FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ナルト「・・・・・」 ケンシロウ「・・・・・」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:33:42.05 ID:su7FTl010

ケンシロウ「み、水・・・・・」

モヒカン「ヒャッハー!」

ケンシロウ「アタッ」

モヒカン「いてっ」

ケンシロウ「水」

モヒカン「えっ・・・・・」

ケンシロウ「水くれ」

モヒカン「・・・・・」

ケンシロウ「アタァッ」

モヒカン「いたっ」

ケンシロウ「水」

モヒカン「おいそこの少年助けてくれ・・・・・」

ナルト「・・・・・」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:38:14.27 ID:su7FTl010

ナルト「おっちゃんイジメはアカンで・・・・・」

ケンシロウ「こいつが水くれないから」

ナルト「自分も大人しく水あげェや・・・・・」

モヒカン「ねぇからな水なんて」

ケンシロウ「ケリッ」

モヒカン「ブフッ」

ナルト「俺も腹減ってるんや食いモンあるか・・・・・」

ケンシロウ「水」

モヒカン「解ったよ街まで連れてってやるから乗りな」

ケンシロウ「わーい」

ナルト「やったで・・・・・」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:41:22.12 ID:su7FTl010

ナルト「おっちゃん・・・・・」

ケンシロウ「ん」

ナルト「強いな・・・・・」

ケンシロウ「北斗神拳伝承者だからな」

モヒカン「えっ!?」

ケンシロウ「前見ろ前」

ナルト「強いんか・・・・・」

ケンシロウ「1週間前まで最強と思ってたよ」

ナルト「何かあったんやな・・・・・」

モヒカン「こいつが北斗の・・・・・」

ナルト「何ブツブツ言ってるんや・・・・・」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:45:29.93 ID:su7FTl010

サスケ「完全にみんなと逸れてしもた・・・・・」

レイ「オラァ」

ユダ「ブフッ」

サスケ「何やあれ・・・・・」

シン「さあケンの居場所を吐け」

ユダ「知らないから知らないから」

レイ「セイッ」

バット「吐かないと痛い目見るぜ」

ユダ「知ってるわけないだろ」

シン「どうやら本当に知らないらしいな」

レイ「全く・・・・・」

バット「行こうぜリン」

リン「・・・・・」

サスケ「何やねんあれ・・・・・」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:50:19.46 ID:su7FTl010

モヒカン「ほら着いたぞ」

ナルト「おおきに・・・・・」

ケンシロウ「・・・・・」

モヒカン「な、何だよ」

ケンシロウ「持って来いよ」

ナルト「ついでや水と食いモン持ってきてや・・・・・」

モヒカン「くっ・・・・・」

ナルト「ええおっちゃんやで・・・・・」

ケンシロウ「近年稀にみる好青年だな」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:56:39.03 ID:su7FTl010

サスケ「ちょっとそこの男前の兄さん・・・・・」

シン「俺か」

レイ「俺だろ」

サスケ「どっちでもええわ・・・・・」

バット「何だいお兄ちゃん」

サスケ「派手な頭した俺ぐらいの男しらへんか・・・・・」

シン「知らぬな」

サスケ「じゃあ目に隈のある赤髪は・・・・・」

レイ「知らん」

サスケ「何や残念やわ・・・・・」

バット「・・・・・」

サスケ「腹減ったわ・・・・・」

シン「・・・・・」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:59:39.76 ID:su7FTl010

ナルト「そうなんや・・・・・」

ケンシロウ「そう」

ナルト「そのラオウっちゅう奴にしこたまやられたんやな・・・・・」

モヒカン「ラオウってもしかして拳王の事か!?」

ケンシロウ「お前は黙ってろよ」

ナルト「強いんか・・・・・」

ケンシロウ「信じられないぐらい強い」

ナルト「・・・・・」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:05:52.09 ID:ZLLPbM9Q0

サスケ「すまんすまん・・・・・」

シン「よく食うな・・・・・」

レイ「おい加減しろよ」

サスケ「何日も食ってへんのや・・・・・」

リン「・・・・・」

サスケ「しゃあないやろ・・・・・」

バット「俺も何か食うか」

サスケ「あげやんで・・・・・」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:15:14.54 ID:ZLLPbM9Q0

