FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

キュアミューズ「青色のプリキュアじゃなくてよかった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 08:57:24.25 ID:55Hf5JA10

ミューズ「だって青は基本的に不人気なんだもん」

リズム「私も青じゃなくてほんと安心した」

メロディ「青とかありえないよね。ていうか寒色って見た目のバランス悪くならない?」

リズム「実は私もそう思ってた」

ミューズ「正直浮いてるよね、青色」







ビート「……」 




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 09:06:03.11 ID:55Hf5JA10

メロディ「あっ、別にビートのこと話してるわけじゃないから」

リズム「そうそう、ビートはかわいいよ?」

ミューズ「気にしないでねビート」

ビート「え…えぇ」

メロディ「ビートは一昔前のおばさんみたいなプリキュアやロボットみたいなの翼が生えたプリキュアより全然かわいいよ」

リズム「うんうん」

ビート「ありがとう…」

ミューズ「……プッ」

ビート「……」

メロディ「ちょっと、なに笑ってるの」

ミューズ「だって本気で気にしてるんだもん。冗談だって言ってるのに」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 09:13:20.01 ID:55Hf5JA10

ビート「……」

リズム「ダメよからかっちゃ、ビートは繊細なんだから」

ミューズ「青色のくせに」

ビート「……」

メロディ「こら、いい加減にしないと怒るよ?」

ミューズ「私去年見たもん、ハンバーガーショップのおまけで青色だけ売れ残ってた。あと紫も」

ミューズ「やっぱり青色は子どもには人気ないのよ。いくらみんながビートを庇ったって事実は事実」

ビート「……」

リズム「青色だからってそこまで差別する必要はないんじゃない?」

メロディ「そうよ、昔は黒とかぶっちゃけありえない色のプリキュアだっていたんだから。それに比べたら青なんで全然マシ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 09:19:47.71 ID:55Hf5JA10

ミューズ「なに二人とも、急にビートの味方?」

メロディ「味方とかそういう話じゃないの。ビートがかわいそうだと思わない?」

ビート「……」

リズム「そうよ、かわいそうじゃない」

ミューズ「あー今度は私のこといじめて青色を助けるんだ」

メロディ「ビートだって好きで青色になったんじゃない!」

リズム「そうよ、ビートがかわいそうじゃない!」

ビート「……グスッ……ヒッグ……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 09:27:49.90 ID:55Hf5JA10

メロディ「あーあ、泣いちゃった」

リズム「ビート、大丈夫?」

ビート「うぅ……グスッ……」

ミューズ「私のせいじゃないもん」

ビート「もういい……私帰る……」

メロディ「青色だからって気にしないで。ビートはビートだよ」

リズム「そうよ、ビートはビートよ」

ビート「……バイバイ」

メロディ「また明日ね。他の青色のプリキュアにもよろしく」

ミューズ「明日の撮影遅れるんじゃないわよ青色」

ビート「……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 09:39:02.04 ID:55Hf5JA10

プリキュア青色寮

ビート「……」

アクア「お帰りなさいビート。遅かったじゃない」

ビート「すいません…」

ベリー「元気ないわね、どうしたのよ」

ビート「いえ……なんでもありません」

ベリー「何かあったならはっきり言いなさいよ。ただでさえビートは自己主張が弱いんだから」

ビート「本当に大丈夫ですから…」

ベリー「ならいいけど」

マリン「たっだいまー!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 09:46:50.33 ID:55Hf5JA10

アクア「こら、遅いわよマリン」

マリン「ごめんごめん、ちょっとブロッサムと遊んでまして」

マリン「やっほービート、元気? プリキュア順調?」

ビート「は、はいマリン先輩。おかげさまで」

マリン「そんな固くならないでもって喜楽に接しなよ」

ビート「は、はぁ」

アクア「みんなそろったし夕飯でも食べましょうか」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 09:52:31.97 ID:55Hf5JA10

アクア「はいビート、たくさん食べて元気つけるのよ」

マリン「あっ、ビートだけずるい!」

アクア「ビートは現役なんだから当然でしょ」

ベリー「そうそう、青色期待のホープなんだから」

マリン「ちぇっ、去年は私にも優しくしてくれたのに」

ビート「ごめんなさい、マリン先輩」

マリン「…仕方ないなぁ、先輩だもんね。私の分のおかずも特別に分けてあげよう」

ベリー「すっかりお姉さん気取りね」

マリン「ビートは私の義理の妹と言っても過言じゃないもんね」

ビート「マリン先輩…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:03:10.31 ID:55Hf5JA10

アクア「さて、夕飯もすんだし今日は私が食器洗いの当番だったかしら。みんなはお風呂とかすませてね」

マリン「はーい」

ベリー「そういえばムーンライトって住むところ決まったの?」

マリン「え? 知らない。こっちくればいいのにね」

ベリー「ダメよ。こっちにはアクアがいるじゃない」

ベリー「ほら、ムーンライトって年上だけどプリキュア歴は私たちより短いのよ?絶対気を使うから正直来て欲しくないのよね…」

マリン「そんなこと言ったら白だってホワイトやブライトがいるから気まずくなるじゃん」

ベリー「扱いづらいわねあの人……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:08:33.37 ID:55Hf5JA10

ベリー「しかも性格も暗いから一緒にいても楽しくないし。変にお姉さんづらされるとちょっとイラっとくるのよね」

マリン「仕方ないじゃん。我慢してよ」

ベリー「とにかく私はあの人がここに来るの反対だからね」

ビート「あの…なんの話をしてるんですか?」

ベリー「ビートには関係ないわ。気にしないで」

ビート「……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:17:12.08 ID:55Hf5JA10

翌日

監督「はいカット! ビートちゃん、もう少し動きに機敏さが欲しいかな」

ビート「ご、ごめんなさい」

ミューズ「あーあ、また青色のせいで撮り直しだ」

ビート「……」

ミューズ「監督ー、ちょっと疲れちゃいましたぁー」

監督「そうか、ミューズちゃんが言うならしょうがない。少し休憩にしようか」

ミューズ「はーい」

ビート「……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:19:42.86 ID:FeLYYHsi0

ピンク系
ブラック ブルーム ドリーム ピーチ ブロッサム メロディ
白系
ホワイト イーグレット リズム
青系
アクア ベリー マリン ビート
赤系
ルージュ パッション
黄系
ルミナス レモネード パイン サンシャイン ミューズ
緑系
ミント
紫系
ローズ ムーンライト


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:21:22.83 ID:55Hf5JA10

監督「はいミューズちゃん、飲み物だよ」

ミューズ「ありがとうございます監督」

監督「ミューズちゃんには期待してるよ。残りの話数は少ないけど頑張ってね」

ミューズ「はい、期待に応えられるよう努力します!」

メロディ「ねえリズム、あっちで休憩しようよ」

リズム「だめよ、すぐに撮影始まるんだから」

メロディ「いいじゃん、ちょっとだけだからお願い」

リズム「もう、メロディはしょうがないんだから」

キャッキャッウフフ




ビート「……」ポツーン


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:25:50.88 ID:55Hf5JA10

ビート「……」

ビート(なにして時間潰そう……台本でも読んでおこうかな)

ハミィ「……」

ビート「あっ、ハミィ」

ハミィ「にゃー」

ビート「ハミィも暇なの?じゃあ一緒に遊ぼっか」

ハミィ「にゃー」

ビート「よしよし、いい子いい子」

ビート(これで本当に喋れる猫だったら嬉しいのに…)


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:30:35.71 ID:55Hf5JA10

ビート「ハミィはかわいいね」

ハミィ「にゃー」

ビート「私、最近辛いんだ。何でかは分からないんだけど」

ハミィ「にゃー」

ビート「みんなともっと仲良くなりたいのに…どうしたらいいんだろう」

ハミィ「にゃー」

ビート「ハミィだけだよ……私の話を聞いてくれるの」

ハミィ「にゃー」

ミューズ「プッ……なにやってるのよ青色」

ビート「あっ……」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:33:35.41 ID:55Hf5JA10

ミューズ「猫と話てるの?馬鹿みたい」

ミューズ「ていうか猫しか話し相手いないんだ、かわいそー」

ビート「……」

ミューズ「なんだったら吹き替えの人でも連れてくる?」

ビート「いえ……」

ミューズ「あんたのせいで撮影がストップしたんだから、次はミスしないよう休憩中でも練習するのが普通でしょ?」

ミューズ「なにサボってんのよ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:39:13.48 ID:55Hf5JA10

ビート「すみません……」

ミューズ「ほんと青色って使えないのね」

ビート「……」

ミューズ「おいで、ハミィ」

ハミィ「にゃー」タタッ

ビート「あっ」

ミューズ「いい子いい子」ナデナデ

ハミィ「にゃー」

ミューズ「あんな子に近づいちゃダメだよ?役立たたず病が移っちゃうから」

ビート「……」

ミューズ「ほら、早く練習しなさいよ!」

ビート「は、はい」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:46:49.15 ID:55Hf5JA10

ビート「……」

ビート(そうだ…私のせいでみんなに迷惑かけたんだから、練習しないと……)

ビート(私が真面目にやってれば、みんな怒らないで優しくしてくれるかな……)

ビート「はっ、よっ」サッサッ

メロディ「あれ、ビートなにしてるの?」

ビート「あっ…その、アクションシーンの練習を」

リズム「休憩中なのに?偉いわね」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:50:52.47 ID:55Hf5JA10

ビート「!!」

ビート(やった…ほめられた!)

