fc2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

C.C.「な、何故急に抱き寄せられたんだ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:14:52.20 ID:slCPnZTE0

C.C.「なぁルルーシュ、先日のアレなんだが……」


ルル「ん? アレとはなんだ、具体的に言え」


C.C.「いや……こう、手を回してきたじゃないか。あんなの打ち合わせになかったぞ」


ルル「?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:16:58.26 ID:slCPnZTE0

C.C.「い、いつの間にあんな……というか、チキンのお前が人前でよくやれたものだと思ったんだ」


ルル(人前に出る、手を回す、いつの間にか、打ち合わせにない……ああ、あれか)


ルル「別に大したことじゃないだろう、いつも通りやっただけだ」


C.C.「い、いつも!? ままま待て、そんなの私は知らないぞ」


ルル「ああ、それはそうだろうな。お前がピザをたらふく食って、幸せそうに惰眠を貪っている間に済ませているからな」


C.C.「なっ! ひ、人が寝てる間に何を!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:22:12.31 ID:slCPnZTE0

ルル「自分の知らないところで行われているのがそんなに気に食わないのなら、お前が起きてやってくれるのか?」


C.C.「お、おいルルーシュ、今なんて言った。お、お前……私からして欲しいのか……?」


ルル「ふむ……そうだな、お前がやってくれるなら俺は俺でいろいろと動けるからな」


C.C.「えぇっ!?」



書き溜め序章だけだから読みたい人いるなら続き書く


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:25:42.27 ID:slCPnZTE0

ルル「もしC.C.があの時やってくれていたなら、俺はもっと大胆に動けたな」


C.C.「だッ――……大胆になんて、そんなの……こ、困る」

  (こ、こいつは何を言ってるんだ!? というかなんで私は焦ってるんだ!? どうして私が寝てる時なんだ!!)


ルル「だがあの時はあれで十分だったな。それにあれはあれで俺も恥ずかしかったんだ」


C.C.「そ、そうか。そうだな! あれで十分だったな!」

  (あれで十分なのか、別に私は……ってェ! ちがう、何を考えてるんだ私は!
   別にもっとしてくれてもよかったのにとか、してほしいとか、それ以上とかそれ以上ってなんなんだ!?)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:31:10.39 ID:slCPnZTE0

ルル「おい。おいC.C.。なに一人百面相してるんだ」


C.C.「はひぇっ!? なんでもないぞ!? 大丈夫だ!
   お前こそどうしたルルーシュ、眉をひそめてるぞ、便秘か!?」


ルル「お前な……魔女とはいえ仮にも妙齢の女が大声で品のないことを言うな」


C.C.(うわああぁぁ! 何を言っているんだ私は!)


C.C.「うう……すまない、少し一人にさせてくれ。先に戻って休む……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:37:09.01 ID:slCPnZTE0

―ルルーシュの部屋―

C.C.(はぁ……なんなんだあいつは。
   童貞、いや素人童貞の癖にあの平然とした態度、あんなの私の知っているルルーシュじゃないぞ)


C.C.「だー! もういい、寝る! 今の私は変なんだ、そうだおかしいんだ……あ、ルルーシュの匂い」


C.C.「だから!! 何嗅いでるんだ私はーー! 匂いとか変態か!? それに今更、ルルーシュの匂いとか嗅ぎ慣れて――」


???「か、嗅ぎ慣れているんですか……?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:43:22.40 ID:slCPnZTE0

C.C.「っ! な、ナナリー!? 」


ナナリー「お兄さまとC.C.さんがそういった間柄なのはわかっていましたが、その……」


C.C.「嗅ぎ慣れてない! いや慣れているが、それはあいつのベッドを使っているからで今まで気にしたことなんて別にっていうか」


ナナリー「ひ、避妊はしっかりしたほうがいいと思います!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:46:55.73 ID:slCPnZTE0

C.C.「だからしてない!!」


ナナリー「ダメです! お兄さまはまだ学生ですし、C.C.さんが良くても周りがどう思うかは別です!」


C.C.「ってああもう! そっちじゃない! はぁ……いいか、ナナリー。私とルルーシュはそういう仲じゃない」


ナナリー「ですが、前にお兄さまと将来を誓い合った仲だと」


C.C.「あれは冗談だ。ああ言えばルルーシュが慌てふためく姿が見れると思ってな」


ナナリー「冗談、ですか?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:51:22.34 ID:slCPnZTE0

C.C.「ああそうだ、冗談だ」


ナナリー「……嘘です。確かにあのときお兄さまは慌てていました。
     ですがC.C.さんの言葉は本物で、だからわたしはお兄さまをよろしくお願いしますと答えたのです」


C.C.「……」


ナナリー「今でもお兄さまとC.C.さんの関係は変わっていないと思っています」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 05:57:14.28 ID:slCPnZTE0

ナナリー「というのがわたしの中の答えなのですが、間違っているでしょうか」


C.C.「……やれやれ、お前はルルーシュよりも手強いな。真実だ、あの時の言葉は」


C.C.「だが……私とルルーシュとの関係は、そんなチーズくんのように甘い関係とは違うよ」


ナナリー「ふふっ、もっと深いですか?」


C.C.「はあ? 馬鹿を言え。誰があんな口煩いひ弱な真面目君を」

  (そうだ、なんで私なんかがあいつを意識しなきゃならないんだ)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:04:52.81 ID:slCPnZTE0

