fc2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

一夏「最近セシリアが可愛すぎて性欲がつらい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 00:26:53.28 ID:zTeAYcvi0

一夏「まずなんだよあの後ろ姿。セシリアだけに尻がエロすぎなんだよ!あぁくそったれ、マジであの尻揉みしだきてぇ!!」モンモン

一夏「そしてやっぱ垂れ目なところが可愛いよな。マジかわいい。お嬢様だからなのかわかんねぇけどなんかいい匂いするし、マジやべえ。」

一夏「…やべえ、こんなこと考えてたからギンギンになっちまった…。」

一夏「……もう今日は抜いて寝るか。」ズルッ 、シコシコ…

コンコン。イチカサーン、イラッシャイマスカー?




て感じで頼む


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 01:18:35.69 ID:te8IPXHi0
一夏「ヤバイ!誰かきたっ・・・!」

一夏「は、はーい ちょっとまって!」

ワカリマシタワー

ガチャ

一夏「すまんすまん、いきなりだったからびっくり…って、セシリアか!」

セシリア「はい、そうですが何かしてたのでしょうか?」

もう無理だれか

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 01:27:54.00 ID:te8IPXHi0
一夏「…う、うんまぁちょっと…な」

セシリア「あら、そうでしたか それではまた今度にいたしますわ、それでは」

一夏「そ、そうか~ またなー……」

ガチャ

一夏「ふぅ、びっくりしたよまったく…でもセシリア結構胸あるよな」ゴクリ

一夏(続きするか…)シコシコ

ss初めてなんだよ!クソヤロウ!


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 01:33:43.09 ID:te8IPXHi0
一夏(ふぅ…すっきりした)

一夏(そういえば、さっきはセシリアなんで来たのだろうか…)

一夏「一発抜いたし、アイツの部屋にでもいってみるか!」ドキドキ

ガチャ、バタン

カメラ「ジーッ…ピッ」

???「やっととれましたわ、あの方の映像を…」



マジだれかやってくれ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 01:40:52.13 ID:te8IPXHi0
―セシリアの部屋―

セシリア「ふんふふ~ん~」ツヤツヤ

トントン オーイセシリアイルカー?

セシリア(あら?誰かしら、この声は…一夏さん!?」

セシリア「わっ、わっ、ま、ちょっと待ってください用意しますから!!」アセアセ

一夏「了解ー」

一夏(だけど用意って何するんだよ…)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 01:48:02.96 ID:te8IPXHi0
―数分後―

ガチャ

セシリア「用意できましたわ、どうぞ中へお入りになってください」

一夏「お、そうか!おじゃましまーす!」ドキドキ

セシリア「とりあえず、紅茶煎れてきますね」

一夏「そ、そんな紅茶なんて、何もいらないって」

一夏(すぐ紅茶出てくるとこみるとやっぱイギリスだよなぁ~)

セシリア「でもぉ…せっかくですし…」オロオロ

一夏「そ、そうか ならもらうとするよ」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 01:56:03.54 ID:te8IPXHi0
コポコポ、コポコポ

一夏「で、用事って何だ?」

セシリア「?…あぁ、さっき部屋に行った時のことですか?」

一夏「そうそう、いきなりだったから追い返しちゃったけど」

セシリア「ちょっとISについて知りたい事がありましたので…教えてもらおうかと」

一夏「え!?ISのこと?それはセシリアの方が分かるんじゃないか?」

セシリア「それが、新しいアタッチメントが本国から届いたのですが、近接戦闘用の剣なのです」

セシリア「ですがいままで剣術を習わなかったもので…」///

一夏「そういうことか!それなら分かりにくいかもしれないけど教えてやるよ」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 02:03:50.18 ID:te8IPXHi0
一夏「でもなんでこんな時間なんだ?」

セシリア「ちょっと他の方に聞くのは恥ずかしくて…」

一夏「そんな恥ずかしいか?俺は別にそんなでもないけどなぁ…」

セシリア「恥ずかしいのです! …あ、紅茶が沸いたのでそれ飲みながらにしましょうか」

一夏「お、そうか じゃあお願いするよ」

トクトクトク

一夏(家事してるセシリアってかわいいなぁ…」

セシリア「へ、っ!?」

バシャァ

セシリア「あ、あつっ!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 02:05:06.56 ID:te8IPXHi0
ちなみに部屋は個人部屋のif設定です
まぁおいおい後付してくかもしれません、初ssなのでどうかご容赦を

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 02:09:51.75 ID:te8IPXHi0
>>47
一夏「でもなんでこんな時間なんだ?」