サスケ「・・・・・」

シン「やっと寝たか」

レイ「ほっといて行こうぜ」

リン「・・・・・」

バット「どうしたリン」

リン「この人可哀想・・・・・」

レイ「ここで死んだらそれがこいつの宿命なんだ」

リン「・・・・・」

シン「はぁ・・・・・レイこいつをおぶってやれ」

レイ「は?」

シン「ほら早く」

レイ「お前がおぶれよ」

シン「いや俺ってKINGじゃん?」

レイ「関係ねーから」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:26:09.37 ID:ZLLPbM9Q0

バット「あっ」

シン「どうした」

バット「こいつ電話持ってるよ」

シン「一応家族に連絡入れてやれ」

バット「どれか解らないよ」

レイ「じゃあ履歴の一番最初のナルトってのにかけてみろ」

バット「・・・・・」

シン「どうだ」

バット「繋がらない」

レイ「・・・・・」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:36:08.19 ID:ZLLPbM9Q0

ナルト「・・・・・」

ケンシロウ「・・・・・」

モヒカン「何だよ・・・・・」

ナルト「宿の手配はできてるんやろな・・・・・」

モヒカン「何言ってんだ」

ケンシロウ「大丈夫だよな」

モヒカン「・・・・・」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:38:50.74 ID:ZLLPbM9Q0

レイ「次はこいつだ」

バット「このイタチって奴?」

レイ「そう」

バット「あっ」

シン「どうした」

バット「電池がもう切れそうだよ」

シン「急げ急げ」

バット「お、おう」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:49:48.79 ID:ZLLPbM9Q0

雛森「イタチさん電話ですよー」

イタチ「今手が離せまへん・・・・・」

デイダラ「イタチィ・・・・・」

イタチ「代わりに出てくださいよォ・・・・・」

雛森「はい」

サソリ「イタチィはよ投げやァ・・・・・」

イタチ「解ってるわ・・・・・」

雛森「手が離せないって野球してるだけじゃないですか」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:04:47.67 ID:ZLLPbM9Q0

雛森「もしもし」

バット「女の人だ」

シン「女?」

レイ「俺に代われ」

シン「いや俺だろここは」

リン「・・・・・」

レイ「変態マネキン野郎に女と喋る資格はねえ」

シン「女装趣味の覗き魔シスコン野郎には言われたくないね」

レイ「この野郎・・・・・」

シン「・・・・・」

リン「何なのこいつら・・・・・」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:10:49.42 ID:ZLLPbM9Q0

雛森「はあサスケくんが」

バット「ええ」

リン「ねえバット」

バット「ん?」

リン「喧嘩してる」

バット「ほっとけほっとけ」

サスケ「・・・・・」

バット「あっもしもし・・・・・ここで電池切れか」

リン「・・・・・」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:22:54.95 ID:ZLLPbM9Q0

雛森「切れちゃいましたよ・・・・・」

イタチ「何のようでした・・・・・」

雛森「サスケくんが」

イタチ「サスケェ・・・・・」

長門「イタチィ危ないでェ・・・・・」

イタチ「」

デイダラ「アカン頭に当たってしもた・・・・・」

サソリ「大丈夫かいな・・・・・」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:28:33.58 ID:ZLLPbM9Q0

モヒカン「やっと寝たか」

ナルト「・・・・・」

ケンシロウ「・・・・・」

モヒカン「早く帰らないと聖帝様に叱れちゃう・・・・・」

ナルト「・・・・・」

ケンシロウ「・・・・・」

モヒカン「もう帰ろうかな」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:32:34.34 ID:ZLLPbM9Q0

シン「ああ無駄なところで体力使った・・・・・」

レイ「それはこっちのセリフだから」

リン「早く寝なさいよ二人とも」

バット「プッガキに説教されてら・・・・・」

サスケ「・・・・・」

バット「痛い痛い悪かったよ」

シン「オラオラ」

レイ「生意気言いやがって」

リン「・・・・・」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:39:33.73 ID:ZLLPbM9Q0

