FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

恭介「僕は今日退院するんだぜ」QB「そうかい。おめでとう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:24:17.07 ID:jNZKk1Ra0

恭介「うわっ!猫がしゃべった!」

QB「……」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:24:54.87 ID:TEWBONg/0

奇跡の共演


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:25:54.85 ID:jNZKk1Ra0

QB(まどかは契約してくれないし、ノルマはきついし)

QB(上条恭介は、少女どころか女ですらないけど、何故か素質はあるみたいだし)

QB(いいだろうこれでも別に。たぶん)

QB「はは。驚かせてしまったようだね」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:27:36.29 ID:jNZKk1Ra0

恭介「とでも言うと思ったのかい?」

QB「え?」

恭介「どうせその辺でさやかが声当ててるんだろ」

恭介「おーい。さやかー」カパ

恭介「ゴミ箱はハズレか。他にさやかが居そうなところはどこかな」キョロキョロ

QB「君はさやかを何だと思っているんだい?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:30:07.78 ID:jNZKk1Ra0

恭介「マジで君がしゃべってるの?」

QB「そうだよ」

恭介「うわあ~、やべえ。厨二病発症しちゃったよ」

恭介「厨二病ってフリじゃなかったのか……」

恭介「噂の三年生も、マジモンなのかな?」

QB「君が何を言っているのかよくわからないけれど、取り乱さずに話を聞いてくれるのは、僕としては助かるよ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:32:40.10 ID:jNZKk1Ra0

QB「自己紹介が遅れたね。僕の名前はキュゥべえ」

QB「上条恭介。君の願いを何でも一つ、叶えてあげるよ」

恭介「え?マジで?」

QB「うん」

恭介「でもねぇ。僕、セールスと宇宙人の甘い話には乗るなって、さやかに言われてるし」

恭介「なんか悪どい条件とかあるんだろ?なんかの悪魔的な。なんかさ。なんか」

QB「まあ無条件ではないね」

QB「あとなんか言い過ぎ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:35:57.52 ID:jNZKk1Ra0

QB「願いを叶える代わりに、君には魔法少女になってもらう」

恭介「ほら見たことか!そうやって甘い言葉で誘惑して、いたいけな少年とコスプレショタエッチしようって腹なんだろ!」

恭介「もちろん願いは叶えてくれない上に、逆にそのことでこちらを脅し、何度もケツ穴ファックを迫る気なのが丸わかりだ!」

恭介「でもいいのかい!?僕のアナルはセルフ開発済みなんだぜ!?」

恭介「期待していた初々しい反応は得られないと思え!!」

QB「どうしてさやかはコイツに惚れたんだ?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:39:28.48 ID:jNZKk1Ra0

QB「どうやら、君は何か誤解してるようだね」

恭介「それでも無問題だと!?やべえ!この珍獣ガチだ!」

恭介「クソ!こんなことなら、前にさやかがお見舞いに来た時にケツ穴攻め頼むんだった!」

恭介「童貞なのに、僕の処女は白い猫ちゃんに食べられちゃうんだ!畜生!!」

恭介「……あれ?でも、なんだか、少しだけ期待してる僕もいる」トクントクン

QB「聞けよ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:42:10.50 ID:jNZKk1Ra0

QB「魔法少女って言うのは言葉のアヤさ。僕のことを認識できるのは、少女がほとんどだから」

QB「実際には、君がイメージする衣装を纏うことになるだろう」

QB「だから、恭介は魔女っ子服を着る必要はないよ」

QB「あとテメェのケツ穴もいらねぇ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:45:00.94 ID:jNZKk1Ra0

恭介「お前それでも僕の生み出した妄想か!?ロマンはどうしたんだよ!?」

恭介「変態行為を強要させられるのがいいんだろ!!」

恭介「どういうことだよ……」

QB「こっちのセリフだよ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:48:18.59 ID:jNZKk1Ra0

恭介「コスプレするだけでいいのかい?」

QB「よくない。コスプレは全然本質じゃない」

QB「君が僕と契約して魔法少女、もとい魔法少年になったあかつきには、魔女と呼ばれる存在と戦ってもらう」

QB「そのために、高い身体能力に回復能力、願いに準じた個別の特殊能力を持つ存在へと生まれ変わらせてあげよう」

QB「魔女は人間を襲う。魔法少女は人間の命を救うために、魔女を倒すんだ」

QB「命がけだけど」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:52:11.29 ID:jNZKk1Ra0

