FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

のび太「え?スネ夫博報堂に内定もらったの?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 15:56:00.15 ID:C8a/5ivS0

スネ夫「まぁ完全にコネの力だけどさ」
静香「さすが慶應ボーイね」
スネ夫「静香ちゃんだってP&Gのマーケでしょ?エリートじゃないか」
のび太「とほほ、ぼくは大人しく院に行きますよ」
出木杉「東工大の院なら将来必ずのび太くんのやりたいロボット工学を勉強できるよ!」
のび太「本当はMIT行きたかったんだけどね。でも頑張るよ」
スネ夫「出木杉はグーグル本社だっけ?」
出木杉「そうだけどマッキンゼーからもオファーが来てて悩んでるよ」
のび太「さすがハーバード!」
スネ夫「まぁみんな進路決まったみたいだし今日はパーっとやろうよ」
のび太「賛成!僕は貧乏な院生なのでそのへん宜しく…」
スネ夫「久々の同窓会に乾杯!」

ハハハハハハハハハハ!


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 15:57:17.24 ID:+7iBJalV0

中卒土方忘れんなよ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 15:59:22.91 ID:XgKAHrxs0

役員「では自己紹介を手短に」
剛田「はい。ハーバード大学院経済学修士課程から参りました、剛田たけしです」
役員「では、アピールポイントを3分で」
剛田「はい。2点あります。一つはリーダーシップ、二つ目は体力です。
   リーダーシップに関してですが、小学校の頃にジャイアンズという野球チームを
   立ち上げ、何度ものメンバーチェンジ、選手交渉、トレードを経てNYヤンキース
   に勝利するまで育て上げました。
   体力に関してですが、先に申した野球を始め、サッカー、アメフト、柔道など
   幅広いスポーツをこなしました。体力なら自信があります。
   またMorgan Stanleyで事務のアルバイトを経験し、不眠不休でエクセルの表を
   作っていました。」
役員「では学生時代に頑張ったことは?」
剛田「先ほど野球チームとアルバイトの話をしたので、アイビーリーグの学生をまとめて
   大規模なビジネスコンテストを主催した経験について話します。
   ハーバードの院に入った年から活動し始めたのですが、 GE、P&G、AT&T、IBM、Merrill Lynch
   などの企業の役員にアポを取ることから始め、スケジュール管理、各大学への訪問などを繰り返し最終的に
   アメリカの5000人もの学生を集めることに成功しました。延べ一年半を費やしてようやく実現にいたりました」
役員「いやあ、君は優秀だね。なんだっけかな・・・君と出身小学校が同じ子が面接に来たんだが
   奇妙奇天烈な学生でね。選考には進ませなかったんだが。」
剛田「その学生・・野比という名前では?」
役員「ん、まあ名前は言わないけど。“無能”な子だという印象を持ったよ」
剛田「・・・・謝れ」
役員「なんだって?」
剛田「謝れと言っているんだよ、俺の友人に」
役員「内定あげようと思ったのに」
剛田「こんな会社の内定なんていらない。だから野比に謝れ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 16:02:00.75 ID:MYQprRTg0

>>8
泣いた


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 16:07:45.92 ID:C8a/5ivS0

のび太「僕らも思えば小学校からの縁だもんね」
スネ夫「腐れ縁だよ」
静香「小学校の頃はのび太成績ずいぶん悪かったわよね」
のび太「懐かしいなあ。そういえばスネ夫って小学校の頃仲がいい友達いたよね?」
静香「あ、なんだっけ。いたわいたわ。」
スネ「…あ、ジャイアン?」
出木杉「それだ!」
のび太「変なあだ名だなぁ」
スネ夫「たしかジャイ子ちゃんって妹がいてその兄ちゃんでジャイアン」
のび太「すごいネーミングセンスだ!」
静香「彼、今なにしてるの?」
スネ夫「さぁ…中学違うし。のび太は同じだったろ?」
のび太「うーん、クラス違うから関わりなかったかも」
出木杉「懐かしいなあ」
静香「久々に聞いたわ、ジャイアン」

ハハハハハハハ!


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 16:20:57.11 ID:C8a/5ivS0

ジャイアン「今日はもういいや」
ジャイ母「アンタ!しっかり食べないと栄養つかないよ!」
ジャイアン「食欲がないんだ」
ジャイ子「最近ずっとほとんど食べてないよお兄ちゃん」
ジャイアン「ここの飯は味気なくでダメだ。母ちゃんの飯が喰いたい」
ジャイ母「…」
ジャイ子「でも食べなきゃダメよ。こんなに痩せちゃって」
ジャイアン「ジャイ子は細身の男の方が好きだろ?のび太みたいな」
ジャイ子「のび太さん、なつかしいわ」
ジャイ母「小学校の頃良く遊んだわよね、あんたたち。スネ夫君もいて」
ジャイアン「あいつら頑張ってんだろうな。こんな痩せちまった俺を見たら
あいつらビックリすんだろうな」
ジャイ子「じゃあご飯ちゃんと食べなよ…」
ジャイアン「今日はもう無理なんだ。気持ち悪い」
ジャイ母「あんた…」

ガラッ
ジャイ子「あ、先生」
ジャイ母「…」
ジャイアン「…」
医者「オペの日程が決まった…明後日だ」
ジャイアン「はい」
ジャイ子「…」
ジャイアン「心配すんな。俺はみんなのジャイアンだ。病気なんかに負けるかよ」


終わり


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 16:28:35.10 ID:yXQTbOwR0

のび太:ロボット工学の権威
スネ夫:大手広告代理店常務
静香:主婦
出木杉:大学教授
ジャイアン:農協理事


関連記事
スポンサーサイト