FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

美緒「最近ミーナが冷たい、気がする」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:31:47.86 ID:e56SmyFU0

美緒「……ふむ」

芳佳「あれ?坂本さん、どうかしたんですか?」

美緒「うん?ああ、宮藤にリーネか」

リーネ「少佐、これから訓練なんじゃ」

美緒「そういえばそうだったな、すまん」

芳佳「い、いえ!それより、坂本さん」

美緒「ほら、宮藤、リーネ!急いでハンガーに行って模擬戦の準備!」

芳佳・リーネ「は、はいっ!」

芳佳「行こう、リーネちゃん!」バッ

リーネ「少佐、私が訓練って言わなかったら訓練なしになったのかな」ボソッ

美緒「なにか言ったか、リーネ?」キョトン

リーネ「な、なんでもありませんっ!」ダッシュ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:32:57.57 ID:e56SmyFU0



リーネ「はあ……やっと終わったねー、今日の訓練」

芳佳「うん……」

リーネ「芳佳ちゃん?」

芳佳「ねえ、リーネちゃん」

リーネ「どうしたの?」

芳佳「今日の坂本さん――」

「変ですわ!」

芳佳「うわっ、ペリーヌさんっ!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:33:22.35 ID:e56SmyFU0

ペリーヌ「うわっとはなんですのうわっとは!んもう、これだから豆狸は!」

芳佳「だから私は豆狸なんかじゃ!」

リーネ「あはは……」

ペリーヌ「そんなことより少佐ですわ!」

芳佳「そんなことってペリーヌさん」

リーネ「まあまあ芳佳ちゃん……」

ペリーヌ「今日の少佐は、いつもの凛々しいお顔がどこか違って見えました、これはいつもいつも一時も目を離さず見ている私が言うのだから間違いありませんわ!」

芳佳「う、うん……」

リーネ「それってストーカーなんじゃ……」

ペリーヌ「なにか仰いまして?」

リーネ「い、いえ!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:33:39.26 ID:e56SmyFU0

ペリーヌ「ですから、少佐のお顔を曇らすのはなんなのか、一刻も早く突き止めてあの素敵な笑顔を取り戻して差し上げなければ!」

リーネ「は、はあ……」

芳佳「私も、坂本さんのこと気になるな……」

リーネ「えっ」

芳佳「だって、ペリーヌさんの言う通り今日の坂本さん、ちょっといつもと違ったよ」

リーネ「そ、そうかな……確かに、そんな気もしたけど」

リーネ「(いつも芳佳ちゃんのことばかり見てるから、なんて言えない……)」

芳佳「だからペリーヌさん、私も手伝う!」

ペリーヌ「まあ、私一人でもまったく問題ありませんけど、どうしてもと言うなら手伝わせてあげてもいいですわよ?」

リーネ「(一人じゃ不安だからって素直に言えばいいのに……)」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:35:06.53 ID:e56SmyFU0




美緒「……ふう」トトト...

美緒「(今夜の月は些か雲っているな)」

ガチャッ

美緒「……あ」

ミーナ「……少佐」

美緒「ミーナ」

ミーナ「……」フイッ

タタタッ...

美緒「!」

ヒラッ

美緒「あ、おい!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:35:40.97 ID:e56SmyFU0

ミーナ「なにかしら」

美緒「……書類。落としたぞ」

ミーナ「あら……ありがとう」

美緒「ミーナ。その、なにか手伝えることがあるなら」

ミーナ「いいえ、なにもないわ。あなたは明日も朝から訓練予定があるのだし、早く休んで」

美緒「あ、ああ……」

タタタタタッ...

美緒「……」

美緒「……」ハァ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:36:10.18 ID:e56SmyFU0

―――――
 ―――――

ペリーヌ「見ました?」

芳佳「うん」

リーネ「はい」

コソコソ

ペリーヌ「うぅううううう、坂本少佐にあのようなお顔をさせるなんて、いくらミーナ中佐でも許せませんわ!私だったら、坂本少佐があのように仰ったらすぐにでも頷きますのに!」

