FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

C.C.「さすが童貞、ぶれないな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 09:32:26.31 ID:AQZOPUWx0

C.C.「ルルーシュ、クリスマスも一人か」

ルルーシュ「『も』?……違うな、間違っているぞ」

ルルーシュ「今日は……その、何だ。たまたま一人なだけだ」

ルルーシュ「王の力は俺を孤独にするからな、ハーハッハー」

C.C.「……ナナリーはどうした?」

ルルーシュ「ナナリーは……」

ルルーシュ「俺の知らない男と過ごすッ!」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 09:34:23.61 ID:+0dHCIEj0

そんな馬鹿な


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 09:42:50.36 ID:AQZOPUWx0

C.C.「ナナリーのことなのに意外と冷静だな」

ルルーシュ「フッ……魔女よ、俺もいつまでも子供ではないッ!」

ルルーシュ「俺が今涙目なのは……」

ルルーシュ「コンタクトレンズが目に合わない為だッ!」

C.C.「そうか。なら仕方ないな」

C.C.「で、ルルーシュ?今日はどうするんだ?」

C.C.「……ちなみに私は暇だぞ」

ルルーシュ「黒の騎士団の事務作業でもしようかと思っている」

C.C.「聞こえなかったのか、童貞?私は暇だと言っている!」

ルルーシュ「暇ならピザでも食ってろ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 09:50:38.91 ID:AQZOPUWx0

C.C.「……行ってしまった」

C.C.「だから童貞なのだ!乙女の気持ちも汲み取れぬとは!」

C.C.「……はっ!?」

C.C.「照れ隠しか!?あれは照れ隠しなのか!?」

C.C.「そうか、そうだろう!」

C.C.「童貞には刺激が強すぎるからな、私は!」

C.C.「はははっ、私は罪な女だな!」

C.C.「……もういいや、不貞寝する」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 10:27:00.31 ID:AQZOPUWx0

ルルーシュ「ただいま」

C.C.「やっと帰ってきたか」

C.C.「騎士団の首尾は?」

ルルーシュ「いやー、それがな……ハハッ」

ルルーシュ「寮を出たところで生徒会のヤツらと出会ってしまって」

C.C.「……ほう?」

ルルーシュ「……遊びに誘われてしまったのだから仕方がないだろう!」

ルルーシュ「俺だって人の子だッ!」

C.C.「ルルーシュ」

ルルーシュ「何だ?」

C.C.「私とは遊ばないのに生徒会の連中とは遊ぶのか?」

C.C.「不公平ではないか!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 10:36:12.91 ID:AQZOPUWx0

ルルーシュ「お前と歩いているところなどを目撃されたら、ゼロの正体がバレる可能性があるだろう?」

C.C.「だがしかし……あんまりではないか……?」

ルルーシュ「……ほ、ほら、一人にして悪かったよ」

ルルーシュ「プレゼントだ。受け取れ」

C.C.「……この私を物で懐柔するつもりか?」

ルルーシュ「そ、そういうつもりではない!」

C.C.「しかし、受け取らないのも無粋だな」

C.C.「ありがとう、ルルーシュ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 10:43:40.09 ID:AQZOPUWx0

C.C.「ほう、髪留めか」

ルルーシュ「あぁ、似合うといいんだが」

C.C.「ふふっ、童貞のセンスが私に似合うとでも?」

ルルーシュ「違うな、童貞のセンスではないッ!」

ルルーシュ「シャーリーに選ぶの手伝って貰ったからな」

C.C.「……ルルーシュ!」

C.C.「何故お前はいつも一言多い!」

C.C.「しかも、シャーリーに手伝って貰っただと!?」

C.C.「だからお前は……童貞なのだ!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 10:49:49.91 ID:AQZOPUWx0

ルルーシュ「……冗談だ」

C.C.「冗談だと?」

ルルーシュ「本当は」

ルルーシュ「俺が一人で恥を偲びつつ、童貞丸出しのセンスで選んだんだ、その髪留めは」

C.C.「……ルルーシュ」

C.C.「お前、私の反応を見て楽しんでいるな?」

ルルーシュ「……ッ!?」

C.C.「何だ!?その『何故だ!?何故バレた!?』とでも言わんばかりのわぞとらしい顔は!?」

ルルーシュ「すまない、冗談が過ぎたな」

ルルーシュ「……これは照れ隠しだ」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 10:52:43.17 ID:4iv3omea0

俺が探していたのはこのSSに違いない


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 10:58:06.27 ID:AQZOPUWx0

C.C.「照れ隠し?」

ルルーシュ「俺だって照れることくらいある」

C.C.「普段からあんなに痛いことをしているのにか?」

ルルーシュ「痛い、だとッ!?格好いいの間違いだろ!?」

C.C.「これだから何かと腕をクロスさせたがる痛い子は……」

ルルーシュ「あれは痛かったのか……何故誰も止めてくれなかった……」

C.C.「そんなに落ち込むな、時々格好いいから安心しろ」

ルルーシュ「時々……か」

C.C.「百回に一回くらい、だが」

ルルーシュ「1%か……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 11:05:23.14 ID:AQZOPUWx0

ルルーシュ「……俺が痛いのはよく分かった」

ルルーシュ「……明日からどんな顔をして黒の騎士団のメンバーに会えばいいんだ」

C.C.「仮面をつけてるんだから、顔はわからないだろう」

ルルーシュ「人の言葉尻を捕まえるなッ!」

C.C.「それにな、ルルーシュ?」

C.C.「共犯者とか言っちゃう私も十分痛いから安心しろ」

C.C.「お前は一人じゃない」

ルルーシュ「……C.C.」

C.C.(落ちたッ!)

ルルーシュ「……と、考えているな?」

C.C.「そ、そんなことはないぞ!?」

C.C.「これだから童貞は困る!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 11:18:43.59 ID:AQZOPUWx0

C.C.「そうだ、私からもお前にプレゼントをしよう」

ルルーシュ「ほう?」

C.C.「ルルーシュ、私にギアスをかけてみろ」

ルルーシュ「お前にはギアスが効かないだろう?」

C.C.「……何故か今は効くことになっている」

ルルーシュ「しかし」

C.C.「童貞丸出しの命令でも従ってやるぞ?」

C.C.「お前のギアスは絶対遵守の力だから従わざるを得ないからな」

C.C.「わ、私としても不本意だが……ギアスのせいだ!仕方ない!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 11:23:51.97 ID:AQZOPUWx0

ルルーシュ「そうか」

C.C.「あ、あまり私に恥をかかせるな!」

ルルーシュ「では」

ルルーシュ「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じるッ!」

ルルーシュ「C.C.よッ!」

C.C.「な、何だ!」

ルルーシュ「お前は床で寝ろッ!」カッ

C.C.「わかった」

C.C.「……え?」

ルルーシュ「聞こえなかったか?床で寝ろといったんだ」

ルルーシュ「たまには俺もベッドで寝たい」

C.C.「さすが童貞……ぶれないな」




52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 11:24:22.73 ID:T20jo/tM0

さすが童貞









関連記事
スポンサーサイト