セシリア「うーん、ちょっと他の方に聞くのは恥ずかしくて…」

一夏「そんな恥ずかしいかな?俺は別にそんなでもないけど…」

セシリア「恥ずかしいのです! …あ、紅茶が沸いたのでそれ飲みながらにしましょうか」

一夏「お、そうか じゃあお願いするよ」

トクトクトク

一夏(…それにしても家事してるセシリアってかわいいなぁ」

セシリア「へ、っ!?」

バシャァ 

セシリア「きゃっ!あ、あつい!」

に置換で

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 02:20:33.78 ID:te8IPXHi0
一夏「大丈夫か!?水出すから早く冷やして」

セシリア「あ、ありがとうございます一夏さ」グイッ

一夏「お礼は後で良いから!」バシャアアアァァァァ

ピシャァァァ…

―数分後―

一夏「もう十分冷えただろう、だけど、いきなりびっくりさせるなよ」ヤレヤレ

セシリア「…びっくりさせたのはどっちですか!」

一夏「へ?何のこと?」

セシリア「だって一夏さんがかわいいって…!!///」カァァァ

セシリア「な、なんでもないです!」///

一夏「?やっぱり分からん…」

一夏(恥ずかしがってるセシリアかわいいなぁ)ムンムン

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 02:27:44.63 ID:te8IPXHi0
一夏「とりあえず傷口に絆創膏貼らないと、何処に救急箱あるかな?」

セシリア「えーっと…確かクローゼットの中ですわ」

一夏「了解、怪我人はそこで座って休んでてくれよ?」

セシリア「もうっ、怪我人だなんて ただの火傷ですわ」

一夏「まぁまぁ」ゴソゴソ

スゥー

一夏「ん?なんだこれ………水着?」




需要あるのこれ?

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 02:30:18.42 ID:nfUj6bAD0
あるに決まってんだろ!

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 02:38:05.82 ID:te8IPXHi0
一夏「(マジかよ…すごい物見つけちゃった…どうしよ、借りるか…いやそれだとセシリアに悪いし…ぐぬぬ)」

セシリア「絆創膏、ありましたか?……あら?ってな、なんでそれ持ってるんですか!!」

一夏「ごめんつい」

セシリア「【つい】ってなんですか【つい】って!…もぅ、ほんと顔から火が出そうですわ!」

一夏「す、すまん引き出しの中にあるのかと思ったんだよ!故意ではないんだ!」

セシリア「本当ですの?」

一夏「ほんと!ほんと!」

セシリア「…分かりました、今回は許します、ですが次またあったら容赦は無しですからね」ジャキーン

一夏「」



いまいちセシリアの言動が安定しないお

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 02:48:30.69 ID:te8IPXHi0
一夏「わ、分かったから、そのライフルを展開するのやめてくれ」アセアセビクビク

セシリア「分かりましたわ、…と、確か救急箱はその棚の一番下の引き出しにあるとおもいます」

一夏「ここか……お、あったあった」

ガチャ

一夏「絆創膏貼るから腕出して」

セシリア「分かりましたわ、どうぞ」

ソォー、ピタッ

俺「エロパート書けないかもですはい誰か教えて」

一夏「これで大丈夫だろ」

セシリア「そうですわね、いろいろありがとうございました」

一夏(いろいろねぇ……)

ナンカキマズイフタリ

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 03:00:35.39 ID:te8IPXHi0
一夏「じゃあさ、さっきの説明するから、終わったわ水着きてくれないかな」ムラムラ

セシリア「はい!?ほんとですの?」

一夏「ああ、そうだよ!一度セシリアの水着姿見て見たかったんだよ」

一夏「それに【下着は隠すもの、水着は見せるもの】っていうだろ?」

セシリア「まぁそうですが……分かりました、考えておきますわ」

一夏「じゃ、じゃあ早速説明するからそこ座って!」ワクワク

セシリア「だれも着るとはまだ言ってないですのに・・・」

一夏「そういうわずにさ」

セシリア「わかりましたわ…今回だけですからね」ヤレヤレ

ソシテヨルハフカマッテイク…

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 03:14:52.59 ID:te8IPXHi0
―1時間程経過―

一夏「で、とりあえず言葉での説明はここでおわり」

セシリア「どうしてですの?」

一夏「ここからは体動かしながらじゃないと分かりにくいんだ」

セシリア「そうですか…分かりましたわ、ではまずは何をすれば?」

一夏「竹刀を素振りしたり……あ!竹刀自分の部屋だわ、忘れてた ちょっととってくるから少し待っててくれないか」

セシリア「分かりましたわ、では待っていますので早めに帰ってきてくださいねー」テレテレ

一夏「おう!」
ガチャ タッタッタッタッタ

セシリア「さてと…、とりあえず着替えますか」



眠くなってきました隊長!外で猫が鳴いています!