ナナリー「妹のわたしが言うのもなんですが、頭脳明晰で顔立ちも悪く無いと思いますし
     優しくて頼り甲斐のある素敵なお兄さまですから、そんなお兄さまを狙っている女性は多いと思いますよ?」


C.C.「そうなんだよ! いつもいつも違う女から話しかけられ、事あるごとにフラグを立たせ……まったく人の気も知らないで」


ナナリー「くすくす。C.C.さん、思った通りすごく可愛い。
     お兄さまが選ぶのも納得してしまいました」


C.C.「ぅ……か、からかうな」


ナナリー「それで、お兄さまとはどこまで? わたしでよろしければ未来のお姉さまの為に協力いたします。
     例えばお兄さまはストレートヘアーよりも、毛先に軽くウェーブが入っているほうが好みだと伺ったことがあります。
     ショートよりもロング派で、それから―― 」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:10:40.56 ID:slCPnZTE0

C.C.「え? いや別に聞いてな」


ナナリー「それとさっきも言いましたが、やはりまだお二人には早いと思います。
     若いうちにしか出来ないことも多いと聞きますし……なのでやはり避妊はしっかりするべきです!
     お兄さまがその、なななな生……を望まれても! C.C.さんがしっかりお兄さまをコントロールすべきです!」


C.C.「おち、落ち着けナナリー! そんなことどこで、いや年頃の女の子なら知っているだろうが! それ以上は言わなくていい!」


ナナリー「いいえ、止めません。お兄さまはええと……そう、ムッツリです! クラスの子たちが言っていましたが、ムッツリというやつです!
     頭の良い人には多いとのことですが、たしか……冷静を装っていても頭の中ではしっかりと異性のことを考えているタイプだとか」


C.C.「お、おいナナリー、それ以上は何故か私がルルーシュに怒られそうだから……」


ナナリー「ですがC.C.さんはわたしのお姉さまになるのですから、家族として心配するのは当然です。
     それで、どうなのですか?」


C.C.(ナナリー、お前のそういうところ、悪い意味でマリアンヌにそっくりだよ……)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:18:22.98 ID:slCPnZTE0

――二時間後


C.C.「あ、ありがとうナナリー。いろいろ考えさせられたよ。私の知らないルルーシュの話も面白かったぞ」


ナナリー「未来のお姉さまのためですから、わたしでよければいつでもどうぞ。
     末永く、お兄さまのことをよろしくお願いします。あ、でもわたしまだ叔母にはなりたくないですからね?」


C.C.「わ、わかった。またな」
  
(やれやれ、もしかしたらナナリーはマリアンヌよりもいい女になるかもしれないな。
   さて、ナナリーには悪いがようやく一息つけるな……そういえば私は何を考えていたんだったか)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:23:37.36 ID:slCPnZTE0

C.C.「ええっと、たしか……そうだ、あの時の話をしていて……」


C.C.「……て! 思い出したらダメじゃないかー!」


C.C.「うぅ、あんな話をしたせいかまた頭がおかしく……そうだ、忘れるために寝ようとしてたんだ。ナナリーが来てすっかり忘れていた」


C.C.「ふぅっ。一度寝てしまえばいろいろと忘れられるだろう、むしろ忘れたい……あ、ルルーシュの匂い」


C.C.「だからこれさっきもやった! やったじゃないか!! ああもう、どうしたんだ私は……こんな……」


C.C.「……」


C.C.「……ルルーシュ……んっ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:26:56.41 ID:slCPnZTE0

C.C.「うう……何を、あっ、やってるんだ私は……」


C.C.「それも……これ、も……ルルーシュが悪いんだ……」


C.C.「あれ以来して……くれないから、ぁ……あ、ひっ……」


C.C.「はあ……ふぅっ、ん……ルルーシュ……ルルーシュ…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:33:15.33 ID:slCPnZTE0

C.C.「んっ、ふっ、や……やだ、そこっ……」


C.C.「……ん、ちが……もっと……あ、はっ……」


C.C.「んんっ! ……まっ、待てルルー……うあっ待って!おねがっ……」


C.C.「ひゃっ! ……あ、だめ、だめだルルーシュ……いや、一緒……」



『おい、C.C.』


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:42:17.64 ID:slCPnZTE0

C.C.「きゃぁ!」


『おい、C.C.。』


C.C.「いや、ちょ! 待て!ち、違う! 違うぞルルーシュ! これはだな、その世間一般で言われるそのそれじゃなくてな!?
   か、勘違いするなよ!? 私がそんな低俗なことするわけないだろう!
   だ、第一なぜその、あ、相手がルルーシュなんだ。まぁ別に、お前がその、私をオカズにというのであればやぶさかでもないし? 許してもいいぞ!?
   それにその、そう、あれ以来ではあるがこの私がお前の相手をしてやっても、いやお前がどうしてもというのであればだが、その、どうしてもか!?


