FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

まどか「QBが口を閉じて喋ってるのはおかしい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 22:59:14.02 ID:+QwHlYDv0

―お昼休み―


QB「やあ!まどかにさやか!」

さやか「あ!マミさんにQB!」

マミ「偶然ね。あなた達二人だけなの?」

さやか「はい!良かったら一緒にお昼ごはんどうですか!?ね?まどか」

まどか「・・・」

さやか「まどか?」

まどか「え?ああうん。一緒に食べようよマミさん!」

マミ 「そう・・?」

QB「そうさせてもらおうよマミ!契約についてもたくさんが話がしたいしね!」

まどか「・・・・」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:02:04.05 ID:+QwHlYDv0

まどか(前々から思ってたけどやっぱりおかしいよ!)

まどか(どうしてQBは口を閉じてるくせに喋ることが出来るの!?)

まどか(正直魔法少女よりもこっちの方が気になって夜も眠れなければも朝も起ききれない状態が続いているよ!)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:05:36.07 ID:+QwHlYDv0

QB「――というわけで僕と契約してマミと一緒に戦って欲しいんだ!」

マミ「け・い・や・く、でしょ?QB」

QB「きゅっぷい!そうだったよ!」

マミ「もう」

まどか「あの、ひとつだけ気になることが・・・」

QB「きゅっぷい!何でも聞いておくれよ!」

まどか「何でQBは口を閉じながらにして喋れるの?」

QB「」ビクッ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:07:31.99 ID:+QwHlYDv0

まどか「ねぇ、どうして」

さやか「えー?そりゃQBは妖精的な何かだからじゃないの?」

まどか「妖精的な何かだったら口閉じて喋ることが出来るの?」

QB「テレパシーだよ!僕はテレパシーで喋ってるんだ!君達の脳内に直接語りかけてるわけだよ!」

まどか「え!?そんな事できるの!?」

QB「というか常にそういう状態で話してるんだ!」

さやか「いやいや!初耳なんだけど!」

QB「聞かれなかったからね!」

マミ「QBは聞かれなかったことは答えられないのよね」

QB「そうそう!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:10:42.87 ID:+QwHlYDv0

マミ「ごめんね、QBってこういうところで融通が利かなくて」

まどか「あ、いいえ、責めてるわけじゃなくて。すみません」

さやか「テレパシーってこういう感覚なんだー」

まどか「あ!でも言われてみれば確かになんかQBの声がQBの方からは聞こえてこないような不思議な感覚かも!」

QB「それがテレパシーの感覚さ!」

まどか「なるほど!」

まどか「でもマスコットキャラは口をあけて喋った方が可愛いと思うんだ・・・」

さやか「それは一理ありますなー」

まどか「ぶっちゃけQB不気味なんだよね」

QB「」ビクッ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:14:46.47 ID:+QwHlYDv0

まどか「そういう子とは、わたし契約したくないなって」

QB「ま、待って!分かったよ!なんとかするよ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:15:29.37 ID:+QwHlYDv0

―夜・マミルーム―


マミ「・・・・」チクチク・・・

QB「」

マミ「・・・・」チクチク・・・

QB「」

マミ「・・・・痛っ・・・ん~」チクッ・・・



マミ「ふぅ」ギュッギュッ

マミ「口はこんなものかしら・・・」パカパカ

マミ(声色)「やあ!僕QB!」パカパカ

マミ「完璧ね!」ウフフ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:16:25.87 ID:5Yajp6fg0

おいぃっぃぃぃwwwww


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:17:03.20 ID:IUjkbHqKO

なん…だと…


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:21:21.94 ID:+QwHlYDv0

―翌日・お昼休み―


マミ「・・・」コソコソキョロキョロ

マミ(いたわ!鹿目さんに美樹さん!)

マミ(QBを取り出して・・・)ゴソゴソ

マミ(周りは・・・誰もいないわね!)キョロキョロ



QB「やあ!まどかにさやか!」パカパカ

さやか「マミさんにQB・・あ!QBの口が開いてる!」

まどか「すごい!一体どうやって!?」

QB「マミに魔法をかけてもらったんだよ!」

マミ「QBがどうしてもっていうから」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:23:56.30 ID:Ur+moazC0

まさかのマミさん黒幕説!!