ビート「わ、私…みんなよりもダメだから、もっと練習しなきゃと思って」

リズム「それはいいんだけど、やるんだったら他所でやってくれない?」

ビート「えっ……」

リズム「今はメロディと二人っきりでいたいの。だから……ね?分かるでしょ?」

リズム「ビートでも空気を読むことはできるよね?」

ビート「あ……わ、分かったわ。ごめんなさい……」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:51:24.84 ID:DX/osoKa0

酷すぎワロタwwwwwwwwwwww


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 10:55:21.30 ID:55Hf5JA10

メロディ「ていうか休憩中なのに練習なんかしちゃダメだよ。休憩なんだからしっかり休まないと!」

ビート「でも……」

メロディ「無理して怪我したらどうするの?それで撮影が遅れたらみんなに迷惑かかっちゃうよ?」

ビート「……」

メロディ「ビートってさぁ、ちょっとプロ意識が足りないんじゃない?」

ビート「……ごめんなさい」

メロディ「ちゃんと休むんだよ、いい?」

リズム「もう行こっかメロディ」

メロディ「うんっ」

ビート「……」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:03:58.16 ID:55Hf5JA10



ビート「ただいま……」

マリン「お帰りー。他の二人今日遅くなるんだってさ」

ビート「そう…ですか」

マリン「どしたの?撮影で疲れちゃった?」

ビート「いえ…」

マリン「ふっふっふ」

ビート「?」

マリン「実はそんな疲れも吹き飛んじゃうくらいのすっごいプレゼントをビートに用意しているのだ」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:07:07.61 ID:55Hf5JA10

ビート「プレゼント…ですか?」

マリン「聞いて驚け見て驚け!」

マリン「じゃーん!私がデザインした新作のワンピースだよ!」

ビート「あっ…」

マリン「どう?」

ビート「…かわいい、です」

マリン「でしょー、気に入ってもらえてよかった。じゃあこれビートにあげるね」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:12:16.65 ID:55Hf5JA10

ビート「いいんですか?私なんかに…」

マリン「当然! だってビートのために作ったんだもん」

ビート「私の…ために」

マリン「ほら、最近ビートって元気ないでしょ?」

マリン「何があったかは知らないけどさ、そういう時は新しい服でも着て気分転換するのが一番だって」

マリン「みんなもそれを着たビートのこと、かわいいって言ってくれるはずだよ」

ビート「マリン先輩…!」

マリン「撮影頑張ってね、ビート」

ビート「は、はい! ありがとうございます!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:19:17.88 ID:55Hf5JA10

翌日

メロディ「わぁ! その服どうしたのビート?」

ビート「マリン先輩が私にって…」

リズム「かわいいー!」

ビート「そ、そうかな」

メロディ「うん、すっごい似合ってる!」

リズム「素敵よビート」

ビート「…えへへ」





ミューズ「……」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:24:33.10 ID:55Hf5JA10

ビート(よし、今日の撮影はなんだか頑張れそうな気がする)

ビート(マリン先輩には今度お礼をしないと)

ミューズ「ねぇビート」

ビート「あっ…ミュ、ミューズ」

ミューズ「その服どうしたのよ」

ビート「これは…マリン先輩からのプレゼントで」

ミューズ「ふーん」ジロジロ


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:29:13.49 ID:55Hf5JA10

ビート「あの…ミューズ…」

ミューズ「可愛いんじゃない?」

ビート「えっ…」

ミューズ「似合ってるよ、ビート」

ビート「ミューズ……!」

ミューズ「でももうすぐ撮影が始まるんだから、早くプリキュアの衣装に着替えなさいよ」

ビート「そ、そうね、分かったわ」

ビート(ミューズがほめてくれた……)

ビート(私のこと、ちょっとは認めてくれたのかな……)

ミューズ「……」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:36:21.53 ID:55Hf5JA10

撮影中

ビート「爪弾くは魂の調べ!キュアビート!」ジャーン

ビート「ビートバリア!」

ドカーン

ミューズ「ビート!」

ビート「ミューズ、ここは私たちに任せて!」

ミューズ「ありがとう、ビート」

メロディ「みんな、行くよ!」



監督「…はいカットー! いいねー、いいよー。もうバッチリ」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:42:43.00 ID:55Hf5JA10

ビート「お疲れ様です」

監督「ビートちゃん、今日は動きにキレがあって良かったよ。次も頑張ってね」

ビート「は、はい!」

メロディ「今日のビートバリアすごいよかったよ!」

リズム「うんっ、いつもよりバリアバリアしてた」

ビート「二人とも…!」

ビート(こんなに嬉しい気持ち…初めてかも)





ミューズ「……」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:51:53.91 ID:55Hf5JA10

リズム「そろそろ帰ろっか」

メロディ「あっ、そうだ! 途中でプリキュアのみんなでケーキでも食べに行かない?」

ビート「えっ…私も行っていいの?」

メロディ「当然じゃない、同じプリキュアでしょ?」

ビート「メロディ……う、うん!」

メロディ「よーし、それじゃあ出発!」

ビート(みんなでケーキ食べるのなんて初めて……どうしよう、緊張してきた)

ビート(撮影の時みたいに接してればいいのかな……)

ミューズ「待って、その前に着替えないと」

メロディ「あっ、そうだった」

ミューズ「ビートも早く新しい服に着替えたいでしょ?」

ビート「う、うん」

ミューズ「なら、更衣室に行きましょうか」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 11:58:51.77 ID:55Hf5JA10

ビート(新しい服に着替えてみんなとお出かけ……なんだかワクワクする)

ビート(今日はとても良い日だなぁ……)

ガチャッ

ビート「……え?」

メロディ「どうしたのビート?」

ビート「あ……こ、これ……」

リズム「このぼろぼろの洋服ってまさか……!」

ミューズ「あれ、ボロ雑巾かと思ったらこれってビートが着てた服じゃない?」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 12:03:59.00 ID:55Hf5JA10

ビート「そ、そんな……マリン先輩からもらったワンピースが……」

ミューズ「これじゃあもう着れないね」

ビート「うっ……うぅ……」

メロディ「ひどい…誰がこんなひどいことをしたの!!」

ハミィ「にゃー」

ビート「えっ……」

リズム「ハミィ?」

ミューズ「だめじゃないハミィ、撮影中ヒマだからってこんな所で遊んじゃ」

ミューズ「きっとハミィがおもちゃと間違えてビートの服で遊んでいたのね」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 12:10:10.44 ID:55Hf5JA10

ハミィ「にゃー」

ビート「そんな……ハミィが……」

リズム「けどなんでハミィがこんな所に?」

ミューズ「うろついていたらたまたま更衣室に入っちゃったんじゃないの?」

ハミィ「にゃー」

ビート「……」

メロディ「ハミィがやったのなら…仕方ないっか」

リズム「そうね、ハミィがやったのならしょうがないわ」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 12:17:56.10 ID:55Hf5JA10

ビート「……」

ハミィ「にゃー」

ビート「……」

ハミィ「にゃー」

メロディ「ビート、もう諦めなよ」

ミューズ「そうよ、猫がやったことなんだから許してあげなさいよ。いくら恨んだってそのワンピースは戻ってこないわ」

ビート「……」

ハミィ「にゃー」

ビート(マリン先輩が……マリン先輩が私のために作ってくれたのに……)ギュッ

ビート「うっ……グズッ……ヒッグ……」

ミューズ「どうでもいいけどいつまでそこにいるつもり? もう時間なんだから帰った方がいいと思うけど」

ビート「……」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 12:23:58.64 ID:55Hf5JA10

青色寮

ビート「……」

ビート(どうしよう……マリン先輩になんて言えば……)

マリン「あれ、ビートじゃん。いつの間に帰ってたの?」

ビート「!!」ビクッ

マリン「帰ってきたのならただいまぐらい言わなきゃダメでしょ」

ビート「あ……あの……マリン先輩」

マリン「あれ? そういえば昨日プレゼントしたワンピースは?」

マリン「今日着ていたよね?」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 12:33:12.44 ID:55Hf5JA10

ビート「……」

マリン「どうしたの、目の周り真っ赤だけど」

ビート「……」

マリン「さっきからなに黙ってるの? 何か隠してる?」

ビート「あの……その……」

マリン「私に隠し事は通用しなーい!」ガバッ

ビート「あっ……!」

マリン「…………なにこれ」

ビート「……」

マリン「これ……もしかして私が作ったワンピース?」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 12:38:19.39 ID:55Hf5JA10

ビート「……」

マリン「どうしたのこれ……なんでこんな……」

ビート「……」

マリン「ビート、どうしたのこれ!」

ビート「グズッ…ごめんなさい……ごめんなさい」

ビート「うぅ……うえぇぇぇぇん」

マリン「……」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 12:47:06.04 ID:55Hf5JA10

数分後

マリン「そっか、ハミィが……」

ビート「ヒッグ……エグッ……」

マリン「分かったから、もう泣かないでビート」

ビート「だって…グズッ…マリン先輩が作ってくれたのに……」

マリン「ハミィがやったんだったら、別に悪意もないんだししょうがないって」

マリン「ビートは悪くない!」

ビート「でも…でも…」

マリン「服ならまた作ってあげるから、もう泣かなくていいって」

ビート「ごめんなさい……ごめんなさいマリン先輩」

マリン「私は気にしてないってば。ほら、元気出してビート!」

ビート「ごめんなさい…グズッ……ごめんなさい……」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 12:56:49.78 ID:55Hf5JA10