『おい、C.C.。 おい、C.C.。』


C.C.「って……な、なんだ携帯電話か……どうしてマナーモードが解除されているんだ! びっくりしたじゃないか!
   ふぅ、んっ――ルルーシュ、勝手にマナーモードが解除された。壊れたのかもしれんからなんとかしろ」


ルル「繋がったと思ったら急になんだ……何を怒ってる。
   取り出すときにボタンを押したんじゃないか、サイドにあるタイプの携帯にはよくあることだ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:50:30.99 ID:slCPnZTE0

C.C.「そうなのか。で、なんの用だ?」
  

ルル「いや、特に用があるわけじゃない、今日のお前の様子がおかしかったからな……まぁそれも杞憂だったか。
   今帰るところだ、あと30分ほどでそちらに着く」


C.C.「なんだ、やけに優しいじゃないか。ようやく女心というものがわかってきたか?
   それとも優しくすれば女は簡単に落ちるとでも――っ!?」

   (万に一つでも本当にそうだったらどうする!? 落としにきたのか!? 落とされるのか!?
    つ、つまりなんだ、私を欲しているのか! し、しかしこの私がルルーシュなんかに落とされるのはどうなんだ!?
    ……待て、こちらから攻めてルルーシュをその気にさせればいいじゃないか! そ、そうすれば今夜、本物のルルーシュと……)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 06:54:13.53 ID:slCPnZTE0

ルル「お前がこの程度で懐柔されてくれるならここまで苦労しなくてすむんだがな。
   まあいい、そういうことだから俺が帰るまで下手に出歩くなよ」


C.C.「三時間! い、いや二時間だ!! いいな!? 二時間後だぞ! それまで帰ってくるなよ!?」


ルル「は? どういうことだC.――おい、おい! ……あ、あの魔女、一方的に切りやがった」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:01:02.06 ID:slCPnZTE0

C.C.「ふう……よし、ナナリーの厚意をを無碍にするのもあれだからな、うん。
   えーっと髪は毛先にウェーブだったか? ……こ、こうか? こんな感じに巻けばいいのか?」

……

C.C.「むー、おとなしめの色使いで、大人っぽさと可愛さを両立させた服なんて持ってないぞ。
   仕方ない、服は咲世子に頼んで急いで買ってこさせるか。おーい咲世子ぉー」


…………

C.C.「何々、大人可愛い? ちょい★キラ?? ……さっぱりだ。ええと清潔感……ナチュラルメイク……
   アヒル口はもう古い……そうか、古いのか。これからは目力、ふむふ――!?」


C.C.「今年の流行はタンジェリン タンゴ……赤味がかった強いオレンジだと!? ジェレミアのやつ……!」


―そのころのルルーシュ―

ルル「……くそっ、なんで俺がこの寒空の下で二時間近く時間を潰さねばならんのだ……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:07:34.66 ID:slCPnZTE0

ルル「まったくC.C.のやつ、今日はいつにも増しておかしい女だ。……ちっ、家の鍵はかけておけとあれほど……!」


ルル「帰ったぞ。おいC.C.、今日という今日は許さん、いつになったら鍵を――」


C.C.「お……おかえりなさい……ルルーシュ」


ルル「……」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:15:20.94 ID:slCPnZTE0

C.C.「今日は早かったな! ピザを頼んでおいたんだ、夕飯にしよう! ……ん? どうした、ルルーシュ?」


ルル「え、あ、いや……た、ただいま」


C.C.「ちょっと待っててくれ。今温めてくる」


ルル「お、おいC.C.お前、電子レンジの使い方、わかるのか?」


C.C.「馬鹿にするな、それくらいよゆーだ。といっても前に咲世子に習ったからなんだがな。オーブンはまだ無理だ」


ルル「そ、そうか」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:20:05.32 ID:slCPnZTE0

ルル(どういうことだ、何が起きた? この状況はなんだ。あれはC.C.か? あれが?
   ありえん、ドッキリか? カメラは……見当たらんな、ドアの向こうに人の気配もない。
   なにか企んでいる? だめだ、行動からは推測できん。もしやまた記憶が? いや、以前の時は俺を覚えていなかった。
   しかも……な、なんだあれは。お、俺にどうして欲しいんだ? とりあえずいつも通りに話しかけるか……)


C.C.「飲み物は何がいい?」


ルル「……なぁC.C.」


C.C.「紅茶か? シャンパンはないがワインならあるぞ。ジュースは――」


ルル「なんなんだその化物みたいな特殊メイクは。ハロウィンはまだ九ヶ月以上先だぞ」


C.C.「」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:25:53.66 ID:slCPnZTE0

ルル「それにお前その服、ナナリーじゃあるまいし……。まさかそのメイクといいおしゃれのつもりか? あまり俺を笑わせるな、それこそ洒落にもなってないぞ」


C.C.「ル……」


ルル「まあいい、飯にするか。お前がピザを分けてくれるというのも珍しいからな。
   と、忘れるところだった、今日も玄関の鍵、かかってなかったぞ。言っても無意味だと思うが次からは」


C.C.「ルルーシュのアホ! 素人童貞!! 早漏!!! 仮面にでもこすりつけてオ**ーしてろ、このナルシストもやしっ子!!!!」


ルル「なっ! おい待てC.C.! まさか本気だったのか……? しまったな……
   だが……いくらなんでも言い過ぎだぞ、あのピザ女」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:33:26.47 ID:slCPnZTE0

ルル「……起きてるか、C.C.」


C.C.「寝てる」


ルル「そうか寝てるか」


C.C.「ああ」


ルル「じゃあ寝たままでいいから聞いていろ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:37:23.02 ID:slCPnZTE0

