃないですよ?」

ぽぷら「あ、伊波ちゃん……」

伊波「……あの小鳥遊くん?」

小鳥遊「なんでしょうか?」

伊波「……この前……私がいいっていってくれ、たよね?」

小鳥遊「いや、もう先輩がいるんで。伊波さんは結構です」

伊波「……そ、んな……」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:02:32.69 ID:LYAgGC3V0

さすがにひでえwwwwwwwww


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:03:12.50 ID:wP+y5kbu0

このかたなしはダメなかたなし


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:03:37.79 ID:UVOVG6E00

でもかたなしくんならいいかねない


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:06:19.69 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「伊波ちゃん……」

伊波「種島さん……ひどい……私の気持ち……知ってるくせに……」

ぽぷら「あの……えと……これは勢いで……」

伊波「うぅ……」

山田「小鳥遊さんは一体、誰が好きなんですか?みんなに告白しておいてどういうことですか!?ハーレムでも作るんですか!?」

小鳥遊「何を言ってんだ?」

ぽぷら「そ、そうだよ!!かたなしくん!!!」

小鳥遊「え?」

ぽぷら「わ、私と伊波ちゃん、どっちが好きなの!?」

小鳥遊「先輩」

ぽぷら「即答!?」

伊波「ふぇ」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:11:22.29 ID:Tc18PbM00

ぽぷら「それ、本気でいってる……?」

小鳥遊「ええ。もう先輩以外に俺の伴侶はいません」

ぽぷら「伴侶?!もうかたなしくんの中では私達結婚してるの!?」

伊波「うぅ……お幸せに!!!」

山田「あ、ちょっと!!ここで逃げても何の解決にもなりませんよ!!」

伊波「でも!!でも!!!」

ぽぷら「あぁ……伊波ちゃん……でも……かたなしくん……あぁぁ……」

ぽぷら(今更だけど……私、大変なことをしちゃったんじゃぁ……)

小鳥遊「さあ、先輩。俺の家で何をしましょうか?」

ぽぷら「あ、あの……」

伊波「うわーん!!山田さん!!離して!!ここに居たくないの!!!」

山田「逃げちゃ駄目です!!」

佐藤「――小鳥遊、ちょっといいか?」

小鳥遊「佐藤さん?」

ぽぷら「ど、どうしたの?」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:15:52.04 ID:Tc18PbM00

佐藤「お前、種島のどこが好きなんだ?」

小鳥遊「え?それはもちろん―――」

佐藤「小さいところか?」

小鳥遊「正確には小さくて可愛いところです」

ぽぷら「……小さいは余計だよ」

佐藤「じゃあ、伊波も山田もそうだろ」

伊波「え!?」

山田「山田、いつのまにか佐藤さんを虜にしちゃったんですか?!」

佐藤「ちげーよ」

小鳥遊「いや、伊波さんは小さいですが、先輩には叶いませんし」

ぽぷら「なんかここで言われると困る!?」

伊波「うぅ……そうだよね、種島さん可愛いもんね……」

ぽぷら「伊波ちゃんまで!?」

佐藤「その小さいって……胸のことだろ?―――種島は今、さらし巻いてるだけだぞ?」

小鳥遊「………」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:23:00.36 ID:Tc18PbM00

佐藤「小鳥遊、例えばの話だ。このまま順調に種島と付き合っていくとして、そのうち種島の裸を見る時もあるだろう」

ぽぷら「佐藤さん!?!何言ってるの!?」

小鳥遊「先輩の裸なんてみません!!!」

ぽぷら「それはなんか女の子としては傷つくよ!!」

佐藤「なんで見ないんだ?」

小鳥遊「だって……」

佐藤「なんだ……分かってるのか。ならいい」

伊波「え……?」

山田「どういうことですか?」

佐藤「種島、さらし外してこい」

ぽぷら「で、も……そうしたらかたなしくんが」

佐藤「いいんだ」

ぽぷら「い、いいの?かたなしくん?」

小鳥遊「先輩……俺は……」

小鳥遊「小さい子が……好きなんです……」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:28:25.54 ID:Tc18PbM00

杏子「お疲れ」

相馬「はい」

佐藤「種島、小鳥遊は?」

ぽぷら「あれから誰とも喋ってないみたいで」

佐藤「そうか」

伊波「小鳥遊くん……」

小鳥遊「……なんですか?」

伊波「えと……」

佐藤「結局、小鳥遊は種島のことを好きなんじゃない。ただ可愛がりたかっただけだな」

ぽぷら「そう、なの?」

相馬「やっぱり、小鳥遊くんはロリコンだったってこと?」

佐藤「さあな。ただの貧乳好きなのかロリコンかはアイツの答え次第だろうな。―――じゃ、お疲れ」

相馬「佐藤くんって、本当に他人のことばっかりだよね」

佐藤「よし。車の前に立て」

相馬「轢き殺す気!?」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:33:04.32 ID:Tc18PbM00