リーネ「ぺ、ペリーヌさん、落ち着いて」

芳佳「うーん……」

リーネ「芳佳ちゃん……はどうしたの……?」

芳佳「えっと、坂本さんの様子がおかしいのはわかるんだけど……ミーナ中佐も、少し変じゃなかった?」

リーネ「ああ、そういえば……」

芳佳「明らかに坂本さんを避けてる感じ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:36:34.11 ID:e56SmyFU0

ペリーヌ「許せませんわ許せませんわ許せませんわ!」

リーネ「ちょっとペリーヌさんは黙っててください」

ペリーヌ「んなっ」

芳佳「なにかあったのかな、坂本さんとミーナ中佐……」

トッ

リーネ「あ」

美緒「お前たち……こんなところでなにをやっているんだ?」

ペリーヌ「しょしょしょしょしょ、少佐!」

芳佳「え、えっと……!」

美緒「明日も早いぞ、こんなところで油を売っている暇があるならさっさと寝ろ!」

芳佳「あの、坂本さん!」

美緒「なんだ?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:38:33.61 ID:e56SmyFU0

美緒「なんだ?」

ペリーヌ「ちょっと、宮藤さん」

芳佳「今日ずっと、坂本さんの様子がおかしいなって思ってたんですけど……もしかして、ミーナ中佐となにかあったんですか?」

美緒「!」

リーネ「ストライク……」

美緒「……」

美緒「……はっはっはっ」

芳佳・リーネ・ペリーヌ「!?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:39:49.72 ID:e56SmyFU0

美緒「そうか、隠そうにもばれてしまっていたのか。私もまだまだのようだな」

ペリーヌ「そ、そんなことは!」

美緒「ミーナとなにかあった、というわけではないんだ」

芳佳「それじゃあ」

美緒「たぶん」

リーネ「た、たぶん?」

美緒「ああ……ここ数日、ミーナが冷たい、気がしてな」

芳佳「気がして?」

美緒「自信は、その、ないんだ……私の気のせいかもしれん。なんせ、そのような態度はもう数週間前からだしな」

リーネ「す、数週間前ですか」

リーネ「(扶桑の魔女って本当に鈍感なのかな……)」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:40:06.66 ID:e56SmyFU0

美緒「しかし、どちらにしても原因がよくわからないんだ」

ペリーヌ「少佐がなにかしたなんてありえませんわ!」

美緒「しかしな、ペリーヌ。私は気付かないうちに人を怒らせたり泣かせたりしていることが多いらしい」

ペリーヌ「そんなこと……!」

ペリーヌ「(けど、確かに少佐はおモテになるから……)」

美緒「ミーナもその類なんじゃないかと思うと、なんというか気が気ではなくてな」

リーネ「前にもこんなことは……?」

美緒「なかった。ミーナにあんな態度をとられるなんて、思ってもみなかった」

芳佳・リーネ・ペリーヌ「……」カオミアワセ


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:40:57.40 ID:e56SmyFU0


執務室

ミーナ「……」

ミーナ「(だめね、私……。なにやってるのかしら、こんな)」

コンコン

ミーナ「入って」

ガチャッ

バルクホルン「失礼する」

エーリカ「やっほー」

ミーナ「あら、トゥルーデにエーリカ。どうしたの?」

バルクホルン「ああ、いや」

エーリカ「ミーナが心配だから見に行こうってトゥルーデがさ」

バルクホルン「こ、こらハルトマン!それは言うなとあれほど……!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:41:18.86 ID:e56SmyFU0

ミーナ「……」

ミーナ「……ごめんなさい、二人とも」

バルクホルン「ミーナ」

ミーナ「……私、そんなに浮かない顔していた?」

バルクホルン「ああ、少し」

エーリカ「気付いてたのは私たちくらいだけどね」

ミーナ「だめね、隊長がこんなことじゃ」

エーリカ「ミーナ、疲れてる?」トトト...