翌日

ビート「……」

ビート(結局昨日は一睡もできなかった……)

ビート(どうしてあんなことに……)

メロディ「わぁ! ミューズかわいい!」

ビート「……?」

リズム「ほんと、素敵な服ね!」

ミューズ「えへへ、サンシャインさんが私にプレゼントしてくれたの」

ミューズ「私に似合うからって言って」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:02:15.58 ID:55Hf5JA10

メロディ「へーいいなぁ、こんなかわいい服もらえるなんて羨ましい」

リズム「素敵な先輩ね、サンシャインさんって」

ミューズ「えへへ」

監督「おっ、ミューズちゃん今日もかわいいね!」

ミューズ「もう、おだてないでくださいよ監督」

監督「本当のことを言っただけだって。今日はミューズちゃんの主役回だからバッチリよろしくね!」

ミューズ「はい、精一杯がんばります!」


ビート「……」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:10:28.72 ID:55Hf5JA10

ミューズ「あれ? ビートいたんだ」

ビート「え、えぇ……」

ミューズ「ねぇビート、この服どう? かわいいでしょ?」

ビート「そ、そうね……可愛いわミューズ」

ミューズ「でもミューズが昨日着てたワンピースには負けちゃうなぁ……」

ミューズ「あっ、あの服もうぼろぼろで着れなくなったんだっけ? ごめんごめん」

ミューズ「ほんと、運が悪かったよねー」

ビート「……」

ミューズ「さてと、そろそろ撮影が始まるし着替えないと」

ミューズ「青色、暇があったらあんたがハミィの面倒みるのよ?」

ビート「えっ…」

ミューズ「だってハミィはあんたの唯一の友達なんでしょ?それに私の服までぼろぼろにされたら困るしね…分かった?」

ビート「……わ、分かったわ」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:19:52.57 ID:55Hf5JA10

撮影中

メロディ「みんな、行くよ!」

ミューズ「プリキュア・シャイニングサークル!」

ビート「ビ、ビートソニック…」

監督「カットカット! どうしたのビートちゃん、動きが鈍いよ!」

ビート「すいません…」

監督「もういいや、別のシーン撮るからビートちゃんは下がってて」

ビート「……はい」

ミューズ「なにやってんだか」ボソッ

ビート「……」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:24:17.59 ID:55Hf5JA10

ハミィ「にゃー」

ビート「ハミィ…」

ハミィ「にゃー」

ビート「……」

ハミィ「にゃー」

ビート「……そうよね、ハミィは悪くないもんね。ごめんなさい」

ハミィ「にゃー」

ビート「……」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:29:37.42 ID:55Hf5JA10

ビート「……」

ビート(私の出番、まだかな……)

ハミィ「にゃー」ガサゴソ

ビート「……」

ビート(確かバッグの中に台本が入ってたはずだから読んでおこう…)

ハミィ「にゃー」ガサゴソ

ビート「ハミィ…?なにをしてるの……」

ハミィ「にゃー」ガサゴソ

ハミィ「にゃー」ガサゴソ

ハミィ「にゃー!」ガサゴソ

ビート「や、やめてハミィ! 私のバッグの中を荒らさないで!」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:33:59.62 ID:55Hf5JA10

ハミィ「にゃー!にゃー!」ガサゴソ

ビート「ハミィ!!」

ハミィ「フシュー!フシュー!」

ビート「い…いい加減にして!!」

バシッ

ハミィ「にゃっ!?」ドサッ

ビート「はぁ…はぁ…」

ビート「ハミィ…どうしてこんなこと……」



ミューズ「なにやってんのよ」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:39:29.80 ID:55Hf5JA10

ビート「!?」

ミューズ「今ハミィのこと、殴ったわね?」

ビート「ち、違うの…これは…」

ハミィ「にゃぁ…」

ミューズ「よしよし、痛かったね。もう大丈夫よ」

ビート「ミューズ……これは、その……」

ミューズ「昨日の仕返しのつもり?だとしたら最低ね」

ビート「違う…私は…!」

メロディ「どうしたの二人とも?」

リズム「なんか騒がしかったようだけど」

ミューズ「聞いて、ビートったらハミィのこと虐めてたの」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:47:18.18 ID:55Hf5JA10

メロディ「えぇっ!?」

リズム「そんな…」

ビート「二人とも聞いて! 私はただ…」

ミューズ「私見たもん! ビートがハミィを殴るの」

ミューズ「ほら、ハミィだってこんな風になってる」

ハミィ「にゃぁ…」グッタリ

ビート「あ…あぁ……」

リズム「ひどいわビート……」

メロディ「……見損なった」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 13:52:44.44 ID:55Hf5JA10

ビート「違うの! ハミィが私のバッグを…」

メロディ「いくらなんでもハミィを殴るなんてひどいよ!!」

ビート「っ…」ビクッ

メロディ「……ハミィに謝って」

ビート「え…?」

メロディ「ハミィに謝りなさい!!」

ビート「ひっ…」

ハミィ「……」

ビート「ご……ごめんなさい、ハミィ」

ミューズ「聞こえないんだけど」

ビート「ごめんなさいハミィ!」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 14:04:11.93 ID:55Hf5JA10

メロディ「今度同じことしたら、絶対に許さないからね」

ミューズ「ということは、一応もう許してるってことね。よかったねビート」

ビート「……」

リズム「ちゃんと反省するのよ?」

ビート「……はい」

ミューズ「あっ! ビートのバッグの中からこんなのみつけた!」

ビート「え…?」

ミューズ「見て、マタタビよ。きっとハミィはこれに反応してバッグの中を荒らしてたのね」

ビート「そんな…私そんなのバッグに入れた覚え……」

ミューズ「ならこれはどう説明するのよ。あなたのバッグから出てきたのよ?」

ビート「……」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 14:10:32.69 ID:55Hf5JA10

ミューズ「今度からは気を付けるのよ? ビートはいつもぼーっとしてるんだから」

ビート「……」

メロディ「さ、もうすぐ撮影が始まるよ。切り替え切り替え」

リズム「次はNG出さないでね? ビート」

ビート「……がんばるわ」

ビート(私……マタタビなんてバッグの中に入れた覚えないのに……)

ビート(それとも本当に忘れてただけなのかな……)

ミューズ「……プッ」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 14:11:24.69 ID:55Hf5JA10

ちょっと休憩


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 18:35:30.64 ID:55Hf5JA10



ベリー「どうしたのよ、私が作ったご飯はおいしくないの?」

ビート「へ? あ、いえ……おいしいです」

ベリー「そう言うわりにはずっと辛気くさい顔してるけど」

ビート「……」

マリン「分かった! 今日の撮影でNGだしまくったんでしょ?」

マリン「私にも経験あるけど、そんなの気にしないで次頑張ればいいの」

ビート「は、はい…」


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 18:46:40.31 ID:55Hf5JA10

ベリー「NGなんてダメよ。どんなシーンも完璧にこなさないと」

マリン「そんなこと言っても失敗することはあるじゃん」

ベリー「事前の準備を怠らなければミスすることなんてないわ」

マリン「じゃあベリー姉はNG出したことないの?」

ベリー「マリンよりは少ないわ」

マリン「結局自分だってミスしてるじゃん」

ベリー「回数はそんなに多くなかった」

アクア「ほらそこまでにしなさい。ビートが困ってるわよ?」

ビート「……」


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 18:55:16.87 ID:55Hf5JA10

マリン「あっ…ごめんねビート」

ビート「いえ……私が悪かったんです」

ベリー「別にビートは何もしてないじゃない」

ビート「……」

アクア「ねえビート、現場は楽しい?」

ビート「え?」

アクア「プリキュアの現場よ。楽しんでる?」


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 19:02:53.77 ID:55Hf5JA10

ビート「……楽しいです」

アクア「他のプリキュアのみんなとは仲良くしてる?」

ビート「はい……仲良くしてます」

アクア「そう、ならいいけど」

マリン「やっぱりプリキュアやってる時は楽しいよね。みんなでワイワイしたりして友達もたくさんできるし」

ビート「……」

ベリー「またオールスターの撮影ないかしら」

マリン「私も久しぶりに暴れたいなー」

アクア「そうだ、ビートに渡したいものがあるんだった」


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 19:08:49.37 ID:55Hf5JA10

ビート「え?」

アクア「はいこれ、あなた宛てよ」

ビート「これって…」

マリン「ファンレターじゃん!」

アクア「五歳の女の子からですって」

ビート「ファンレター……私に?」

アクア「もちろんよ。ほら、ここにあなたの名前が書いてあるでしょ?」

マリン「いいなーいいなー」

ベリー「よかったわね、ビート」

ビート「あ…本当だ。私の名前」


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 19:17:29.59 ID:55Hf5JA10

マリン「あっ、ビート今嬉しそうな顔した」

ビート「えっ? あっ…そ、その」モジモジ

ベリー「素直に喜べばいいのよ」

ビート「…は、はい。えへへ」

アクア「ビートが頑張っている姿は見てる人にもちゃんと伝わっているのよ」

アクア「だから辛いことがあっても、めげずに前を向いて胸を張りなさい」

ビート「アクア先輩…」


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 19:41:35.24 ID:55Hf5JA10

ベリー「笑った方が健康にも良いのよ? ビートはもっと明るくならないとね」

マリン「そうそう、みんなに元気を与える存在なんだから自分が元気にならないとダメだよ」

ビート「…はい!」

アクア「明日も頑張ってね、ビート」

ビート「ありがとうございます!」

ビート(手紙なんて初めてもらった……私、まだまだ頑張れそう)