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:28:26.09 ID:+QwHlYDv0

さやか「可愛いー!」

まどか「うんうん!マスコットキャラはこうでないと!」

QB「そうかい?」

マミ「ふふふ」

まどか「でもそうなってくるとQBの全然動かない目が気になってくるのが人情ってもんだよね」

QB「」ビクッ


QB「いやでもほら、僕は感情が無いから、表情豊かに目とか口とか動いたらそれはおかしいなって・・・」

マミ「そうよねQB」ダラダラ・・・

まどか「ふーんへー」

マミ「そ、そうそう」

まどか「契約の件は無かったということd」

QB「分かったよ!明日まで!明日までお待ちください!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:34:15.36 ID:MDuZWgvTP

急展開www


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:39:03.83 ID:+QwHlYDv0

―夜・マミルーム―


マミ「そうだ、『特撮リボルテック・ウッディ』の目球をQBのと差し替えて!」



QB「」ギョロギョロ

QB「」パクパク



マミ「完璧だわ!もう何も怖くない!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:40:21.84 ID:W9UOeYU10

むしろ怖いわ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:42:11.45 ID:IUjkbHqKO

ウッディはあかんwwwww


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:52:02.31 ID:+QwHlYDv0

―翌日・お昼休み―


QB「やぁまどかにさやか!これならどうだい!」ギョロギョロパクパク

まどか「かわいー!」

QB「そうかい?」

マミ「良かったわねQB」

まどか「やっぱりQBは表情豊かな方が可愛いよー!」

QB「それで、契約の件なんだけど・・・」

まどか「うん、確か契約の証としてマミさんと友達にならないといけなんだよね」

さやか「契約の代わりに願い事を叶えてくれるっていうのは嬉しいけど、どうして契約の内容がマミさんと友達になることなんだろね」

マミ「何故だか知らないけどそれが決まりになってるらしいのよ」

QB「うん。こればっかりはね」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:55:41.62 ID:/H1kTRDG0

これまどかわかっててやってるだろwww


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 23:57:30.92 ID:+QwHlYDv0

さやか「いや・・・・実はあたしら契約云々じゃなくて普通にマミさんと友達になりたんですけどそれってやっぱ出来ないんですか?」

マミ「!?」

まどか「なんか契約だから仕方なく友達になるみたいな感じで・・・嫌だなって。契約とは別に友達になることって出来ないのかな・・・」

さやか「ていうかあたし達の一番の願い事ってマミさんお友達になることだしね」

まどか「うん。いろいろ考えたけど願い事は結局それしか考えられなくて」ウェヒヒ

さやか「? マミさん」


マミ「・・・」ウルウル

マミ「・・・」ジワ

さやか「マミさん!?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:06:43.50 ID:+QwHlYDv0

巴マミは自分といつも一緒にいる「QB」を見る時いつも思い出す。



小学校教師
「巴さんお宅のマミちゃんは友だちをまったくつくろうとしません。
そう 嫌われているというよりまったく人とうちとけないのです。
担任教師としてとても心配です」



「それが…恥ずかしいことですが…
親である…わたしにも…なにが原因なのか・・・」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:07:20.93 ID:nFRNEHdk0

花京院じゃねーかwww


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:09:38.92 ID:DV0lN+CQ0

子供の時から思っていた。
町に住んでいるとそれはたくさんの人と出会う。
しかし 普通の人たちは一生で
真に気持ちがかよい合う人がいったい何人いるのだろうか…?
小学校のクラスの○○くんのアドレス帳は
友人の名前と電話番号でいっぱいだ。
五〇人ぐらいはいるのだろうか?
一〇〇人ぐらいだろうか?母には父がいる。
父には母がいる。自分はちがう。
TVに出ている人とかロックスターは
きっと何万人といるんだろうな。自分はちがう。
自分にはきっと一生誰ひとりとしてあらわれないだろう。
なぜなら この「QB」が見える友だちは誰もいないのだから…
見えない人間と真に気持ちがかようはずがない。


・・・というような脳内妄想ストーリーを小学校卒業の頃くらいまで家にあったぬいぐるみを相手に展開し続け、思春期に入って素に戻った時にはマジで巴マミの周りには友達がいなくなっていて焦り始めた頃には取り返しのつかないことになっていた。


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:14:44.57 ID:DV0lN+CQ0

転機が訪れたのはつい最近の事である。


マミ「こんなぬいぐるみをいつまでも持ってるから友達が出来ないのよ!」

マミ「でも今更この子以外に友達を作るる自信が・・・」

マミ「ハア・・・」

マミ「・・・・」

マミ(脳内ストーリーの登場人物になりきって今日も暇を潰すしかないわね)

マミ(殺人格闘家・・・いや、今日は魔法少女にしましょ!)