ミーナ「そういうわけじゃないんだけど……」

エーリカ「ほんと?」ギュウ

ミーナ「あら、もう……フラウったら」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:41:35.04 ID:e56SmyFU0

バルクホルン「おいエーリカ、そんなことしたらミーナの仕事の邪魔に」

エーリカ「どちらにしてもここに来てる時点で邪魔じゃん」

バルクホルン「うっ」

エーリカ「それとももしかして、トゥルーデは羨ましいの?トゥルーデにも抱きついてあげよっか?」

バルクホルン「なっ、そ、そんなわけないだろ!」

エーリカ「しかたないなあー」

バルクホルン「お、おい、来るな!こっちへ来るなったら!」

ミーナ「ふふふっ……まったく、トゥルーデもフラウも……」

バルクホルン「……ミーナ」ホッ

エーリカ「あ、やっと笑った」

ミーナ「……ありがとう、二人とも」

ミーナ「(私情だけでこの子たちに心配をかけさせてしまうなんて……)」

ミーナ「(……でも)」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:42:46.51 ID:e56SmyFU0


翌朝

芳佳「さかもとさーん!」

ペリーヌ「しょうさー!」

リーネ「二人とも待ってー……!」

タタタッ

美緒「うん?」

芳佳「おはようございますっ」

美緒「おお、早いな三人とも」

ペリーヌ「昨日からずっと、少佐のこと」

リーネ「少佐と中佐が、仲直りする方法を、考えて、いたんです……やっと追いついたよー……」

ペリーヌ「」

リーネ「(な、なんか視線が……)」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:43:43.66 ID:e56SmyFU0

美緒「そうか……なんだか悪いな」

芳佳「いえっ、私たちもすごく気になってたので!」

ぺリーヌ「そ、そうですわ!」

リーネ「あ……わ、私も」

美緒「そうか、三人とも心配かけてしまってすまんな」ハニカミダキヨセ

ペリーヌ「はうぅ」ズキュン

リーネ「(ペリーヌさん撃墜……!)」

芳佳「そんな~」テレリンコ

芳佳「(坂本さんの胸が当たってる当たってる当たってるうぅうううう!)」

リーネ「(芳佳ちゃん、撃墜……)」

美緒「(む?なぜかリーネから殺気を感じるような……まあ気のせいか)」

※芳佳はおっぱいにしか興味ありません。


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:44:21.25 ID:e56SmyFU0

リーネ「それで、芳佳ちゃん」ゴゴゴ

芳佳「へ?」

リーネ「作戦」ゴゴゴゴゴッ

芳佳「う、うん!」

芳佳「(リーネちゃん目が怖い!)」

美緒「(なるほど、リーネは確かにいい指揮官になるかもしれんな)」

ペリーヌ「ほわぁ」ズキュズキュ

芳佳「あの、坂本さん!」

美緒「む」

芳佳「今日一日、私たちが言ったことを実行してください!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:44:54.46 ID:e56SmyFU0

―――――
 ―――――
執務室

ミーナ「……」チラッ

ミーナ「(いけないいけない、仕事に集中しなきゃ……)」

カキカキ

ミーナ「……」

ミーナ「……」

ミーナ「(……いつもならこの時間、あの人は飛行割りや次の作戦のことでここにくるはずなんだけど)」

コンコン

ミーナ「みっ……!」

ミーナ「……」コホン

ミーナ「どうぞ」

ミーナ「(ああもう、私はまた……)」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:45:12.01 ID:e56SmyFU0

「失礼しまーす」
「うじゅーお届けものだよー」

ミーナ「シャーリーさん、ルッキーニさん!?どうして」

シャーリー「いやあ、なんか少佐に頼まれちゃってさ」

ミーナ「美緒に?」

ルッキーニ「はい、これ」

ミーナ「これって……」

シャーリー「次の作戦行動と飛行割りについてだってさ」

ルッキーニ「すっごいねーこれ。いつもこんなふうに作ってるんだ!」

シャーリー「あたしらじゃとてもじゃないけど理解できないな」

ルッキーニ「ねー!」

シャーリー「じゃ、確かに渡したってことで」

ミーナ「え、ええ……ありがとう」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:45:46.15 ID:e56SmyFU0

ルッキーニ「おっひるはなにかななにかな♪」

シャーリー「さっき朝飯食ったろー」

ルッキーニ「だっておなか減ったんだもん」

シャーリー「まああたしもだけどな!」

シャーリー・ルッキーニ「あはははは!」

バタン

ミーナ「……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:46:51.83 ID:e56SmyFU0