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 19:49:00.80 ID:55Hf5JA10

翌日

監督「おはようビートちゃん」

ビート「はい、おはようございます監督!」

監督「今日は元気がいいね。その調子で撮影も頑張るんだよ」

ビート「はい!」




メロディ「今日のビートは調子良さそうね」

リズム「なんであんなに元気なんだろう」

ミューズ「……」


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 19:49:40.98 ID:0eE/Ssyc0

ミューズはもう大人しくしとけよww


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 19:59:03.97 ID:55Hf5JA10

撮影中

メロディ「プリキュア・ミラクルハート・アルペジオ!」

リズム「プリキュア・ファンタスティック・ピアチェーレ!」

ビート「プリキュア・ハートフルビートロック!」

ミューズ「プリキュア・スパークリング……あっ、ごめんなさい」

監督「はいカット!」

ミューズ「すいません、もう一度お願いします」

メロディ「どんまいミューズ」

リズム「気にしない気にしない」

ミューズ「ごめんね、二人とも」

ビート「誰でもミスはするんだからしょうがないわ。次頑張りましょう」

ミューズ「……チッ」

ビート「……」


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:07:55.10 ID:55Hf5JA10

ミューズ「あんたのテンポが少し早かったせいでこっちまで間違えちゃったじゃない」

ビート「あ、えっ……ごめんなさい」

ミューズ「青色のくせに偉そうにしてるんじゃないわよ」

ビート「……」

ミューズ「なによ、なんか文句あるわけ?」

ビート「いえ…すみませんでした」

ミューズ「……」

メロディ「まぁまぁ二人とも、ケンカしないの」

監督「じゃあもう一度頭から撮るよー!」

ミューズ「はーい」

ビート「は、はい!」

ビート(大丈夫……まだ頑張れる……)


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:17:59.77 ID:55Hf5JA10

休憩中

ビート「ふぅ……なんとか乗り越えた」

ビート「お昼ご飯はどうしようかな……」

メロディ「ねえリズム、一緒にご飯食べよ!」

リズム「もう、メロディはしょうがないわね」

ビート「あの……わ、私も……」

リズム「行こっ、メロディ」

メロディ「うん!」

ビート「あっ……」

ビート「……」

ビート(しょうがない……一人で食べよう)

ビート「今度はもう少し聞こえるように声をかけよう…」モグモグ


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:21:52.98 ID:55Hf5JA10

ビート「……」モグモグ

ビート「……」モグモグ

ビート「ベリー先輩が作ってくれたお弁当はおいしいなぁ」

ビート「……」モグモグ

ビート「……」モグモグ


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:30:04.61 ID:55Hf5JA10

ビート「あっ、そうだ! 昨日もらったファンレター読もっと」

ビート「……」パラッ

ビート「……えへへ」

ビート(嬉しいなぁ…)

ビート「よし、午後もがんばろう」

ミューズ「なに読んでるの?」

ビート「!!」


297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:36:27.91 ID:55Hf5JA10

ビート「ミューズ……どうして……」

ミューズ「私もビートと一緒にご飯食べようと思って」

ビート「えっ…?」

ミューズ「迷惑なの?」

ビート「う…ううん、全然! 一緒に食べよミューズ!」

ミューズ「……ええ」

ビート(ミューズが私と一緒に……うれしい)

ビート(私のこと認めてくれたのかな…)

ミューズ「で、なに読んでるのよ」


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:40:53.08 ID:55Hf5JA10

ビート「ファンレターを読んでたの」

ミューズ「ファンレター?」

ビート「ええ、昨日もらって…」

ミューズ「ふーん、誰から? 30代会社員? 40代アルバイトとか?」

ビート「え? 5歳の女の子からだけど…」

ミューズ「……は?」

ビート「え? え??」


303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:42:52.44 ID:/BLERISB0

プリキュアファンはみんな幼女だよ


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:43:13.31 ID:Ammmdgcc0

まぁミューズはあざといからなぁ


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:46:22.50 ID:55Hf5JA10

ミューズ「……子どもからもらったの?」

ビート「そうよ。一生懸命書いてくれたみたい」

ビート「ほら、ここに似顔絵まで描いてくれてる」

ミューズ「……」

ビート「ミューズは大人の人からも手紙もらってるの?」

ミューズ「……そうよ」

ビート「へぇー、ミューズってすごいんだね。大人の人からも手紙がくるなんて」

ミューズ「……チッ」


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:52:35.90 ID:55Hf5JA10

ビート「ミュ、ミューズ……?」

ミューズ「……」

ビート「ごめんなさい…私に何か変なこと言った? 謝るわ」

ミューズ「別に…ビートが謝る必要ないけど」

ビート「でもミューズ怒って……」

ミューズ「怒ってないわよ」

ビート「でも…」

ミューズ「しつこいんだけど」

ビート「あ……ごめんなさい」


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:58:42.27 ID:55Hf5JA10

ミューズ「……」

ビート「……」

ミューズ「……」

ビート「……」

ミューズ「……」

ビート「あの…」

ミューズ「私、もう行くわ。次の準備しないといけないし」

ビート「う、うん…分かったわ」

ミューズ「……」

ビート「……」


319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:04:33.38 ID:55Hf5JA10

ビート「はぁ……せっかくミューズと仲良くなれるチャンスだったのに」

ビート「私ってばなにやってるんだろう……」

ビート「……」

ビート(また機会はあるよね……その時はきっと)

ビート「……午後もがんばろ」


321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:11:32.14 ID:55Hf5JA10

青色寮

マリン「あっ、ビートお帰り」

ベリー「お疲れ様、ビート」

ビート「お疲れ様です」

マリン「ねぇねぇ、またビート宛てにファンレターが来てたよ」

ビート「えっ!?」

マリン「はいこれ」

ビート「ほ、本当だ…!」

ベリー「ビートってば、大人気ね」

ビート「そ、そんな……とりあえず部屋に荷物置いてきますね」


324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:18:39.05 ID:55Hf5JA10

ビートの部屋

ビート「えへへ…またもらっちゃった!」ドキドキ

ビート「嬉しいなぁ、ちゃんと応援してくれる人がいるって」

ビート「今度はどんな子だろう……」パラッ

……ザクッ

ビート「――痛っ!?」

ビート「な、なにこれ……カミソリ?」

ビート「やだっ、手から血が……うぅ」

ビート「痛い……痛いっ……」


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:19:56.81 ID:0eE/Ssyc0

カミソリレターとは古いなwwwwwwwww


328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:20:55.54 ID:kibBsDejO

ミューズはビートに何の恨みがあるんだよwwwwwwww


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:24:54.89 ID:55Hf5JA10

ビート「どうして手紙にカミソリなんか……一体誰がこんなことを」

ビート「うぅ……」

ビート「手紙には一体なにが……」

パラッ……

拝啓、キュアミューズ様へ。

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね



ビート「ひっ……!?」


332: ミス 2011/11/19(土) 21:27:44.06 ID:55Hf5JA10

ビート「どうして手紙にカミソリなんか……一体誰がこんなことを」

ビート「うぅ……」

ビート「手紙には一体なにが……」

パラッ……

拝啓、キュアビート様へ。

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね



ビート「ひっ……!?」


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:30:10.59 ID:SCyc6OTd0

そろそろ許したげてよぉ…


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:45:03.18 ID:55Hf5JA10

ビート「いや……いや……っ」

ビート「いやあ!!」

ビート(なんでこんな手紙は私のところに…!!)

ビート「ぅっ……ぅぅ……」

ビート「……」

ビート(怖い…怖いよ……)


347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 21:53:06.44 ID:55Hf5JA10

ビート「……」

マリン「ビート、夕飯できたよー」

ビート「マリン先輩…」

マリン「どったの?」

ビート「あ、あの…さっきの手紙……」

マリン「ああ、あれ? なんて書いてあったの?」

マリン「キュアビート最高とか、キュアビート大好きとか?」

ビート「それが……」

ベリー「こらマリン、あんまり人の手紙の中身を詮索しないの」

マリン「いいじゃん別にー」

ベリー「個人のやり取りなんだから、他人は口を出さないの。プライバシーよプライバシー」

マリン「ちぇっ、はーい」

ビート「……」


351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 22:04:08.21 ID:55Hf5JA10

ポタ…ポタ…

マリン「ん?」

マリン「ビート、その手の傷……」

ベリー「え?」

ビート「……」

マリン「どうしたの、血が出てるじゃん!?」

ビート「これは……その……」

ビート「……」

ビート「ちょっと…カッターで切っちゃって」


355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 22:10:59.53 ID:55Hf5JA10

ベリー「カッター…?」

ビート「手紙を開ける時に使って…それで…」

ベリー「そうだったの…」

マリン「とりあえず早く手当てしないと!」

ビート「は、はい…」

ベリー「もう、ビートってばおっちょこちょいなんだから」

マリン「しょうがないなー、ビートは」

ビート「……すみません」

ビート(本当のこと言ったら先輩たちに迷惑かかるかもしれないし……黙ってよう)