QB「マミ!どうしたんだい!今日もパトロールに行かなきゃ!」

マミ「・・そうね!」

QB「マミ!あっちだよ!あっちに魔女の気配が!」

マミ「分かったわ!」

マミ(腹話術もすっかり上手くなっちゃって)フフ・・・

まどか「さやかちゃん!見てよあれ!」

さやか「何あれ!?」

マミ「!?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:19:26.33 ID:DV0lN+CQ0

マミ(うそ!?人に見られた!恥ずかしい!・・・)

まどか「凄いよ!あの猫喋ってたよ!?」

さやか「猫じゃないよ!なんだあの生き物!?ぬいぐるみみたいだけど・・・」

まどか「ぬいぐるみじゃないよ!喋ってたんだよ!?

マミ「!?」

まどか「それになんか魔女がどうとかパトロールがどうとか言ってたよ!」

さやか「何それ!?」カッケー


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:24:06.05 ID:DV0lN+CQ0

さやか「すみませーん!なんですかその生き物!?」

マミ「・・・・」


マミ「そう、あなた達にも見えるのねQBが」

QB「魔法少女の才能がある証拠だね!!」


まどか・さやか「魔法少女!?」スゲー


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:36:34.01 ID:DV0lN+CQ0

マミ(そこから先はとんとん拍子に話が進んだわ)

マミ(いつも頭にある妙に凝った妄想物語をあたかもホントの事のように話すとこの子達はすっかり信じ込んでしまった)

マミ(罪悪感はあった、でもそれ以上に嬉しかった)

マミ(だから決めたの)


私とQBを認めてくれる人なんているわけない・・・

鹿目さんと美樹さんに出会うまでずっとそう思っていた。

鹿目さんと美樹さんのことを考えると背中に鳥肌が立つのはなぜだろう。

それは、目的が一致した初めての仲間だったからだ。

鹿目さんと美樹さんは十数日の間だったが気持ちがかよい合っていた仲間だったからだ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:39:55.47 ID:DV0lN+CQ0

巴マミは「QB」を見て考える!

こいつを昔のようにホントの妖精として扱ってやる!

そう!私巴マミと「QB」の正体をあばかれないために完璧に鹿目さんと美樹さんを完璧に騙してやる!



マミ(友達出来るわ!)

QB(やったねマミちゃん!)


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:44:49.11 ID:DV0lN+CQ0

さやか「あの~マミさん?ちょっと?どうしました!?」手ブンブン

マミ「へ!?あ、いいえ!なんでもないわ!」グズ

マミ(いけない!いけない!感動のあまりトリップしてしまっていたわ)

まどか「マミさん!大変だよ!QBが地面に落ちて動かなくなっちゃってるよ!!」

マミ「え!?」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:47:19.52 ID:DV0lN+CQ0

まどか「QB!?大丈夫!?」ムギュー

マミ「!?」バシュッ

まどか「!!」

さやか「マミさんが凄い速さでまどかからQBを取り上げた!」

マミ「・・・だ、駄目よ鹿目さん!そんなに強くQBを抱きしめちゃ!!」

QB「そ、そうだよ驚いたよ!」

まどか「・・・」

まどか「前から思ってたんですけど、何でQBはマミさんの体から離れようとしないんですか?」

マミ「!?」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:50:35.63 ID:DV0lN+CQ0

さやか「あー、そう言えば。基本的にいつもマミさんの手に抱えられてるような」

マミ「・・・・」

まどか「何で?」

マミ「・・・・・」

QB「」シュバ シュババ シュバ

まどか「うんうんマミさんの腕や肩の上を素早く動けるのは分かったよ」

まどか「どうしてマミさんから離れないのって聞いてるんだよ」

QB「・・・僕はほらあの・・・凄く甘えん坊で!」

まどか「ふーん、自分でそれ言うんだ」

QB「」ビク


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:53:37.20 ID:DV0lN+CQ0

マミ(まずい・・・まずいわ・・・さすがにこればっかりは・・)

マミ(何か言い訳を考えないと・・・)



仁美「あら?まどかさんにさやかさん」

マミ「」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:55:35.65 ID:DV0lN+CQ0

まどか「あ、仁美ちゃん!」

仁美「最近見ないと思ったらこっちで食べてらしたんですね!私も誘って下されば良かったのに」

さやか「ご、ごめんごめん!ちょっと野暮用続きで」

仁美「こちらの方は・・あら?ぬいぐるみですわね」

マミ「」ダラダラ・・・

さやか「え!?仁美にもQBが見えるの!?」

まどか「仁美ちゃんも魔法少女の才能が!?」

マミ「」ダラダラダラダラ・・・・

仁美「魔法少女?何を」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:58:47.91 ID:DV0lN+CQ0