C.C.「……」


ルル「すまない、さっきは少し言い過ぎた」


C.C.「うるさい、寝ているんだから静かにしろ」


ルル「今日のお前は少し変だぞ。昼間といい、なにかあったのか?」


C.C.「……」


ルル「それにあのメイクと服……あれはその、卑怯だろう。誰だって驚く」


C.C.「驚く!? はっ! それが着飾った女に対する評価か!? 普通は賛辞するものだろう!?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:43:33.98 ID:slCPnZTE0

ルル「落ち着け。そうは言うがな、お前あのメイク自分でやったのか」


C.C.「そ、そうだ。びゅーらー? やらこーむやら……とにかく店にあるだけ買ってきた。高かった……ピザが何枚も食べれた……」


ルル「そ、そうか、それは残念だったな? ところでお前、メイクした経験はあるのか」


C.C.「馬鹿にしてるのか貴様。私ほどのイイ女が化粧をしたことがないなどありえないだろう」


ルル「……お前が言っているのはギアスがあった頃の舞踏会やパーティじゃないだろうな? あの頃とは時代も、モノも違うだろう。
   それにどうせお前のことだ、最初は自分でやっていても途中から身の回りの世話は全てしてもらっていたんじゃないのか」


C.C.「ぐっ……言うじゃないか坊や」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:51:15.72 ID:slCPnZTE0

ルル「やり方も忘れているようじゃほぼ素人同然、しかも使ったことのない道具を前にして右往左往したんじゃないか?
   それでいてだ、おおかた特定層向けの女性用雑誌の記事を見て最近の流行でも真似しようとしたのだろうが……一体何を参考にしたらああなるんだ」


C.C.「ははっ……なるほどな。いやはやポアロもびっくりの名推理だ、ここまで見透かされると流石に称賛に値するよ」


ルル「茶化すな。正直、先ほど見たのはメイクとは呼べない代物だったぞ……お前はどこの口裂けグレイだと思ったくらいだ。
   通常メイクとは元よりも綺麗に見せるためのものだろう?
   中には自分に自信を持てない女性が変身するためのものだとも聞くが……劣化させてどうする」


C.C.「うるさい! やっぱりお前、私を馬鹿にしてるだろ!」


ルル「馬鹿にしたくもなる。お前のどこにメイクする必要があるんだ」


C.C,「あ、あのなぁ! 私はお前のために、お前に少しでも可愛いと思ってもらおうと……ん?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 07:57:43.43 ID:slCPnZTE0

ルル「俺のため? 俺がいつ頼んだ」


C.C.「いやそれは頼まれてはいないが……え、その前にルルーシュお前、今なんて言った?」


ルル「お前のどこにメイクする必要があるんだ」


C.C.「お約束の言い回しをスルーするとは、お前……って、それどういう……」


ルル「そのままの意味だ」


C.C.「……そうか」


ルル「そうだ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:03:19.64 ID:slCPnZTE0

C.C.「そうか……ふふっ、うふふふふ」


ルル「き、気持ち悪いぞ……それとさっきの服だが」


C.C.「お、お前はああいった服が好みだと聞いてな。その、髪も少し……ふんわりさせてみた。エアリーというらしい」


ルル「ああ、それでこんなボンバーヘアなのか」


C.C.「ボンッ!? なんなんだお前は! 持ち上げておいて落とすな!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:09:37.18 ID:slCPnZTE0

ルル「いや、だってな……お前これどう見てもウェーブというか、パーマかけすぎだろう……自分でも少し後悔したんじゃないか?」


C.C.「う、ううう……そのとおりだ、けっこう、いやかなり凹んだ……」


ルル「愚かしいほどに馬鹿だな……向こうを向け」


C.C.「は? お、おい急になんだ」


ルル「いいから大人しくしていろ。ったく、どうやったらここまで器用に不器用なことができるんだ……」


C.C.「う、うるさい! もっと優しく扱え! 髪は女の命なんだぞ、まったく……。そうだ、その調子で丁寧に頼むぞ」


ルル「なぜ髪を梳かしてやっているのに俺が怒られるんだ……」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:14:15.92 ID:slCPnZTE0

C.C.「元はといえばお前のせいだからだ。 そうだ、全部お前が悪い! だからこれは当然だ」


ルル「俺が何をした」


C.C.「何って、それはお前……うう、アレだ、アレ」


ルル「ん? アレとはなんだ、具体的に言え」


C.C.「そこだけ昼間と同じやりとりをしなくてもいい!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:21:48.99 ID:slCPnZTE0

C.C.「ああもう、だから昼間! お前言ってたじゃないか! 私が寝てる時にしたとか、私からして欲しいとか……いろいろ」


ルル「昼に?」


C.C.「そうだ」


ルル「ああ、そういえばそんな話もしたな。だからこの間のイベントの時の話だろ? まったく、久しぶりに集まったとはいえ主催者がスザクと楽耶だとはな。
   あの二人じゃうまくいくはずがないことくらい、誰にだってわかる。お前だって招待状を見ながら言っていただろ。
   だからお前が寝てる間に計画を練り準備を済ませ、作業員や係員にギアスを使っておいた。
   バレないよう手を回すだけでも大変だったのにあの馬鹿、開始早々ミスるとは……なぜこの俺がわざわざ着ぐるみを着てまで場を回さなければいけないんだ」


C.C.「ちょ、ちょっと待て、何の話をしている」


ルル「何って、だから先日のイベントの話だが。違うのか?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:27:38.45 ID:slCPnZTE0

C.C.「私は! し、新作の宣伝とかで撮影をした時のことを言っているんだ!」


ルル「撮影? ああ、そういえばなんだったかロボットアニメの主人公が持っている能力みたいな名前の雑誌から写真撮影の依頼が来たな」


C.C.「そう、そうだそれだ。あの時お前、私にこう……回しただろう! 手を!! 回してないとは言わせんぞ」


ルル「あ、ああ。そういえばそうだったか」


C.C.「そうだ、打ち合わせやリハの段階ではそんな予定なかっただろう。なぜあんなことをした?」


ルル「と言われてもな……あの時はああしたほうがより自然だと思っただけだ」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:31:21.18 ID:slCPnZTE0

C.C.「……は?」
  (今、こいつ、なんて言った?)