ブリーフィングルーム

ミーナ「それじゃ、解散」

美緒「……」スッ

ミーナ「(あ……)」

ミーナ「しょ……」

美緒「エイラ、サーニャ」

エイラ「ンー?なんだヨ少佐ー」

サーニャ「……」ビクビク

美緒「少し頼みたいことがあるんだが、いいか?」

エイラ「えー」

サーニャ「私は、構いません……」

エイラ「わ、私だって構わないゾ!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:47:11.20 ID:e56SmyFU0

美緒「はっはっはっ、そうか!それは助かる!これをみんなに配っておいてほしいんだ」

ミーナ「(あの人が渡したのは……夜間哨戒の予定表)」

サーニャ「わかりました……」

エイラ「アレ?少佐、何でわざわざこれだけミーナって中佐の名前書いてあるんダ?いつも少佐が渡してるんじゃナイノカ?」

美緒「いや、なに。とりあえず頼むぞ」

サーニャ「逃げた……」

ミーナ「……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:47:59.92 ID:e56SmyFU0




ミーナ「……はあ」

ミーナ「……どうして」

ミーナ「(……あの人に、避けられてる?)」

トトト...ピタッ

バルクホルン「ん?どうした、ミーナ」

エーリカ「あ、少佐だ」

ミーナ「……」

美緒「……」

バルクホルン「少佐、こんな時間まで訓練か?」

美緒「あ、ああ」

エーリカ「すっごいねー」

美緒「ハルトマン、お前はもう少し訓練に出たほうがいいぞ」

エーリカ「えー、勘弁してほしいなあ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:48:33.84 ID:e56SmyFU0

ミーナ「少佐……」

美緒「……!」

美緒「ああ、すまん、これから急ぎの用があるんだった。それじゃあ」

ミーナ「!」

タタタッ

バルクホルン「あ、おい少佐」

エーリカ「なんだー?ミーナ、なにか」

ミーナ「……」グスッ

エーリカ・バルクホルン「……」

エーリカ「……そういうことか」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:49:00.91 ID:e56SmyFU0

バルクホルン「そういうことってなんだ?」

エーリカ「トゥルーデはわからなくていいよーだ」

バルクホルン「な、なにっ!?」

エーリカ「ミーナミーナ、少佐のとこ行ってきなよ」

ミーナ「え……?」

エーリカ「ね?」ウインク

ミーナ「フラウ……」

バルクホルン「お、おいエーリカ……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:49:35.03 ID:e56SmyFU0

エーリカ「私たちは部屋戻るよ」

バルクホルン「しかし書類が……」

エーリカ「ミーナのは私が持つし、ほらほら。ミーナは行った行った!」

ミーナ「ちょ、ちょっと……」

エーリカ「がんばってね!」

バルクホルン「あ、待て引っ張るな!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:49:59.49 ID:e56SmyFU0

タタタッ...

バルクホルン「エーリカ、待てって。そういうことってどういうことなんだ!?」

エーリカ「はあ、まったくもートゥルーデは鈍ちんだよなー」

バルクホルン「なっ」

エーリカ「これだからクリスばかりにかまけてすぐ近くの好意にも気付かないんだよ」

バルクホルン「はあ?」

エーリカ「ま、そういうとこも嫌いじゃないよ?」

バルクホルン「なに言って……」

エーリカ「内緒♪」

タタタッ...

ミーナ「……バレバレってことかしら」

ミーナ「本当に、私ったらどうしようもないわね……」

ミーナ「(自分で蒔いたはずの種なのに……美緒)」

ミーナ「――やっぱり私は」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:50:35.39 ID:e56SmyFU0

―――――
 ―――――

美緒「……はあ」

美緒「(本当に、これでよかったんだろうか……)」

芳佳『今日一日、私たちが言ったことを実行してください!』

美緒『なんだ?』

芳佳『ミーナ中佐と話さない!』

美緒『……』

芳佳『……』

美緒『それだけか?』

リーネ『それだけです』

美緒「(最初は簡単だと思ったが、いざやってみるとなんとも言えん気分になるな。もしかしてミーナも……いや、でもミーナは)」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:51:10.94 ID:e56SmyFU0

カサッ...