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 03:35:21.00 ID:te8IPXHi0
― 一夏の部屋―

一夏「たしか昨日ここに置いたはず…っと、あったあった」

一夏「セシリア待ってるだろうし、早く帰らねば!」


――
―――
――――

セシリア「…っとよし、着替え終わりましたわ」

コンコン、ハイルゾー

セシリア「(あ、かえってきましたわ)」

セシリア「今開けますわー」

ガチャ

一夏「あれ、着替えた?、まぁ動きやすいほうがいいもんな」

セシリア「汗かいてもこういう服なら大丈夫ですからね」

一夏「(この体操服胸が強調されてエロいやばい)」ムクムク

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 03:44:36.26 ID:te8IPXHi0

―個人用トレーニングルーム―

一夏「ここだと広いし動きやすいだろ」

セシリア「そうですわね、まずは何からすればよろしいのですか?」

一夏「じゃあまずは体ほぐす為にストレッチだ、俺も一緒にするからな」

セシリア「分かりましたわ、まずはジャンプですわね」

一夏「(おお、胸が!胸が!揺れている!!!)」


――
―――



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 03:51:49.70 ID:te8IPXHi0
一夏「(よく見るとお尻も…ゴクリ)」

...
..



一夏「(こ、このアングルもなかなか…)」

―――
――


一夏「とまぁ、こんなものかな 意外とハードだろ?」

セシリア「そうですわね、もう汗びっしょりですわ」

セシリア「(これでは下着が透けてしまいますわ、早く着替えないと…)」

一夏「結構動いたし、風呂入るか!(運動後の風呂は気持ち良いもんな)」

セシリア「じゃぁ、一夏さんが先に入ってください、こっちも用意するものがあるので…」ドキドキ

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 03:58:32.57 ID:te8IPXHi0
――――――

一夏「やべ、風呂の前にトイレいかないと」


カポーン 

一夏「ふぅぅ、生き返るぜぇ…」

一夏のワンサマー「ムクムクビンビン♂」

一夏「ははっ、お前は正直だな」

ザバァ

一夏「上がるか…」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 04:03:20.10 ID:te8IPXHi0
―――――

セシリア「ああん、湯船に入る前は何故かトイレにぃ…」


カポーン

セシリア「日本のお風呂はきもちいですわ~」

セシリア「でも、水着…着るのよね…まぁ、見せるだけだし」

セシリア「でも練習の時の一夏さん…かっこよかったですわ///」

せしりあ「キュンキュン」

セシリア「…わたしはなにを想像しているのですか…全く…」

ザバァ

セシリア「上がりましょうか…」
セシリア「

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 04:08:49.94 ID:te8IPXHi0
>>83の一番最後は削除で

ヌギヌギ

セシリア「ほんとにコレきますの?、結構キワドイですわ」

セシリア「まぁ…一夏さんがせっかく教えてくださったのだから…」


――――

ガチャァ・・・

一夏「来た! おぉ…」

セシリア「どう、ですか?似合いますでしょうか?」

一夏「すっごい似合ってる、やっぱりセシリアはそういうの着た方がかわいいな!」

セシリア「そんな…かわいいだなんて照れますわ///」

一夏「・・・お願いがあるんだけど、ちょっと髪触っていい?」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 04:14:08.30 ID:te8IPXHi0
セシリア「髪・・・ですか、まぁこんなに長いですし、いいですわよ?」

一夏「マジ!?やったあ!」

セシリア「そんな喜ばなくても…」

一夏「じゃ、じゃあ嗅ぐぜ」クンクン

一夏「(なんだよこの良いにおい、これが所謂女の子のにおいなのか・・・)」ムラムラ

セシリア「ちょっとながくありません?」

一夏「もうちょっとだけ・・・!」

セシリア「わかりました・・・」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 04:23:14.04 ID:te8IPXHi0
一夏「やばいコレ、なんかおかしくなってくる、肌触り最高だ」クンクンサラサラ