ルル「それに対してお前が俺の腕を軽く掴んできただろ? おかげでいい画が撮れたと撮影スタッフが喜んでいたぞ」


C.C.「は、はは、あははは……そうか、いい画が……」


ルル「お前もそれをわかっていて動いてくれたと思ったんだが……違ったのか?」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:34:37.22 ID:0ucORYYkO

バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバン゙ン
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:36:53.24 ID:slCPnZTE0

C.C.「もういい、寝る」


ルル「おい、なぜまた急に不機嫌になる」


C.C.「うっさいルルーシュのばーかばーかあほーへたれー」


ルル「貴様……」


C.C.「……」
  (私が勝手に勘違いして、期待して、一喜一憂して……馬鹿みたいじゃないか)


ルル「……」


C.C.「……」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:42:41.01 ID:slCPnZTE0

ルル「……」


C.C.「入ってくるな」


ルル「……」


C.C.「……」


ルル「……」


C.C.「……」


ルル「……したくないわけじゃない」





アニメージュだったわすまん


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:46:05.47 ID:slCPnZTE0

C.C.「……」


ルル「……」


C.C.「……エロガキ」


ルル「ガ……子供なのはどっちだ」


C.C.「……」


ルル「……服」


C.C.「!……」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:49:09.03 ID:slCPnZTE0

ルル「ああいうのが好きだったのは……お前に会う前だ。今は趣味が変わった、いろいろ似合っていていい……と思う」


C.C.「……」


ルル「髪も、なんだ、サラサラのストレートも嫌いじゃない。き、綺麗だ……と思っている」


C.C.「……ふん」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:52:14.80 ID:slCPnZTE0

ルル「……相手からも、その、行動してくれたら嬉しいと言うか……きっかけを作ってくれると、やりやすいなとは、思う」


C.C.「へたれ」


ルル「ぐっ」


C.C.「しかもマゾときた」


ルル「……」


C.C.「ぷっ……やれやれ、私の共犯者は仕方がないな」


ルル「それはお互い様だろう」


C.C.「そうか?」


ルル「そうだ」


C.C.「そうか、そうだったな」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:54:22.07 ID:slCPnZTE0

ルル「……」


C.C.「……」


ルル「……いつからだったか」


C.C.「なにがだ」


ルル「男は床で寝ろと言われなくなったのはいつからだったかと思い出していた」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 08:57:00.48 ID:slCPnZTE0

C.C.「何なら床で寝るか? そのほうが私はいいんだがな、ベッドを専有できて」


ルル「それは困るな」


C.C.「困るのか」


ルル「ああ」


C.C.「そうか」


ルル「ああ」


C.C.「……ルルーシュ、お前、私のことをどう思っている? こ、答え次第では、その、久しぶりに……」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 09:04:12.03 ID:slCPnZTE0

ルル「我侭だ。傍若無人が服を着て歩いているかのようだな」


C.C.「おい、そういうことじゃない。この状況でそれは巫山戯てるのか」


ルル「NEETでピザばかり食って、人をからかうのが趣味で」


C.C.「……」


ルル「寂しがり屋で、おせっかいで、人一倍他人を気にしていて」


ルル「……」


ルル「大嫌いな女だ」


C.C.「ふっ、この嘘つきめ」


ルル「ああ、俺は……嘘つきだからな」

                      fin.


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 09:12:31.03 ID:7ksgHdHC0

乙ギアス


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 10:45:13.96 ID:slCPnZTE0

なんで飯食って風呂から出てもまだ落ちてないんだよwww誰かエロ書けばいいだろ、つーか書いてください

~ after ~

C.C.「ん……な、なあルルーシュ……」


ルル「ん? なんだC.C.」


C.C.「っ……お前」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 10:46:49.46 ID:slCPnZTE0

C.C.「ほんと~~~~に素人童貞だな……」


ルル「おい、それはどういうことだ」


C.C.「だってお前、さっきからずっと私の胸ばかり触っているじゃないか」


ルル「それの何が悪い」


C.C.「いや、お前はいいかもしれんが私は……というか、一般的に女は胸ではあまり感じないんだよ」


ルル「なん……だと……!?」



ほれこっから続けろ


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 11:19:10.03 ID:slCPnZTE0

C.C.「気持ちが高まっていたり、好きな相手に優しくされればその限りではないがな」


ルル「そうだったのか……まあどちらも知っていたがな」


C.C.「んぁっ!こ、こらルルーシュ、いきなり強くするな。少し痛い……んっ……」


ルル「すまん、お前の反応を今か今かと期待している奴らがいてな」


C.C.「? 何の話をしているんだ?」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 11:20:17.92 ID:slCPnZTE0