美緒「誰だ!」バッ

ミーナ「!」

美緒「!」

美緒「ミーナ……」

ミーナ「……ここにいたのね、少佐」

美緒「……」フイッ

美緒「(だめだ、上手くミーナと話せない……これは、今日の自らの行動への罪悪感なのだろうか)」

ミーナ「少佐……」ズキッ

美緒「……」

ミーナ「少佐……どうして」

美緒「……ミーナ」

ミーナ「私、もう」グスンッ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:51:40.81 ID:e56SmyFU0

美緒「!?」

美緒「お、おいミーナ……どうして泣いて」

ミーナ「だって……だって、あなたが」

美緒「……」

ミーナ「あなたが、話してくれない……傍にいてくれない、触れられなかった……!」

美緒「……ミーナ」

ミーナ「あなたは私のこと、なんとも思ってないんじゃないかと思って、それで悔しくなって、あなたから距離を置いてみようとしたけど……!
    私にはやっぱり無理だったのよ、あなたに触れたくて触れたくて仕方が無かった!どうしても、触れたくて……!けどあなたは……!」

美緒「……ふっ」

ミーナ「美緒?」

美緒「はっはっはっ!」

ミーナ「な、なに笑って……」カァッ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:52:28.29 ID:e56SmyFU0

美緒「なんだ、そういうことだったのか」

ミーナ「そういうことって」

美緒「私は、君に嫌われたわけではないんだな?」

ミーナ「……そ、そんなの、当たり前、じゃない!けど、美緒は……んっ!?」

美緒「バカを言うな。ミーナの態度が冷たくなってどれだけ辛かったか、わかるまい」

ミーナ「美緒……」

美緒「おかげで、よくわかったよ。私がどれだけミーナのことを必要としているか」

美緒「(どうしてミーナが少し冷たくなっただけで、あんなにも苦しかったのか。ずっと隣にいたせいで気付かなかったミーナの色んな表情も声も、たぶん私は――)」

美緒「こんなにも愛しいんだ」

ミーナ「!」

美緒「ミーナが愛しい」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:52:46.12 ID:e56SmyFU0

ミーナ「美緒……私、も」

美緒「ミーナ」ギュッ

美緒「……やっと、近付けた」

ミーナ「……ええ」

コツン

美緒「もう、絶対に離さないよ」

ミーナ「望むところよ、美緒」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:53:09.63 ID:e56SmyFU0



リーネ「はうう……いいなあ、坂本少佐とミーナ中佐……」

芳佳「坂本さんのおっぱい、ミーナ中佐のおっぱい……」

ペリーヌ「ぐぬぬぬぬぬううううううううっ!よくも私の坂本少佐ぉおおおおおお!許しませんわ許しませんわ許しませんわ!」

芳佳「でも、良かったよね、ちゃんと仲直りできたみたいで」

リーネ「仲直りというより、前よりもっと親密になった気が……」モジモジ

芳佳「ペリーヌさんの作戦のおかげかな!」

ペリーヌ「あ、当たり前ですわ!」

ペリーヌ「(ほんとはこんなにうまくいくなんて思ってもみませんでしたけど……あはよくば傷心の少佐を……)」

ペリーヌ「(でも……今は、少佐の幸せそうなお顔を見られるだけでよしとしますわ)」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:53:27.49 ID:e56SmyFU0

芳佳「いーなー坂本さんとミーナ中佐」

リーネ「よ、芳佳ちゃんも私と……あんなふうに、してみる?」

芳佳「え、ええ!?」

芳佳「(リーネちゃんのおっぱい!)」

リーネ「ほ、ほら、おいで……?」

芳佳「え、えへへ~」ムギュッ

リーネ「きゃっ、も、もう芳佳ちゃん!」

ペリーヌ「」

ペリーヌ「あああああああもうううううう!やっぱり許しませんわ許しませんわ許しませんわ!!!」

リーネ「あのぉ……ペリーヌさんも」ポヨヨン

ペリーヌ「きぃいいいいいい!」

終わり


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:55:49.56 ID:e56SmyFU0

美緒「少しこっちへ来てくれないか、ミーナ」

ミーナ「ええ、どうしたの美緒?」 

美緒「ん、なに。お前に触れたくなってな」

ミーナ「……っ、も、う」

美緒「ミーナの髪はきれいだな」

ミーナ「美緒だって……とてもきれいよ?」

美緒「そんなことはないさ。最近は忙しくてあまり手入れにかまけてられないだろう?だからどうしても指が絡まったり、こうはうまくまとまらん」

ミーナ「でもすごくまっすぐ」

美緒「それだけが唯一自慢できる点かもしれんな」

ミーナ「まるであなた自身みたいよ?」

美緒「はっはっはっ、ミーナにそういわれると嬉しいな。この髪も好きになれそうだ」

ミーナ「私はあなたの全てが好き」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:56:27.10 ID:e56SmyFU0