セシリア「そ、そんな…照れますわ///」

サワッ

セシリア「ひゃん!?な、なんですの?お尻になにか触れませんでした?」

一夏「…すまん、興奮しすぎてつい触ってしまった もう、しないよ…ごめん」

セシリア「(別にそのままでもよろしかったのに…」

一夏「…ん?何か言ったか?」

セシリア「………そのままさわってもよろしかったのに、ほかのところも触ってください!といったんです!!!」

セシリア「(少し言い過ぎてしまいましたわ…)」///

一夏「え?、いいのか?」

セシリア「え、ええ いいですわ!英国レディ代表として、あなた様に申し上げましたわ!」

一夏「・・・・・・じゃぁ、触るぞ、他のところも・・・」ゴクリ


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 04:28:35.87 ID:te8IPXHi0
サワサワドキドキ

一夏「・・・・・・」

セシリア「ひゃ…んっ・・・そこはくすぐったい・・・です・・・んっ」

一夏「お、おう・・・すまん」

サワサワ

セシリア「やっ・・・んっ…ひゃん!そこも…ですわ…ハァハァ」

一夏「なんか、セシリア、色っぽいぞ…」

セシリア「そ…んなこと・・・んっ、ないです…///」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 04:34:58.50 ID:te8IPXHi0
一夏のワンサマー「もう無理ムクムク」

一夏「もう・・・我慢できん!」ペロッ

セシリア「あぁ…んっ!?一夏さん?」

一夏「すまん!セシリア許せ!」バダッ

セシリア「きゃぁ!…んっ…っ…ハァハァ」

一夏「セシリア…綺麗だ…ハァハァ」

セシリア「もう、一夏さんったら…いいわ・・・来て…///」

一夏「セシリアっ!」ムギュ


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 04:44:30.11 ID:te8IPXHi0
一夏「んっ…」

セシリア「…んっ…ぷはぁっ…///」

一夏「入れても・・・いいか?」ハァハァ

セシリア「はぁっ…いっ…早くぅっ…きてぇ…」

一夏「分かった、挿れるぞ…」

セシリア「そ、そっちはお尻…!?ひぎぃ!!」ズプゥ

一夏「セシリアのっ…お尻が…エロいのがっ、いけないんだよ!」

セシリア「い、痛いです!…」パンッパンッ

一夏「だめだっ・・・・止まらない・・・・っ」パンっパンっ

セシリア「あっ…んっ!だめっ…な…んでっ!?さっきまで…お尻っ…が痛かったのに…///」

セシリア「ふぅぅんっ…あついっ……いいっ…あんっ…あっ…あっ…気持ちっ…いいっ…」


101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 04:51:51.29 ID:te8IPXHi0 [33/37]
セシリア「あついのぉ…しゅごいのぉ・・・めろめろにっ…なっちゃうぅぅ!」

一夏「す、すごい垂れてる…ぞっ」パンッパンッ

セシリア「そんっな…きにならないっ…ぐらぃ…感じ…ちゃって…る、のぉぉぉぉ!!」ジュプジュプ

一夏「やばい!中でっ…締め付けて…っくぅ」

セシリア「わたしもっ…何かっ・・・きて!…ひうっ!らめぇ…奥でドンドン突いて…っ///」




103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 05:02:15.88 ID:te8IPXHi0 [34/37]
一夏「だ、だめだ…出るっ…」

セシリア「ふあっ…ふあああああぁぁぁっ…私もっ…クるっ…!気持ち良いのっ…キちゃうぅっ…!」キュンキュン

セシリア「らめぇぇぇ!!奥でっ…いっひゃうろおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

一夏「セシリア!俺もっ…もう…我慢できんっ…」ドピュ

セシリア「あぁん!奥れぇぇ!!おくれっ!かんりちゃうのおおおおぉぉぉおぉぉおぉぉぉx!!!」

一夏「…ふうぅっ…はぁっ…はぁっ」

セシリア「あぁん…んっ…はっ…はぁ…はぁっ…」///

セシリア「一夏さんっ…また…したい…です…こんなっ気持ちいい事初めて知ったの///」ハァハァ

一夏「ふふっ…そうだな」
105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 05:09:43.67 ID:te8IPXHi0 [35/37]
セシリア「一夏さん…また…稽古・・・つけてくださいっ…」ニコッ

一夏「は、はいっ!」ズキューン

一夏のワンサマー「ムクムク」

カメラ「ジーッ、ピッ」
――――
―――
――


セシリア「あんっ…あんっ…」

一夏「もうっ…出るっ」ドピュ

―――
――


セシリア「フフッ、結構綺麗に撮れてるわね…クチュクチュ」

一夏「最近セシリアが可愛すぎて性欲がつらい」






おわり

106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 05:11:05.02 ID:+VNGfPcV0 [5/5]
おっつおっつ!


関連記事
スポンサーサイト