モヒカン「ひゃっはー新聞配達だぜー」

バット「ああねむ」

サスケ「よお・・・・・」

バット「起きてたんだ」

サスケ「はやおきやからな・・・・・」

バット「ああっ!」

サスケ「どないしたんや・・・・・」

バット「シン。レイ起きろよ」

シン「うるさい」

レイ「うるさい」

バット「・・・・・」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:43:41.51 ID:ZLLPbM9Q0

ケンシロウ「ぬっ・・・・・」

ナルト「どないしたんや・・・・・」

モヒカン「あっ」

ナルト「何なんや・・・・・」

モヒカン「聖帝軍と拳王軍がついに全面戦争・・・・・」

ナルト「どういうことだってばよ・・・・・?」

ケンシロウ「ラオウ・・・・・ラオウ・・・・・ラオウ・・・・・」

ナルト「ケンシロウの兄ちゃんのことやな・・・・・」

モヒカン「・・・・・」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:53:53.41 ID:ZLLPbM9Q0

ケンシロウ「行こう」

ナルト「おっちゃんまたバイク出してや・・・・・」

モヒカン「行こうって・・・・・」

ケンシロウ「ラオウのところ」

モヒカン「ええー」

ナルト「いこうや・・・・・」

モヒカン「こればっかりは・・・・・」

ケンシロウ「エイッ」

モヒカン「ブフッ」

ケンシロウ「行くぞ」

モヒカン「はい・・・・・」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 02:08:38.41 ID:ZLLPbM9Q0

シン「まあ多分ケンシロウも乱入するだろ」

バット「多分って」

レイ「・・・・・」

サスケ「何するんや・・・・・」

リン「戦争です」

サスケ「戦争するんやなァ・・・・・」

レイ「よし行くか」

シン「全く世話ばかり焼かせやがってあのゲジ眉」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 02:13:35.43 ID:ZLLPbM9Q0

ジャコウ「この機に乗じて聖帝も拳王も倒してやる」

カブト「・・・・・」

ジャコウ「本当に大丈夫なのかカブトくん」

カブト「大丈夫ですわ・・・・・」

ジャコウ「・・・・・」

カブト「穢土転生舐めたらあきまへんで・・・・・」

ジャコウ「期待してるよ」

カブト「心配いりまへん・・・・・」

ジャコウ「・・・・・」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 02:17:40.17 ID:ZLLPbM9Q0

モヒカン「見てくださいよ」

ナルト「族の喧嘩みたいやな・・・・・」

ケンシロウ「・・・・・」

ナルト「睨み合ってるで・・・・・」

モヒカン「それじゃあ僕帰りますんで」

ナルト「待ち・・・・・」

ケンシロウ「俺をど真ん中まで送れ」

モヒカン「そんなことしたら聖帝様に殺されますよ」

ナルト「ええやろ・・・・・」

ケンシロウ「ほら早く」

モヒカン「こいつら・・・・・」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 02:21:00.93 ID:ZLLPbM9Q0

シン「驚きの人数だな」

サスケ「せやな・・・・・」

レイ「暴走族の乱闘前みたい」

サスケ「あの肘付いてるのとメットのおっちゃんがボスかい・・・・・」

バット「そうだよ」

サスケ「強いんか・・・・・」

シン「ムチャクチャな」

リン「ケン居るかな」

シン「よし行こう」

レイ「そうだな」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 02:28:01.48 ID:ZLLPbM9Q0

ケンシロウ「ラオウーラオウー」

ラオウ「ぬっケンシロウ・・・・・」

サウザー「ほぉ・・・・・」

汚物「あっあれは買い物に行ったきり帰って来なかったモヒカン」

岩を頭で砕いた人「あいつ裏切りやがったな」

モヒカン「とほほ・・・・・」

ケンシロウ「決着つけに来たぞラオウ」

ラオウ「いいの?」

サウザー「いいよ」

ケンシロウ「早く馬から降りろや」

ナルト「・・・・・」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 02:34:13.51 ID:ZLLPbM9Q0

シン「あっあれはケンシロウ」

サスケ「ナルトォ・・・・・」

レイ「よし行くぞ」

ケンシロウ「アタァッ」

ラオウ「ヌゥ」

ケンシロウ「エイッ」

ラオウ「おっと」

シン「ケーン」

ナルト「サスケェ・・・・・」

サスケ「ナルトォ・・・・・」

リュウガ「ええい待て決闘の邪魔はさせんぞ」

レイ「邪魔邪魔しっしっ」

リュウガ「こいつ・・・・・」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 02:45:14.45 ID:ZLLPbM9Q0