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 22:19:05.07 ID:55Hf5JA10

アクア「ビート、どうしたのそのケガ。大丈夫?」

ビート「ちょっと切っただけで、なんでもないんです」

マリン「今度からは気を付けるんだよ?」

ビート「はい…」

アクア「そうだ、みんなには連絡来た? 今度プリキュアのみんなでキャンプをやるって話」

ビート「え?」

マリン「うん聞いた聞いた」

ベリー「楽しみよね」


362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 22:28:45.42 ID:55Hf5JA10

アクア「ビートたちも久しぶりの休日で羽をのばせるわね」

ビート「は、はい」

ビート(そんな話聞いてない…)

マリン「プリキュアみんなが集まるのかぁ……そういえば私、ミューズって子に会うの初めて」

ベリー「私も」

マリン「ねぇ、ミューズってどういう子なの?」

ビート「…良い子ですよ」

マリン「へぇーそうなんだ」

ベリー「楽しみね」

ビート「はい…」


379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 23:03:19.74 ID:poTJEDzbO

ブラックとホワイトは夫婦


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 23:58:33.38 ID:55Hf5JA10

翌日

メロディ「ねえ、今日は撮影が終わったら買い出しに行かない?」

リズム「買い出し?」

メロディ「ほら、キャンプの! いろいろ必要なものあるでしょ?」

リズム「そうね…うん、行きましょう」

メロディ「よし、決定!」

ビート「……」

メロディ「あっ、ビートも一緒に行く?」


419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 00:07:57.74 ID:SEufL0MC0

リズム「え?」

ビート「私も…?」

メロディ「うん、せっかくだし」

ビート「ほ、本当にいいの!?」

リズム「ちょ、ちょっとメロディ」グイッ

メロディ「なに?」

リズム「二人で行くんじゃないの…?」

メロディ「だってキャンプはプリキュア全員で行くんだし、だったら買出しもみんなで行った方がいいじゃん?」

メロディ「ほら、スイート組でなにか買うものだってあるだろうし」


422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 00:12:54.00 ID:SEufL0MC0

リズム「でも……」チラッ

ビート「……」ワクワク

リズム「……はぁ、分かったわよ」

ミューズ「私も行っていい?」

メロディ「うん、もちろん」

ビート(みんなでお買い物…楽しみ)ワクワク

ミューズ「あれ? ビート、その手の傷どうしたの?」



427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 00:18:34.06 ID:SEufL0MC0

ビート「これは…うっかりカッターで切っちゃって」

ミューズ「あはは、ビートらしい。まぬけね」

ビート「あはは……」

リズム「怪我は大丈夫なの? 今日は大事を取って休んだほうがいいんじゃない?」

ビート「大丈夫よ、全然。大したことないから」

リズム「あっ…そう」

ビート(リズム……私のこと心配してくれてるんだ……)

ビート(嬉しい…)

リズム「……」


435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 00:27:29.75 ID:SEufL0MC0

撮影終了後

メロディ「よーし、それじゃあ行こっか」

ビート「う、うん!」

リズム「何を買いに行くの?」

メロディ「とりあえずお菓子と、お菓子と、お菓子と…」

リズム「もう、お菓子ばっかりじゃない」

メロディ「あはは」

リズム「お菓子なら私がケーキ作ってくるから、それでいいでしょ?」

メロディ「ほんと!? やったーリズムのケーキだ!」

リズム「そうね、買い物に行くのならまず…」

メロディ「ビートはなにか欲しいものある?」

ビート「え? わ、私?」


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 00:35:12.21 ID:SEufL0MC0

リズム「……」

ビート「私は…みんなに任せるわ」

メロディ「そう? ミューズは?」

ミューズ「私も任せる」

メロディ「うーん、じゃあ…」

リズム「着るもの買いに行かない? 下着とかも新しいの必要でしょ?」

メロディ「そっか、じゃあそれ買いに行こう」

リズム「……なんで私の意見を聞く前にビートの意見を聞いたのよ」ボソッ

メロディ「え? なに?」

リズム「…なんでもないわ」

メロディ「?」



443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 00:48:34.62 ID:SEufL0MC0

洋服屋

メロディ「よーし、気合を入れて新調しちゃおう!」

ミューズ「私は服とか別にいいや」

メロディ「とりあえず私は新しい下着欲しいなぁ…」

リズム「ねえメロディ、このショーツとかメロディに似合うんじゃない?」

メロディ「えー、下着は自分で選ばせてよ」

リズム「……そうね」

ビート「……」キョロキョロ

メロディ「ビートは買いたい服ある?」


445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 00:58:36.82 ID:SEufL0MC0

ビート「えっと…このスカートとか」

メロディ「わぁ、これビートに似合いそう! ビートって意外とセンスあるね!」

ビート「マリン先輩やベリー先輩に色々と教えてもらって」

リズム「メロディにはこのスカートとか似合いそうじゃない?」

メロディ「あっ、私は別にスカート欲しくないや」

リズム「……」

メロディ「下着買おーっと」


449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:07:44.05 ID:SEufL0MC0

ビート(そうだ、マリン先輩に何か買ってあげたほうがいいかな。この前のお詫びも兼ねて)

リズム「……」

ドンッ

ビート「きゃっ!?」

リズム「あっ、ごめんなさい。ぶつかっちゃった?」

ビート「リズム…こっちこそごめんなさい」

リズム「いいの、このお店狭いからしょうがないわ」

リズム「お互いに気をつけましょうね、ビート」

ビート「ええ、そうね」


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:14:29.94 ID:SEufL0MC0

ビート「……」

ビート(うーん…なにを買おうかな)

ドンッ

ビート「!?」

リズム「あっ、またぶつかっちゃった。ごめんなさい」

リズム「道幅が狭いんだからもう少し端に寄ってくれると嬉しいんだけど」

ビート「う…うん、ごめん」



ミューズ「……」


455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:25:35.31 ID:SEufL0MC0

ビート「……」

ビート(もうちょっと端に寄らないと…またぶつかっちゃう)

ミューズ「ねえビート」

ビート「きゃっ!?」

ミューズ「なに驚いてるのよ」

ビート「ミュ、ミューズ…」

ミューズ「なに選んでるの?」

ビート「マリン先輩になにかプレゼントしようかと思って、迷ってるんだけど…」

ミューズ「ふーん、だったら私もプレゼント選びに協力してあげる」


457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:32:55.56 ID:SEufL0MC0

ビート「ほんと? ありがとうミューズ!」

ミューズ「いいの。すてきなプレゼントを選びましょうね」

ビート「う、うん!」

ビート(あ…これってもしかしたらミューズと仲良くなれるチャンスかも)

ビート(よーし、今度こそ…)

ミューズ「ビート、これなんかどう?」

ビート「ど、どれ?」

ミューズ「このイチゴ柄のワンピース」

ビート「かわいいけど……これ子供服じゃない」

ミューズ「え? だってマリン先輩が着るんでしょ?」


462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:41:38.70 ID:SEufL0MC0

ビート「マリン先輩は子供じゃ…」

ミューズ「別に平気よ。着れるって」

ビート「でも……」

ミューズ「なに? 私のセンスがおかしいって言うの?」

ミューズ「じゃあいいわよもう。ビートとは感性が合わないみたいね」

ビート「あ……」

ビート(どうしよう、ミューズに嫌われる……)

ビート「……ま、まって」

ミューズ「なに?」

ビート「えっと…ミューズのセンスは、良いと思うわ」

ミューズ「じゃあ買いなさいよ」

ビート「え?」

ミューズ「良いと思ってるのなら買いなさいよ」


466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:46:59.14 ID:SEufL0MC0

ビート「それは……」

ミューズ「買わないの? やっぱりセンス悪いと思ってるんだ」

ビート「ち、違うわ!」

ミューズ「もうビートと話すことなんてない。勝手にすれば?」

ビート「ミュ、ミューズ……」

ビート「……」

ビート「……か、買う」

ミューズ「なに? 聞こえないんだけど」

ビート「このワンピース…買うことにするわ」


471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:53:27.34 ID:SEufL0MC0

ミューズ「そう、よかった。きっとマリン先輩も喜ぶと思うわよ」

ビート「ええ……」

ミューズ「マリン先輩にはちゃんと自分で選んだものって言うのよ? ビートがプレゼントするんだから」

ビート「……分かったわ」

ミューズ「お金もビートが全額出してね。そもそも私には関係ないんだし」

ビート「そ、そうね。それは当然のことよね」

ビート「……うっ」

ビート(このワンピース……三万円もする)

ビート(どうしよう…これじゃあ買出しのお金がほとんどなくなっちゃう……)