ルル「気にするな、それより一つ訂正したいことがある」


C.C.「なんだ?」


ルル「俺は乳フェチではない」


C.C.「嘘だな」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 11:23:17.60 ID:slCPnZTE0

ルル「おい! 否定するのが早すぎるだろ」


C.C.「お前はマザコンだからな。いいんだぞ? 私の胸でよければ存分に甘えても」


ルル「お前……いつかコロス」


C.C.「やってみろ、お前が生きている限り、私も死ぬ気はないがな」


ルル「くっ……」


C.C.「諦めろ。何時の時代もこと性行為において男は女に勝てないんだよ」




おいちゃん疲れたよ……このテンションでここからエロ書くのはきついよ


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 11:31:59.40 ID:slCPnZTE0

ルル「それはお前の場合だけだ、この魔女。他の女は違うかもしれんだろう」


C.C.「ないな」


ルル「いいや、例えば……>>135だったらどうだ? もし>>135がエッチをしたら……」


C.C.「ふむ、それは面白そうだな」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 11:37:37.57 ID:VXY8+r3Y0

ラクシャータ


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 11:37:56.98 ID:axlskNgX0

どんな流れだよ


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 11:47:15.21 ID:slCPnZTE0

C.C.「しかしなんでよりによってラクシャータなんだ? もっと他に居ただろう」


ルル「それは……俺は知らん。文句は集合無意識にでも言ってくれ」


C.C.「神様が決めたことだとでも言うのか……まあいい。うーん、まずあいつは処女なのか?」


ルル「そこからか。研究一筋で男がいなさそうというのはわかるが、それでは話が進まんだろう」


C.C.「しかしだな、相手が想像できなければどうにも予想しづらい」




ラクシャータ選んだ奴マジ出てこい


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 11:59:24.61 ID:slCPnZTE0

ルル「それは一理あるな……じゃぁロイドでどうだ? 昔からの知り合いのようだし、どんな奴かも知っているからな。
   これなら考えることも出来るだろう」


C.C.「ありきたりな組み合わせというかなんというか……まあ仕方ないか。ラクシャータとロイドだったら……そうだな……」

―以下C.C.の妄想―

ラクシャータ「あっはぁ! ロイド! もっと頑張りな、休んでんじゃないよ!」


ロイド「くっ……ひ、酷いよラクシャータ……こんな……ううっ……」


ラクシャータ「お前から言い出したんだろぅ? んっ……次の実験、どちらがよりよい結果を出すかで競うって」


ロイド「そ、そうは……言ったけどさ~……はぁ、はぁ……こんな罰ゲーム……」


ラクシャータ「ふっ、あっ…ま…まだイクんじゃないよ……アタシが良いって言うまでは出させてあげないんだから……ねっ!」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:13:27.39 ID:slCPnZTE0

ラクシャータ「だ、大丈夫よほぉっ!?……こ、こんなこともあろうかと、いろいろ研究してきたから……んふっ」


ロイド「ら、ラクシャータ……? キミ、なにをっ!?そ、そこ……そこはらめぇぇぇええ!!」


ラクシャータ「思った通り……ロイドってば後ろの穴を責められて射すどころか更に大きくするなんて、んっ、あっあっ、あはっ、最…高っ!」


ラクシャータ「それにほら……こんな、ことも……やだっこれ、アタシもいいかも……ほらどう? 騎乗位からの……可翔式ィっ!」


―以上C.C.の妄想―


ルル「ちょっと待てェい!」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:19:41.98 ID:slCPnZTE0

C.C.「なんだ、盛り上がってきてここからがいいところだったんだぞ」


ルル「おい、なんだ可翔式って」


C.C.「さぁな。ただなんとなくあいつならやりそうかなと思っただけだ。アクロバティックなんだろ、きっと」


ルル「適当過ぎるだろう……」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:25:02.61 ID:slCPnZTE0

C.C.「それよりもだ」


ルル「あれだけ特殊空間を炸裂させておいてなんだ、今更だがロイドが悲惨だったぞ……」


C.C.「なんでお前は妄想しないんだ、私だけなんてずるいじゃないか」


ルル「止める間もなくお前が暴走してたんだがな……しかしなんだかんだ言ってラクシャータに関しては俺も概ね同意せざるをえない」


C.C.「だろう?」


ルル「あの変人がまともな行為に及ぶはずがないからな……」


C.C.「お前も十分酷いこと言っているぞ、ルルーシュ」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:31:28.42 ID:slCPnZTE0

ルル「ごほんっ! なら次はお前が相手を指定しろ。それを俺なりに想像し、且つそれでいてお前の言い分が正しくないことを認めさせてやる」


C.C.「ああ、そんな理由もあったな」


ルル「お前……忘れるの早すぎるだろ」


C.C.「う、うるさい! そうだな、えーと……決めたぞ、>>155だ。さあ、>>155がお前の脳内でどんなふうに犯され穢されるのか教えろ」


ルル「……屑だな、なんで俺はこんなやつ……ええい、>>155だな?」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:34:46.87 ID:A/5GFqz+0

スザク


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:36:28.34 ID:slCPnZTE0

えっ


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:40:36.35 ID:slCPnZTE0

ルル「スザクか、そうだなあいつなら……待てスザクだと?」


C.C.「そうだ」


ルル「……これは他の女の想像をするんじゃなかったのか? で、それがしっくりくればお前の先の言い分が違うという証明になると、そういう」


C.C.「そうだ」


ルル「…………スザクは男だぞ」


C.C.「そうだったか?」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:50:16.02 ID:slCPnZTE0

ルル「ど、どうしてもか?」


C.C.「私が指定してもいいと言ったのはお前だ」


ルル「ぐっ……」
 
  (そ、それはつまりスザクの……親友のそういうシーンを想像しろと、そういうことか……っ!)