サウザー「お前たちも来るとは」

シン「いつまでもえらっそうにしてんじゃないぞデコぼくろ」

サウザー「よしお前は俺が殺してやる」

シン「ええーっ」

ナルト「見てみィサスケェ・・・・・」

サスケ「モヒカンが仰山おるのォ・・・・・」

ナルト「やったるでェ・・・・・」

サスケ「せやな・・・・・」

リュウガ「来い」

レイ「そんな張り切られても・・・・・」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 02:57:33.91 ID:ZLLPbM9Q0

リハク「げっ」

シュレン「どうした」

リハク「外で聖帝と拳王とケンシロウ様が」

ヒューイ「本当だ」

ジュウザ「人ンちの前で喧嘩するなんていい度胸じゃねえの」

フドウ「どうする」

リハク「加勢する」

シュレン「行こうか」

ヒューイ「頼んだぞ6番目の戦士・砂の我愛羅よ」

我愛羅「はあ・・・・・」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:03:18.48 ID:ZLLPbM9Q0

ケンシロウ「アタタタタタタタタ」

ラオウ「ヌヌヌヌヌヌヌ」

シン「突き突き突き突き突き」

サウザー「利かぬ利かぬ利かぬ利かぬわー」

レイ「オリャオリャオリャオリャー」

リュウガ「ドッセイッ」

ナルト「多重影分身と螺旋丸やァ・・・・・」

サスケ「千鳥流しに天照やでェ・・・・・」

モヒカン「す、凄い・・・・・」

バット「大変な事になってきたぞ」

リン「せやね」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:07:03.56 ID:ZLLPbM9Q0

リハク「加勢に来たぞー」

ヒューイ「うおおおお」

ケンシロウ「邪魔」

ヒューイ「ブヘッ」

シュレン「えええーい」

シン「邪魔」

シュレン「うごっ」

リハク「なっ・・・・・」

ラオウ「邪魔」

リハク「うっ」

サウザー「邪魔」

リハク「げへっ」

ジュウザ「馬鹿だねーわざわざ突っ込むなんて」

我愛羅「せやな・・・・・」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:14:58.29 ID:ZLLPbM9Q0

カブト「見てみィ・・・・・」

ジャコウ「うわっ凄い」

カブト「行くでェ・・・・・」

ジード「・・・・・」

ハート「・・・・・」

カーネル「・・・・・」

ジャッカル「・・・・・」

牙親父「・・・・・」

獄長「・・・・・」

アミバ「・・・・・」

ジャギ「・・・・・」

ジャコウ「これが穢土転生か」

カブト「そうですわ・・・・・」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:19:12.38 ID:ZLLPbM9Q0

シン「あっ何だあれ・・・・・」

サウザー「ん?」

シン「よそ見するんじゃない!」

サウザー「うおっ」

シン「勝った・・・・・しかし何だあれ」

ハート「・・・・・・」

スペード「・・・・・」

ダイヤ「・・・・・」

クラブ「・・・・・」

シン「囲まれた・・・・・」

サウザー「貴様いきなり蹴り入れやがって・・・・・」

シン「サウザー手を貸せ手を」

サウザー「何だよこれ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:25:43.45 ID:ZLLPbM9Q0

レイ「うげっ牙親父と牙一族の面々」

リュウガ「知り合いか」

レイ「獄長までいやがる」

リュウガ「これは死人か」

レイ「それは無い」

リュウガ「明らかに何かおかしいだろ」

ジュウザ「よぉ手貸すぜ」

リュウガ「ジュウザ」

レイ「誰だお前」

ジュウザ「腹違い兄弟コンビでこいつらぶっ倒そうぜ」

リュウガ「その言い方はやめろ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:31:25.65 ID:ZLLPbM9Q0