QB「やぁ!僕QB!君にも僕が見えるんだね!!僕と契約して魔法少女になって欲しいんだ!」

仁美「あら!ぬいぐるみが喋った!面白いですわ」

さやか「ぬいぐるみじゃないよ!QBって言って妖精的な何かなんだよ!」

マミ「」ふぅ・・・

中沢「お、なんだなんだ?ぬいぐるみが喋ったぞ?」ゾロゾロ

上条「へぇ電池でも入ってるのかい?」ゾロゾロ

早乙女先生「みなさーん!こちらに面白いぬいぐるみがありますよー!!」

ナンダナンダー ゾロゾロ

ヌイグルミダー モッテキテイイノカヨー ガヤガヤ


マミ「」ダラダラダラダラ・・・・


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:59:14.70 ID:g/CvtRt80

ほむら!杏子!ゆま!
終わったよ・・・


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:03:04.23 ID:DV0lN+CQ0

マミ(うう今日に限ってどうしてこんなに人が!)

マミ(もう駄目・・・騙せそうにない・・・QBは年端もいかぬ選ばれた才能ある魔法少女候補にしか見えないって設定だし・・・)グズ



さやか「すげえwwwwwwwwwウチの学校のみんな魔法少女の才能があるの!?すごいよ!これならワルプルギスの夜も徒党を組んでフルボッコだよ!!!wwwwwwww」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:06:33.09 ID:DV0lN+CQ0

まどか「・・・もういいよさやかちゃん」

さやか「え!?何が?」

まどか「マミさんも、もういいんですよ」

マミ「・・・」

まどか「わたし薄々感ずいてたんだ。さっきので確信に変わりました。マミさん。嘘ついてたんですよね?」

マミ「・・・」

さやか「え!?嘘って、え?何が!?」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:08:40.85 ID:DV0lN+CQ0

まどか「つまりこういうことだよ!」ビリィ


QBの首を思い切りよく引きちぎるまどか。


さやか「キュービーーーー!!????」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:09:52.63 ID:WfBWJ4Py0

キュービーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:10:02.20 ID:evlQPy/s0

うわあああああああああああああああああああああああ


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:14:22.83 ID:DV0lN+CQ0

まどか「全部嘘だったんですよね。ごめんなさい。さっきので分かっちゃったんです」

マミ「・・・ごめんなさい」

まどか「ううん。勘違いしないでマミさん。わたし、怒ってません。・・・それに、マミさんと友達になりたいって気持ちは変わってません」

さやか「キュービー?キュービー!?」ユサユサ


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:18:03.38 ID:DV0lN+CQ0

マミ「え・・・だったらQBを引きちぎらないでも・・・」

まどか「ごめんなさい、なんか勢いで・・・」ウェヒヒ

マミ「・・・でもそれでも私はあなた達を騙したことに・・・」

まどか「確かにマミさんは魔法少女じゃありませんでした。でも!マミさんは!」

マミ「え?」

まどか「マミさんはマジジャンなんですよね?」

マミ「・・・・」


マミ「え」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:23:00.68 ID:DV0lN+CQ0

こうして・・・・


マミ「はーい皆!いっせーのでキュービーを呼んでみて!せーのっ!」

「「「「キュービー!!!」」」


キュービー「」くるッ


「わー!!」

「こっち向いたー!」

「可愛いー!!」




マミ「びっくりして胸がデッカくなっちゃった!!」


ドッ ワハハハ



私はマギー審司に弟子入りし、「マミー審司」として第二の人生を歩んでいる。


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:23:57.85 ID:g/CvtRt80

もう何がなんだか・・・www


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:24:51.79 ID:evlQPy/s0

ワロタwwwwwwwwww


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:31:22.91 ID:DV0lN+CQ0

マジシャンの世界は女の私にとっては大変な仕事だ。

でも後悔はしてない。

あの時、鹿目さんが私をマジシャンだと勘違いしてくれたおかげで、彼女達に嫌われたくない一身でマジシャンの世界に入った。

結局は未だに鹿目さん達を騙してる事になるのかもしれない。

でも今度こそは、鹿目さん達を最後まで騙しきってみせる。

そう、タネも仕掛けもある、私のマジックで!!!



まどか「マミさんお疲れ様です!!はいおしぼりです!!」

さやか「テジナーニャ!!」



マミ(私・・・素敵な友達・・・できたよ!!)

キュービー「やったねマミちゃん!!」くるっ



終わり


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:36:57.06 ID:evlQPy/s0

乙www

さやかwwwwwwww


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:56:24.53 ID:O5r2S/PL0


なんだただのハッピーエンドか



関連記事
スポンサーサイト