C.C.「どうした、さあ早くお前の中のスザクの姿を私に聞かせてくれ」


ルル「お前、勝たせる気がないだろ」


C.C.「ふふ」


ルル「くそっ……! 」
  (スザクの相手となるとユフィ……いやダメだ!彼女は俺が……それにユフィは俺にとっても……っ)


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 12:53:59.16 ID:slCPnZTE0

ルル「お……男、同士、というのはありか……?」


C.C.「んー、そうだな……相手がお前かシャルルなら認める。それ以上はダメだ」


ルル「鬼か! お前は鬼だ、いや悪魔だ!!」


C.C.「何を言っている? 魔女に決まっているだろう、あはははは!」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 13:02:37.16 ID:slCPnZTE0

ルル(ユフィはダメだ、となるとスザクと親交が深いのは……ナナおおおおいいいいいいい!!!!!!
   それだけは許さん! 例え俺の想像の中だろうと許さんぞ! スザク!)


C.C.(くっ、あ、あはははは! ダメだ、腹がよじれそうだ! あいつ本気で悩んでるぞ、こんな時まで真面目君だとはな)


ルル(シュナイゼルとのチェスよりも頭を使うとは……C.C.め。……待て、そうだ楽――!
   ……楽耶は……なんというか、見た目的な意味で想像しちゃダメじゃないか……? というかC.C.がなんて言ってくるか想像がつくからな、却下だ)


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 13:06:55.81 ID:slCPnZTE0

ルル「……決めたぞ。相手は……カレンだ」
  (すまん、二人とも)


C.C.「ほう、カレンか。てっきりセシルを選ぶかと思ったが、集合無意識に反するとは流石だな、お前のギアスは。まあいいんじゃないか?」


ルル「意外だな、てっきりあの二人は無いだろうと言われると思ったが」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 13:14:18.86 ID:slCPnZTE0

C.C.「そうか? なんだかんだあの二人はいい関係だと思うぞ。切磋琢磨しあうライバルというやつだ。それに」


ルル「何だ、その目は」


C.C.「カレンといえばあの胸だ。乳だ。おっぱいだ。お前が今までどんな目でカレンを見ていたかがこれでわかるからな」


ルル「……全力で黙秘する」


C.C.「答えているも同じだ馬鹿もの。ほら、早く話せ」

―以下ルルーシュの妄想―


スザク「カレン、本当にいいのか?」


カレン「うるさいわね!……男だったら、ここまできたら覚悟、決めなさいよ」


スザク「……わかった」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 13:22:37.45 ID:slCPnZTE0

カレン「ちょ、ちょっと……あんたのそれ……大きすぎない?」


スザク「そ、そうなのか? 昔ルルーシュとお風呂に入ったときには、ルルーシュより少しだけ大きかったけど……普通じゃないかな」


『ぶはっ』


ルル「……黙って聞け」


C.C.「だ、だっておま、お前……くくくっ……そんな、妄想にまで馬鹿正直に反映しなくても……くっ、だめだまたおなかが……」


ルル「む、昔のことだ! 今は関係ない!」


C.C.「そ、そう……くひっ……だな……成長したものな?
   それに……大きさよりも相性だからな……ぷはっ!あ、あはははははははは!ひーっひひひ……」


ルル「死ねっ!……続けるぞ」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 13:29:06.03 ID:slCPnZTE0

―再びルルーシュの妄想―

スザク「ここかな……いくよカレン。力は抜いておいたほうがいいらしい」


カレン「わ、わかってるわよそれくらい! 変なところだけ優しい顔しないでよっ」


スザク「……」


カレン「あ、え……? ちょ、ちょっとスザク……?」


スザク「……くっ」


カレン「ふ……んん……や、やだ…入って……ひっ……」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 13:38:26.84 ID:slCPnZTE0

カレン「ちょ、ちょっとスザク、なんとか言いなさいよ……!スザ、あっ! く……い、痛……」


スザク「ごめんカレン……今の君を見てると……止まれそうに、ない……っ」


カレン「ばっ……ぁ……は……馬鹿……最っっっ低……」


スザク「はあ……は、あ……カレン……カレン……」


カレン「や、今そこっ……胸、触らないで……うあっ……」


スザク「でも痛いのは嫌なんだろ……だからこうして……」


カレン「いッ―― か、変わんない、変わんない……から……はっ、ふっ、んっ……ふぁ」


カレン「!?」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 13:47:32.77 ID:slCPnZTE0

カレン「い、今のは違っ、違うから!」


スザク「そんな風には見えなかったけど? 中のほうも……」


カレン「本当にんっ、違うから……や、また胸……だめ、や、め……んうぅっ!」


スザク「はっ、はっ……ふぅ……カレンの、あの時に島で見てから思ってた……ユフィより、大きいなって」


カレン「こ、こんな時に、そういうこ、こと、言う?……あっあっ、んっ……ンふ……」


スザク「でも君はそれが感じるんだろ?……こんな風に、少し乱暴に……強引、にっ……されたほうが……」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:02:06.61 ID:slCPnZTE0