ナルト「何やねんこいつら」

カーネル「・・・・・」

マッド軍曹「・・・・・」

サスケ「知らん・・・・・」

ジャッカル「・・・・・」

フォックス「・・・・・」

我愛羅「ナルトォサスケェ・・・・・」

ナルト「我愛羅ァ・・・・・」

サスケ「どうなってんねん・・・・・」

我愛羅「多分穢土転生やな・・・・・」

ナルト「またかいな・・・・・」

ジード「・・・・・」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:37:58.75 ID:ZLLPbM9Q0

ケンシロウ「兄さんあれ・・・・・」

ラオウ「ぬっ?」

ケンシロウ「後頭部に目がけてパンチ!」

ラオウ「ぐわっ」

ケンシロウ「終わった」

ジャギ「・・・・・」

アミバ「・・・・・」

ケンシロウ「おかしいな倒した奴が目の前に居る」

フドウ「どうやら死人らしいですよ」

ケンシロウ「そうか」

ラオウ「・・・・・」

ケンシロウ「じゃあフドウあれ頼むわ」

デビルリバース「・・・・・」

フドウ「これですか・・・・・?」

ケンシロウ「そう」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:45:06.98 ID:ZLLPbM9Q0

カブト「この前はあの小僧にやられましたからねェ・・・・・」

ジャコウ「・・・・・」

カブト「今日こそはやったろう思ってるんですわ・・・・・」

ジャコウ「本当に大丈夫かカブトくん」

カブト「大丈夫でっせ・・・・・」

ジャコウ「いや君の送った連中みんなやられてるんだけど」

カブト「それは無いですわ・・・・・」

ジャコウ「いやちゃんと見ろよ」

カブト「知りません・・・・・」

ジャコウ「・・・・・」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 03:54:12.74 ID:ZLLPbM9Q0

カブト「さて逃げましょか・・・・・」

ジャコウ「おい」

カブト「もうええやろ・・・・・」

我愛羅「あっ・・・・・」

ナルト「どないしたんや・・・・・」

我愛羅「眼鏡や眼鏡がおるで・・・・・」

サスケ「ホンマや・・・・・」

ナルト「今日こそとっちめたるで・・・・・」

サスケ「我愛羅ァ俺らを放り投げてくれや・・・・・」

我愛羅「ええよ・・・・・」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 04:08:19.26 ID:ZLLPbM9Q0

カブト「」

ナルト「やったったでェ・・・・・」

サスケ「もう二度と悪さするんやないでェ・・・・・」

ケンシロウ「おっ」

シン「んっ」

レイ「死体が」

モヒカン「すげぇよすごすぎるよ」

ケンシロウ「ああ疲れた・・・・・」

ナルト「せやな・・・・・」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 04:13:29.41 ID:ZLLPbM9Q0

ケンシロウ「世話になったな」

ナルト「ええんや・・・・・」

ケンシロウ「お前たちはどうするんだ」

サスケ「兄さんのとこ行くんや・・・・・」

我愛羅「ついでに他の仲間探しや・・・・・」

ケンシロウ「そうか」

ナルト「じゃあ俺らもう行くでェ・・・・・」

ケンシロウ「またどっかで会おう」

ナルト「ええで・・・・・」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 04:21:33.31 ID:ZLLPbM9Q0

シン「これからどこ行くんだ」

ケンシロウ「ユリアんチ」

レイ「俺らも行っていいのか」

ケンシロウ「好きにしろ」

バット「わーい」

リン「わーい」

ケンシロウ「あっシン」

シン「何だ」

ケンシロウ「お前は来なくていいよ」

シン「えっ・・・・・」

モヒカン「やっと解放された・・・・・」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 04:32:13.87 ID:ZLLPbM9Q0

サスケ「あっメールや・・・・・」

ナルト「・・・・・」

サスケ「兄さんが危篤状態らしいで・・・・・」

ナルト「さよか・・・・・」

我愛羅「そないな事よりキバとカンクロウはどこ行ったんや・・・・・」

ナルト「そのうち会うやろ・・・・・」

我愛羅「せやろな・・・・・」

サスケ「兄さん・・・・・」

我愛羅「いこか・・・・・」

サスケ「お、おう・・・・・」

ナルト「二人ともはよ来いや・・・・・」




65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 04:35:13.32 ID:D6dGwi5+0

カンクロウ・・・


66: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 2012/03/23(金) 04:36:47.95 ID:a1BNE74F0



関連記事
スポンサーサイト