翌日

小鳥遊「はぁ……」

杏子「なにやってんだ。休憩はとっくに終わってるぞ?」

小鳥遊「店長……」

杏子「……どうした?」

小鳥遊「俺……もう、辞めてもいいですか?」

杏子「いきなりだな」

小鳥遊「先輩と伊波さんにきっと嫌われた……」

杏子「だから辞めるのか」

小鳥遊「だめですか?」

杏子「いや。いいんじゃないか。バイトは所詮、環境が物を言う。人間関係が上手くいかないなら辞めた方が身のためだ」

小鳥遊「……」

杏子「小鳥遊、お前はそれでいいなら今日限りで辞めてもいいぞ?」

小鳥遊「店長……俺は……」

杏子「ただ、あたしはお前を一生軽蔑するがな。お前は二人から逃げたことになる。そういうのは好かん」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:38:54.20 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「……」

杏子「お前はロリコンなんだろう?なら、種島でいいじゃないか」

小鳥遊「いや……」

杏子「胸がでかいのがネックなのか。じゃあ、伊波だな」

小鳥遊「それも……」

杏子「んじゃ、間をとって山田か。ダークホースだな」

小鳥遊「俺の気持ちをかき乱すな!!!」

杏子「男の癖にウジウジするな。鬱陶しい」

小鳥遊「でも……どうしたら……」

杏子「まあ、辞めるなら早いうちにたのむ。こっちも色々と書かなきゃいかんし、給料の計算もめんどいから」

小鳥遊「わ、わかりました」

杏子「あと、もう少し休憩しててもいい。今のお前は邪魔だ」

小鳥遊「あ、あなたに邪魔と言われると……なんか悔しいんですが」

杏子「仕事をしていない私より、お前みたいに暗い顔のやつがいるほうが周りに迷惑だ。だからここにいろ。いいな?」

小鳥遊「はい……」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:43:24.04 ID:Tc18PbM00

杏子「種島ー、伊波ー。ちょっとこい」

ぽぷら「は、はい?」

伊波「な、なんですか?」

杏子「お前ら、休憩いけ」

ぽぷら「え……でも」

杏子「いいからいけ」

伊波「は、はい」

八千代「杏子さん……?」

杏子「だから面倒なんだよな……」

八千代「?」

杏子「はあ、小鳥遊をクビにしたほうがシフト組むの楽なんだろうけどなぁ」

八千代「はぁ」

杏子「まあ一応、バイト募集しとくか」

八千代「……なにがあったんですか?」

杏子「メンドクサイことだ。八千代には関係ない」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:46:33.63 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「先輩……はちっちゃい……でもおっきい」

小鳥遊「伊波さんは……おっきいし凶暴……でもちっさい」

小鳥遊「あ、先輩のほうがいいんじゃないか?」

ぽぷら「かたなしくん!!?」

伊波「!?」

小鳥遊「え……ど、どうして二人が!?」

ぽぷら「杏子さんに休憩にいけって……」

伊波「う、うん……」

小鳥遊「……店長め」

ぽぷら「えと……」

伊波「……」

小鳥遊「……」

ぽぷら「す、すわってもいいかな?」

小鳥遊「ど、どうぞ……伊波さんも」

伊波「う、うん……」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:50:37.92 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「……」

伊波「……」

ぽぷら(なに、この気まずい空気……でたいよぉ)

ぽぷら「あ、あの……かたなしくん」

小鳥遊「はい?」

ぽぷら「えっと……」

小鳥遊「先輩、すいませんでした。俺、調子にのってしまって……」

ぽぷら「う、ううん……私もなんかかたなしくんが喜んでくれるから嬉しくなっちゃって……」

小鳥遊「伊波さんも……すいませんでした」

伊波「……」

小鳥遊「……あの」

伊波「あの……小鳥遊くん」

小鳥遊「は、はい」

伊波「……私のこと……嫌い?」

小鳥遊「え……」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:55:21.97 ID:Tc18PbM00

伊波「……いつも殴ってばかりで……それで……あの」

小鳥遊「伊波さんのことは嫌いじゃありません……」

伊波「じゃあ、好き?」

小鳥遊「え、ええ……暴力さえなければ」

伊波「嫌われてないってこと?」

小鳥遊「嫌いなら、男嫌いを治すお手伝いはしません」

伊波「よかった……」

小鳥遊「伊波さん?」

ぽぷら「伊波ちゃん……」

伊波「小鳥遊くんが私のこと嫌いじゃないなら、それで十分だから……だから、種島さんとお付き合いしてあげて」

ぽぷら「い、伊波ちゃん!??」

小鳥遊「伊波さん……」

伊波「あんなに楽しそうにしている小鳥遊くん初めて見たから……きっと種島さんと一緒になったほうが幸せだと思う」

ぽぷら「そ、そんなことないよ!!」

伊波「私と一緒になったら、きっと小鳥遊くんはいつも苦労するし、いつか私を嫌いになる。それが嫌だから……私はこのままでいいかな、なんて」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:00:48.57 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「……」