ビート「……」

ミューズ「どうしたの? 買わないの?」

ミューズ「やっぱりセンス悪いと思ってるんだ……」

ビート「ち、ちが…」

ミューズ「だったら早くレジに行きなさいよ!!」

ビート「は、はい!」


476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:06:26.01 ID:SEufL0MC0

メロディ「みんな、もう買い物はすませた?」

リズム「ええ、終わったわよ」

ビート「わたしも…」

リズム「じゃあ後は日焼け止めとか整理用を買いに行きましょうか」

メロディ「花火とか買おうよ。花火やりたーい」

リズム「だーめ。どうせ他の組が買ってくるわよ」

ビート「あ…私も花火やりたい……」

リズム「……」

メロディ「ほら、ビートもやりたいって言ってる。買おうよリズム!」

リズム「ビート、ちょっと来て」グイッ

ビート「え?」

リズム「いいから来て」


480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:13:08.56 ID:SEufL0MC0

ビート「リズム…どうしたの?」

リズム「どういうつもり?」

ビート「え?」

リズム「なんなの? 調子に乗ってるわけ?」

ビート「えっと…」

リズム「ねえ、どういうつもりか聞いてるんだけど」

ビート「……あの、私なにかした?」

リズム「っ!?」

ビート「なにか気に障るようなことしたのなら謝るわ、だから…」

リズム「ああそう、ふーん……ビートってそういう態度とるんだ」

ビート「リズム…怒ってるの?」

リズム「……」

ビート「……えっと……」



483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:23:51.86 ID:SEufL0MC0

リズム「メロディのこと、甘やかされると困るんだけど」

ビート「あの……」

リズム「少しは空気読んでよね」

ビート「……えっと」

リズム「……」

ビート「……ど、努力するわ」

リズム「どういうつもりかは知らないけど、今度からは気をつけてね。いい?」

ビート「うん……」

リズム「二度は警告しないわよ」

ビート「……」


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:30:21.44 ID:SEufL0MC0

リズム「ただいま」

メロディ「あっ、二人ともなに話してたの?」

リズム「別に、なんでもないわよね?」

ビート「う、うん」

メロディ「二人だけの秘密? ずるいなー」

リズム「そんなんじゃないわよ。メロディは気にしなくてもいいの」

メロディ「それよりリズムー、花火買って花火ー!」

リズム「もう、メロディったらしょうがないんだから」

メロディ「やった! リズム大好き!」

リズム「ふふっ」

ビート「……」


487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:43:01.85 ID:SEufL0MC0

青色寮

マリン「さーて、キャンプの準備準備!」

ビート「……」

マリン「ビートは今日なにか買った?」

ビート「え?」

マリン「何か買わなかったの? キャンプに持っていくもの」

ビート「あ、あの…」

ビート「……」

ビート「いえ、特には……」

マリン「ふーん、そうなんだ」

ビート(やっぱり子供服は渡すことができない……)


617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 11:39:09.82 ID:SEufL0MC0

キャンプ当日

ビート(いよいよキャンプ当日…楽しみ)ドキドキ

ビート(色々なプリキュアの人たちとも会うのは初めてだし……緊張してきちゃった)

メロディ「おはよう、ビート」

ビート「あ…おはようメロディ」

メロディ「今日はいい天気だね。まさに絶好のキャンプ日和!」

ビート「そうね」

ビート(朝一で挨拶された…嬉しい)

メロディ「私、昨日は興奮して眠れなかったよ」

ビート「あははっ」



リズム「……」


622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 11:44:59.94 ID:SEufL0MC0

メロディ「それでさぁ……あっ、おはようリズム!」

リズム「おはよう、メロディ」

メロディ「ケーキ持ってきた?」ワクワク

リズム「もちろん」

メロディ「やった、バスの中で食べようよ!」

リズム「もう、メロディはしょうがないんだから」

ビート「おはよう」

リズム「……」

ビート(……あれ? 聞こえなかったのかな)

ビート「おはよう、リズム」

リズム「……」

メロディ「リズム、おはようだって」

リズム「え? あぁ……いたんだ。おはよ」

ビート「あ…う、うん、おはよう」


625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 11:55:08.57 ID:SEufL0MC0

リズム「メロディ、朝はちゃんと起きれた?」

メロディ「それが昨日よく眠れなくて」

リズム「嘘ね。本当はぐっすり寝たんじゃないの?」

メロディ「あっ、バレちゃった? 興奮して眠れないと思ってたけど案外寝れちゃった。むしろ少し寝坊して」

リズム「もう、メロディってば」

メロディ「でも集合時間にはちゃんと間に合ったんだからいいじゃん」

ビート(よかった、睡眠はきちんと取れてたみたいね)

ミューズ「……」

ビート「あ…ミューズ、おはよう」

ミューズ「……」


628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 11:58:16.64 ID:SEufL0MC0

メロディ「ミューズ、おはよう」

リズム「おはよう」

ミューズ「おはよう、二人とも」

ビート「おはよう、ミューズ」

ミューズ「……」

ビート「お、おはよう」

ミューズ「……」

ビート「……」

ビート(もっと大きな声で挨拶したほうがいいかな…)

ビート「おはよう、ミューズ!」

ミューズ「……チッ」

ビート「あぅ……ご、ごめんなさい」

ミューズ「……」

ビート「……」

ビート(寝起きだから機嫌悪いのかな……)


631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 12:09:36.77 ID:SEufL0MC0

ドリーム「みんなーwwwおっはよー!wwww」

メロディ「あっ、ドリーム先輩おはようございます!」

リズム「おはようございます!」

ドリーム「今日は晴れてよかったねwww」

メロディ「はい! よかったです!」

ビート(あの人がキュアドリームさんかぁ……」

ドリーム「あなた達が新しいく入ったプリキュア? 初めまして、キュアドリームだよww」

ミューズ「初めまして、キュアミューズです!」

ビート「キュ、キュアビートです。よろしくお願いします」

ドリーム「二人ともかわいいねwwww」

ドリーム「よーしw今日は二人と仲良くなっちゃうぞ~wwwけってぇ~いwwww」

ビート(なんだか明るい人…)


639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 12:23:53.83 ID:SEufL0MC0

ベリー「あー…ドリームさん来ちゃった」

パイン「もしあの人と近くの席だったらちょっと……」

パッション「私も……座るんだったらピーチの隣がいいわ」

ヒソヒソ ヒソヒソ

ドリーム「みんなおはよーwwww」

ベリー「おはようございます、ドリーム先輩」

パイン「おあようございます」

パッション「お、おはようございます」

ドリーム「今日はたーくさんっ楽しもうねwww」



650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 12:35:40.49 ID:SEufL0MC0

ワイワイ ガヤガヤ

リズム「だいぶ集まってきたね」

ビート「プリキュアって全員合わせると何人になるの?」

リズム「……」

ミューズ「こんなにいると、名前と顔を覚えるの大変そう」

リズム「20人以上いるしね」

ビート「へぇーそんなにいるんだ! すごいね!」

リズム「……」

ミューズ「たくさんいるのね」

リズム「大丈夫よ、みんな優しいからすぐに仲良くなれるわ」

ミューズ「へぇ」

ビート「みんな個性的な人たちよね」

リズム「……」

ミューズ「……」

ビート「……」


653: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 12:46:34.81 ID:SEufL0MC0

ブラック「みんな、そろった?」

ホワイト「おはよう」

ルミナス「おはようございます」

「「「「「おはようございまーす!」」」」」

メロディ「ブラック先輩、お荷物持ちます!」

ブラック「ありがと」

リズム「私もお持ちします!」

ホワイト「お願いね」



ミューズ「ビート、あんたルミナス先輩の荷物運ばないの?」

ビート「え?」


654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 12:52:03.41 ID:SEufL0MC0

ビート「私が行くの…?」

ミューズ「はぁ? なに言ってんの、当然でしょ」

ビート「でも私色が……」

ミューズ「なに? 私にやらせるつもりなの?」

ミューズ「自分だけ楽するなんて、いいご身分ね」

ビート「ご、ごめんなさい…」

ミューズ「さっさと行きなさいよ」

ビート「は、はいっ」タタッ


658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 13:00:56.42 ID:SEufL0MC0

ビート「あの、ルミナス先輩。荷物持ちます」

ルミナス「ああいえ、気にしないでください」

ビート「いえいえ、ですが…」

ルミナス「いえいえ、私は正式なプリキュアでもないですし気をつかわないでください」

ビート「いえいえ、そうは言っても……」

ルミナス「いえいえ、大丈夫です一人でできます。ビートさんは気にしないで」

ビート「は、はぁ…」


667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 13:15:06.73 ID:SEufL0MC0

ブラック「それじゃあみんなバスに乗って。席は好きなところに座っていいから」

ドリーム「りんちゃんww後ろの席に座ろうよwwww」

ルージュ「ちよっと、その名前で呼ばないの」

ミント「私たちは前の方に行きましょうか」

アクア「そうね」

ワイワイ ガヤガヤ

ビート(私はどこに……というか、誰と一緒に座ろうかな)

メロディ「うーん、私も後ろのほうに行こうかな……」

ビート(そうだ、メロディと一緒に……)

ビート「ね、ねえメロディ…」

リズム「メロディ、ここ空いてるから一緒に座りましょ」

メロディ「うんっ!」

ビート「あ……」

リズム「……」キッ

ビート「うぅ…」ビクッ


668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 13:17:22.03 ID:3+ueE0OC0

ドリームwwwwwwww


669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 13:18:21.31 ID:f/L1/h730

リズムwwwwwwwwwwwww


677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 13:24:06.17 ID:SEufL0MC0

ビート(仕方ない…メロディの隣は諦めよう……)

ビート(ほかに誰かいるかな……)キョロキョロ

ミューズ「サンシャイン先輩、わたし先輩の隣に座りたいです」

サンシャイン「うん、いいよ」

ミューズ「ありがとうございます!」

ビート「……」

ビート(そうだ、私もマリン先輩と…)


マリン「ブロッサム、ここ座ろここ!」


ビート「あ……」

ビート(マリン先輩もダメだった……他は……)

ムーンライト「……」

ビート「……」


680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 13:28:32.79 ID:SEufL0MC0

ムーンライト「……」

ビート「……」

ムーンライト「……」

ビート「……」

ムーンライト「……なにか用かしら?」

ビート「あ、あの…隣に座ってもいいですか?」

ムーンライト「席なら他にも空いているところがあるでしょ」

ビート「そ…そうですね。すみませんでした……」

ムーンライト「……」

ビート「……」


690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 13:41:24.50 ID:SEufL0MC0