恭介「プリキュアやセラムンのパクリじゃないか。芸がない」

恭介「厨二だとしてもさあ。もっと捻らないとリアルじゃないだろうに」

恭介「そういうとこ、ちゃんと考えてんの?」

恭介「まあ実際、お約束の王道大好きなんですけどね!」

QB「何言ってんだお前」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:54:52.40 ID:jNZKk1Ra0

恭介「キュアマリンと無印あいこちゃんの魔女見習い服ならどっちがいいかな……」

QB(割と最初から思ってたけど、契約したくなくなってきた)

QB「で、どうすんの?僕と契約するなら、とっとと願い事決めろよ変態」

恭介「誰が変態だ!?」

QB「お前だ」

恭介「耳からエロ触手生やしてるキュゥべえには言われたくないね!」

QB「僕の耳毛にエロ要素ねんてカケラもねぇよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:58:06.23 ID:jNZKk1Ra0

>>15訂正


恭介「キュアマリンと無印あいこちゃんの魔女見習い服ならどっちがいいかな……」

QB(割と最初から思ってたけど、契約したくなくなってきた)

QB「で、どうすんの?僕と契約するなら、とっとと願い事決めろよ変態」

恭介「誰が変態だ!?」

QB「お前だ」

恭介「耳からエロ触手生やしてるキュゥべえには言われたくないね!」

QB「僕の耳毛にエロ要素なんてカケラもねぇよ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 23:59:07.20 ID:jNZKk1Ra0

恭介「……ん?……願い?」

恭介「願い事って、概念的なものでもいいの?」

QB「ものにもよるけど」

QB「どんな望みだい?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:01:31.11 ID:Ms3jYHod0

恭介「えっと、その」モジモジ

恭介「女の子に……いつでも好きな時に顔面パンチ叩きこんでもいい権利……」

恭介「きゃっ。言っちゃった///」

QB「お前は腕よりも頭の方を診てもらうべきだった」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:04:00.17 ID:Ms3jYHod0

恭介「どう?無理?」

QB「無理じゃないよ」

QB「おまわりさんにしょっぴかれるだろうけど」

恭介「逮捕されてるじゃないか!そんなの今と変わらないだろ!」

恭介「僕は衆人環視でみんなが羨ましがる中、堂々と鉄拳を叩きこみたいんだ!」

恭介「もっと常識的に考えろよ!?」

QB「顔面パンチは常識的なのか?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:07:12.52 ID:Ms3jYHod0

ダダダダ…

恭介「ん?」

バンッ

さやか「恭介ー!迎えに来たよー!」

恭介「こらこら。病院では静かにしなさいって、いつも言ってるだろ?」

さやか「あははー。ごめんごめん」

さやか「……って、キュゥべえ!なんでアンタがここに!?」

QB「やあ。さやか」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:09:45.85 ID:Ms3jYHod0

恭介「ん?」

さやか「あっ。ナシナシ、今のナシ」

さやか「さやかちゃんにはキュゥべえなんて見えてませんよ」

恭介「さやかにも、この淫獣が見えるのかい?」

さやか「見えないです。見えないです。さやかちゃんには長い耳毛なんて見えてません」

QB「上条恭介も僕のことが見えてるよ」

さやか「そう、恭介も見えて」

さやか「……え?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:12:14.45 ID:Ms3jYHod0

恭介「さやかも見えているのなら話は早い。さやかも憤慨してくれよ」

恭介「こいつ、まともに僕の願いを叶える気ないんだ」ギュゥ

恭介「……」

恭介「え?」

さやか「駄目……恭介は契約しちゃ駄目……」ポロポロ

恭介「さや……か?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:16:47.40 ID:Ms3jYHod0