ぽぷら「伊波ちゃん!」

伊波「種島さん……小鳥遊くんならきっと大事にしてくれると思うよ?」

ぽぷら「だけど、伊波ちゃんの気持ちはどうなるの!?」

伊波「それは……えっと……」

相馬「―――あれ、みんなして休憩?」

小鳥遊「相馬さん!?」

相馬「何の話?」

小鳥遊「聞いてたでしょ!?」

相馬「まあ、大体は」

ぽぷら「相馬さんは関係ないから、出ていって!!」

相馬「伊波さん、小鳥遊」

伊波「は、はい?」

小鳥遊「な、なんでしょうか?」

相馬「皆で幸せになる方法が一つだけあるよ?聞く?」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:04:38.69 ID:Tc18PbM00

杏子「ん?出てきたな」

ぽぷら「……」

伊波「……」

小鳥遊「……」

杏子「どうした、話はできたのか?」

ぽぷら「あ、はい……」

伊波「一応……」

小鳥遊「二人はそれでいいんですか!?」

八千代「どうしたの?」

杏子「なにがあった?詳しく話せ。シフト組むのが面倒になる」

小鳥遊「そ、それが……あの……」

杏子「……あ、いやいい。小鳥遊、こい。二人で話そう」

小鳥遊「はい」

ぽぷら「伊波ちゃんは、本当にいいの?」

伊波「種島さんこそ……」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:09:05.90 ID:Tc18PbM00

杏子「二人と付き合うだと?」

小鳥遊「先輩と伊波さんが相馬さんの口車に乗せられて……それもいいかと」

杏子「で、お前はどうする?」

小鳥遊「……」

杏子「お前……クビにしていいか?」

小鳥遊「それはダメです!!」

杏子「なんで?面倒なんだが」

小鳥遊「俺をクビにしたら二人も辞めますよ?」

杏子「あー……それはもっと面倒だな」

小鳥遊「店長……俺はどうすれば?」

杏子「あたしに聞くな。自分で決めろ」

小鳥遊「……」

杏子「ロリコンのお前にとっては両手に花だな」

小鳥遊「茶化さないでください」

杏子「今日中に答えを出せ。これ以上、あたしに仕事させたら給料から天引きだ。いいな?」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:12:53.93 ID:Tc18PbM00

山田「お疲れさまでしたー」

杏子「戸締りたのむぞ」

山田「はーい」

杏子「で、小鳥遊。決めたか?」

小鳥遊「……」

ぽぷら「えと……」

伊波「……」

杏子「お前らも悪いぞ?小鳥遊がすごく困ってる」

ぽぷら「だって……私も伊波ちゃんもかたなし君のこと好きだし」

伊波「は、はい……」

杏子「はぁ……まあ、合意があって付き合うならいいか」

小鳥遊「……」

杏子「あとは小鳥遊の男気があるかどうか、だな」

小鳥遊「俺は小さい子が―――」


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:18:55.96 ID:Tc18PbM00

数日後

八千代「5番テーブル、お願い」

ぽぷら「はぁーい!!」

佐藤「伊波、ここに置いとく」

伊波「はい!」

相馬「伊波さん、なんか穏やかになったんじゃない?」

佐藤「そうだな。殴られる不安は薄らいできた」

ぽぷら「かたなしくーん!!こっち手伝って~!」

小鳥遊「はぁい!先輩は今日も可愛いですね!!」

ぽぷら「えへへ、ありがとっ!」

ぽぷら「でも、ロリコンは死んでいいからね!」

小鳥遊「あ、はい……」

ぽぷら「じゃあ、ここお願い!」

佐藤「……種島も釘を刺すのが上手くなってきたな」

相馬「あれは他の小さい子に目を向けるなってことだからね。種島さんは意外と束縛するタイプみたいだよ?この前、小鳥遊くんが愚痴ってた」


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:24:12.66 ID:KqZJNJNmi

山田も一応彼女候補だったのに(´・ω・`)


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:24:45.20 ID:9sVlTmKc0

種島と佐藤、伊波と小鳥遊が結ばれるとほんわかする


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:27:08.18 ID:Tc18PbM00

伊波「小鳥遊くん、はい。2番にこれを」

小鳥遊「わかりました」

伊波「……今日は、私とデートだからね?」

小鳥遊「あ、はい……」

伊波「じゃ、じゃあ、またあとで!!」

杏子「もぐもぐ……小鳥遊のやつ二人に振りまわされてるだけだな」

八千代「でも、シフトに三人を入れてもなんの問題もないのはいいですね」

杏子「そうだな……困るのは小鳥遊だけだしな」

八千代「はい。今日もワグナリアは平常どおりです」

ぽぷら「かたなしくん、こっち手伝って~!!」

伊波「小鳥遊くん、こっちも~!!」

小鳥遊「いや……でも……自分の仕事もありますし……」

ぽぷら・伊波「ほら早くどっちが先か、決めてよね!!」

小鳥遊「ど、どうして……こんな目に……あー!!もう!!どっちもやります!!やらせてください!!」

ぽぷら・伊波「うん、おねがい♪」
                        おしまい。


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:28:13.42 ID:UVOVG6E00



リア充爆発しろ!


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 23:37:02.34 ID:edS0zrzy0

乙乙。途中の伊波さんの種島はビビったwwww


関連記事
スポンサーサイト