美緒「ミーナ」

ミーナ「ちょ、ちょっとやだ、どうしてあなたが赤くなるの!?」

美緒「どうしてって訊ねられても困るぞミーナ……」

ミーナ「だって、こういう役回りはいつも私じゃない」

美緒「私だって同じさ。お前があたふたしているから気付かないだけで」

ミーナ「……美緒」

美緒「こういうときのミーナは誰よりも……」

ミーナ「美緒?」

美緒「……いや、なぜだかいつも口にしていることが、言い難くてな」

ミーナ「やだもう、美緒ったらすごく真っ赤」

美緒「わ、笑ってくれるな」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:57:10.27 ID:e56SmyFU0

ミーナ「だって……こんなに可愛い美緒、初めてだから」

美緒「そんなことはないと、思うが」

ミーナ「いつもかっこいいあなたばかりなんだもの」

美緒「嫌いになったか?」

ミーナ「まさか」

美緒「なら、もっと」

ミーナ「好きになったわ。あなたと過ごすごとにあなたを好きになる」

美緒「そうか……」

ミーナ「ねえ、美緒?今日は一体どうしちゃったの?」

美緒「うん?」

ミーナ「いつも、あなたからは触れてこないし、それになんだか少し……あなたらしくないわ」

美緒「む……そうかもしれんな」

ミーナ「歯切れも悪いし、なにか、あった?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:58:51.47 ID:e56SmyFU0

美緒「……」

ミーナ「……」

美緒「……」

ミーナ「……美、緒」

美緒「ミーナ」ギュッ

ミーナ「!?」

美緒「どうか頼む、今からいいと言うまで、こっちは向かないでくれ」

ミーナ「……ええ」

美緒「……」

ミーナ「……」

美緒「ミーナ、その」

ミーナ「はい」

美緒「私と、……一緒に」

ミーナ「……なあに?」

美緒「私と、一緒になってくれないか」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:00:46.27 ID:e56SmyFU0

ミーナ「ええ……え?」

美緒「だからこっちは向くな」

ミーナ「ご、ごめんなさい」

美緒「私は、お前を愛しているんだ。これからも、ずっと。だから、私と、永遠に一緒だと誓ってほしい」

ミーナ「……っ」

美緒「ミーナ……?」

ミーナ「ばかっ、もう!美緒はいつもこう……っ」

美緒「お、おい……」

ミーナ「好きよ」

美緒「ミーナ」

ミーナ「私も、あなたを愛してる。なのに、どこに断る理由があるというの?」

美緒「……ああ」

ミーナ「ずっと、待ってたんだから……」

美緒「……ああ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:01:22.17 ID:e56SmyFU0

ミーナ「ねえ、美緒。キスして?」

美緒「ああ……って、なに!?」

ミーナ「だってあなた、指輪もなにもくれないんだもの」

美緒「ずっとなんと言って求婚すべきなのかばかり考えていてすっかり頭から抜け落ちていたらしい」

ミーナ「……」

美緒「ミ、ミーナ?」

ミーナ「……ふふっ、もう、美緒らしいんだから」

美緒「あ、あんまり笑わないでくれ」

ミーナ「美緒、こっち向いて?」

美緒「今は、まだ……」

ミーナ「お願い」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:01:52.82 ID:e56SmyFU0

美緒「……情けない顔を、お前に見せるわけにはいかないよ」

ミーナ「そんなことないわ。私は、あなたの色んな顔が見たいもの。美緒だって、そう思ってくれているでしょう?」

美緒「……笑うなよ」

ミーナ「笑わないわ」

美緒「……」

ミーナ「……美緒」

美緒「うん?」

ミーナ「……ありがとう、私を選んでくれて」

美緒「……もうお前以外は見えないさ」

終わり


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:04:03.70 ID:DdBq9/eMi



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:07:31.22 ID:b6UnWb4q0


さすが本編でキスした間柄やで



関連記事
スポンサーサイト