カレン「う、嘘っ! そんなはずない……っ……こんな……」


スザク「この胸で、何人も誘惑してきたんだろ……? ゼロ……ルルーシュも、ブリタニア兵も、貴族どもも」


カレン「しっ、してないっ、そ……んあっ…そんなこと……もう、んっあっあっあい、言わ、なッ!?……はぁ、はぁ…いで……」


スザク「……そろそろ射すよ」


カレン「えっ、あっ……んはっ……い、一応、外に……ね? た、頼むよ、スザク……」


スザク「はっ、ふっ……くっ……ああ……残念だよ、カレン」


カレン「んっんっあっやっぁ……ふぁっ……え……?スザ、ク……なん」 ドクッ


―以上ルルーシュの妄想―


C.C.「しゅ、終了! しゅーりょー!」


ルル「……」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:04:57.36 ID:slCPnZTE0

C.C.「……生々しいんだよ、お前のは。しかもカレンがしおらしいって……」


ルル「……」


C.C.「ま、まあ、その、なんだすごいな! いやーすごかった……うん」


ルル「……これでお前の言い分が全てではないということがわかったか」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:08:43.14 ID:slCPnZTE0

C.C.「……確かに、私でさえカレンを苛めたくなった」


ルル「いや普段から苛めているだろう」


C.C.「そういうことじゃない! んんっ! ……しかしお前、やっぱりムッツリだな」


ルル「……誰だそんなことを言ったのは」


C.C.「ナナリーだ」


ルル「ほぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:14:12.28 ID:slCPnZTE0

C.C.「うっさい! 思春期の妹だ、兄に対してそれくらいのことを思うのは普通だ、笑って流せ」


ルル「ナナリーが……馬鹿な……ありえない……ナナリー……嫌われた……? い、」


ルル「嫌だぁぁーーーーーー!!! ナーナルィィィィイ! 俺は、俺は愛してるぞー!! ――痛ぅ!?」


C.C.「喚くな! あと巻き舌はやめろ!」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:19:26.63 ID:slCPnZTE0

…………

C.C.「落ち着いたか」


ルル「ああ……もう大丈夫だ……」


C.C.「そうは見えんから聞いている……まあいい、今回は流石に私が言い過ぎたな。男が女に勝るときもあると認めようじゃないか」


C.C.「……あれはどちらかというと女が意図的に望んだ特殊なパターンだとも思うがな」


ルル「見苦しいぞ」


C.C.「復活するタイミングがおかしくないか? むう……それはそうとだ、ルルーシュ」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:24:35.92 ID:slCPnZTE0

ルル「ん? どうした、またなにかあるのか?」


C.C.「んふふっ」


ルル「痛ッ! おい馬鹿っ、いきなり何を――」


C.C.「……」


ルル「……な、なんでこんなことをするんだC.C.。痛っ! ……し、C.C.様」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:29:47.99 ID:slCPnZTE0

C.C.「はぁ……」


C.C.「行為の最中に他の女の話をするなんてな。ましてやその女の乱れた姿を想像するとは……お前の妄想の中のスザクと同じだ、最低だな」


ルル「なっ!? 巫山戯るな誰が……!? お、同じだな、ああ同じだ」


C.C.「お前が常日頃どうしたいと思っているかはさっきの妄想でよーーくわかった。
   まさか私ではなくカレンが希望だとは思わなかったがな」


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:33:56.86 ID:slCPnZTE0

ルル「……誘導尋問にも程があるだろう……」


C.C.「何か言ったか? なぁ、ルルーシュ」


ルル「いいや!? 何も! 何も言っていない! 本当だ!」


C.C.「そうか、残念だ」


ルル「ほっ。というかだな……お前だって人のこと言えるのか?」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:40:16.94 ID:slCPnZTE0

C.C.「はぁん?」


ルル「お前だってノリノリだったじゃないか、むしろ俺よりも想像力豊かだったぞ。流石は経験豊富な魔女様だ、どんな相手とやってきたんだ?」


C.C.「……」


ルル「俺なんかでは過度なSMやア*ル攻め、可翔式なんてアブノーマルなプレイは想像出来ない、常識の範囲外だからナァ――!?


C.C.「ふシャーッ……ふんっ!」


ルル「いッ――痛……おおお、お前今のは本気だっただろ……使い物にならなくなったらどうしてくれる」


C.C.「行為の最中に……昔のことを言う奴はもっと、もっと最低だ」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:48:02.42 ID:slCPnZTE0

ルル「……」


C.C.「ばかルルーシュ、あほルルーシュ、お前なんか死んでしまえ」


ルル「……」


C.C.「……」


ルル「……すまん、俺が悪かった」


C.C.「ほんとうだ……ばか、死ね」


C.C.「プイッ」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 14:58:34.57 ID:slCPnZTE0

C.C.「……」


ルル「どうしたら許してくれる」


C.C.「……なんでもするか?」


ルル「ああ、なんでもいいぞ。だが死ぬ以外で頼む」


C.C.「……」


C.C.「……そうだな」


C.C.「責任をとって、さっきのどちらの妄想とも違う、他の誰に対しても思い描かない、他の誰に対してもしない程に」


C.C.「これ以上ないってくらい優しく、シろ」

                                      fin.


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 15:53:05.74 ID:apPInsnbO

(´・ω・`)








関連記事
スポンサーサイト