ビート「……」ポツーン

ビート(結局一人の席になってしまった……)

マリン「びーとー、私たちの前の席に座りなよ」

ビート「え?」

マリン「座るところ探してるんでしょ? ほら、前の席一つ空いてるよ。ローズさんの隣」

ビート「!!」

ビート「ここ…座ってもいいんですか?」

マリン「別にいいですよね?」

ローズ「好きにすれば」

ビート「うぅ……ありがとうございます!」




ブラック「みんな座った?じゃあ出発するよー」

ピーチ「ブラックせんぱーい! ブルーム先輩とイーグレット先輩がまだ来てません」


697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 13:53:50.58 ID:SEufL0MC0

イーグレット「すみません、寝起きのブルームの可愛い似顔絵を描いていたら遅れました」

ブラック「遅いよ二人とも。早く席にすわって」

ドリーム「いぇ~いwwwブルームさんいぇ~いwww」

ブルーム「いぇ~い絶好調ナリwwww」

イーグレット「ほら、早く座るわよブルーム」

ブルーム「あ、ごめんごめん」

ホワイト「それじゃあ運転手さん、全員そろったみたいなんでお願いします」

ブンビー「あ、はい。分かりました。出発しますね」


710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 14:06:30.76 ID:SEufL0MC0

移動中

ビート「……」

ローズ「……」

ビート「あの、初めまして。キュアビートっていいます…」

ローズ「そう」

ビート「ローズさんも追加戦士枠なんですよね」

ローズ「そうよ。厳密にはプリキュアじゃないけど」

ビート「へぇ、そうなんですか」

ローズ「……」

ビート「……」


718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 14:18:16.30 ID:SEufL0MC0

ビート「わ、私はあれだったんです。もともとは敵っていう設定だったんです」

ローズ「そうなの」

ビート「だけどハミィのおかげで正義の心に目覚めてプリキュアになって…あっ、ハミィっていうのは、今回の妖精ポジションで」

ローズ「知ってるわ。毎週見てるから」

ビート「あ…そ、そうだったんですか。ありがとうございます」

ローズ「別に」

ビート「……」

ローズ「……」




ドリーム「みんなでビンゴ大会やろうよww商品ないけどwwww」

レモネード「商品持ってきてないのにビンゴ大会なんてドリームってお茶目ですねwwww」



723: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 14:30:25.15 ID:SEufL0MC0

キャンプ場

ホワイト「お疲れ様。ここが今日みんなが泊まる別荘よ。ちなみに貸してくれたのはアクア」

ホワイト「それでこの後のことだけど、お昼ごはんを食べたら自由時間にしようと思います」

ホワイト「夕方まで好きに時間を使ってね」

「「「「はーい」」」」

ビート(ご飯か…お弁当誰と食べよう)

ドリーム「ねえビートww一緒にご飯食べようwwww」




730: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 14:42:37.81 ID:SEufL0MC0

ビート「えっ、いいんですか?」

ドリーム「当たり前だよww」

ビート「じゃ、じゃあお言葉に甘えて…」

ドリーム「レモネードwwビートも一緒に食べるってwww」

レモネード「はじめましてwwwレモネードですwwww」

ビート「よ、よろしくお願いします」

ドリーム「私たちもう友達だねwwww」

ビート「!!」

ビート(と、友達……私に新しい友達ができた!!


740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 14:50:41.95 ID:SEufL0MC0

ドリーム「お弁当おいしいねwwww」モグモグ

レモネード「ビートはギターが武器なんですか?www」

ビート「は、はい。ラブギターロッドっていいます」

ドリーム「お茶おいしいwwww」グビグビ

レモネード「かっこいいですねwww私もカスタネットの武器あるんですよwwww」

ビート「あっ、私たちと同じで楽器がモチーフなんですね」

ドリーム「お手洗い行ってくるねwwww」

レモネード「分かりましたwwww」

ビート「あ、いってらっしゃい」

レモネード「……キャンプってぶっちゃけ疲れますよね」


747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 14:59:01.93 ID:SEufL0MC0

ビート「え?」

レモネード「なんていうか、別にこんな遠出してまでみんなと泊まりがけの旅行する必要なんてないじゃないですか……」

レモネード「みんなに合わせるのも疲れるし……」

ビート「……」

レモネード「ほんとはキャンプなんか乗り気じゃなかったんです……だけどみんな行くって言うから」

レモネード「ほら、私だけ行かないとなると空気読めない子になるじゃないですか。ムーンライトまで来てるのに」

ビート「は、はぁ……」

レモネード「ハァ…だるい」

ドリーム「ただいまww」

レモネード「おかえりなさいwww」

ドリーム「wwwww」

レモネード「wwwww」

ビート「……」



753: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:12:22.05 ID:SEufL0MC0

自由時間

ビート「はぁ…なんだか疲れた」

ビート「みんな色々と考えてることがあるんのね……

ビート「ふぅ……」

ビート「……」

ビート(休憩時間って言っても…なにすればいいんだろう)

コロコロ…

ビート「……?」

メロディ「あっ、ビート! そのボール取って!」


755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:18:13.26 ID:SEufL0MC0

ビート「メロディ…なにしてるの?」

メロディ「ブラック先輩たちとバスケやってるんだよ」

ビート「バスケ?」

メロディ「ビートも一緒にやる?」

ビート「え?」

メロディ「ビートが入ってくれればちょうど2対2ができるんだけど…」

ビート「わ、私でいいの!?」

メロディ「うん、もちろん」

ビート(や、やった…メロディたちと遊べる!)


761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:23:54.12 ID:SEufL0MC0

メロディ「先輩、ビートも一緒にやるって言ってます」

ブラック「ほんと? よかった、これで本格的に始められる」

ブルーム「よろしくね、ビート」

ビート「は、はい!」

ブラック「じゃあビートは私と組もっか。バスケのルールは知ってるよね?」

ビート「一応…」

ブラック「なら大丈夫だね。始めよっか」

ビート「……」ドキドキ



763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:32:34.84 ID:SEufL0MC0

ダムダム!!

ブラック「ビート、パス!」

ビート「はい!」

ブルーム「行かせない!」

ブラック「よっ、ほっ」

キュッキュッ!!

ブラック「ビート!」シュッ

ブラック「そのままシュート!」

ビート「は、はい!」

メロディ「そうはさせない!」パシッ

ビート「きゃっ!」

メロディ「よし、ディフェンス成功」

ビート「すみません…」

ブラック「どんまいどんまい、次があるよ。気にしないでがんばろう!」

ビート(ブラックさんって…優しい)


767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:38:49.86 ID:SEufL0MC0

試合終了

ブラック「ビートって運動神経良いんだね」

ビート「そ、そうでしょうか…」

メロディ「うんうん、動きが機敏だったよ」

ブルーム「ビートってセンスあるよね。こんど一緒にソフトボールやろうよ」

ビート「わ、私なんてそんな…」

ブラック「謙遜しないの。もっと自分に自信を持ちなよ」

ブラック「一緒に遊んでた時のビート、すっごく楽しそうで輝いてたよ」

ビート「ブラック先輩…」


768: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:43:48.94 ID:SEufL0MC0

メロディ「私もあんなビート初めて見た」

ブルーム「ビートとバスケしてるとき、すごい楽しかったよ」

ビート「……わ、私も楽しかったです」

メロディ「あっ、照れてるビートかわいい」

ビート「そ、そんなこと言わないで…恥ずかしいじゃない」

ブラック「あはは」

ブルーム「よし、それじゃあもう一勝負する?」

ビート「はい!」

ブルーム「なら今度は私とビートが…」



イーグレット「ブルーム、ちょっと」


772: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:49:15.41 ID:SEufL0MC0

ブルーム「あれ、どうしたのイーグレット?」

イーグレット「ビートを少し借りてもいい?」

ビート「えっ…」

イーグレット「実はビートに絵のモデルになってほしいの」

ビート「モ、モデル!?」

イーグレット「だからビートを貸してほしいんだけど…」

ブルーム「うーん…」

ブラック「別にいいんじゃない? 色んな人とコミュニケーションを取れるのなんてこういう機会しかないんだから」

ブラック「ビートはどうしたい?」

ビート「わ、私は別に構いません」

イーグレット「よかった。じゃあ一緒に来てもらえるかしら」

ビート「は、はい!」


778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:54:01.31 ID:SEufL0MC0

ビート(私が絵のモデルになれるなんて…信じられない)

ビート(どうしよう…すごい緊張してきた)

イーグレット「……」

ビート「あの…イーグレット先輩、どこまで行くんですか?」

イーグレット「もう少し先よ」

ビート「……」

ビート(モデルって、どんなことやるんだろう……ずっと同じポーズ取るのかな)

イーグレット「……」

ビート(……どこまで歩くんだろう)

イーグレット「……」

ビート「あの……」

イーグレット「着いた、ここよ」

ビート「……えっ」


ホワイト「……」

リズム「……」


782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 15:58:12.22 ID:SEufL0MC0

イーグレット「……」

ビート「えっと、なんでホワイト先輩とリズムが」

ホワイト「……」

リズム「……」

ビート「……あっ、まさか二人も絵のモデルに?」

イーグレット「違うわ」

ビート「で、でも絵を描くって…」

ホワイト「……」

イーグレット「……」

リズム「……」

ビート「……えっと」


787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 16:05:09.88 ID:SEufL0MC0

ホワイト「実はね、私たちはビートさんと少しお話がしたいと思ってイーグレットにあなたを連れてきてもらったの」

ビート「お話…?」

イーグレット「ブルームたちと楽しそうだったわね」

ビート「え? あ、はい…バスケをやってて」

リズム「へぇ、あなたなんかがメロディと一緒にバスケできたんだ」

リズム「ちょっと図々しいとは思わなかったの?