恭介「……キュゥべえ。どういうことだい?」

QB「さやかは、既に僕と契約した魔法少女なんだよ」

QB「腕、突然動くようになっただろう?さやかが僕に願ったからさ」

恭介「え?」

さやか「キュゥべえ!」シュパパパ

QB「ばっ、やめ」


次の瞬間、キュゥべえは美樹さやかによって粉微塵にされ、血霧と化した
上条恭介の病室に、濃厚な血の臭いが充満する


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:20:19.73 ID:Ms3jYHod0

恭介「その姿は!?」

さやか「え?あ、しまっ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:22:35.26 ID:Ms3jYHod0

恭介「さやかは……僕のために魔法少女になったのかい……?」

さやか「ち、ちがうのっ。私は魔法少女じゃないのっ」

さやか「魔法少女はソウルジェムが本体の超回復能力を持つゾンビみたいなものだけど、私は人間だから!」

さやか「もし仮に私が魔法少女なら顔面パンチ100連発ブチ込まれても余裕な再生能力持ってるだろうけど、私は人間だから!」

さやか「だからお願い…………私のこと嫌いにならないで…………」ポロポロ

恭介「なん……だと……?」

恭介(顔面パンチ100連発……!!)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:25:22.95 ID:Ms3jYHod0

恭介「さやか」ギュゥ

さやか「恭介……?」

恭介「さやかは僕の為に魔法少女になったんだ」

恭介「だから、僕はさやかの全てを受け入れる」

さやか「……!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:28:00.25 ID:Ms3jYHod0

恭介「さやか、好きだ」

さやか「私も……!恭介のことが大好きだよ……!」ポロポロ

恭介「こんなことになるまで本当の気持ちに気付けなかった僕だけど……受け入れてくれるかい?」

さやか「うん!うん!」ポロポロ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:31:09.60 ID:Ms3jYHod0

恭介「よし。じゃあさっそく顔面殴らせてくれ」

さやか「うん!」

さやか「……うん?」

恭介「ほ!」シュッ

さやか「がっ!?」ゴキン


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:34:14.78 ID:Ms3jYHod0

さやか「うぐぐ……」ボタボタ

恭介「こ……これは!?」

恭介「いいよ!さやか!凄くいい!」

さやか「ほ、ほんと……?えへへ」フラフラ

さやか「恭介が喜んでくれるなら私は……」

恭介「オラオラオラオラオラァッ!!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:37:23.58 ID:Ms3jYHod0

まどか「さやかちゃん良かったね!上条君と付き合えることになって!」

さやか「あははー。ありがとっ」

まどか「仁美ちゃんも元気出してね」

仁美「しくしく……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:39:00.01 ID:Ms3jYHod0

仁美「まあ、仕方ないですわ。選ぶのは上条君ですもの」

仁美「こうなった以上、上条君とさやかさんの幸せを祈るばかりですわ」

まどか「仁美ちゃん大人だねぇ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:39:45.01 ID:Ms3jYHod0

さやか「仁美……」

仁美「なんでしょう」

さやか「……」

さやか「……ありがと!」

仁美「いえいえ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:39:47.18 ID:k1qXnrSt0

ひどいDV男


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:42:25.14 ID:Ms3jYHod0

さやか「恭介の奴、私に夢中でさあ」

さやか「私以外は恭介に合わせらんないだろうし」

さやか「適材適所って奴?」

仁美「のろけ話はムカつきますわね……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:43:53.71 ID:Ms3jYHod0

さやか「いや、のろけとかじゃなくて。ガチで」

まどか「この前私の前で行為に及んでヨガッてたじゃない」

仁美「え……?」

さやか「ん?そっか」

さやか「じゃあ、のろけ的な意味も含めてだ!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:45:29.99 ID:Ms3jYHod0

仁美「あ、あの……私達は中学生なんですから、そういった行為は、まだ自重すべきでは」

仁美「というか、人に見られながらだなんて」

まどか「仁美ちゃんにはまだ早かったかな?」ウェヒヒヒ

さやか「でも、恭介新しいメリケンサック試したがってたからなぁ」

仁美「メリケンサック!?」


魔法少女さやか☆顔パン 終


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 00:53:01.64 ID:NJNot3Du0

ワロタ


45: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 2012/04/08(日) 00:53:43.00 ID:2c98L2sN0

さやかわいそう


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 01:00:51.04 ID:Ms3jYHod0

>>46
それ両方私


関連記事
スポンサーサイト