ビート「……」



795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 16:14:57.11 ID:SEufL0MC0

ホワイト「私とイーグレットは別に構わないんだけどね、リズムがあなたのことで相談があるっていうから」

イーグレット「リズムは私たちの後輩なの。だから私たちがこの場に立ち会ってもいいでしょ?」

ビート「えっと……話がよく分かんなくて……」

リズム「いつまでとぼけるつもりなの? ねぇ」

リズム「私この前警告したよね?」

ビート「……」

リズム「したよねって聞いてるの!! それとも耳ついてないの!?」

ビート「は、はいっ、しました!」ビクッ


803: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 16:23:43.18 ID:SEufL0MC0

リズム「あの言葉の意味分かってるの?」

ビート「……」

リズム「ビートってそこまで馬鹿じゃないよね? それともわざとやってるのかな?」

リズム「ねえ、聞いてるんだけど。こっちの目みてよ」

ビート「うぅ……」

リズム「どっちにしても私の警告を無視するなんて、どういうつもりなの?」

ビート「わ、私はただ……メロディたちとバスケをしてただけで……」

リズム「ああそう、あくまでそんな風に言うんだ」

リズム「ミューズの言ってたとおりね。やっぱり青色って最低」

リズム「それとも最低なのってビートだけなのかしら」

ビート「……」


815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 16:35:57.58 ID:SEufL0MC0

リズム「人の気持ちを踏みにじるのってそんなに楽しい?」

ビート「わ、私そんなこと……」

リズム「バスケしてる時もメロディの体にその汚い手でべたべた触ってたわよね」

ビート「そ、それしょうがなくて……それに手はそんなに汚くない」

リズム「そんなことどうでもいいの。触ったことに問題があるの」

ビート「……」

リズム「ビートっていつもそうよね。とぼけたふりして……天然キャラ作ってるつもり?」

リズム「寒いんだけど」

ビート「……」

リズム「そうやっておどおどしてればメロディが助けに来ると思った? 残念ね、メロディはここにいないの」

リズム「メロディに構ってもらいたくてそういうキャラやってるんだろうと思うけど……あざといのよ、泥棒猫」


834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 16:51:13.54 ID:SEufL0MC0

ビート「……」

ホワイト「落ち着いてリズム。ビートの言い分もちゃんと聞いてあげないと」

ホワイト「リズムは、あながメロディのことを奪うんじゃないかと思ってるの。そこらへんどうなの?」

ビート「う、奪うって……私はただ、メロディと友達になりたくて」

リズム「絶対嘘……メロディを見てる目つきがいやらしかったもん」

ビート「そ、そんなことないわ」

リズム「あなたの言葉なんて信用できないわ」

ビート「……」

リズム「なに、その目? 今度は私のことをおかしな人だと思ってるの?」


840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 16:58:47.76 ID:SEufL0MC0

ビート「い、いえ……」

リズム「私が同姓の友達を思うことがそんなにおかしい? 大好きなのがそんなにおかしい?」

リズム「薄汚い泥棒猫からメロディを守るのがそんなにおかしいの!?」

ビート「だって、ビートは王子先輩のことが好きなんじゃ……」

リズム「あんなのはただの設定でしょ!!」

ビート「ひっ…」

リズム「へぇ…あくまで盾つく気なのね」

ビート「その…リズムがそこまでメロディのこと大切に思ってるなんて知らなくて……」

ビート「ご、ごめん…」

リズム「は?」

ビート「ごめん…なさい」


845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:05:28.20 ID:SEufL0MC0

リズム「……」

ビート「……」

リズム「なにそれ」

ビート「えっ…」

リズム「どうせ謝ればすむと思ってるんでしょ? この前もそうだったもんね?」

ビート「ち、違うわ。本気で謝ってる…」

リズム「誠意が全然感じられないんだけど」

ビート「……」

ホワイト「ちゃんと謝りなさい、ビート」

イーグレット「そうよ。これはあなたのためでもあるんだから」


849: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:17:48.21 ID:SEufL0MC0

ビート「……」

ホワイト「謝って」

ビート「……も、申し訳ありませんでした」

イーグレット「それだけじゃないでしょ?」

ビート「ヒッグ…グズッ…」

リズム「泣いたふりしたって通用しないんだから。騙されないわよ」

ビート「うぅ……エグッ……ご、めんな゛ざい゛」

ビート「グスッ……もう……メロディには近づぎま゛せん」

ビート「だから……許じで……ヒッグ」

リズム「普通こういうときは土下座するものなんだけど。ビートはしないの?」

ビート「ヒッグ…エグッ…」

リズム「はやくやりなさい!!」

ビート「ひっ…す、ずみま゛せん゛でしだ!!


857: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:29:14.57 ID:SEufL0MC0

ホワイト「もうこのあたりでいいんじゃない?」

イーグレット「そうよ、やりすぎはよくないわ」

リズム「二人がそう言うんでしたら…」

ビート「ぅっ……ヒッグ…うぅ……」

リズム「いいわ、もうこの辺で勘弁してあげる」

ビート「ぅぐっ……グズッ…ひっ…」

リズム「今自分が口にした言葉に誓いなさい。二度と不用意にメロディに近づかないこと」

リズム「分かった?」

ビート「は…はい゛……」

リズム「それと、このことを他の人にバラしたりでもしたら絶対に許さないから」

リズム「もしバラしたら一生プリキュアだなんて名乗れないことになるって覚悟することね」

ビート「うぅ……」

ホワイト「それじゃあ私たちはそろそろ戻りましょうか」

リズム「はい、ホワイト先輩」

ビート「……」


866: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:39:56.89 ID:SEufL0MC0

ビート「……」

ビート「……」

ビート「……うっ……うぅ……」

ビート「うええぇぇぇぇぇぇん!!」

ビート(なんで私……こんなに嫌われるんだろう……)


875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:48:28.87 ID:SEufL0MC0

ビート「うっ…グズッ…」

ビート「ヒッグ……」

ビート(もうイヤ……帰りたい……)

パイン「大丈夫?」

ビート「!!」

パイン「どこか怪我したの?」

ビート「あ……いえ……」

パイン「でも泣いてるじゃない。はい、ハンカチ」

ビート「あ……ありがとうございます……」


892: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:58:49.49 ID:SEufL0MC0

パイン「本当に大丈夫?」

ビート「は、はい……すみませんでした」

パイン「ならいいけど……こんな所でなにをしてたの?」

ビート「いえ……なんでもありません……」

ビート「パイン先輩はどうして……」

パイン「私は仲間とお散歩してたんだけど、ちょっとはぐれちゃって」

パイン「今は合流する途中なの」

ビート「……」

パイン「一緒に来る?」

ビート「え……」

パイン「一人でこんな所にいても、寂しいでしょ?」

パイン「一緒に行こ? ね?」


904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 18:10:52.34 ID:SEufL0MC0

ビート「すみません……私なんかと一緒に……」

パイン「ううん、私も一人じゃ心細いし」

ビート「……」

パイン「見て、綺麗なお花が咲いてる」

ビート「……」

パイン「このお花も、花が開くまではきっと大変だったんだと思う」

パイン「雨風にさらされて、下手したら成長している途中で潰される可能性もあった」

ビート「……」

パイン「でも最後まで諦めなければ、きっとこのお花のように綺麗に花が咲くはずよ」

ビート「パイン先輩……」

パイン「何があったかは分からないけど……くよくよしちゃダメ。このお花さんみたいに、がんばろ?」

ビート「……」


908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 18:20:44.03 ID:SEufL0MC0

パイン「あっ、もうそろそろ着くみたい」

ビート「パイン先輩……ありがとうございます。おかげで少し気分が楽になりました」

パイン「そんな、お礼されることなんか私してない」

ビート「……」

パイン「お散歩しよ? そうすればもっと気が晴れると思うから」

ビート「は、はい」

ビート(良かった…ビート先輩はいい人だ)

パイン「おまたせー!」




ミューズ「遅いですよ、パイン先輩」


918: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 18:30:20.89 ID:SEufL0MC0

ビート「……」

パイン「ごめんね、道に迷っちゃって」

ミューズ「あれ? どうしてビートがいるんですか?」

ビート「あ……その……」

パイン「途中で会ったの。よかったら一緒にお散歩しよって誘ったんだけど」

ミューズ「ふーん」

ビート「い、いや……やっぱり私……」

ミューズ「いいわ。一緒に行こ、ビート」

ミューズ「ビートと一緒に散歩でいるなんて嬉しい」

パイン「よかったね、ビート」

ビート「い…いや…」

ビート(いやあああああああああああああ!!!)


こうして私はこの後も迫害を受けた続けた。
なぜ私だけがこんな目に?そんな疑問も彼女たちには通用しない。
地獄の始まりは、これからだ……。   完



920: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 18:31:13.80 ID:toQW84R00

救いをくれええええええ


954: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 18:48:19.94 ID:eAa9fcFS0




関連記事
スポンサーサイト